【DAZN欧州組応援部】3月度のベストプレーヤーズを選出!日本代表でも活躍したFW伊東純也が1位に

2021.04.15 20:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。


★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら!


3位:MF久保建英(ヘタフェ)
Getty Images

出場試合:3試合(先発1試合)
出場時間:117分
成績:0ゴール1アシスト
チーム成績:2分け1敗


移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。

2位:DF植田直通(ニーム)
Getty Images

出場試合:3試合(先発2試合)
出場時間:190分
成績:0ゴール0アシスト
チーム成績:1勝1分け1敗


1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンでプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。

1位:FW伊東純也(ヘンク)
Getty Images

出場試合:2試合(先発2試合)
出場時間:180分
成績:3ゴール
チーム成績:1勝1分け


3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングのポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。

超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:1試合(先発1試合)
出場時間:90分
成績:0ゴール0アシスト
チーム成績:1分け


チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。

1 2
関連ニュース
thumb

やっぱりケガがネック? 契約切れる宮市亮についてザンクト・パウリSDが語る「難しい決断になる」

ザンクト・パウリとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるFW宮市亮だが、新契約を結ぶことは難しいようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えた。 宮市は、これまでアーセナル、フェイエノールト、ボルトン、ウィガン、トゥベンテと渡り歩き、2015年7月にアーセナルからザンクト・パウリへと活躍の場を移した。 しかし、キャリアを通じてケガと切っても切れない縁がある宮市はザンクト・パウリ加入後に左ヒザ前十字じん帯を断裂。2017年6月には右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うなど、ヒザを何度も負傷していた。 その宮市も2019-20シーズンはケガなく開幕を迎え、レギュラーとしてプレー。ブンデスリーガ2部で29試合に出場し1ゴール7アシストを記録。チームでも重要な役割を担っていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断明けの5月にヒザに違和感を覚えると、そのまま離脱。今シーズンもピッチには一度も立っていない。 ザンクト・パウリは、現在ブンデスリーガ2で7位に位置。プレーオフ圏の3位につけるハンブルガーSVとは勝ち点差「5」となっている状況。残りのシーズン3試合で昇格に向けてラストスパートをかけたいところだ。 宮市は復帰に向けたリハビリを続けており、シーズンの最後にもう一度プレーする機会が訪れる可能性はあるとのこと。しかし、SD(スポーツ・ディレクター)を務めるアンドレアス・ボルネマン氏は、「それは難しい決断になるだろう」と厳しい見方をしている。 最大のネックはやはりケガの多さ。前述の通りヒザを何度も負傷しており、十字じん帯の断裂だけで3度。また、ヒザ以外ににも恥骨炎やふくらはぎの問題など、様々な箇所もケガしており、万全な状態になかなかなることがない状況だ。 ボルネマン氏は「リョウは素晴らしい選手であり、素晴らしい男だが、残念ながら彼は過去数年間に何度もケガと戦わなければならなかった」と語っており、能力こそ認めているものの、やはりケガを頻繁にし、稼働率が悪いことがネックとなっているようだ。 チームを率いるティモ・シュルツ監督も「絶対的なリョウのファン」と自分を語るほど、宮市を高く評価している上、宮市が持っているスピードを有する右ウインガーがいないチーム事情もある。しかし、それでも計算が立たない宮市をクラブに残すことは難しいと考えられている。 残り3試合。来シーズンの宮市はどこのクラブでプレーをするのか注目が集まる。 2021.05.04 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑が自ら起点のカウンターからアゼルバイジャン初得点! 8カ国目のゴールに

元日本代表MF本田圭佑がアゼルバイジャンで初ゴールをマークした。 昨年末までボタフォゴでプレーした後、ポルティモネンセ入りがとん挫して、今年3月からネフチ・バクーに活躍の場を移した本田。4月4日に行われたアゼルバイジャン・プレミアリーグ第21節のスムガイト戦に途中出場して新天地デビューを飾り、5試合目の出場で待望の初ゴールを記録した。 3日に行われた第25節のケシュラ戦に先発した本田は1-0の74分、自陣中央でボールを奪取すると、すばやく敵陣左サイドの味方にボールを出してカウンターに。全速力でボックス中央まで駆け上がり、味方からのパスを左足ダイレクトでゴール右に叩き込み、チーム2得点目をマークした。 ネフチ・バクーはその後も1得点を上積み、3-0の快勝を収めて、暫定ながら首位に浮上。なお、過去に日本、オランダ、ロシア、イタリア、メキシコ、オーストラリア、ブラジルを渡り歩いた本田にとって、8カ国目のプロリーグでの得点になっている。 <span class="paragraph-title">【動画】本田圭佑がアゼルバイジャン初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">GOAL / QOL! Keisuke Honda <br><br>Keşlə 0 : 2 Neftçi<a href="https://twitter.com/hashtag/APL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#APL</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Azerbaijan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Azerbaijan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PremierLeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PremierLeague</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%9C%AD%E4%BD%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田圭佑</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8D%E3%83%95%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ネフチ・バクー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ゴール</a> <a href="https://t.co/GlIWWVkuG6">pic.twitter.com/GlIWWVkuG6</a></p>&mdash; Football of Azerbaijan (@azefutbollll) <a href="https://twitter.com/azefutbollll/status/1389245734256627714?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.04 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「見捨てるのか?」契約解除でチームを去ったFW浅野拓磨に同僚FWが憤慨「これは前代未聞」

一方的な退団を通告したことが大きな問題となっている日本代表FW浅野拓磨だが、チームメイトが怒りをあらわにしている。セルビア『Mondo』が報じた。 2日、パルチザン・ベオグラードからの退団を自身のブログで発表した日本代表FW浅野拓磨(26)。その理由には給与の未払いやクラブの不誠実な対応を挙げており、非常にショッキングな出来事となった。 一方で、クラブもこの件について声明を発表。浅野の退団を発表するとともに、契約違反だとして国際サッカー連盟(FIFA)に浅野を訴えると反論。泥沼の展開となっている。 浅野の主張ではクラブ側の不義理もある中で、一方的な契約解除が問題となれば、FIFAからの出場停止処分も下される可能性がある浅野。そんな中、チームメイトである元セルビア代表FWラザール・マルコビッチが憤慨している。 マルコビッチはパルチザンの下部組織出身で、2011年7月にファーストチーム昇格。その後は、ベンフィカやリバプールへと移籍したが、リバプール行きが大失敗に。フェネルバフチェ、スポルティング・リスボン、ハル・シティ、アンデルレヒト、フルアムなどへのレンタル移籍を繰り返すと、2019年9月にパルチザンへと復帰していた。 マルコビッチは主に右ウイングでプレーし、3トップで浅野とプレーすることも多かった存在。しかし、今回の浅野がとった行動に怒りを露わにし、浅野の不満を理解しながらも、シーズン終盤であり、カップ戦決勝を控える中での一方的な退団はあり得ないと糾弾した。 「正直なところ、この聖なる日(メーデー)にとても失望しているし、言葉がない。自分のために、そして全てのチームメイトのためにこれを言う」 「今日は休日だ。僕たちには休日がある。誰とも話す時間はなかったけど、明日このトピックがチームとして僕たちを待っているのに、トレーニングを行う」 「これはお金や給料ではなく、クラブとその中にいる僕たちとの関係についてだ。誰もが誤解しないように言えば、お金のために誰もが働いているし、それは支払われるべきだ。でも、何かを起こす方法とタイミングはある」 「僕はそれについて言っている。パルチザンで育った人間として、そしてチームメイトと一緒に何カ月も、何年もの間、チームのクレストのために戦ってきた」 「パルチザンに来た全ての外国人は、常に僕たち全員からリスペクトされていた。そして、僕たちは彼らが最高のパフォーマンスを出せるように、試合でも彼らを助けた。それはアサノの場合も当てはまる」 「彼はキャリアでも良いシーズンをプレーし、チームのために20ゴールを決めている。彼がピッチに1人でいたからではない。それなのに、これが感謝の気持ちなのか?」 「シーズンの終わりと、カップ戦決勝の3週間前に、チーム全体、監督、チームメイト、クラブを見捨てるのか? 全ての電話をオフにし、日本に行き、誰にも別れを告げないのか? その日の夜、僕たちはアウェイからバスで戻ってきた。彼が何をしているかわからなかったが、笑顔で幸せそうだった。これは前代未聞だ」 「パルチザンに居たくない人間には、居場所はない。僕たちは団結し、さらに強くなって戦い続ける」 2021.05.03 18:22 Mon
twitterfacebook
thumb

橋本拳人が今季6ゴール目! ヒザの負傷から復帰後初ゴール《ロシア・プレミアリーグ》

ロストフの日本代表MF橋本拳人が、復帰後初ゴールを決めた。 ロストフは2日、ロシア・プレミアリーグ第28節でタンボフと対戦。橋本は左のインサイドハーフで出場した。 最下位のタンボフに対して苦戦するロストフ。それでも70分に右ウイングのドミトリ・ポロズがネットを揺らし、ロストフが先制する。 すると78分にロストフが追加点。敵陣でボールを奪うと、アリ・ソウとのワンツーから最後はスルーパスに反応したキリル・フォルメルがボックス内からシュート。しかし、これはGKがセーブ。それでも、こぼれ球に素早く反応した橋本が豪快に蹴り込み、追加点を奪った。ロストフは2-0で勝利している。 2020年夏にFC東京からロストフへと移籍した橋本は、攻撃力が開花。レギュラーに定着するとともに5ゴールを記録していた。 しかし、昨年11月にヒザを負傷。4月までおよそ4カ月の離脱となると、4月4日のスパルタク・モスクワ戦で復帰。復帰後4試合目の出場でシーズン6ゴール目を記録した。 FCロストフ 2-0 タンボフ 1-0 70分:ドミトリ・ポロズ(FCロストフ) 2-0 78分:橋本拳人(FCロストフ) <span class="paragraph-title">【動画】橋本拳人の復帰後初ゴール!フリーランから豪快に蹴り込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOVWI1WDBvRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.03 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島や大宮を率いた石井正忠監督がタイのサムットプラカーン・シティと契約延長、1年目のシーズンは6位

タイ・リーグ1のサムットプラカーン・シティFCは2日、石井正忠監督(54)との契約更新を発表した。契約は2022年5月までとのことだ。 現役時代にNTT関東や、住友金属工業、鹿島アントラーズ、アビスパ福岡でプレーした石井氏は1998年の現役引退後、指導者に転身。古巣鹿島のユースからコーチとして指導者業をスタートさせ、2015年7月にトニーニョ・セレーゾ氏の解任に伴い、トップチーム監督に就任した。 その鹿島監督時代の2015〜2016シーズンにかけてJリーグカップやJ1リーグ、天皇杯のタイトルを獲得したが、2017年5月に成績不振で退任。2017年11月から大宮アルディージャの監督に就任していたが、2018シーズン終了後に退任していた。 石井氏は2020年1月からサムットプラカーン・シティの監督に就任。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で中断期間がありながらも、14勝5分け11敗の勝ち点47、6位でシーズンを終えていた。 2021.05.03 14:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly