チーム支える働きのファビーニョを称賛するチアゴ「最高の形で自分の役割を果たしている」

2021.04.13 17:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、チームメイトであるブラジル代表MFファビーニョを称賛した。『ESPN』が伝えている。

2018年夏にモナコからリバプールに加入したファビーニョは、ここまで公式戦114試合出場3ゴール7アシストを記録。その影響力の高さを受け、ペップ・リンダースアシスタントコーチからは「リバプールの灯台」と呼ばれるなど、絶大な信頼を得ている。

また、今季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスが長期離脱となったことから、ファビーニョはセンターバックとしても多くの試合でプレー。本職ではないにもかかわらず安定したパフォーマンスを発揮し、チームを大いに助けている。

『ESPN』のインタビューに応じたチアゴも、ファビーニョを絶賛。与えられた役割を完璧にこなすブラジル代表MFを称えている。

「ファビオ(ファビーニョ)は彼の長所である守備の能力を生かして、ディフェンダーとしても頼りになる存在だね。彼は守備的MFとしてプレーしていたときから、すでに今のようなプレーをしていた。そして屈指の選手がいなくなったことで中盤は弱点を抱えていたが、今は彼が戻ったおかげで一貫性を示せている」

「そして、彼はより多くのプレーを自由自在にできるようになった。僕たちは皆、与えられた役割をこなすことができると思っているけど、ファビオは最高の形で自分の役割を果たしている」

また、チアゴはリバプールの持つ力についても言及。チームが持つ反発力を武器に、これから勝利を重ねていきたいと意気込んだ。

「このチーム最大の特徴についてはプレーする前から話していたけど、かつて経験したものを毎年克服してきたことだと思う。この克服により進化したおかげで、より多くのタイトルを獲得できた。今年も同じようにしたい」

「ファンがスタジアムにいないなか、チームはタイトルを獲得するためより一層の努力をする必要がある。それでも、チームはゴールを決めて勝ち続けたいと思っているんだ。このハングリー精神を保ったまま、継続していきたい」

関連ニュース
thumb

アンフィールドのスタンド拡張計画が承認、収容人数は6万人超えに

リバプールは、本拠地アンフィールドのスタンド拡張の再開発案がリバプール市議会の計画委員会に承認されたことを発表した。 この再開発案により、アンフィールドの収容人数は現在の約5万4000人から7000人増加し、約6万1000人が収容可能となる。 また、同時に今後5年間で最大6回のコンサート及びイベントをスタジアムで実施できる許可が下りたという。 この計画は地元住民、企業、ファン、および利害関係者と協議を2度にわたって実施。2014年に最初の計画が承認され、2016年に現在の収容人数まで拡張を行った。 2020年2月に2度目の協議を行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて計画はストップしていた。 リバプールのアンディ・ヒュージス取締役社長は次のようにコメントしている。 「これは、より多くのサポーターをアンフィールドに連れてくるための私たちの計画の大きなマイルストーンだ。本事業の企画過程において、厳しい2段階のパブリックコンサルテーションを実施したので、ご協力いただいた皆様に感謝したい」 「この拡張は、複雑な計画環境を管理する能力に基づいていることは当初から明らかだった。地域住民や地域社会の協力を得ることができるかどうか、そしてプロジェクトが経済的に実行可能であることを保証できるかどうかだった」 「非常に予測不可能な年だったが、我々はこのプロジェクトを進めるために確実性を求めており、そこに到達するために取らなければならないいくつかのステップがまだある」 <span class="paragraph-title">【画像】アンフィールドの完成予想図</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Liverpool have been granted planning permission for their proposed £60million Anfield Road stand expansion.<br><br>Here’s what the new stand will look like once completed <a href="https://twitter.com/hashtag/awlive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#awlive</a> [<a href="https://twitter.com/virtual_planit?ref_src=twsrc%5Etfw">@virtual_planit</a>] <a href="https://t.co/OJg732M03i">pic.twitter.com/OJg732M03i</a></p>&mdash; Anfield Watch (@AnfieldWatch) <a href="https://twitter.com/AnfieldWatch/status/1404748506749980676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールのコナテ獲得を評価するOB「クラブにとって最高の契約になるだろう」

かつてリバプールで活躍した経歴を持つ元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏が、古巣の補強を評価した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 今シーズン、センターバックが相次いで長期離脱したリバプールは来シーズンの王座奪還に向けRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)を3500万ポンド(約54億5000万円)の契約解除金を支払うことで獲得。193cmの高さとスピードを兼ね備えたコナテには即戦力として高い期待がかけられている。 かつてリバプールで公式戦135試合出場で42ゴール18アシストの成績を残したクラウチ氏もこの補強を称賛。コナテはリバプールにとって必要な選手だと語った。 「イブラヒマ・コナテは、リバプールにとって最高の契約だろう。私はディフェンダーとしての彼が好きだよ。それにリバプールは正直言って、センターバックに誰かを必要としていた」 「ジョー・ゴメスとジョエル・マティプの負傷の記録を見ると、全く安心できない。それに、ヴィルヒル・ファン・ダイクは長期間負傷欠場をしていたから、戻ってきた彼がどんな選手になっているかは分からない状況だ」 「ヴィルヒルがベストな状態に戻るには、時間がかかるかもしれない。だからリバプールには今、準備できている選手が必要だ。彼らはバックラインにより多くの経験を必要としていた。コナテは決してベテランではないが、既に多くのビッグゲームでプレーしている」 また、クラウチ氏はリバプールが今夏さらなる補強に動くだろうと推測。層の薄い前線を補強ポイントに挙げている。 「リバプールは適切な選手が現れれば、新たなフォワードの獲得に乗り出すかもしれないね。今シーズン、モハメド・サラーは依然として多くのゴールを決めたが、サディオ・マネとロベルト・フィルミノは大きく調子が落ち込んだ」 「もし、クラブにもう1人トップフォワードが所属していたら、マネやフィルミノは何試合か欠場していただろう」 2021.06.18 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アレクサンダー=アーノルドがイメチェン!プレミアで流行中の“編み込み”ヘアーに

リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが大胆なイメージチェンジを敢行した。 アレクサンダー=アーノルドは2日に行われた国際親善試合のオーストリア代表戦で太ももを負傷。大腿四頭筋断裂のケガを負い、ユーロ2020に臨むイングランド代表から離脱していた。 リバプールからはすぐにリハビリプログラムを開始することが発表されたが、アレクサンダー=アーノルドはこの機会に髪型をチェンジ。髪を編み込み、その編み込んだ髪の束を何本か垂らしたヘアーのスタイルを取り入れた。 この髪型は、ブレイズと呼ばれるスタイルで、今シーズンのプレミアリーグでもアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンやマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリなどが一時期取り入れたことで流行っていた。 大舞台に立つ可能性をケガで断たれたアレクサンダー=アーノルドだが、良い気晴らしになっただろうか。 <span class="paragraph-title">アレクサンダー=アーノルドの“編み込み”ヘアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CQMsPiNnV4S/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TAKING APPOINTMENTS(@heir_designs)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.18 06:35 Fri
twitterfacebook
thumb

シャキリがユーロ後の移籍を模索?「大会を終えた後で代理人と話をしていく」

リバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリ(29)が、自身の去就について語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 シャキリはバイエルン、インテル、ストークを経た後、2018年夏にリバプールへ加入。初年度は公式戦30試合に出場しており、プレミアリーグでも24試合6得点3アシストとまずまずの数字を残した。 しかし、以降はケガが重なり、出場機会が減少。今シーズンも公式戦22試合の出場にとどまっており、リーグ戦での先発出場はわずか5回。ほぼノーインパクトでシーズンを終えることになった。 こうした状況もあり、シャキリは出場機会を求め移籍先を探していると報じられている。現在スイス代表としてユーロ2020に出場しているシャキリは、試合に向けた公式会見のなかで去就について触れられた際、すべては大会終了後に決めると断言した。 「今は去就の噂について、あまり話したくないね。僕はリバプールで契約を結んでいる。まずはユーロを終えた後で、代理人と話をしていくよ。状況をしっかり判断したうえで、どうするか決めていこうと思う」 なお、『ミラー』によると、シャキリの獲得にはマウリツィオ・サッリ監督の就任が決まったラツィオが関心を示しているようだ。しかし、レンタル移籍を望まないリバプールと、財政に余裕のないラツィオの間で合意ができるかは、不透明な状況になっている。 2021.06.16 14:18 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが控えGKアドリアンとの契約延長を発表

リバプールは14日、スペイン人GKアドリアン(34)と新たな契約を結んだことを発表した。契約期間は発表されていない。 2019年の夏にウェストハムを退団しフリーでリバプールに加入したベテランGKは、絶対的守護神アリソンのバックアッパーとして2シーズンで公式戦24試合に出場。今季は若手GKクィービーン・ケレハーとバックアッパーの役割を分担したため、公式戦6試合に出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアドリアンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「リバプールに残ることができて、とても嬉しいよ。まず第一に、これは2年前に契約して以来僕の努力に対するクラブからのご褒美だと思っている。クラブ、監督、そしてチームに関わるすべての人からの信頼にとても感謝しているよ」 「そして第二に、何よりもリバプールに残れることができて嬉しい。リバプールはとても大きなクラブだけど、同時に家族のようなクラブでもあるんだ。どの選手にとってもここに留まることはとても特別なことで、僕は恵まれているね」 2021.06.15 00:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly