シュツットガルト、主力CBのケンプフと契約延長へ

2021.04.27 22:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトが、DFマルク=オリヴァー・ケンプフ(26)との契約を延長したいと考えているようだ。地元紙『シュツットガルター・ツァイトゥング』が報じた。

2018年7月にフライブルクからシュツットガルトへ加入したケンプフ。今季はここまでリーグ戦29試合に出場し2得点を挙げている。

センターバックとして守備陣の中心としてはもちろんのこと、局面を打開する鋭いフィードを見せるなど、攻守において存在感を示している。

現状は2022年6月30日までの契約となっているが、スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏はケンプフの代理人と早期の契約延長について交渉していると明かした。

「我々はケンプフとの契約を延長したいと思っている。そして、良い議論の後に書面で彼に具体的なオファーを提出した。お互いのために迅速な決定を望む」

現在4連敗中とはいえ、昇格組としては大健闘しているシュツットガルト。主力の引き抜きもささやかれるが、来季以降に向けて既存の主力は極力確保したいところだろう。

関連ニュース
thumb

ヴィオラがシュツットガルトの主力FWニコラス・ゴンサレス獲得へ

フィオレンティーナがシュツットガルトに所属するアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレス(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が主張している。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、フィレオンティーナは2024年までシュツットガルトと契約を残すゴンサレスの獲得に向け、2300万ユーロ+ボーナス400万ユーロの総額2700万ユーロ(約35億3000万円)の公式オファーを掲示。これをシュツットガルトが受け入れたようだ。 なお、シュツットガルトは今回の移籍金の12%を前所属先のアルヘンティノス・ジュニアーズに支払うことになるという。 アルヘンティノスでプロデビューを飾ったゴンサレスは、高い身体能力とテクニックを併せ持った左利きのアタッカー。2018年に加入したシュツットガルトでは加入2年目となった昨シーズンにブンデスリーガ2部で27試合14ゴールを挙げる活躍をみせ、1部昇格の立役者となった。 今シーズンは度重なる負傷によってシーズン後半戦をほぼ棒に振るも、リーグ戦15試合6ゴール2アシストを記録。負傷が癒えた現在はアルゼンチン代表としてコパ・アメリカに参戦中だ。 爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、強靭なフィジカルを武器にセンターフォワードでもプレー可能な23歳FWは、利き足は異なるもののセビージャの同胞FWルーカス・オカンポスを彷彿とさせるところがあり、今夏の移籍市場ではトッテナムやブライトンなどヨーロッパの複数クラブが関心を示していた。 2021.06.19 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、守護神コベルの後釜にマインツからGKミュラーを獲得!

遠藤航の所属するシュツットガルトは16日、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号「1」を着用する。 シュツットガルトは今夏、守護神を務めていたスイス代表GKグレゴール・コベル(23)がドルトムントに流出。そこで白羽の矢が立ったのが、U-21ドイツ代表歴もあるミュラーだった。 マインツの下部組織出身のミュラーは2017-18シーズンのトップチーム昇格以降、公式戦44試合に出場。今シーズンは正GKとしてのプレーも期待されていたが、GKロビン・ゼントナーとのポジション争いに敗れ、フライブルクへレンタル移籍。フライブルクでは守護神としてブンデスリーガ31試合に出場していた。 新たな守護神候補として迎えられたミュラーは、公式サイトで来シーズン向けての意気込みを語った。 「シュツットガルトはポテンシャルを持った若者が集まっているクラブだ。昨季は印象的なパフォーマンスを目の当たりにしている。僕はここでの仕事と新たなシーズンをとても楽しみにしている。来シーズンには少なくとも部分的に観客が戻ってくることを願っている。早く新しいチームメイトと仲良くなれる日が待ち遠しいよ」 2021.06.16 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、遠藤航の同僚オーストリア代表FWに接触か

ミランがシュツットガルトのオーストリア代表FWササ・カライジッチ(23)に視線を送っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ユーロ2020でもオーストリア代表としてピッチに立つカライジッチは、2019年7月に2023年6月30日までの4年契約でシュツットガルトへ加入。2mの身長を生かしたヘディングはもちろん、懐も深く足元の柔軟性も備えている。 今季序盤は途中出場が多くジョーカー的な役割を担っていたが、故障者が続出したチーム状況により先発出場が増加。第19節以降はスタメンの座を確かなものとし、第19節から第25節にかけて7試合連続ゴールをマークするなど、ブンデスリーガで33試合に出場し15得点の活躍を見せた。 『カルチョメルカート』によれば、ミランの経営陣とカライジッチの代理人の間ではすでに話し合いの場が持たれた模様。なお、ミランはフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)の獲得を目指していたが、ジルーは6月4日にチェルシーの契約延長が発表されていた。 2021.06.16 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、ベテランFWアル・ガディウィとの契約を2022年まで延長!

シュツットガルトは13日、モロッコ人FWハマディ・アル・ガディウィ(30)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2019年にSSVヤーン・レーゲンスブルクから当時2部のシュツットガルトに加入したアル・ガディウィは、主に試合の流れを変えるジョーカーとして起用され、ブンデス2部で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録し、1部復帰に貢献。 今季は序盤から度重なるケガに苦しみ、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアル・ガディウィは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シュツットガルト経営陣の信頼を得られたことをとてもうれしく思っているよ。チームはこの2年間で大きく成長しているね。ただ僕は、ケガの影響で思うようにチームの助けにはなれなかった。ここでは居心地の良さを感じるし、来季に向けて最高のモチベーションをもっている。ファンの前でプレーするのが待ち遠しいよ」 2021.06.14 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

偽名年齢詐称公表のシュツットガルトFWに3カ月の出場停止処分

先日に偽名および年齢詐称を公表したシュツットガルトのDRコンゴ代表FWサイラス・ワマンギトゥカ(22)改め、サイラス・カトンパ・ムヴァンパ(23)にドイツサッカー連盟(DFB)から処分が科されることになった。 サイラスは、2019年8月にパリFCからシュツットガルトへと加入。今シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し11ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引していた。 そのサイラスだが、元代理人の策略により、実は本名を偽っていたことをクラブに報告。クラブはこの問題に取り組み、同選手の母国であるコンゴ民主共和国から正式に書類を受け取ったことを発表した。 これを受けて、DFBスポーツ裁判所は11日、サイラスに対して3カ月間の出場停止処分と共に3万ユーロ(約400万円)の罰金を科すことを決定した。 一見すると、今回の処分は重いようにも思われるが、サイラスは今年3月に負ったヒザ前十字じん帯断裂のケガによって復帰時期は10月以降と見られており、9月11日までの処分期間中の復帰の可能性はほぼない。 そのため、シュツットガルトサイドも今回の温情裁定に感謝の意を表している。 2021.06.12 07:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly