欧州出場権目指すアンチェロッティが意気込み! 勝ち点の半分以上を稼ぐアウェイでブライトン戦

2021.04.12 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が意気込みを語った。イギリス『ガーディアン』が報じている。エバートンはプレミアリーグ前節終了時点で勝ち点47の8位だが、1試合未消化であり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内である4位のウェストハムと8ポイント差。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内である5位のチェルシーとは7ポイント差であり、欧州カップ戦出場を巡る争いの真っ只中だ。

ここ3試合で2連敗を含む1分け2敗と足踏みが続くなかで、11日に16位ブライトン&ホーブ・アルビオンとの第31節に臨むエバートン。アンチェロッティ監督はクラブの目標であるヨーロッパの出場権獲得に向けて、好成績を収める敵地での今節をしっかりと勝ち切る必要性を説いた。


「一貫性があれば、もっと良い順位にいたと思う。ホームでの一貫性も欠いているが、昨季の状況を鑑みると、良いポジションにいるんじゃないかな。昨季は上位よりも降格ゾーンと近かったわけだからね」

「そうした状況をすべて考慮した上で、ホームでの一貫性も十分じゃないことも考えると、良い位置につけており、シーズンの初めに立てた目標を目指して戦うことができている」

「一方で、アウェイだと本当に一貫した戦いができている。例を挙げるなら、ダービーだったり、大事な試合で勝つことができているんだ」

「今季の終わりにヨーロッパの出場圏内にいるか否かはもう少し待たなければならないが、それができたら素晴らしいシーズンになるだろうね」

なお、今季のエバートンはここまでホーム戦5勝3分け7敗で全体14位。一方で、アウェイ戦だと全体4位の好成績となる9勝2分け3敗の結果を出している。
関連ニュース
thumb

アーセナルとエバートンがノルウェー代表MFに興味? 降格で移籍金が15億円減額に

シェフイールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)に対して、アーセナルとエバートンが興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ベルゲは、2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍で加入。ノルウェー期待の若手として注目も集めており、すでにノルウェー代表で24試合に出場し1ゴールを記録している。 今シーズンもシェフィールド・ユナイテッドで中心選手としてプレー。プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で負傷。以降はハムストリングのケガから復帰できず、その間にチームはチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定してしまった。 注目を集めていたベルゲだが、シェフィールド・ユナイテッドとの契約は3年間残っており、契約解除条項として4500万ポンド(約68億3300万円)がかかるため、どのクラブも二の足を踏んでいた。 しかし、チームが2部に降格したことを受け、その条項が3500万ポンド(約53億1500万円)に減額。そのため、興味を持つクラブが増えたとのことだ。 特にアーセナルは強い関心を示している上、ヘンクで監督を務めていたアルベルト・スタイフェンベルフ氏がアシスタントマネージャーとして在籍。ベルゲとも1年間仕事をしており、高く評価している。 スタイフェンベルフ氏は「彼はすでに非常に成熟している。頭が良く、ゲームをよく読み、主導権を握レル。彼は将来のリーダーになる可能性がある」とコメントしており、元指揮官に引っ張られてアーセナルにやってくるだろうか。 2021.05.07 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州挑戦権が遠ざかるエバートン、アンチェロッティ「まだ争いのなかにいるが…」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が嘆いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 1日に行われたプレミアリーグ第34節でアストン・ビラをホームに迎え撃ったエバートン。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがウォームアップ中の負傷で急きょ欠場を強いられたなかで、先制を許したが、19分にイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで追いつく。 しかし、1-1の80分に勝ち越しを許して、5試合ぶりの敗戦。1試合未消化分を残すものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位につけるチェルシーとの勝ち点差が「9」に開いてしまった。アンチェロッティ監督は試合後、チームの目標である欧州挑戦権の獲得が難しい状況を認めた。 「序盤にかなりのミスを犯してしまった。バランスを欠き、集中力がなく、良い夜じゃなかったね。なぜかはわからない。彼らに意欲こそあった。重要な一戦で、争いに踏みとどまっていくためにも勝とうともした。まだ争いのなかにいるが、状況がますます難しくなっている」 また、アンチェロッティ監督は5勝4分け8敗と負け越すホーム戦成績を嘆きつつ、「まだ今季が終わったわけじゃない」と前を向いた。 「なぜホームで苦戦しているのか説明しがたい。7日前にアーセナルを倒したときと同じチームなのだがね。ホームでもっとうまくやれるはずだ。アウェイとホームで戦いが違いすぎる」 「我々は良くなかった。ボールを保持したときのバランスが悪く、難しさもあったが、まだ今季が終わったわけじゃない。まだ5試合もあり、戦い続けねば。いずれも目標がかかる重要なものだ」 2021.05.02 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラに競り負けたエバートン、来季CL出場遠のく痛恨の勝ち点逸…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、エバートンvsアストン・ビラが1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で勝利した。 前節、アーセナルとの接戦をモノにしてリーグ6戦ぶりの白星を手にした8位のエバートン(勝ち点52)。11位のアストン・ビラ(勝ち点45)を相手に連勝を狙った一戦では、アーセナル戦と全く同じスタメンを採用。ただ、ウォームアップ中にふくらはぎを痛めたハメス・ロドリゲスがプレー不可能となり、直前にイウォビが急遽スタメンに入った。 ハメス不在によってエバートンは最前線にキャルバート=ルーウィン、2列目に右からイウォビ、シグルドソン、リシャルリソンを配した[4-2-3-1]でスタート。試合は立ち上がりからオープンな展開を見せた。 まずは13分、最終ラインでボールを持っていたDFホルゲイトにプレッシャーをかけたワトキンスがボールを奪い切り、慌てて飛び出してシュートコースを消しにきたGKピックフォードのポジションを見極めてゴール左隅へシュートを流し込んだ。 痛恨のミスから先に失点したエバートンだが、すぐさま試合を振り出しに戻す。19分、右CKの場面でディーニュがファーに浮き球で入れたボールを競り勝ったキャルバート=ルーウィンが強烈なヘディングシュートで決め切った。 さらに、畳みかけるホームチームは23分にもディーニュの左サイドからのアーリークロスに反応したキャルバート=ルーウィンがダイビングヘッドでゴールを狙うが、これはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。 すると、前半半ばから終盤にかけてはアウェイのビラが主導権を握り返す。切り替えの鈍さ、2セントラルMFの脇が空くエバートンの守備に対して古巣対戦のバークリーを起点として攻撃が機能。32分にはゴール前の混戦からエル・ガジがクロスバー直撃のシュートを放てば、37分にも中央で浮いたバークリーが左ポスト直撃のミドルシュートを放つなど、勝ち越しゴールまであと一歩という鋭い攻撃を幾度も見せた。 ビラペースも1-1のイーブンで折り返した試合は、ハーフタイムにきっちり修正を施したエバートンが優勢に試合を運ぶ。前半に比べて守備が改善されたホームチームは左サイドのリシャルリソンに良い形で縦パスが入る回数が増え、ブラジル代表FWの打開力で際どい場面を作り出す。 後半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着状態に陥ったが、先にゴールをこじ開けたのは、またしてもアウェイチームだった。80分、ペナルティアーク付近で右サイドのトラオレから斜めのパスを受けたエル・ガジが流れるようなフィニッシュワークから見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。 逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸は許されないエバートンは、ここから前がかってゴールを目指す。だが、85分にボックス手前でキングが放った右足のミドルシュートはわずかに枠の左に外れ、絶好の同点機を逸した。 結局、エル・ガジのファインゴールが決勝点となった白熱の一戦に敗れたエバートンは、1試合未消化ながらも4位チェルシーとの勝ち点差が9ポイントに広がった。 2021.05.02 06:04 Sun
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ「大きな勝利」 アーセナル撃破で4位チェルシーと3pt差

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が「大きな勝利」だと勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3試合連続ドローの5戦未勝利と苦境が続く8位のエバートンは23日に行われたプレミアリーグ第33節で9位のアーセナルとアウェイで対戦。なかなか均衡が破れずの展開が続いたが、76分にドイツ代表GKベルント・レノのオウンゴールで先制に成功すると、この1点のリードを守り抜き、アーセナルを下した。 欧州カップ戦の出場権獲得に向け、これ以上の足踏みが許されないなか、6試合ぶりの白星を掴み取ったエバートン。アンチェロッティ監督は試合後、3ポイント差の4位チェルシーが先頭のトップ4争いに踏みとどまる大きな勝利に満足感を示した。 「この結果は良いもので、大きい。我々はテーブルの上位勢にまだくっついていけている。それこそが我々に必要なこと。争い続けられており、いくつかの困難が伴うなかで良い試合をした」 「守りも良く、満足している。正直、引き分けだったとは思う。アーセナルの方がボールの主導権を支配して、我々はうまくポゼッションできていなかったしね。ここ数試合は引き分けが続いたが、勝利に値するものもあったから、ポイントを取り戻せて良かった」 「ジョーダン・ピックフォードも最後に良いセーブを披露したり、上手なボール捌きをしてくれ、本当に良かった。5試合で白星から遠ざかっている状況だった我々からしたら、大きな勝利だ。このレースは最後の試合までもつれるだろうね」 2021.04.24 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝点はアーセナル守護神レノの信じがたいOG…競り勝ったエバートンが6戦ぶりの白星《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、アーセナルvsエバートンが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのエバートンが0-1で勝利した。 現在9位のアーセナル(勝ち点46)は前節、下位のフルアム相手に痛恨のドロー。逆転でのトップ4フィニッシュが風前の灯となった。来週ミッドウィークにビジャレアルとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグを控える中、難敵をホームで迎え撃った一戦では先発6人を変更。チャンバースやパブロ・マリ、トーマスが復帰した一方、負傷のラカゼットに代わってエンケティアが1トップで起用された。 一方、前節のトッテナム戦を2-2のドローで終え、リーグ5戦未勝利と苦境が続く8位のエバートン(勝ち点49)は、1試合未消化ながら4位のチェルシーと6ポイント差を付けられており、これ以上の取りこぼしが許されない状況。6戦ぶりの白星を狙うこの一戦では先発3人を変更。キーンとイウォビ、トム・デイビスに代わってコールマン、アンドレ・ゴメス、負傷明けのキャルバート=ルーウィンが起用された。 共に[4-2-3-1]の布陣臨んだ両チームだが、エバートンが相手左サイドバックのジャカを意識してか、リシャルリソンを右ウイングに配置するなど戦術的な駆け引きを窺わせる。 立ち上がりからホームチームがボールを保持して押し込む形を作り出すが、なかなかフィニッシュまで持ち込めず。これに対してエバートンはシグルドソンとの好連携から幾度も高い位置に侵攻するディーニュの正確なクロスにキャルバート=ルーウィンを飛び込ませる得意の形から際どい場面を創出する。 以降はサカとペペの両ウイングの仕掛けを起点にアーセナルの時間が続くが、中央をしっかり固めて集中した守備を見せるアウェイチームのゴールをこじ開けるまでには至らず。 その後、30分付近から攻守の切り替えで上回り始めたエバートンは29分にボックス右でアランからパスを受けたリシャルリソンがGKレノを脅かすシュートを放つと、39分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシグルドソンが直接狙うが、このシュートはクロスバーの上部を掠めた。 結局、0-0のイーブンでの折り返しとなった試合は後半の早い時間帯に動きを見せる。51分、ボックス右で仕掛けたセバージョスがリシャルリソンに足を蹴られてPKを獲得。だが、VARのレビューが入ると、攻撃の起点となったペペの抜け出しがわずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定で取り消しとなった。 前節に続く微妙なオフサイド判定によって絶好の先制機を逸したアーセナルだが、後半は完全に主導権を掌握。64分にサカのFKからチャンバースが惜しい右足のボレーシュートを放てば、66分にはセバージョスが強烈なミドルシュートを枠の右隅に飛ばすが、これはGKピックフォードのビッグセーブに阻まれた。 良い流れが続くもゴールが遠いホームチームは74分、ペペとエンケティアを下げてマルティネッリと負傷明けのウーデゴールを同時投入。マルティネッリを最前線に置き2列目を右からスミス・ロウ、ウーデゴール、サカと並びを変えた。 しかし、この交代直後に思わぬ形から試合が動いた。76分、後方からのフィードに反応した右サイドのリシャルリソンがジャカを出し抜いてスペースに飛び出すと、一度はジャカに追いつかれるも鮮やか仕掛けで抜き去ってボックス右ゴールライン際からグラウンダーの折り返しを入れる。これはGKレノの守備範囲もキャッチし損ねて股間を抜けたボールが自らの足に当たって大きくコースが変わってゴールネットに吸い込まれた。 アーセナル守護神レノの信じがたいイージーミスで均衡が破れた中、ホームで負けられないアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウィリアンを最後のカードとして投入。ウィリアンとサカを両ウイングバックに配した[3-4-3]の攻撃的布陣でゴールをこじ開けにかかる。 対するエバートンはハメス・ロドリゲス、リシャルリソンを下げてトム・デイビス、ミナをピッチに送り込み、試合最終盤には5バックの形で逃げ切りを図った。 4分が与えられた後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けたアーセナルは93分にボックス左でトーマスのパスを受けたマルティネッリが体勢を崩しながらもニア下にシュートを飛ばすが、これはGKピックフォードの好守に阻まれる。さらに、このプレーで得た左CKでは汚名返上に燃えるGKレノも攻撃参加を見せたが、エバートンの堅守をこじ開けることはできなかった。 この結果、苦手とするアーセナル相手のアウェイゲームで25戦ぶりの白星を挙げたエバートンがリーグ6戦ぶりの勝利。一方、敗れたアーセナルは嫌な流れでビジャレアルとの一戦に臨むことになった。 2021.04.24 06:01 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly