なでしこDF熊谷紗希が8シーズン過ごしたリヨンをシーズン終了後に退団、リーグ7回、女子CL5回優勝

2021.04.22 21:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンに所属するなでしこジャパンのDF熊谷紗希(30)が、今シーズン限りで退団することを明かした。熊谷は北海道出身で、宮城県の名門である常盤木学園高校に入学。2009年に浦和レッズレディースへと入団した。

2011年のドイツ女子ワールドカップで優勝を果たすと、その後に1.FFCフランクフルトへと完全移籍。2013年にリヨンへと加入した。


リヨンでは、リーグ戦で7回、カップ戦で6回、そして女子チャンピオンズリーグで5回の優勝を経験。公式戦235試合に出場し43ゴールを記録していた。

熊谷はリヨンとの契約が今年6月に満了を迎えるが、それをもって退団するとのこと。新たな挑戦をしたいと自身のインスタグラムで綴った。

「リヨンで8年間過ごした後、シーズンの終わりにクラブをさることにしました」

「この決断は簡単ではありませんでしたが、新しいチャレンジを本当に楽しみにしています」

「リヨンで出会った全てのスタッフ、チームメイト、そしてジャン=ミシェル・オラス会長に心から感謝いたします」

「おかげさまで、私は選手としても人としても成長し、進歩しました」

「そして、リヨンのサポーターの皆さんのサポートに感謝します」

「今、私はチームのために、タイトルのために全てを捧げます」

「ありがとうございます」

今シーズンのリヨンは、16試合を戦い勝ち点45で2位。首位のパリ・サンジェルマンは1試合消化が多く、勝ち点49となっている。

1 2
関連ニュース
thumb

15度目のフランス制覇に向け、シーズン残りわずかでリヨン女子チームが監督交代を決断

27日、リヨンは女子チームのジャン=リュック・ヴァスール監督(52)と双方合意の上で契約を解除したと発表。同時に、ソニア・ボンパストル氏(40)を新たな指揮官として迎えることを明らかにした。 ヴァスール監督は2019年7月からリヨン女子の監督を務め、昨年は国内リーグで14シーズン連続優勝を達成。また、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)では前人未到の5連覇を達成した。 しかし、今季のリーグ戦ではここまでパリ・サンジェルマン(PSG)に次ぐ2位にとどまっている状況。また、UWCLでは準々決勝でPSGに敗れ、6連覇への道が閉ざされており、15度目のフランスチャンピオンに向けて、指揮官の交代を決断した。 後任となるボンパストル氏は、現役時代にリヨンでのプレー経験があり、2013年6月にリヨンで現役引退。以降はリヨンのアカデミーの監督として従事し、満を持して「トップ昇格」となった格好だ。 ボンパストル新監督は就任会見に臨み、選手や指導者として所属したクラブでの監督業を喜ぶと共に、この先のチーム指導への意欲を語った。 「リヨンは私のお気に入りのクラブです。私は、リヨンで多くのタイトルを獲得する機会とプレーの機会がありました。非常に野心的なクラブを見つけました。このような会長にも恵まれ、世界でこれ以上のクラブはありません。私も非常に野心的で、意思疎通は完璧です」 「私はこの新しい挑戦を始めることに興奮しています。私は8年間、女子のアカデミーの指導に携わってきました。ダイレクターのヴァンサン・ポンソ氏に出会い、新しいミッションを聞いていると話しました。テクニカルディレクターが最初の可能性でしたが、監督は私にぴったりです。クラブは私に教育者としての自分を築く機会を与えてくれました。成熟したと思いますし、ためらうことはありませんでした」 「私は挑戦が好きです。タイトルを手にし、試合の中でのリヨンのDNAを見つけるために必要なものはすべて揃っているので、それを実行するために努力するつもりです」 「今朝は良いトレーニングがありました。いくつか非常に良いことがありました。私は満足しています。私たちは方法論、リヨンのトレーニングを実施し、トレーニングまでサッカースクールの多様性を適用しています。リヨンの街とクラブの歴史、サポーターからの期待を学びました」 「リヨンは自身のスタイルで勝たなければなりません。クラブへの想いとジャージへの愛がなければなりません。私はあまりフェミニストではありませんし、そこにこだわっていません。性別に関係なく、能力に焦点を当てることを好みます」 なお、ボンパストル監督は2023年6月30日までの契約となる。リヨンは30日にル・アーブル戦を控えており、勝てば暫定ながら首位に返り咲くチャンス。初陣でどのような手腕を見せるかに注目が集まる。 2021.04.30 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

賢い立ち回りが必要なバルサ、デパイ獲りにまだ関心あり

バルセロナはリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)に今も強い関心を示しているようだ。フランス『RMC Sport』が報じた。 ロナルド・クーマン監督が監督に就任した昨夏、指揮官の意向を受けてデパイ獲りの動きが取り沙汰されたバルセロナ。昨夏にその実現に迫り、今冬も獲得の憶測が囁かれたが、いずれも叶わず、ここまで来ている。 そんなバルセロナはジョアン・ラポルタ会長が今季限りでマンチェスター・シティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの獲得を狙っているともいわれるだが、今もデパイに視線が注がれているという。 財政面の問題に直面しているバルセロナは来季の補強に動くにあたり、賢い立ち回りが必要に。リヨンとの契約が今季最終年のデパイはその状況に合致する選手であり、ここ数週間で再び関心を大きくしている模様だ。 デパイを巡り、ユベントスも名乗りを上げるなかで、まだ動きなしのバルセロナだが、クーマン監督は以前から獲得希望を明らかに。デパイも昨夏にバルセロナ行きに近づいた裏を明かして、今後の移籍も示唆している。 2021.04.23 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

今季限りで契約満了のデパイ、ミランが獲得を目指す?

ミランがリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)の獲得を目指しているようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 新シーズンに向けて新たなストライカーの獲得を目指しているミラン。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの契約延長は行われる見通しだが、新たな選手の獲得を目指している。 ジェノアのFWジャンルカ・スカマッカ、トリノのFWアンドレア・ベロッティ、フィオレンティーナのFWドゥシャン・ヴラホビッチ、PSVのFWドニエル・マレンなどが候補として挙がっている中、デパイの獲得も目指しているようだ。 デパイは、昨夏の移籍市場でオランダ代表の指揮官でもあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にはリヨンに残留。今シーズン限りで契約が満了を迎えることもあり、多くのクラブが興味を持っている1人だ。 『コリエレ・デッラ・セーラ』によれば、ミランの首脳陣は理想的な補強選手として長い間デパイを追いかけていたとのこと。バルセロナとユベントスがライバルとなるとのことだ。 これまでPSVやマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたデパイは、2017年1月にリヨンへと完全移籍。これまで公式戦172試合に出場し72ゴール52アシストを記録している。 今シーズンもリーグ・アンで32試合に出場し16ゴール9アシストを記録。果たして、来季はどこのユニフォームを着ているだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】デパイがリヨンで見せたハットトリック集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0bVc0S2Y0NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 21:12 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン史に残る衝撃の珍ゴール!GKのパントキックが目の前の相手に当たってゴールイン…!/2005-06【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表DFクリス氏がリヨンで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆リーグ・アン史に残る衝撃の珍ゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkVndsUm9zViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 名門コリンチャンスでプロデビューしたクリス氏は、クルゼイロやレバークーゼンでのプレーを経て、2004年夏にリヨンに加入。主力CBとして活躍し、2002年から2008年までリーグ・アン7連覇の偉業を成し遂げたクラブの黄金期の後半を支えた。 リヨンでは公式戦309試合27ゴールという数字を残したクリス氏だが、2006年5月13日に行われたリーグ・アン第38節のル・マン戦では、衝撃の珍ゴールを決めている。 1-1の同点で迎えた27分、相手陣内でリヨンがFKを得るも、クロスは相手GKにキャッチされてしまう。そのままボールをボックスの前で持っていったGKが前線へのパントキックを試みるも、なんとボックスはGKの目の前にブロックに入っていたクリスの背中に直撃。跳ね返ったボールがそのままゴールインし、まさかの珍ゴールが生まれた。 このゴールで集中が途切れてしまったのか、その後ル・マンは大崩れとなり、リヨンが8-1という歴史的大差で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1038" data-sg-movie-title="【衝撃の珍ゴール】GKのパントキックが目の前の相手に当たってゴールイン…!"></span> 2021.04.01 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン、頼れるDFリーダーのマルセロと契約延長!

リヨンは30日、ブラジル人DFマルセロ(33)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。。 母国サントスでプロキャリアをスタートしたマルセロは、ヴィスワ・クラクフ、PSV、ハノーファー、ベシクタシュを経て2017年にリヨンへ加入。ここまでの在籍期間に公式戦150試合に出場している。 また、191cmの恵まれた体躯を活かした対人守備の強さに加え、読みを利かせたカバーリング、的確なラインコントロールで最終ラインを統率する頼れるディフェンスリーダーは、今シーズンのリーグ・アンで27試合2ゴールと相変わらずの存在感を放っている。 2021.03.31 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly