「全員落ち着きがおかしい」川崎F攻撃陣の相手の裏をかき続ける華麗ゴールに称賛「美しい崩し」

2021.04.19 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
昨シーズンの明治安田生命J1リーグで圧倒的な強さをみせ、今シーズンもここまで無敗と怒涛の勢いで勝ち点を積み上げる川崎フロンターレは18日、第10節でサンフレッチェ広島とホームで対戦した。川崎Fが序盤から主導権を握ると、38分の攻撃陣が抜群の連携を見せる。

MF三笘薫が左サイドをドリブルで持ち上がると、素晴らしいランニングでボックス左へと侵入したDF山根視来へと絶妙なスルーパスを通す。


山根の左足シュートは相手GK大迫敬介に弾かれたものの、こぼれ球を拾うと、相手を引き付けてから中央のMF脇坂泰斗にマイナスで折り返し、脇坂がダイレクトでボックス右に展開。FWレアンドロ・ダミアンが囮になりスルーすると、最後はMF家長昭博がゴール右上にシュートを突き刺し、先制に成功した。

後半のオウンゴールで同点に追いつかれ、試合は引き分けに終わったものの、川崎Fの美しいゴールがJリーグの公式ツイッターで公開されると、「全員落ち着きがおかしい」「美しい崩し」「山根のナイスすぎるランニング!」など、レベルの高いプレーに感嘆する声が多く集まっている。

開幕からの無敗を12まで伸ばした川崎Fは、29日、5月4日にリーグ2位の名古屋グランパスとの連戦を迎える。首位攻防戦でも王者の華麗な攻撃に期待したいところだ。

1 2
関連ニュース
thumb

2発完勝の川崎Fが15戦無敗の3連勝で首位独走を維持! G大阪は4戦未勝利【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が8日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、アウェイの川崎フロンターレが2-0でガンバ大阪を下した。 消化試合数こそ少ないものの、8試合で2得点の攻撃が課題となり、18位と大きく出遅れるG大阪は公式戦4連敗中の対川崎F戦に向け、一美が今季初先発。奥野と佐藤もスタートから出場した。 一方、異例の天王山2連戦を連勝で飾り、今季開幕から14戦無敗で首位を走る川崎Fは3選手を変更。中3日の日程も考慮して谷口、登里、三笘がベンチに座り、車屋、脇坂、長谷川が先発した。 立ち上がりこそ前線からの守りをカウンターやボール保持に繋げ、執拗以上に押し込まれるのを回避したG大阪だが、川崎Fがほぼ7割のポゼッションと鋭い切り替えで徐々に押し込み始める。 その川崎Fは20分、左CKのチャンスからキッカーの田中が右足クロスを供給すると、ファーサイドのジョアン・シミッチがヘディング。ゴール右に飛ぶが、GK東口がファインセーブで阻む。 それでも、41分のカウンターから川崎Fが先取。敵陣中央の脇坂が出したスルーパスで右サイドバックに入る佐藤の背後を取り、ボックス左に抜けた長谷川が三浦も交わすと、レアンドロ・ダミアンが左足でこぼれ球を押し込んだ。 押し込まれる時間を無失点で凌ぎ、前半終盤の攻め返しに繋げたものの、カウンターから守りが崩れ、リードを許したG大阪。後半から巻き返しを図りたいところだが、川崎Fが攻勢を強める。 51分に脇坂の左足フィニッシュが左ポストを叩いた川崎Fは続く53分に家長が相手DFにディフレクトしたシュートで古巣ゴールに迫ると、58分にもL・ダミアンがヘディング。GK東口が再三、立ちはだかるが、鋭い攻撃を転じ続ける。 守護神の奮闘が光るG大阪は60分過ぎから徐々に盛り返すなか、66分にボックス左から宇佐美がフィニッシュに持ち込むが、GKチョン・ソンリョンが対応。川崎Fが守りでも集中を切らさない。 攻めの時間を増やすG大阪はその流れに乗じて追いつこうと、飲水明けの70分に矢島と倉田の交代に乗り出すが、同じタイミングに三笘と登里を送り出した川崎Fの交代策が見事に的中する。 76分、最終ラインの登里が左足で相手最終ラインの背後にフィードを蹴り出すと、左サイドの三笘が反応。佐藤を振り切り、そのままボックス左に抜け出した三笘が右足シュートをゴール右下に流し込み、G大阪の突き放しに成功した。 G大阪は81分に残る交代枠でパトリック、チュ・セジョン、チアゴ・アウベスを送り込むが、最後までこじ開けられず、これで4試合未勝利。川崎Fは15戦負けなしの3連勝を成し遂げ、2位名古屋グランパスとの勝ち点9差を維持した。 ガンバ大阪 0-2 川崎フロンターレ 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前41) 三笘薫(後31) 2021.05.08 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:G大阪vs川崎F】そろそろ目を覚ましたいG大阪、川崎Fは連続無敗記録まであと「2」

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月8日(土) 18:00キックオフ ガンバ大阪(7pt/18位) vs 川崎フロンターレ(38pt/1位) [パナソニック スタジアム 吹田] 前節は“大阪ダービー”で終盤のPKでなんとか追いつきドローのG大阪と、首位攻防2連戦で連勝を収めた川崎F。 今季はゼロックス・スーパーカップで川崎Fが勝利しているが、G大阪は意地を見せたいところだ。 ◆そろそろ目を覚まして浮上のキッカケを【ガンバ大阪】 前節はセレッソ大阪との“大阪ダービー”を戦ったG大阪。しかし、決め手を欠くと、終盤のパトリックのPKでなんとか追いつき、1-1のドローに終わった。 今シーズンは開幕節の後にチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生。活動中止になるなどし、6試合が延期に。活動再開後の7試合では僅かに1勝と結果を残せていない。 チームも活動再開後1カ月が経過。コロナで苦しんだ影響があるとはもう言えない。そろそろ浮上のキッカケを掴まなければ、4チーム自動降格という今季のレギュレーションに苦しむこととなるだろう。 やはり気掛かりなのはチームとしての連動したプレーができていない事か。今シーズンは8試合で2得点。前節がPKと考えれば、流れの中からはまだ1得点しか記録していない。G大阪らしさは微塵も感じられない状況だ。 守備陣が奮闘しているため、なんとか引き分けで勝ち点を積み上げているが、降格するチームの戦い方をここまで見せてしまっているのは事実。浮上のキッカケを一体いつ掴めるのかは不安なところだ。 そこで訪れる川崎F戦。エクスキューズがあったとは言え、昨季の1位と2位の対決としては大きく水を開けられている。開幕前のゼロックス杯でも負けているだけに、G大阪としてはそろそろエンジンを動かさなければいけないだけに、川崎Fを止めてキッカケとできるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:福田湧矢、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:井手口陽介、チュ・セジョン、矢島慎也 FW:チアゴ・アウベス、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆独走態勢の準備完了、無敗をどこまで伸ばすか【川崎フロンターレ】 前節は名古屋グランパスを相手に追い上げを許しながらも、3-2で勝利。前々節の0-4の快勝と合わせ、2位との直接対決で連勝を収めた。 圧巻の強さは健在。無敗は昨季から「19」に伸びており、2012年から2013年にかけて大宮アルディージャが記録した「21」まで、あと「2」に迫っている。 ターンオーバーも行えており、出場した選手たちがそれぞれ結果を残している状況。シーズンを戦いながらも、まだまだ成長を続けている印象だ。 名古屋の底力の前に2点を追い上げられた試合運びは反省の余地があるが、それでも3点を奪い切って逃げ切った戦い方は強さの表れ。G大阪相手にも、序盤から一気に押し込んでしまいたいところだろう。 気掛かりな部分といえば、日程面か。G大阪は中5日で移動がない状況、一方で移動ありの中3日。疲労は思っているよりも溜まっているはずだ。 このまま首位を独走するため、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦った後にどう転ぶかも予想できないだけに、今のうちに勝ち点をしっかり積み上げたいところ。もう1段も2段も上に上がるためにも、しっかりとG大阪を倒したいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、旗手怜央 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 <span class="paragraph-title">【動画】DZNライバルウィークーク/ガンバ大阪vs川崎フロンターレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=jy02slcjbo0m1dglxch0b87p8" async></script> 2021.05.08 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎ってただでさえ強いのに「川崎劇場」があるもんな! え!? の巻/倉井史也のJリーグ

なんかねぇ、川崎強いじゃないですか。チームとしても強いけど、やっぱり等々力って場所の強さもあると思うんですよ。数々のスポーツチームがいなくなった川崎で強くなったんだから、地力っていうんですかね、なんかそんなこと感じちゃって。 そもそも「等々力劇場」って言われるようになったのは、終盤のゴールがやたら多かったわけでしょう? んでもって今みたいにポンポン得点を積み重ねてたら、そりゃ負けることなんてないわけですよ。 だけど、もしかしたら本当は他のチームも終盤にやたら強かったりしてるんだけど、川崎の名前に負けてそれが有名になってないんじゃない? と思って調べてみました。 チーム名 | 1〜15 | 16〜30 | 31〜前 | 46〜60 | 61〜75 | 76〜終 札幌 | 2 | 2 | 5 | 4 | 1 | 3 仙台 | 0 | 2 | 0 | 1 | 2 | 3 鹿島 | 3 | 1 | 3 | 1 | 4 | 3 浦和 | 1 | 0 | 4 | 1 | 3 | 2 柏 | 2 | 2 | 0 | 2 | 4 | 2 FC東京 | 0 | 2 | 3 | 3 | 4 | 5 川崎 | 6 | 5 | 8 | 7 | 7 | 4 横浜FM | 3 | 2 | 3 | 3 | 6 | 6 横浜FC | 0 | 3 | 1 | 2 | 1 | 0 湘南 | 1 | 1 | 1 | 2 | 2 | 3 清水 | 3 | 1 | 0 | 1 | 2 | 3 名古屋 | 1 | 3 | 2 | 5 | 2 | 5 G大阪 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 C大阪 | 2 | 3 | 2 | 3 | 3 | 6 神戸 | 4 | 3 | 1 | 2 | 2 | 6 広島 | 3 | 4 | 4 | 1 | 2 | 2 徳島 | 2 | 2 | 2 | 1 | 3 | 2 福岡 | 2 | 0 | 1 | 4 | 4 | 5 鳥栖 | 2 | 4 | 3 | 3 | 4 | 3 大分 | 2 | 1 | 2 | 2 | 0 | 1 なんと!! 前半終了間際の強さこそ川崎の独擅場なんですけど、実は終盤に強いのは、横浜FM、C大阪、神戸。むしろ川崎は残り15分の得点がそれまでよりも少ない!! まぁ逃げ切り図ってるんでしょうけど。 で、もう一つ、アディショナルタイムの得点が全得点のうちのどれくらいを占めるか調べてみると、 チーム名 | 得点数 | 前AT | 後AT | 占有率 札幌 | 17 | 2 | 0 | 11.8% 仙台 | 8 | 0 | 1 | 12.5% 鹿島 | 15 | 2 | 0 | 13.3% 浦和 | 11 | 0 | 0 | 0.0% 柏 | 12 | 0 | 0 | 0.0% FC東京 | 17 | 0 | 1 | 5.9% 川崎 | 37 | 0 | 1 | 2.7% 横浜FM | 23 | 0 | 1 | 4.3% 横浜FC | 7 | 0 | 0 | 0.0% 湘南 | 10 | 0 | 0 | 0.0% 清水 | 10 | 0 | 0 | 0.0% 名古屋 | 18 | 0 | 2 | 11.1% G大阪 | 2 | 0 | 0 | 0.0% C大阪 | 19 | 0 | 1 | 5.3% 神戸 | 18 | 0 | 1 | 5.6% 広島 | 16 | 1 | 1 | 12.5% 徳島 | 12 | 0 | 1 | 8.3% 福岡 | 16 | 1 | 1 | 12.5% 鳥栖 | 19 | 0 | 1 | 5.3% 大分 | 8 | 0 | 0 | 0.0% むむむ!! こちらも意外なことに川崎は思ったよりアディショナルタイムの得点が少ない!! 逆に多いのは鹿島がトップで、2位は仙台、広島、福岡がタイスコア。そうか、だから鹿島がじわりと追い上げてきたわけですよ。 もちろん得点が多いとこの数字って下がる傾向が出てくるんだけど、それでもこの割合が多いチームは試合終盤まで画面見ておかなきゃダメってことです。ってことで今週も楽しく観戦してみましょ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.05.08 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

5勝1分けの川崎F・鬼木達監督が4月の月間優秀監督賞を受賞、通算3度目

Jリーグは7日、4月度における月間優秀監督賞の受賞者を発表した。 明治安田生命J1リーグクラブからは川崎フロンターレの鬼木達監督。川崎Fは4月の6試合を5勝1分けと圧倒的な強さを見せて首位をキープし続けていた。 通算3度目の受賞となった鬼木監督は、喜びのコメントを残している。 「このたびは、明治安田生命J1リーグ4月の月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンもスタートから選手、スタッフ、クラブ、サポーターが一丸となって同じ目標に向かって戦い続けてくれています。その結果が現在の順位に結びついていると感じています」 「コロナ禍の中、まだまだ大変な時期は続きますが、全ての皆さんに感謝しつつ、これからもフロンターレらしいサッカーで、Jリーグと共に成長して行けるように努力していきたいと思います。宜しくお願い致します」 なお、Jリーグ選考委員会による総評は以下の通り。 原博実委員 「全チームに激しくマークされながら5勝1分。選手のローテーション、交代、競争意識、全ての歯車が上手く回っている。鬼木監督の手腕は高く評価されるべき。川崎Fを止めるのはどのチームか」 北條聡委員 「連戦にも負けず、敵の対策にも負けず、無敗街道まっしぐら。チームの士気を保つ人心掌握と隙のない用兵術は見事。そのうえ、名古屋との首位決戦で圧勝。文句なしのマネジメント」 寺嶋朋也委員 「連覇を狙うチームに緩む気配はまったくなし。見事なマネジメント」 また、J2リーグからは4月の5試合を5連勝した京都サンガF.C.の曺貴裁監督が受賞。曺監督は初受賞となった喜びをコメントしている。 「チームの成績を評価していただいたこと、4月のJ2リーグ月間優秀監督賞に選出いただいたこと、大変光栄に思います。この受賞は、一緒に戦ってきたスタッフと選手の頑張りでいただいた賞だと思っています。そしてフロントスタッフやファン・サポーター、スポンサーの皆さまと一心となり、戦い抜いた結果です。今後も皆さんを楽しませられるようなサッカーを見せられるように戦い続けますので、引き続き、京都サンガF.C.の応援をよろしくお願いします」 また、J3からは2試合で2連勝をおさめたいわてグルージャ盛岡の秋田豊監督が受賞。初受賞の秋田監督は喜びのコメントを残している。 「4月の明治安田生命J3リーグ月間優秀監督賞に選出され、大変光栄に思っております。今回このような賞をいただけたのも、選手たちが勝者のメンタリティを試合で発揮してくれていることや、試合会場で直接のご声援をくださるファン・サポーターの皆さん、DAZNやテレビ中継を観て応援してくださる全ての皆さんのおかげだと感じています」 「今年は特に、東日本大震災から10年という節目を迎え、岩手県民の皆さんに元気と興奮を与えられるような試合ができるよう、チーム一岩となって闘ってまいります」 2021.05.07 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

意外にも初受賞、3ゴール5アシストで首位・川崎Fを牽引したFWレアンドロ・ダミアンが4月の月間MVP!

Jリーグは7日、4月の「2021明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。 明治安田生命J1リーグからは川崎フロンターレのFWレアンドロ・ダミアンが受賞。意外にも今回が初受賞となる。 4月は6試合に出場し408分間プレー。3ゴール5アシストとチームの攻撃を牽引していた。 レアンドロ・ダミアンは受賞の喜びをコメントしている。 「めっちゃ嬉しいです!!今回の受賞、本当に嬉しく思います。この賞は自分だけではなく、一緒に戦っているチームメイトと一緒に取ることができた賞だと思います。チームメイトに感謝していますし、次はチームメイトが受賞することを望んでいます」 「フロンターレからの受賞が続けば、目指しているタイトル獲得も現実的になると思います。自分も再び受賞できるように、引き続き努力をしていきたいと思います。ありがとうございました」 また、選考理由は以下の通り。 ◆選考理由 ・原博実委員 「ヘディングや足での得点に加え、ポストプレー、ヒールキックでのアシストなど川崎Fの攻撃の中心。どんどん上手くなっている」 ・柱谷幸一委員 「3ゴール5アシスト。ゴールも素晴らしいが周りをうまく使い味方に得点を取らせる技術と判断力が素晴らしい。前からのチェイシングも献身的におこない守備での貢献度も高い!」 ・北條聡委員 「常勝軍の最前線で躍動。プレスの先鋒役をまっとうしつつ、重厚なポストワークでゴールラッシュの導火線に。その証が圧巻の5アシスト。得点源以上に『トロイの木馬』としての働きが際立ったス」 ・寺嶋朋也委員 「3月の6ゴール2アシストに続き、4月は3ゴール5アシスト。昨年から猛威を振るう川崎Fの[4-3-3]は、この最強センターFWがいてこそ」 なお、明治安田J2からは5試合で5ゴール3アシストの活躍を見せた京都サンガF.C.のFWピーター・ウタカが初受賞。明治安田J3からは3試合で2ゴール1アシストを記録したテゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人が初受賞となった。 <span class="paragraph-title">【動画】月間MVPのレアンドロ・ダミアンが名古屋戦で記録した2G1A</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=gl7uy5t6lvqg1t4vcnkg9q857" async></script> 2021.05.07 17:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly