復活のシーズンを過ごすストーンズ、シティと延長交渉

2021.04.27 17:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがイングランド代表DFジョン・ストーンズ(26)の交渉に入っているようだ。

2016年夏にエバートンから加わり、今季で5季目のストーンズ。初年度こそレギュラーとしてプレーしたが、移籍2年目からは度重なるケガの影響でパフォーマンスとともに序列も下げ、昨季もプレミアリーグ16試合の出場にとどまった。

今季はDFルベン・ジアスやDFナタン・アケも新たに加わり、さらなる苦境も見込まれたが、徐々に序列が向上。ルベン・ジアスが絶対軸を担うセンターバックの一角として、ここまで公式戦30試合に出場して5得点の活躍を披露している。

そのストーンズは2022年に契約切れの上、これまでの低調さから移籍もにわかに囁かれたが、イギリス『デイリー・メール』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督も賛辞の言葉を送る今季の活躍ぶりで、新契約を勝ち獲りそうだ。

シティとは新たに給与総額3900万ポンド(約58億9000万円)の5年契約を結ぶ方向で交渉中。週給換算だと15万ポンド(約2200万円)で、さらにトロフィー獲得数や出場数、無失点試合数などのインセンティブも付くものになるという。

なお、今季の活躍ぶりがシティとの契約延長で報われそうなストーンズは3月の代表ウィークで2019年9月以来のイングランド代表復帰も果たしている。

関連ニュース
thumb

フォーデンの歴史は『カラバオ』とともに?愛犬の名前に縁ある冠スポンサーの名前を付ける

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンは、愛犬に冠スポンサーの名前を付けた。 シティの育成組織出身のフォーデンは、2017年夏にファーストチームへと昇格。ジョゼップ・グアルディオラ監督も絶賛する逸材だ。 将来を嘱望されるフォーデンだが、この度彼の愛犬の名前が判明。イギリス『アスレティック』が伝えるところによると、リーグカップのスポンサーにちなみ『カラバオ』と名付けられているとのことだ。 2019-20年のEFLカップ(カラバオカップ)決勝の翌日にフレンチブルドッグを購入したというフォーデン。名前もその時に付けたのだという。 フォーデンは『カラバオ』との関係を浅からぬものと考えているのかもしれない。彼がファーストプチームへ加わった2017-18シーズンから『カラバオ』もEFLカップの冠スポンサーに。さらに、フォーデンにとってのトップチームでの初ゴールは、2018年9月のカラバオカップ3回戦のオックスフォード戦だった。 加えて、『カラバオ』の冠が付いてから現在に至るまで4年連続でシティが優勝中。フォーデンは一度もカラバオカップを手放していないのだ。 今季の3回戦、22日のウィコム・ワンダラーズ戦でもフォーデンは1点を奪い、6-1での勝利に貢献している。シティの逸材は今シーズンも『カラバオ』とともにあるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】自身と深い関係のスポンサー名を付けられたフォーデンの愛犬</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">As if you couldn&#39;t love him any more - Phil Foden has a dog called ‘Carabao&#39;..<br><br>He bought the French bulldog the day after his Man of the Match performance in the 2020 Carabao Cup final... <a href="https://twitter.com/hashtag/MCFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MCFC</a> <a href="https://t.co/CrPsIR7aLu">pic.twitter.com/CrPsIR7aLu</a></p>&mdash; Manchester City News (@ManCityMEN) <a href="https://twitter.com/ManCityMEN/status/1440800574144798721?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

EFLカップ4回戦の対戦カード決定! ユナイテッド撃破のハマーズが王者シティと対戦

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦の組み合わせ抽選会が22日に行われ、全8カードが決定した。 3回戦では王者マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプール、トッテナム、アーセナルとプレミアリーグのビッグ6が順当に勝ち抜けを決めた。 その一方で、直近のリーグ戦でも対峙したウェストハムにリベンジを許したマンチェスター・ユナイテッド、エバートンとワトフォードが下位カテゴリーのチームにジャイアントキリングを許している。 今回決定した4回戦の組み合わせではウィコム(3部)に圧勝の王者シティがユナイテッドを撃破したウェストハムと対戦するほか、FW南野拓実の2ゴールの活躍でノリッジを撃破したリバプールはチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドと、DF冨安健洋を擁するアーセナルはリーズ・ユナイテッドとの対戦が決定している。 なお、4回戦は10月の第5週のミッドウィークに開催予定だ。今回決定した4回戦組み合わせは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦組み合わせ チェルシー vs サウサンプトン アーセナル vs リーズ ウェストハム vs マンチェスター・シティ バーンリー vs トッテナム レスター vs ブライトン プレストン(2) vs リバプール ストーク(2) vs ブレントフォード QPR(2) vs サンダーランド(3) ※()内は所属カテゴリー 2021.09.23 07:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、今夏シティの逸材FWデラップ獲得に失敗…

ドルトムントがマンチェスター・シティのU-18イングランド代表FWリアム・デラップ(18)の獲得に失敗していたようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 ドルトムントは過去にイングランド代表FWジェイドン・サンチョ、同MFジュード・ベリンガムと、イングランドの若き才能を獲得し、チームの重要な戦力に組み込んできた。 そして、今夏の移籍市場においては、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜候補の一人として、シティの逸材ストライカーの獲得に動いていたようだ。 その異次元のロングスローから“人間発射台”の愛称で知られた元アイルランド代表MFのロリー・デラップ氏(45)を父親に持つデラップは、2019年にダービー・カウンティのアカデミーからシティのユースチームに加入。 翌年のEFLカップのボーンマス戦でトップチームデビューと初ゴールを記録した186cmのストライカーは、昨シーズンは度々トップチームのトレーニングに参加し、最終的に公式戦3試合に出場した。 爆発的なスピードは持ち合わせていないものの、フィジカル能力の高さに加え、足元の技術、戦術理解度、多彩なフィニッシュを併せ持つ万能型だ。 そのデラップの将来性を高く評価するドルトムントは、今夏の移籍市場で1500万ポンド(約22億4000万円)のオファーを掲示したという。 しかし、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に失敗した中、デラップをトップチームの戦力として考えるシティは、多くのクラブからのレンタル移籍のオファーを固辞すると共に、ドルトムントからの好条件のオファーも断固たる姿勢で拒絶したようだ。 なお、シティは先月にデラップとの契約を2026年6月まで延長している。 2021.09.23 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンチプレス200㎏体重100㎏の“ビースト”がシティと対峙!ペップも「伝説」と崇める

マンチェスター・シティは、21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウィコム(イングランド3部)と対戦。ウィコムのイングランド人FWアデバヨ・アキンフェンワは2トップの一角で先発出場した。 アキンフェンワは、世界的に人気を誇るテレビゲーム『FIFA』シリーズで、かつてはフィジカルにおける「力強さ」の能力値が「98」(100点満点)と評価されるなど、世界一のパワーを誇るとしてその名を知られている。 100㎏を超える体重とベンチプレスで200㎏を持ち上げる異端さで話題となり、イングランドの下部リーグで長らくプレーを続けていながら、世界中で知られている選手の1人だ。 この日のシティは、多くの主力選手をケガで欠き、週末からはチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプールとの連戦が控える事情もあることから、DFイーガン=ライリー、DFフィンリー・バーンズ、MFロメオ・ラヴィアら多くの若手選手を起用。“ビースト”と対峙した。 試合は先制点こそ許したものの、若手たちが躍動。攻撃陣が6ゴールを奪う猛攻を見せ、6-1で勝利した。 グアルディオラ監督は試合後、アキンフェンワを「伝説」と称し、上手く対応した若手選手たちを称賛した。 「彼らはイングランドサッカーの伝説に直面した。彼に会えて本当に嬉しかった」 「それを行うのは簡単ではないが、彼らは非常にうまくやった。私たちは試合をレビューし、問題を解決する方法を彼らに示すつもりだ。ただ、悪いパフォーマンスは1つもなかった」 一方のアキンフェンワも自身のツイッターを更新。グアルディオラ監督のコメントが書かれた投稿を引用しながら、「試合での伝説についてかは分からないけど、最高のマネージャーの1人から褒め言葉を受け取った」と喜んだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トーレスよりもデカい!アキンフェンワのボディビルダーのような肉体と筋トレシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CL7Y1Y7MH-A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CL7Y1Y7MH-A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CL7Y1Y7MH-A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Adebayo Akinfenwa(@realakinfenwa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CEhHcAlsXUD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CEhHcAlsXUD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CEhHcAlsXUD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Adebayo Akinfenwa(@realakinfenwa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.22 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

EFLカップ大勝のシティ、グアルディオラ監督は若手選手を称賛 「全員が素晴らしい仕事をしてくれた」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、若手選手を称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウィコム(イングランド3部)と対戦。多くの主力選手をケガで欠き、週末からはチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプールとの連戦が控える事情もあることから、DFイーガン=ライリー、DFフィンリー・バーンズ、MFロメオ・ラヴィアら多くの若手選手を起用した。試合は先制点こそ許したものの、その後は攻撃陣が6ゴールを奪う猛攻を見せ、6-1で勝利している。 試合後にグアルディオラ監督は、この試合で起用した若手選手を称賛。皆が素晴らしい仕事をしてくれたと手放しに称えている。 「彼ら全員が素晴らしい仕事をしてくれた。ここには1人や2人ではなく、たくさんの良い選手がいて、皆信じられないほどの教育を受けている。私は彼らの家族にも感謝したい」 「我々には才能ある選手がいて、絶対的な信頼を寄せている。彼らは毎日我々と一緒に練習しているが、嫌な顔をすることはなく、判断に迷いもない。フットボール界で何かを成し遂げたいという願望を持っている選手たちだ。彼らのスキルや願望は、このクラブで手に入れたものだ。だからこそ、私はこのクラブの監督であることをとても誇りに思う」 「今日は彼らの能力の一端を見られた。彼らがどれほど優れているかはよくわかっており、監督としてそれを楽しむことができる。アカデミーの多くのスタッフによる素晴らしい努力がなければ、このようなことはできないだろう」 「このスタジアムで、こうした試合をすることは彼らにとって夢でもあっただろう。我々は本当に良い世代の選手を持っていると思う。今夜の試合は、私が監督という職業を好む理由の1つでもあった」 また、グアルディオラ監督は主力の離脱状況にも言及。多くの選手が起用できない苦しい状態だったことを明かした。 「今日は起用できるトップチームのセンターバックがルベン(・ディアス)だけだった。ネイサン(・アケ)は父親の葬儀に出席していた。アイメリク(・ラポルテ)とジョン(・ストーンズ)の状態は良くなったが、まだ起用はできない」 「オレクス(オレクサンドル・ジンチェンコ)はケガをしていて、カイル(・ウォーカー)とフェルナ(フェルナンジーニョ)も今日はプレーできなかった。ジョアン(・カンセロ)は出場時間が多過ぎたこともあり、休むべきだっただろう。そうなると、我々にはそのためのアカデミーがあるわけだ。それを使わない理由はなかっただろう?」 2021.09.22 11:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly