「テレビで見るには最高ではなかった」守勢を語るチェルシーのトゥヘル監督は選手を称賛「密かに多くのハードワークが行われた」

2021.04.14 11:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ポルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。チェルシーは13日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦した。1stレグはチェルシーがアウェイ扱いの試合で0-2と勝利して迎えた一戦。1stレグと同様に中立地のセビージャで行われた。

ゴールが必要なポルトが立ち上がりから押し込む展開となっていたが、チェルシーが守備で奮闘。互いに枠内シュートなしで前半を終える。


後半も同様の展開で進む中、スコアが動かないまま進んだが94分にメフディ・タレミがバイシクルシュートを決めてついにポルトガ先制。しかし、そのままタイムアップとなり、0-1でポルトが勝利したものの2戦合計2-1でチェルシーがベスト4進出を決めた。

試合を振り返ったトゥヘル監督は「我々は今夜必要なものを受け入れ、勝ち進むのにふさわしいと思う」と語り、守勢に回るも勝ち上がりにふさわしいとコメント。タフな試合だったと語った。

「タフな試合で、テレビで見るにはおそらく最高ではなかった。で、私はとてもスピーディで激しい試合を目の当たりにした」

「厳しい戦いだった。そして我々は、プレッシャーから逃れるためにハードワークもしなければなかった。彼らはとても流動的で、攻撃的にプレーしていた」

「彼らは常にポジションを変え、オーバーラップしたかと思えば、次の瞬間にはアンダーラップができることを示していた。それにより、我々は彼らの多くの動きに適応する準備ができていなければならなかった」

「毎分、我々はそれをうまく対応し、全体としてこの難しい試合を守り、コントロールしたやり方にとても満足している」

「称賛できないやるべきこともたくさんあった。タックルをしても応援してくれる人は誰もいなかった。密かに多くのハードワークが行われたので、私は幸せだ」

また、相手の良さを消しに行くこともパフォーマンスの1つだとし、チームが見せたものを評価した。

「ポルトと最高の試合をするのはとても難しい。相手にパフォーマンスをさせないこともパフォーマンスの一部だ。これは相手がしていることであり、我々もしている」

「今日は我々が必要としていた努力とインテンシティ、そしてチームスピリットを示すことができた」
関連ニュース
thumb

チェルシーFWの彼女が監督を痛烈批判!「得点王を外して…」「どうしたらそんな判断が下せるの?」

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハムのガールフレンドであるリア・モンローさんが、トーマス・トゥヘル監督を痛烈に批判した。イギリス『サン』が伝えている。 昨季はフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトゥヘル監督が率いるようになってからは出番を減らし、将来が疑問視され始めている。 さらに、15日に行われたレスター・シティとのFAカップ決勝では、ここまで4ゴールと大会得点王タイだったにもかかわらずベンチ外となると、モンローさんが憤慨。自身のインスタグラムでトゥヘル監督の判断を公に批判した。 「一体どうしたらトップのスコアラーをチームから外して決勝に臨むという決断が下せるの?何の意味もない」 投稿はすでに削除されたが、レスター戦のチェルシーはゴールを奪えず、0-1で敗れてタイトル獲得を逃しており、モンローさんは今なお怒り心頭かもしれない。 ガールフレンドの行動によって、その去就にさらなる注目が集まることとなったエイブラハムだが、本人の胸中はいかに。 <span class="paragraph-title">【写真】トゥヘル監督を批判したエイブラハムの美人彼女、リア・モンローさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CN0Loy3g2CJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@leahmonroe_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.17 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナが女子CLで初優勝! 男女同時優勝目指したチェルシーを前半の4発で退ける《女子チャンピオンズリーグ》

16日、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)決勝のチェルシーvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利。見事に初優勝を果たした。 男女で同時にチャンピオンズリーグ優勝を目指し初の決勝進出となったチェルチーと、2018-19シーズンのファイナリストであるバルセロナの一戦。互いに初優勝を目指した試合はバルセロナが圧倒した。 開始1分、バルセロナのリーケ・マルテンスがボックス手前からシュート。これがクロスバーに当たり高くボールが跳ね上がる。これがルーズボールとなると、最後はチェルシーのフラン・カービーがクリア。しかし、これがメラニー・ロイポルツに当たると、チェルシーゴールへ吸い込まれ、バルセロナがオウンゴールで先制する。 さらに、12分にはヘンニ・エルモソがボックス内で倒されバルセロナがPKを獲得。アレシア・プテジャスが左にしっかりと決めて、リードを2点とする。 0-2とした20分には、アイタナ・ボンマティがボックス内に侵入し縦パスを受けると、そのまま冷静に流し込み、3点目を奪い切ってしまう。 圧倒するバルセロナは36分にマルテンスがドリブルで左サイドを突破。ボックス内に侵入し深さを取るとグラウンダーのクロス。これをキャロライン・グラハム・ハンセンが合わせて4点目。後半はスコアが動かなかったが、そのままバルセロナが逃げ切り0-4で勝利。初勝利を収めた。 チェルシーは男子チームも決勝に進んでいた中で、アベック優勝を目指したが敗戦。初優勝を逃していた。 なお、バルセロナは史上8クラブ目の優勝クラブに。フランクフルト(ドイツ)、ウメオIK(スウェーデン)、ポツダム(ドイツ)、アーセナル(イングランド)、デュイスブルク(ドイツ)、リヨン(フランス)、ヴォルフスブルク(ドイツ)がこれまで優勝していた。 <span class="paragraph-title">【動画】バルセロナ女子がCL初制覇! 歓喜のトロフィーリフト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4QmxQbHRMMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.17 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ペナントを投げ捨てる…FAカップ優勝のレスターDFの問題行動にファンも非難「リスペクトを欠いている」

レスター・シティのガーナ代表DFダニエル・アマルテイがチームの優勝に水を差す行動をしてしまった。 レスターは15日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。均衡した展開の中、63分にMFユーリ・ティーレマンスの完璧なミドルシュートで先制すると、GKカスパー・シュマイケルの活躍もあり1-0で勝利。クラブ史上初となるFAカップ制覇を成し遂げた。 試合後、レスターの公式インスタグラムはタイトル獲得に喜ぶ選手たちの様子をライブで配信していたが、カメラに映し出されたアマルテイは気を大きくしてしまったのか、試合前にチェルシーと交換で受け取ったエンブレムのペナントを手にすると、そのまま後ろへと放り投げた。 撮影者もすぐさま画格からアマルテイを外したが、このシーンが切り取られた映像がSNSで拡散されると、「面白くない」「無礼だ」「リスペクトを欠いている」と否定的なコメントが相次いだ。 プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を争っている両者は、18日に行われる第37節で再戦。チェルシーはリベンジに燃えてくるが立ち向かえるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】アマルテイがチェルシーのペナントを思い切り投げ捨てる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The disrespect from Daniel Amartey <br><br>(via lawestt_/IG) <a href="https://t.co/yfuxkOmFri">pic.twitter.com/yfuxkOmFri</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1393663702616973315?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、初タイトル逸もすでに切り替え「3つの決勝戦が残っている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、敗れたレスター・シティ戦を「運がなかった」と振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えている。 チェルシーは15日、FAカップ決勝戦でレスターと対戦した。序盤から一進一退の攻防が続くも両チームともに中々決定機が作れない中、均衡を破ったのはスーパーゴールだった。 63分、チェルシーは自陣内でDFリース・ジェームズの不用意な縦パスでボールを奪われると、ボックス手前からMFユーリ・ティーレマンスに強烈なミドルシュートを決められ、失点してしまう。 その後、途中出場で古巣戦となったDFベン・チルウェルのゴールがVARで取り消され、MFメイソン・マウントの決定的なシュートもレスター守護神カスパー・シュマイケルのビッグセーブに阻まれるなど、最後までゴールの遠かったチェルシーは0-1で敗戦。2年連続でファイナル敗退となってしまった。 チェルシー就任後の初タイトルを逃したトゥヘル監督は、失望は隠さずも内容には満足しているとコメント。敗戦の要因はほんの少しの運の欠如だったと悔やんだ。 「もちろん失望しているよ。だが怒りはない。我々の日ではなかったということだ。今日は単純に運がなかった。このレベルの試合に勝つには、多少の運も必要ということだ。常に勢いやちょっとしたディティール、決断力、レフェリー、そして時に今日のようなシュートも必要なのだ」 「我々は非常に上手く守り、アグレッシブにカウンタープレスを仕掛けた。相手にはカウンターのチャンスもハーフチャンスも与えなかった。内容には満足しているよ」 「だが、我々の意思決定は少し慌ただし過ぎた。直線的な攻撃が多かったように思う。我々は解決策を求め過ぎて、不必要なボールロストや不正確な判断をしてしまった。2対2や2対3の状況を作ってしまい、本来の力を発揮できなかったのだ」 「スペースは埋めていたのに、何もないところからゴールを決められてしまった。素晴らしいゴールだったが、ラッキーなゴールでもあった。それからマウントのビッグチャンスもあったが、シュマイケルに見事なセーブを見せられてしまったね。オフサイドになったゴールだってあと一歩だった。今日はツイてなかったね」 チェルシーは18日にプレミアリーグで再びレスターと相まみえ、その後の最終節のアストン・ビラ戦を終えると、ついにチャンピオンズリーグ決勝が待ち構えている。指揮官はすでに頭を切り替えているようだ。 「今は火曜日(18日)に向けて、バウンスバックすることや再びメンタルの強さを示すこと、信念を持つことが大切だ。トロフィーを逃したことは非常に残念だが、我々にはレスターとアストン・ビラとの2つの決勝戦が残っている。それからもう一つのファイナルもね。後悔している暇などないのだ」 2021.05.16 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

FAカップ初制覇のレスター、ロジャーズ監督はサポーターに感謝「3万人もいるように感じた」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、FAカップ制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは15日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。今シーズンのプレミアリーグで上位にいる両チームの対戦。普段のリーグ戦を無観客で行なっている中、2万人のファンが聖地・ウェンブリーへと集まった。 互いに前線からプレスをかける中、集中した守備を見せて緊張感のある決勝となった。しかし、33分に万全ではない中で先発したジョニー・エバンスが負傷交代。レスターにアクシデントがあるも前半はゴールレスで終了した。 後半も均衡した展開の中、63分にパスカットから攻め立てたレスターがユーリ・ティーレマンスの完璧なミドルシュートで先制。その後はチェルシーが猛攻を仕掛けるも、GKカスパー・シュマイケルのスーパーセーブが光り得点を許さない。 それでも89分に古巣戦となったベン・チルウェルのクロスがオウンゴールを誘発。土壇場でチェルシーが追いついたと思われたが、VARの判定の結果、チルウェルがパスを受けた時点でのオフサイドが判明。結局、レスターが1点を守り切り、0-1で勝利。クラブ史上初となるFAカップ制覇を成し遂げた。 試合後、ロジャーズ監督はFAカップ制覇に歓喜。サポーターや会長へ優勝を捧げた。 「まずは素晴らしい気分だ。試合後の最初の反応は、とても幸せだと感じた。選手たちが試合で示した勇気は、トップレベルのチームに対して、クオリティの高いパフォーマンスを生み出すために信じられないものだった」 「第2に、明らかにサポーターにとって、彼らの歴史の中で初めてFAカップの勝者であると言うことができる。ここに来て以来、輝かしい失敗や不幸な出来事の話を聞いてきたので、この瞬間を彼らに与えられたことは特別なことだ」 「クン・トップ(アイヤワット・スリヴァッダナプラバ会長)と彼の家族、そして彼らがこのクラブに与えてくれたもの。これがヴィチャイの夢だったことを知っているので、今日実現できたことはとても良い気分だ」 また、試合についても振り返り、VARに助けられたとコメント。それでも、守護神のシュマイケルのセーブが素晴らしかったとコメント。さらに、ファンの存在が力になったと語った。 「運命と言えるかはわからないが、1-0で迎えた後半の15~20分は、しっかりとしたディフェンスをしなければいけないことは理解していた。試合を最後までやり遂げるだけだった」 「彼らはチャンピオンズリーグのファイナリストであり、トップのクラブ、トップの選手たちであることは分かっている。苦しむことも分かっていた。しかし、VARがあった。これはラインが揃っていたことを示している」 「我々はあまり深い位置にはおらず、チリー(ベン・チルウェル)のオフサイド、カスパー(・シュマイケル)のセーブ…ユーリ(・ティーレマンス)のゴールは話題になるだろう。ただ、同じようにセーブについても話すべきだ。本当に信じられないことだ。この試合では2つのビッグセーブがあった」 「試合ではアグレッシブでプレスも良かった。我々は脅威を感じていたし、ユーリがもたらすものも知っていた。彼は素晴らしいボールストライカーだ。これは何百回も見てきた。このような試合であのレベルのゴールを決められた。FAカップ決勝ならではのゴールであり、私の人生で忘れることのないゴールとなるだろう」 「そして、ファンが我々にもたらす違いも見ることができた。彼らが我々に与えてくれたエネルギー、今日はここに3万人もいるように感じた。彼らが作ってくれた音でエネルギーを感じ、それが我々の力となった」 <span class="paragraph-title">【動画】ウェンブリーへと戻ってきたファンたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJId1VzZUI4RSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.16 07:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly