スールシャール、EL4強で激突のローマを警戒 「守りが良い。ジェコめがけてのボールは全部危険」

2021.04.16 11:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)ベスト4入りに満足感を示すとともに、今後の戦いに意気込みを語った。準々決勝でグラナダと激突したユナイテッド。敵地での1stレグを2-0の先勝で飾ると、15日に行われたホームでの2ndレグも2-0の勝利を収め、2戦合計スコア4-0でベスト4入りを決めた。

2年連続ベスト4進出のスールシャール監督は試合後、イギリス『BT Sport』で結果を喜び、18日に予定するプレミアリーグ第32節のバーンリーに向けても弾みがついたと述べた。


「グラナダはしっかりと戦ってきてくれ、フィジカルなゲームでも前に人をかけてくる。そのなかで、我々は2-0で勝ち、クリーンシートを達成した。個々のパフォーマンスも良かったね。これで日曜日のゲームに自信を持って挑める」

そんなユナイテッドは準決勝でローマとの対戦が決定。ラウンド16のミランに続くイタリア勢とのマッチアップとなるノルウェー人指揮官はローマとの決勝進出をかけた戦いを心待ちにしつつ、初のタイトル獲得に意欲を示した。

「彼らのことはあまり見ていない。アヤックスとの2試合でいずれも良い戦いをしたのは知っているがね。イタリアのチームは常にそうなのだが、守りが良い。我々が知っているエディン・ジェコもいて、彼をめがけてボックス内に入ってくるボールはすべて危険だ」

「楽しみだね。我々は準決勝に進出した。ローマは歴史のあるチームであり、これぞヨーロッパの戦いだという感じがするね。我々はイタリア勢を相手に良い結果を収めてきた。決勝に勝ち進みたい。トロフィーを手にして今季を終われたら、素晴らしいことだ」
関連ニュース
thumb

ブルーノが2季連続のサー・マット・バスビー賞に! 今季傑出のルーク・ショーに大差

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが今季のクラブ年間最優秀選手に輝いた。2季連続の栄誉となる。 2020年冬にスポルティング・リスボンから加入したB・フェルナンデス。まだ赤い悪魔のユニフォームに袖を通して2年も経っていないが、瞬く間にユナイテッド攻撃陣の絶対軸に君臨する。 今季もここまで公式戦56試合に出場して28得点17アシストの圧倒的な数字をマーク。途中加入の昨季に続き、今季もクラブの年間最優秀選手に贈られるサー・マット・バスビー賞を獲得した。 B・フェルナンデスは今季を通じて傑出したパフォーマンスを披露するイングランド代表DFルーク・ショーとの一騎打ちが予想されたが、最終的に63%の投票結果で圧勝。ショーは21%にとどまった。 また、3位は6%の支持を得たウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。U-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドは4位、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは5位だった。 2021.05.18 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのレジェンド、カントナ&キーンがプレミアリーグの殿堂入り

プレミアリーグは18日、エリック・カントナ氏とロイ・キーン氏が殿堂入りしたことを発表した。 1992年の創設からすでに約30年の歴史を刻むプレミアリーグは、2月27日に『Hall of Fame』の設立を発表。これまでの数十年間で同リーグの輝かしい歴史に貢献を果たしてきた偉大なプレーヤーたちを称える最高の栄誉となる。 2020年8月1日までに現役を引退した選手が対象。4月には初代殿堂入り選手として、プレミアリーグの最多得点保持者であるアラン・シアラー氏と、4度のゴールデンブーツ(得点王)を獲得したティエリ・アンリ氏が選出されていた。 23名の候補者から6名が殿堂入りするとされていた中、まずはカントナ氏とロイ・キーン氏が選ばれることとなった。 カントナ氏は母国のフランスでプレーした後、1992年2月にリーズ・ユナイテッドに加入しプレミアリーグに挑戦。1992年11月にはマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、1997年7月までプレーした。プレミアリーグでは156試合に出場し70ゴール55アシストを記録。4度のリーグ優勝に貢献した。 “キング”の愛称でも知られたカントナ氏。チームへの貢献も去ることながら、その破天荒な振る舞いも話題となり、1995年1月にはクリスタル・パレス戦で観客に向かって「カンフーキック」を見舞い、9カ月の出場停止処分を受けていた。 一方のロイ・キーン氏は、アイルランドでプレーした後、1993年7月にノッティンガム・フォレストからユナイテッドへと加入。2006年1月にセルティックへと移籍するまで12シーズンにわたってプレーした。 キャプテンも務めたロイ・キーン氏は7度の優勝を経験。366試合に出場し39ゴール33アシストを記録するなど、黄金時代を支えた1人だった。 両名はプレミアリーグの公式サイトを通じてコメントを残している。 ◆エリック・カントナ 「私は非常に満足しており、とても誇りに思っているが、驚くことではなかった。選ばれなかったらビックリする」 「素晴らしい選手、素晴らしい監督、そして素晴らしいファンとともに、このチームでプレーすることができて幸運だった」 ◆ロイ・キーン 「選ばれてとても幸運だと思うが、一緒にプレーした選手たちのお陰で選ばれただけだ」 「マンチェスター・ユナイテッドと契約し、素晴らしいドレッシングルームに踏み入れたことが私のキャリアのハイライトだった」 「ブライアン・クロウは私と最初に契約しデビューさせてくれた。デビュー前の彼のアドバイスは、ボールをコントロールし、味方にパスし、走れというものだった。それが私のキャリアの基礎となった」 今週中に残りの4名が発表されることになる。 ■プレミアリーグ殿堂入り アラン・シアラー/イングランド ティエリ・アンリ/フランス エリック・カントナ/フランス ロイ・キーン/アイルランド 2021.05.18 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが学生の頃から8年をともにした恋人と破局

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(23)が、ガールフレンドのルシア・ロイさん(23)と破局したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』によると、2人は学生時代に知り合い、15歳の頃から交際を続けていたとのことだ。 ラッシュフォードは、コロナ禍において貧困問題の改善のために自身の寄付を含めて尽力し、その活動が評価されて大英帝国勲章も授与されたが、ルシアさんもPR担当として携わっていた。 公私ともにパートナーだったが、コロナ禍の生活ですれ違いが生じ、ルシアさんはすでにラッシュフォードの家を出ているという。 『サン』は、2人はまだ連絡を取り合っており、問題が解決すれば寄りを戻すかもしれないとしているが、若きスターはどのような決断を下すだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ラッシュフォードと学生時代から交際していたルシア・ロイさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marcus Rashford&#39;s girlfriend Lucia Loi supports beau in Three Lions shirt <a href="https://twitter.com/hashtag/CROENG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CROENG</a> <a href="https://t.co/AxdSwmyEfo">https://t.co/AxdSwmyEfo</a> <a href="https://t.co/kKMJEQ8p34">pic.twitter.com/kKMJEQ8p34</a></p>&mdash; Daily Express (@Daily_Express) <a href="https://twitter.com/Daily_Express/status/1017139967338909696?ref_src=twsrc%5Etfw">July 11, 2018</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.18 06:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ダニエル・ジェームズがパパに! 第一子の9月誕生を公表

マンチェスター・ユナイテッドのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(23)が父親になると発表した。 ダニエル・ジェームズは16日、自身のインスタグラムで数年前から交際するパートナーであり、フィットネスインストラクターとして働くリア・ヒューズさんとの間に第一子を授かり、誕生予定月も報告した。 「BABY JAMES…僕とリアが願い通りだ。僕らの小さな子が9月に生まれる」 また、二人は青い花と赤い花の前でクラッカーを鳴らし合い、抱擁。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』の見立てによると、青い紙吹雪ということで、性別は男の子のようだ。 ダニエル・ジェームズはスウォンジー・シティから2019年夏に加入。今季は当初こそ出番が限定的だったが、徐々に信頼を取り戻してみせ、ここまで公式戦24試合の出場で5得点1アシストをマークしている。 なお、この報告を受けて、主将のイングランド代表DFハリー・マグワイアらチームメイトのみならず、FWオディオン・イガロら元同僚からも祝福のメッセージが続々寄せられている。 2021.05.17 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マグワイア、EL決勝間に合うか…スールシャール「私はいつだって楽観主義者」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表DFハリー・マグワイアについて、ヨーロッパリーグ(EL)決勝での復帰を期待した。『ESPN』が報じている。 DFリーダーとしてだけでなく、主将としてもチームを引っ張るマグワイアだが、9日に行われ、3-1で制したプレミアリーグ第35節のアストン・ビラ戦終盤に左足首を負傷して途中交代。その後の試合から欠場が続くなか、松葉杖姿が確認され、26日に予定するEL決勝のビジャレアル戦も間に合うか否か不透明なところだ。 しかし、ノルウェー人指揮官は2019年夏に加入して以降、負傷交代するまでプレミアリーグ71試合連続でフルタイム出場を続けた“鉄人”マグワイアがEL決勝の舞台に間に合うと信じているようだ。18日に本拠地で行われる第37節のフルアム戦に先駆けた会見で、現体制初のタイトルがかかるEL決勝での復帰を楽観視した。 「快方に向かっているが、彼に復帰を急がせるような早すぎるテストをしないという方向に舵を切っている。悪化させたくないからね」 「彼自身は出たがっているが、一方でリスクを犯すのを望んでいるわけでもない。今朝に彼と話をしたとき、ポジティブな様子だった」 「ケガをした翌日は誰もが落ち込んだが、我々は『ノー』と言わざるを得なくなるまで間に合うというポジティブな考えでなければね」 「私はいつだって楽観主義者。したがって、我々はポジティブでいる」 なお、復帰が待たれるマグワイアだが、スールシャール監督は13日に行われた第34節延期分のリバプール戦前、残るリーグ戦の全休見込みを明らかに。マグワイアはEL決勝にすべての集中力を注ぎ、そこでの復帰を目指すことになる。 2021.05.17 16:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly