ESL参加のプレミア6クラブに失望するモイーズ「フットボールは富裕層だけのものではない」

2021.04.24 17:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に参加したチームへの失望を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

18日、ヨーロッパ12のクラブが相次いでESLへの参戦を表明。プレミリーグからは、ビッグ6のすべてが参戦を公表した。これに対して、イングランドサッカー協会(FA)やプレミアリーグ、残された14クラブは猛反発。また、世界中の監督、選手、ファンも批判を展開した。

これを受け、プレミア6クラブは20日にESL構想からの脱退を次々に発表。その後、他リーグのビッグクラブも続々と離脱を表明したことで、ESL構想は事実上頓挫することになった。こうしたESL構想について尋ねられたモイーズ監督は、利己的な振る舞いを見せた6クラブを批判。フットボールクラブは一部の富裕層だけのものではないと語っている。

「スーパーリーグに参加したクラブには本当に失望した。フットボールは億万長者のためのものではなく、すべての人のためのものだ。そして人々は、このゲームが自分たちにとってどのような意味を持つものであるか、今回はっきりと示した」

「彼らは立ち上がり『こんなことはさせない』と言った。これは人々の力を示すものであり、フットボールが一部の人々の望むようにならなかったことは素晴らしい」

「私はフットボールが修正されるなら、パンデミックの時だと思っていた。クラブが集まり『支出過多や高額な給料をやめよう、代理人に高額な報酬を払わず、下部リーグにも配慮しよう』と言うチャンスだった。しかし、実際はその反対が行われようとした。我々は基本に立ち返るべきだ。特定の人のためではなく、人々のためのスポーツだと忘れないで欲しい」

また、モイーズ監督は24日に行われるプレミリーグ第33節のチェルシー戦に向けた意気込みにも言及。前節ニューカッスルに敗れたものの依然としてチームの状態は良いと強調しつつ、トップ4を争うライバルの指揮官であるトーマス・トゥヘル監督を称賛した。

「チームの士気は素晴らしい。0-2の状況で、10人になったところから盛り返した選手たちのキャラクターは素晴らしいものだ。我々は前に進み、素晴らしい結果を得て、それを維持していきたい。そして間違いなく、最後までこのトップ4競争に参加するだろう」

「トゥヘルは信じられないほどよくやっている。私はフランク・ランパードが本当に良い選手たちを集めており、素晴らしい仕事をすると思っていた。ただ若い監督の場合、もう少しだけチャンスを貰わなければならないこともある。彼は運が悪かった」

「トゥヘルがやってきて、その経験を見せてくれたことは忘れてはいけない。彼はとても経験豊富な監督さ。ドルトムントやPSGの監督をするなら優れた資質が必要だが、彼はチェルシーでそれを見せている。彼らはプレミアリーグで最も強いチームだと思うし、その成功は誰にとっても驚きではないだろう」


関連ニュース
thumb

退任の噂もあったモイーズ監督がウェストハムと3年契約、今季は6位と躍進

ウェストハムは12日、デイビッド・モイーズ監督(58)との契約延長を発表した。新契約は3年間とのことだ。 モイーズ監督は、プレストンで監督キャリアをスタートすると、2002年5月に就任したエバートンで長期政権を築き、チームを上位争いに導く手腕を発揮。2013年7月には同郷のサー・アレックス・ファーガソン監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任した。 しかし、ユナイテッドではシーズン途中に解任。その後は、レアル・ソシエダやサンダーランドで指揮を執ると、2017年11月にウェストハムの監督に就任する。 ただ、9勝10分け12敗と結果を残せずにそのシーズン限りで退任。その後はフリーになるが、2019年12月に再び監督に就任していた。 今シーズンはシーズン開幕から好調を維持すると、一時はチャンピオンズリーグ出場権を争うなど上位争いに。最終的には6位でシーズンを終えていた。 今夏はカルロ・アンチェロッティ監督が電撃退任した古巣のエバートンに復帰するという報道もあった中、ウェストハムと3年契約を締結した。 モイーズ監督は契約締結に「ウェストハムと将来を約束できて嬉しく思う」とコメント。「私が居たい場所であり、幸せだ。全員で達成したことをさらに発展させられる機会を与えられ、とても嬉しい。オーナーと私は、クラブの発展と改善を続けたいことで一致している」と語り、来シーズン以降のさらなる飛躍に期待を寄せた。 2021.06.12 20:43 Sat
twitterfacebook
thumb

モイーズがウェストハムと新たに3年契約へ! 古巣エバートンの引き抜き噂も

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督(58)が契約更新に至ったようだ。 2019年12月から再びウェストハムを率い始め、チームをプレミアリーグ残留に導いたモイーズ監督。そうして迎えた今季は上位をかき乱す存在となり、最終的にトップ4の座こそ逃したが、19勝8分け11敗の6位でフィニッシュした。 クラブ史上最多の65ポイントを積み上げ、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらしたモイーズ監督だが、2度目のウェストハム指揮が決定した際に締結した1年半契約は今季が最終年。今夏の動向に注目が集まっている状況だった。 古巣エバートンが電撃退任したカルロ・アンチェロッティ氏の後任として関心を示すともいわれるスコットランド人指揮官だが、イギリス『デイリー・メール』によると、ウェストハムとの新契約に合意。新たな契約期間は3年になる模様だ。 なお、モイーズ監督の下でアシスタントコーチを務めるスチュアート・ピアース氏は先日、『talkSPORT』で指揮官が契約延長で合意に達したことを示唆。「信頼して『次のレベルに行こう』と言うなら、その信頼を示さねば」と話していた。 2021.06.11 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、バルブエナ退団を発表…在籍3年間で61試合出場のパラグアイ代表CB

ウェストハムは4日、パラグアイ代表DFファビアン・バルブエナ(29)の退団を発表した。 パラグアイ代表通算14キャップを誇り、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の代表に合流中のバルブエナ。2018年7月に3年契約でコリンチャンスから加入した。 ウェストハムではセンターバックをメインポジションに公式戦通算61試合3得点をマーク。3年目の今季も公式戦18試合で起用されたが、契約満了による退団が決定した。 2021.06.05 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

代表落選に不満のオグボンナ「ウェストハムでの成果を考慮しなかったんだろう」

ウェストハムのイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナが、ユーロ2020のメンバーに選出されなかったことに不満を示した。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が伝えている。 オグボンナは今シーズン、ウェストハムで公式戦30試合出場3ゴールを記録。負傷欠場した試合を除き守備の柱としてチームの6位フィニッシュに重要な役割を果たしており、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献している。 一方で、今月開催されるユーロ2020に向けたイタリア代表メンバーからは落選。『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューに応じたオグボンナは、ロベルト・マンチーニ監督に対する不満を露わにしている。 「30歳を過ぎるとディフェンダーは完全に成熟し、ゲームの読み方も変わってくるものだ。代表落選には非常に驚いているし、とても苦しいよ。ウェストハムのリーグ戦の成果を考慮していなかったのかもしれない。ジョルジーニョや(エメルソン・)パルミエリの所属するチェルシーと、CL出場権をかけて最後まで戦ったんだけどね」 「スポーツの世界では、プレーするリーグや統計、市場価値に基づきつつも、実力主義が優先されるべきだ。僕の考えでは、今回それが実現されなかったと思う」 また、オグボンナは今シーズンのCL決勝についてもコメント。グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティの優勝が見たかったと語りつつ、同胞のジョルジーニョがビッグイヤーを獲得したことを喜んでいる。 「僕はグアルディオラの優勝が見たかったね。そうすれば、シティの今季をさらに良くしていただろう」 「ジョルジーニョは体格のせいか、常に過小評価されてきた。いつも違いを生み出す選手なのにね。サッリと共に彼は進化を遂げ、チェルシーでも軸になっている。プレミアは多くの外国人監督のおかげで、より戦術的でより研究されたものになった。この中で、ジョルジーニョは多くのシナリオを変えてきたと思う。彼の個性、試合のタイミングを読む力、ペースを上げる力は、代表チームでも支えになるだろう」 2021.06.01 16:16 Tue
twitterfacebook
thumb

リンガードの高級腕時計が盗難…試合中のロッカールームから盗まれる

ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが腕時計の盗難被害に遭っていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 報道によると、リンガードが腕時計を盗まれたのは今月9日にホームで行われたプレミアリーグ第35節のエバートン戦の試合中、ロッカールームから盗まれたという。 スタジアムには選手や一部の関係者しか出入りできず、犯人がどのように侵入したかなどは現時点で不明だ。 『サン』によると、リンガードは100万円を超える腕時計のコレクションを持っており、その中にはリシャール・ミルの特注品や、パテック・フィリップのアクアノート クロノグラフもあるが、どの腕時計が盗まれたかは定かではない。 この件を受け、ウェストハムの広報は次のようにコメントを発表している。 「事件は1カ月前に発生し、クラブはすべての適切な措置を講じました。我々はこの問題を引き続き支援しますが、捜査中のため、これ以上コメントすることはできません」 また、リンガードの代理人も「捜査中のため、コメントは一切控えたい」としている。 今年1月にマンチェスター・ユナイテッドからウェストハムにレンタルで加入したリンガードは、一度所属元のユナイテッドに戻る。また、6月に開幕するユーロ2020にイングランド代表の一員として参加する。 <span class="paragraph-title">【写真】リンガードの高級腕時計、パテック フィリップ アクアノート クロノグラフ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jesse Lingard has designer watch &#39;stolen from West Ham dressing room&#39;<a href="https://t.co/oc3ByfWpIm">https://t.co/oc3ByfWpIm</a> <a href="https://t.co/wSxlmV3dpX">pic.twitter.com/wSxlmV3dpX</a></p>&mdash; Mirror Football (@MirrorFootball) <a href="https://twitter.com/MirrorFootball/status/1398053274255769601?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.29 10:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly