リバプール戦躍動のサン=マクシマンが試合後のSNSでも男を上げる! マネを揶揄したファンに完璧な対応

2021.04.25 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルに所属するフランス人FWアラン・サン=マクシマンが、1-1のドローに終わったリバプール戦後にSNS上のやり取りで男を上げた。イギリス『101GREATGOALS』が伝えている。

24日に行われたプレミアリーグ第33節でリバプールの本拠地アンフィールドに乗り込んだニューカッスルは、前半開始早々にエジプト代表FWモハメド・サラーに先制点を許す。

だが、以降は相手の再三の決定機をスロバキア代表GKマルティン・ドゥブラフカを中心に凌いで勝ち点獲得の可能性を残すと、後半ラストプレーとなった95分に途中出場のイングランド人MFジョー・ウィロックに劇的同点ゴールが生まれ、1-1のドローに持ち込んだ。

その劇的一戦においてサン=マクシマンはゴールやアシストという目に見える結果を残せなかったものの、複数のDFを相手に幾度も個人技で局面を打開するなど、圧巻のパフォーマンスを披露した。

そのため、試合後には公式ツイッターアカウントに対して、対戦相手のリバプールファンからも賛辞のコメントが届いた。だが、その中には再三の決定機を逸したセネガル代表FWサディオ・マネを揶揄する、不愉快なコメントも含まれていた。

すると、サン=マクシマンは、マネへのリスペクトを含めそのコメントをしたユーザーに対して見事な反応を見せた。

「リバプールに来てくれないか? マネが逆にそっちに行くからさ」とのコメントに対して、フランス人FWは「君は僕にとってナイスなメッセージだと思って書いてくれたと思うけど、僕はこういった内容は好きではないよ」と返答。

さらに、「彼(マネ)に敬意を払ってほしい。君は少し恩知らずだと思うよ。彼はこれまでリバプールのために多くのことを成し遂げてきたし、今もやっている。僕が彼のレベルに到達するには、まだ長い道のりがあるよ」と、頭ごなしに相手を叱ることなく、マネに対する敬意を求める素晴らしい対応を見せた。

ピッチ上での見事なパフォーマンスに加えて、今回の対応を通じて一人の人間としても素晴らしい態度を見せたサン=マクシマンに惚れたKOPは多いはずだ。

関連ニュース
thumb

王者シティがフェラン・トーレスの初ハットで打ち合い制す! PL新記録のアウェイ12連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、ニューカッスルvsマンチェスター・シティが14日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのシティが3-4で勝利した。 13日に行われた2位マンチェスター・ユナイテッドの敗戦によって2シーズンぶり7度目のリーグ制覇を成し遂げたシティ。 今季残りの目標をチェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に定める中、リーグ残り3試合では各自のコンディション維持にあてられる。前節、そのチェルシーに1-2で敗れた中で臨んだ16位のニューカッスルとのアウェイゲームでは、先発5人を変更。ウォーカー、ギュンドアン、ベルナルド・シウバを復帰させたほか、第3GKのカーソンに加入後初の出場機会を与え、今夏のバルセロナ行きが決定的なエリック・ガルシアを起用した。 ニューカッスルが今季リーグ王者を称えるガード・オブ・オーナーでピッチに迎え入れた一戦は、すでにホームチームが残留を確定させたこともあり、ゆったりとしたリズムで進んでいく。 この試合、本来の[4-3-3]の布陣に戻したシティは、立ち上がりから圧倒的にボールを支配して予想通り、相手陣内でハーフコートゲームを展開。ボックス付近でガブリエウ・ジェズスやフェラン・トーレスがフィニッシュまで持ち込んでいくが、相手の人数をかけた守備をこじ開けるまでには至らず。 シティが攻めあぐねる状況が続く中、ここ数試合堅守速攻で結果を残してきたニューカッスルが狙い通りの形から先にゴールをこじ開ける。25分、ロングカウンターで得た左CKの場面でキッカーのシェルヴェイがファーに絶妙なクロスを入れると、競り勝ったクラフトのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 さらに、畳みかけるニューカッスルは35分にもボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシェルヴェイが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩いてセットプレーでの連続ゴールとはならず。 一方、この試合でプレミアリーグ記録のアウェイ12連勝が懸かるシティは、ここから王者の底力を見せる。まずは39分、相手を完全に押し込んでボックス左のロドリがマイナスに落としたボールをボックス左角のカンセロが右足のダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール右下隅の完璧なコースに決まる。 続く42分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのギュンドアンが右足インスウィングのクロスを入れると、ニアで反応したカンセロが右足アウトを使った巧みなダイレクトボレーをゴール右隅に流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。 このままシティの1点リードで前半終了かに思われたが、ニューカッスルが粘りを見せる。前半アディショナルタイムにサン=マクシマンの背後への抜け出しから相手を押し込んでボックス右でスルーパスを受けたジョエリントンがDFアケと交錯。そして、VARでサン=マクシマンの抜け出しの場面のオフサイドの可能性を含め細かいチェックが入った中、最終的にPKが与えられる。これをキッカーのジョエリントンが冷静に決めた。 思わぬ打ち合いとなった試合は後半も同様の展開に。その流れの中で先にゴールをこじ開けたのは、またしてもホームチーム。61分、ボックス左で仕掛けたジョー・ウィロックがDFウォーカーに倒されてPKを獲得。ここでウィロックが自らキッカーを務めると、右を狙ったシュートは10年ぶりのプレミアリーグ出場となったGKカーソンに見事な反応でストップされるが、こぼれ球をウィロックが冷静に流し込んだ。 再び追う展開となったシティだったが、前半の戦いを再現するかのように連続ゴールで試合を引っくり返す。まずは64分、右サイドで仕掛けたジェズスがボックス内に侵入してライン際からマイナスのクロス。これをゴール前のフェラン・トーレスが左足ワンタッチで流し込む。 さらに、直後の66分には自陣ボックス付近からのリスタートから相手を押し込み、ボックス手前でフリーとなったカンセロが右足を一閃。この強烈なシュートは右ポストを叩くも、跳ね返りに反応したフェラン・トーレスが見事な右足のダイレクトボレーで押し込み、プロキャリアで初のハットトリックを達成した。 その後、カンセロを下げてメンディをピッチに送り出したシティは、試合を通して苦しんだ相手のカウンターを封じ込めるためにボールを握って不用意なロストを避けるゲームコントロール優先の戦い方にシフト。 試合終盤にかけては攻撃的なカードを切ったニューカッスルが決死のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、シティは今度こそ冷静に相手の攻撃を撥ね返し続けて試合をクローズ。 この結果、今季王者として臨んだ初戦でド派手な打ち合いを制したシティがプレミアリーグ新記録となるアウェイ12連勝を達成した。 2021.05.15 06:03 Sat
twitterfacebook
thumb

覚醒のリンガードがプレミア月間最優秀選手賞を初受賞! 監督賞ではスティーブ・ブルースが初栄冠

プレミアリーグは14日、4月の月間最優秀選手と最優秀監督を発表した。 最優秀選手には、ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが選ばれた。1月にマンチェスター・ユナイテッドからローン加入した同選手は、加入直後から印象的なパフォーマンスを披露。リーグ戦においてユナイテッドでは今季一度も出番がなかったが、ウェストハムでは水を得た魚のように躍動中だ。 移籍後初戦のアストン・ビラ戦で2ゴールの鮮烈デビューを果たすと、その後もブレーキをかけることなくゴールに関与。4月の成績は4試合4ゴール1アシストで、ウォルバーハンプトン戦、レスター・シティ戦、ニューカッスル戦で3試合連続ゴールを記録した。レスター戦では2ゴールの活躍だった。 今回が初受賞となるリンガードは、FWメイソン・グリーンウッドやFWケレチ・イヘアナチョ、FWアラン・サン=マクシマンら8名の候補から選出。3カ月連続のノミネートからようやくの受賞に「ノミネートされるだけでも最高に嬉しかったんだけどね」と控えな姿勢を見せながらも、「僕は自分ができる最高のこと、そして世界で最高のことをしたいと思っている」と力強いコメントを残した。 一方、最優秀監督はニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が初受賞。シーズンを通して厳しい戦いを強いられているものの、4月はトッテナム(2-2)やリバプール(1-1)から勝ち点を奪うなど、2勝2分け無敗でポイントを積み上げた。 とりわけ、リバプール戦では92分にサン=マクシマンのゴールがVARで取り消されながらも、ラストプレーとなった96分にMFジョー・ウィロックのゴールで劇的ドローに持ち込んでおり、スティーブ・ブルース監督も「あの最後の5分間は、我々を要約したものだった」とハイライトに挙げている。 この結果、降格圏スレスレだったクラブは残留が確定。プレミアリーグで通算19年、総試合数では465試合にして初受賞となったイングランド人指揮官は、「ずっと前から欲しかった物だ! 私の後ろで精力的に働いてくれたスタッフ、そしてもちろんそれ以上に、挑戦に応えて私に賞を与えてくれた選手たちに感謝しているよ」と喜びを語った。 2021.05.14 21:48 Fri
twitterfacebook
thumb

4失点敗北レスター、CL権揺らぐ指揮官「多過ぎるミスの代償」…残り3試合は“ビッグ6”との連戦

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が嘆きつつ、切り替えの必要性を説いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 佳境のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位につけるレスターは7日に行われた第35節で残留争い真っ只中の17位に沈むニューカッスルをホームに迎え撃ったが、73分までに4失点。終盤に2点差まで詰め寄ったが、及ばず、2-4で敗戦した。 これで2試合未勝利となり、今節の戦いを残す4位チェルシーの結果次第で3位からの転落危機に直面した上、勝ち点5差の5位ウェストハムにも詰め寄るチャンスを許したレスター。ロジャーズ監督は試合後、今季最多4失点の大敗劇を振り返り、次節からの立ち直りを求めた。 「分析するのは簡単。我々は多くのミスを犯した。そんなことをやっている余裕なんてない。失点の形もらしくないものだった。望みを叶えたいのであれば、シーズンのこの時期はより集中しなければ。今日は集中力がなかった。優秀なチーム、優秀な選手たちを相手にあのようなプレーをすれば、罰せられることになるものだ」 「戦い続けた選手たちに関しては誇らしく思う。ときどき責任の押しつけ合いなったりもするが、最後まで戦い続けてくれた。多過ぎるミスの代償を払うことになってしまったがね。若い選手たちによくあることで、最初の失点にしてもお粗末なミスであるのがわかる。ほかにもミスがあったが、それもフットボールだ」 「若い選手たちがいれば、そういうことも起こる。私のもとにいる選手たちは非常に正直で、心底がっかりしてもいるが、気を取り直して火曜日の試合に再び臨んでいかなければならない」 なお、レスターは残り3試合でビッグ6との3連戦となり、11日の次節は2位マンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦。それが終わると、18日の第37節で4位チェルシーとのアウェイ戦に臨み、23日の最終節で6位トッテナムをホームに迎え撃つ。 2021.05.08 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

3位レスター、下位ニューカッスルに4失点惨敗《プレミアリーグ》

レスター・シティは7日、プレミアリーグ第35節でニューカッスルをホームに迎え、2-4で惨敗した。 前節、10人となったサウサンプトンに引き分け止まりとなった3位レスター(勝ち点63)は、ヴァーディとイヘアナチョの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 勝利すればほぼ残留が決まる17位ニューカッスル(勝ち点36)に対し、前がかる入りとしたレスターだったが、16分にピンチ。カウンターを受けた流れからウィルソンのラストパスをボックス中央のサン=マクシマンにシュートされたが、GKシュマイケルがビッグセーブで凌いだ。 しかし22分、ソユンクの不用意なボールロストからジョー・ウィロックにゴールを許し、先制されてしまう。 追う展開となったレスターは25分、右サイドからのティーレマンスのFKをフォファナがヘディングで合わせるも、シュートはGKの正面を突いた。 すると34分、右CKからダメットのヘディングシュートで失点し、2点を追う展開となって前半を終えた。 迎えた後半も前がかったレスターだったが、チャンスを作れずにいたことから63分にエンディディに代えてアジョセ・ペレスを投入。 しかし2分後、決定的な3点目を許す。ロングカウンターに転じられると、カスターニュがウィルソンに競り負けて独走を許し、そのままゴールを決められた。 さらに74分にもウィルソンにゴールを許したレスターはオルブライトンが一矢報い、87分にはイヘアナチョも続いたが、2-4で惨敗。下位相手に勝ち点を積み上げることができなかった。 2021.05.08 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で一発退場のDFシェアは判定覆らず、3試合の出場停止に

ニューカッスルは6日、アーセナル戦で退場したDFファビアン・シェアに対する異議申し立てが認められなかったことを発表した。 シェアは、2日に行われたプレミアリーグ第34節のアーセナル戦に72分から途中出場。しかし、90分にガブリエウ・マルティネッリに対して後ろからタックルを見舞っていた。 このファウルに対し、マイク・ディーン主審はレッドカードを提示。VARの介入などもなく、そのまま処理されていた。 ニューカッスルはこの判定に対し、イングランドサッカー協会(FA)に対して異議申し立てを行なったが、検証の結果、判定は覆らなかった。 この結果シェアは、レスター・シティ戦、マンチェスター・シティ戦、シェフィールド・ユナイテッド戦の3試合で出場停止に。シーズン残り4試合のうち3試合を欠場することとなった。 2021.05.06 18:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly