「テーピングを投げつけてきた」ネイマールとひと悶着起こしたDFが明かす「もっと敬意を払う必要がある」

2021.04.07 20:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールのU-21ポルトガル代表DFチアゴ・ジャロがパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとの衝突について明かした。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。リールは3日に行われたリーグ第31節でPSGと対戦。右サイドバックで先発出場したジャロはネイマールとマッチアップを繰り広げた。


リールが1点をリードして迎えた試合終了間際の89分、左サイドでボールを受けたネイマールは転倒。ルーズボールを巡ってジャロと激しくぶつかった。その後ネイマールがボールを拾ったジャロを突き飛ばした結果、両者にイエローカードが提示され、すでに警告を1枚貰っていた2人は揃って退場となっていた。

退場直後も小競り合いが続き、一触即発の状態になったものの、最終的にはスタッフに引き剝がされた2人。今回ジャロが沈黙を破った。

「問題は昨年のパリでの試合の時からあった。今回のように噂が広がることはなかったが。僕は何もしていない。あのファウルの後、審判は笛を吹いて、彼は僕を攻撃してきた。僕はピッチに倒れた。彼はボールを奪おうとし、あごに手を当てて私にボールを渡した。そして、僕は理由を知らないまま僕も退場させられた」

「通路で僕が好まないようなことを言ってきた。そして彼はテーピングを僕の顔に投げつけてきた。彼が何を言ってきたか分からないが、良いものではなかった。これらは試合でのことだ。それぞれが自分のサイドに行き、他には何もなかった」

「ネイマールであろうと誰であろうとリスペクトを持っている。全員をリスペクトしている。そして他人もそうすべきだ。僕たちはプロ選手で、ネイマールにはそれが欠如している。もう少しの敬意がね。ネイマールはもっと敬意を払う必要がある」

1 2
関連ニュース
thumb

リール、フラメンゴに貸し出したチアゴ・マイアのレンタル期間を延長

リールは2日、フラメンゴにレンタル中のU-23ブラジル代表MFチアゴ・マイア(23)のレンタル期間延長を発表した。これにより、同選手は2021-22シーズン終了まで母国クラブに残留することになった。 2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とする新進気鋭のボランチ。2017年の夏に加入したリールでは、加入初年度から主力して在籍2年半で公式戦68試合に出場。 しかし、2019-20シーズンはケガの影響もあって出場機会を失い、2020年1月にフラメンゴに1年間のレンタル移籍で加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで優勝を果たしたチームにおいて前半戦は主力として活躍も、昨年12月に負ったヒザ前十字じん帯断裂の重傷によって、後半戦を棒に振っていた。 2021.03.03 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元仏代表の名手キャバイエ、SNSで現役引退を表明

元フランス代表MFヨアン・キャバイエ(35)が現役引退を表明した。 キャバイエはセントラルMFがメインポジションのプレーメーカーで、下部組織時代から過ごすリールでプロキャリアをスタート。その後、ニューカッスル、パリ・サンジェルマン(PSG)、クリスタル・パレス、アル・ナスルを渡り歩き、2019年8月にサンテチェンヌ入りした。 しかし、サンテチェンヌとの1年契約満了により、2020年夏に退団。以降、無所属の状態だったフランス代表通算48試合4得点の名手は19日に自身のツイッター(@YCabayeofficiel)に声明文を掲載する形で17年間の現役生活にピリオドを打つことを明かした。 そのなかで「フットボール界で35歳を過ぎれば、この決断は明白で、やむを得ないことかもしれない。それでもフットボールに対する愛は計り知れないものであり、受け入れ難い」と名残惜しい思いを吐露したキャバイエだが、長きにわたるサポートに感謝の言葉を贈った。 「過去数年間で付き合いのあったチームメイト、コーチ陣、会長、クラブのサポーター、そして国のシャツを着る栄誉を授けてくれたフランス代表チームの人たち、すべての人たちに感謝してもし切れない」 「この冒険の間、僕を支えてくれた家族、友人、代理人にも感謝したい。フットボール選手としてのキャリアで困難な瞬間に立ち向かうときに大きな愛と強さを与えてくれた5人の子供たちにも感謝する」 「みんなのおかげで、僕は夢にも思っていなかったほど素晴らしいものだった。心から感謝する」 2021.02.20 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、リールからフランス人CBスマオロを獲得! 昨季はジェノアでセリエA経験

ボローニャは10日、リールからフランス人DFアダマ・スマオロ(28)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 マリにルーツを持つフランス生まれのスマオロはリールの下部組織から2013-14シーズンにトップチームデビュー。高い身体能力を特長とする屈強なセンターバックは、2015-16シーズンからレギュラーに定着した。 しかし、クリストフ・ガルティエ監督の下ではなかなか出場機会を得られず、昨年1月にはジェノアへのレンタル移籍を経験。レンタルバックした今季はリールで公式戦5試合に出場していた。 なお、センターバックを主戦場とする右利きの186cmのフランス人DFは、最終ラインの全ポジションでプレー可能であり、DF冨安健洋とどんな絡みを見せることになるのか。 2021.01.11 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、リールで躍動の左利きCBボトマンに関心? 今夏獲得主導のルイス・カンポス氏と共に…

トッテナムがリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(20)の獲得に興味を示しているようだ。『ESPN』が報じている。 アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。さらに、アヤックス仕込みの足元の技術、一定のスピードを兼ね備える大器だ。 2018年にエールステディビジ(オランダ2部)に所属するヨング・アヤックスでプロデビューを飾ると、昨季はヘーレンフェーンへレンタル移籍。初挑戦のエールディビジでは、新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなるまで、リーグ戦26試合全てに出場し、2ゴール4アシストを記録していた。 そして、今夏の移籍市場では800万ユーロ(約10億円)の移籍金でリールに加入。アーセナルへ旅立ったブラジル人DFガブリエウ・マガリャンイスの後釜として、ここまで公式戦全22試合に出場。リーグ最少失点で首位に立つチームをけん引する活躍をみせ、先月にはオランダ代表に初招集されていた。 そのため、リールとしては今夏に獲得した若きディフェンスリーダーの残留を望んでいるが、コロナ禍と大口放送局の撤退による放映権収入の減少が見込まれるクラブは、先日にジェラール・ロペス会長がクラブ売却合意を認めており。財政難に見舞われている。 そして、新たな売却先となるルクセンブルク系投資ファンドは今後主力の売却を検討しており、2025年まで契約を残すボトマンも換金対象となる可能性がある。 そういった中、『ESPN』は関係者筋からの情報として以前からセンターバックの補強を検討しているトッテナムがボトマンへの関心を強めていると主張している。 今夏にウェールズ代表DFジョー・ロドンを獲得したトッテナムだが、依然としてインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(25)への関心継続が伝えられるなど、センターバックを補強ポイントのひとつとしている。また、現陣容では本職のセンターバックに左利きがいない。 なお、リールではジョゼ・モウリーニョ監督のメンターとして知られる敏腕スポーツ・ディレクターのルイス・カンポス氏が先週に退団を発表しており、ボトマンの獲得を主導した同氏に関しては以前からトッテナムのフロント入りの可能性も報じられている。 2020.12.23 02:05 Wed
twitterfacebook
thumb

今季リーグ・アン首位のリールに激震…ジェラール・ロペス氏がクラブ売却へ

ルクセンブルク人実業家のジェラール・ロペス氏がLOSCリール・メトロポールを売却することで合意に至ったようだ。フランス『レキップ』が報じている。 過去にロータスF1チームのチーム代表も務めたこともあるロペス氏は、2017年1月にミシェル・セイドゥ氏からリールを買収し、新会長に就任。 同じリーグ・アンに所属するモナコを模倣する形で育成クラブへの転換を図り、敏腕スポーツ・ディレクターのルイス・カンポス氏を招へい。多くの若手逸材を青田買いし、ビッグクラブに転売する形で直近数シーズンはスポーツ面、経営面の双方で成功を収めてきた。 しかし、『レキップ』が伝えるところによれば、ロペス氏はリール買収時にミランのオーナーとしても知られる投資ファンド『エリオット・マネジメント』、アメリカの銀行持株会社『JPモルガン』から多額の融資を受けており、来年夏までに2億2500万ユーロ(約284億円)を返済する契約となっている。 だが、コロナ禍による財政的なダメージによってその返済が困難な状況となっており、主要債権者である『エリオット・マネジメント』、『JPモルガン』はこのタイミングでのクラブ売却をロペス氏に要求。そして、ここ数週間の協議の結果、ロペス氏が両者の要求を受け入れる形でクラブ売却を決断したようだ。 なお、新たな売却先はルクセンブルクに拠点を置くヘッジファンド『Merlyn』の子会社として設立される『Kalisto Sporting SARL』になるという。 そして、同社の背後には過去に『JPモルガン』に勤めていたマールテン・ペテルマン氏がおり、同氏の仲間には先日にローマを買収したダン・フリードキン氏のアドバイザーを務めるアレッサンドロ・バルナバ氏など、その道に精通する人材が揃っているようだ。 クラブ売却によって気になる現場スタッフの人事に関しては、現時点でクリストフ・ガルティエ監督など既存のスタッフが新体制移行後も引き続きチームを預かる見込みだ。 その一方で、今冬の移籍市場においては現在リーグ・アンで首位に立つチームの主力の売却など、ドラスティックな変化が起きる可能性も危惧されている。 2020.12.16 23:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly