「リベンジではなくチャレンジ」ポチェッティーノ監督がバイエルン戦に意気込み マルキーニョスも同調

2021.04.07 17:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦に向けた会見に出席した。

ラウンド16でバルセロナを下して2シーズン連続のベスト8入りを果たしたPSG。7日に行われる準々決勝の相手は、昨季の決勝戦で苦杯を嘗めたバイエルンだ。

PSGにとってリベンジという意味合いも含んだ一戦だが、ポチェッティーノ監督は「チャレンジ」という位置づけであることを主張している。

「ノックアウトステージでは、どのチームも絶対に負けられない。我々はヨーロッパや世界のチャンピオンと対戦している。彼らをリスペクトしているが、自分たちの力を信じているし、勝つためにここに来た」

「バイエルンは非常によく組織されたチームで、高いディフェンスラインを持ち、攻撃的な選手が個々に試合を制することができる。我々は適切なバランスを見つけて、過剰なコミットメントをせず、危険なエリアでボールを失わないように注意しなければならない」

「世間では、ネイマールや(キリアン・)ムバッペのことがよく話題になるが、私が決めた明日の11人の選手たちは、我々が勝つために必要な仕事をしてくれると信じている。昨季は決勝で戦ったが、今回は異なり、2つの試合で勝敗を決める。リベンジではなく挑戦だ。バイエルンのような強敵を相手にすることは常に挑戦なのだ」

また、キャプテンのブラジル代表DFマルキーニョスも指揮官に同調している。

「これはリベンジと見なされていない。プロセスも違うし、僕たちの監督も違う。選手も入れ替わっているしね。でも、昨シーズンのあの試合を戦った選手たちがそれをモチベーションとするなら、それは歓迎だよ」

関連ニュース
thumb

ムバッペがネイマールに不満爆発?「パスを出さない」と同僚に愚痴

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの不満が爆発した。フランス『レキップ』が伝えている。 PSGは25日、リーグ・アン第8節でモンペリエをパルク・デ・プランスに迎えた。ヒザに問題を抱えるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはベンチ外となり、3トップにはムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが起用された。 試合はセネガル代表MFイドリサ・グイエとドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーのゴールでPSGが2-0と勝利し、開幕8連勝を達成したものの、ムバッペやネイマールらの決定機逸も目立つ試合となった。 この試合で88分までプレーしたムバッペだったが、ベンチに下がると、同じく途中交代で隣に座っていたグイエに愚痴。「僕にパスを出さない」と不満げな表情で語る姿をフランス『カナル・プリュス』のカメラが捉えていた。これは、ネイマールに対しての不満だとフランスメディアは伝えている。 また、スペイン『マルカ』によれば、その際にネイマールのことを「clochard(浮浪者、スラングでクソ野郎、ピエロといった意味)」と呼んでいたという。 ムバッペはここまでリーグ8試合で4ゴール3アシストの数字を残しているものの、直近の公式戦4試合はチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦も含めてノーゴール。結果を出せない状況も相まって、フラストレーションが溜まっているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】かなり不満げ…ムバッペが身振りを交えて不満をぶつける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After Neymar provided the assist for Julian Draxler’s goal to seal the 2-0 victory over Montpellier, Kylian Mbappé was spotted complaining to Idrissa Gana Gueye that Neymar doesn’t pass him the ball when it’s him in that position.<br><br>Trouble in paradise. <a href="https://t.co/8csdjSfu3z">pic.twitter.com/8csdjSfu3z</a></p>&mdash; Zach Lowy (@ZachLowy) <a href="https://twitter.com/ZachLowy/status/1441885461534986242?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

伏兵2人のゴールでPSGがリーグ開幕8連勝! 主力のフィニッシュの精度に課題もCLシティ戦に弾み《リーグ・アン》

リーグ・アン第8節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsモンペリエが25日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが2-0で勝利した。 直近2試合をイカルディ、アクラフ・ハキミの後半アディショナルタイムのゴールで勝ち切り、開幕7戦全勝のPSG。28日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦を控える中、直近のメス戦からは先発5人を変更。中盤をエレーラ、パレデス、グイエに入れ替えた他、ムバッペとネイマールの相棒にディ・マリアを起用した。なお、ヒザに問題を抱えるメッシはベンチ外となった。 守備に問題を抱えるモンペリエに対して、ホームのPSGはキックオフ直後からゴールの匂いを強く感じさせる分厚い攻撃を仕掛けていく。開始4分には左サイドでフリーとなったネイマールがボックス内に持ち込んで左足のループシュートを狙うが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 それでも、相手を押し込み続けるホームチームは14分、ボックス中央でボールをキープしたディ・マリアからの丁寧なマイナスの落としに反応したグイエが冷静にDFを外して左足を一閃。強烈なミドルシュートをゴールネットへ突き刺した。 幸先よく先制に成功したPSGはここからややプレー強度を落として省エネモードの戦い方にシフト。これにより、モンペリエの反撃を許し始めると、18分にはサヴァニエに直接FKから際どいシュートを浴びるが、ここはGKケイロル・ナバスが冷静にはじき出す。 その後、前半終盤にかけて再び攻撃のギアを上げたPSGは、42分にエレーラのクロスバー直撃のシュート、前半終了間際にはボックス内でネイマールに絶好機が訪れるが、ここはGKオムリンの好守に阻まれた。 シティとのビッグマッチを考えれば、早い段階で勝負を決めて主力を下げたいPSGだが、いつでも仕留められそうな展開がそうさせてしまったのか、前半序盤のように相手を圧倒する攻めを見せられない。 より前がかる相手の背後をネイマールやムバッペが突いて決定機まで持ち込むが、一発を狙い過ぎる攻撃は相手の懸命な守備にことごとく阻まれて2点目が遠い。 逆に、リーグ2位の攻撃力を誇るモンペリエに度々反撃の機会を与えると、61分にはマヴィディディの強烈なミドルシュート、73分にはモレの左クロスをゴール前のジェルマンに頭で合わせられるなど、GKケイロル・ナバスに仕事の場面が訪れる。 結局、最少得点差で試合終盤を迎えることになったPSGは、88分にムバッペとディ・マリアを下げてイカルディ、ドラクスラーを同時投入すると、この交代策が決定的な2点目をもたらす。 89分、相手陣内中央でボールを持ったネイマールがボックス右でフリーのドラクスラーにラストパスを通すと、ドラクスラーは冷静沈着なフィニッシュでGKの股間を抜く右足のシュートを流し込み、ここまでの再三の決定機逸がまるで嘘かのようにファーストプレーでゴールを決め切った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ムバッペやネイマールらの決定機逸は気がかりも、グイエとドラクスラーの2ゴールで勝ち切ったPSGがリーグ・アン開幕8連勝を達成。週明けのシティ戦に向けて弾みを付けている。 2021.09.26 05:59 Sun
twitterfacebook
thumb

「美しいプレーは終わった」ネイマールがヒールリフトでイエローカードの同胞に反応、過去には自身も同じ目に

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、リヨンのブラジル代表MFルーカス・パケタのヒールリフトに反応した。 パケタは22日に行われたリーグ・アン第7節のトロワ戦に先発出場。89分には自身もゴールを決め、3-1とリードで迎えた後半アディショナルタイム95分、左サイドでボールを受けると、ヒールリフトで突破を試みる。 これは相手DFジウリアン・ビアンコーネに当たってスローインとなるが、ビアンコーネは明らかに不服な表情。その後、主審が説明しようとパケタを呼び寄せるが、パケタはハンドを主張。主審の話を聞く気を見せなかったパケタに対してイエローカードが提示された。 パケタへのイエローカードには疑問の声が飛び交う一方で、女性主審に対して聞く耳を持つそぶりを全く見せなかったパケタの態度が悪かったと、どちらの見解も生まれている。 そんな中、ブラジル代表で同僚のネイマールは自身のインスタグラムのストーリーズで意見。過去に自分が受けた不可解なイエローカードと同じだとした。 「ドリブルしてイエローカードを受けたこのエピソードはとても、とても悲しい」 「技術はそれがピッチ上のどこであっても、どんな時間帯であっても、解決策だ」 「昨シーズンは僕にも同じことが起こった。今年はパケタだ。正直に言ってしまえば、理由は分からない。有名な『ジョガ・ボニート(ポルトガル語で美しいプレー)』は終わった。今のうちに楽しんでくれ」 ネイマールは、2020年2月のモンペリエ戦で同様にヒールリフトを行って警告を出されたほか、バルセロナ時代にも物議を醸していた。 <span class="paragraph-title">【動画】イエローカードを受けたパケタとネイマールのヒールリフト</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/eHlLpCEV7ng" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.09.25 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼は素晴らしい男」叩かれるムバッペをポチェッティーノは擁護「現実を反映していない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、フランス代表FWキリアン・ムバッペを擁護した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ムバッペは、22日に行われたリーグ・アン第7節のメス戦に先発出場すると、後半アディショナルタイムにチームが勝ち越し点を挙げた際、ピッチに顔をうずめて悔しがるメスGKアレクサンドル・ウキジャに対し、ムバッペが何かを吐き捨てていった。 これがきっかけとなり両チームの選手による衝突が起こると、結果としてウキジャとPSGのネイマールにイエローカードが提示される事態となった。 この件については、メスの指揮官フレデリック・アントネッティも「ムバッペ、彼は大好きな選手だが、人々に愛されたいのであれば、もっと上手く振舞う必要がある。非常に優れた選手だが、謙虚になることでより大きな恩恵を受けられるだろう」と苦言を呈していた。 一方、25日に行われる第8節のモンペリエ戦の試合前会見でこのことについて問われたポチェッティーノ監督は、相手指揮官の心情を理解しながらも、ムバッペを擁護し、ピッチ外で話すことではないとした。 「彼(アントネッティ)が怒っていたのは理解している。それは自然な反応だ。だが、状況を理解しなければいけない。特に95分で試合に負けた後だったことを考えれば、フレッドがこの状況に怒ることも理解できる」 「キリアン・ムバッペは素晴らしい男だ。彼は常に勝ちたいと思うトップの競争者だ。こういったことはピッチで起こるが、彼と何人かのメスの選手との状況に関して、ピッチ外に持ち出す必要はないと思う」 「これらの出来事は文脈から外すことはできない。両方のチームが勝ちたいと思っている試合で、色々なことが起こる中で分析しなければいけない。だから、文脈を無視して扱うことはできない」 「それはキリアンがどんな人間であるかという現実を反映していないが、私は彼らの不満を理解できる」 <span class="paragraph-title">【動画】相手GKに何かを吐き捨てるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Une séquence de 20 secondes mémorable. <a href="https://twitter.com/hashtag/Mbapp%C3%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Mbappé</a> qui vient chambrer, le gardien messin qui joue les durs et qui tombe au premier courant d’air… Et pour finir l’apparition d’un mec torse nu tombé du ciel <a href="https://twitter.com/hashtag/PSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCMPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCMPSG</a> <a href="https://t.co/inoh7FEv7L">pic.twitter.com/inoh7FEv7L</a></p>&mdash; Nicolas Puiravau (@nikop17) <a href="https://twitter.com/nikop17/status/1440783760077705216?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.25 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

カタール移籍のハメス、"PSG条項"が存在か

先日にカタールのアル・ラーヤン移籍が発表となったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、伝えられるところによると、ある特殊な条項が存在しているようだ。 昨夏に恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、レアル・マドリーからエバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは売却を望んでいた。 そんな中で晴れて新天地が決まったハメス。アル・ラーヤンは、かつてフランス代表やパリ・サンジェルマン(PSG)を率いたローラン・ブランが監督を務めており、2022年のワールドカップに向けて、その開催地であるカタールをアピールの場として選んだ。 新たなスタートを切ることになったコロンビア代表MFだが、噂では珍しい条項が存在しているようだ。スペイン人ジャーナリストのマヌ・サインズ氏によると、PSGが要求した場合に限り、ハメスは無条件で移籍できることになっているという。 PSGはオーナーがカタール企業であることからアル・ラーヤンとも繋がりがあるようで、そのツテを利用した条項なのだという。アル・ラーヤンとの契約期間内である3年間は、いつでも発動可能とのことだ。 信憑性は定かではないが、ハメスにとってはモチベーションの上がる条件の一つと言っていいだろう。仮にPSG移籍が実現した場合、リーグ・アンはモナコに在籍していた2013-14シーズン以来となる。 2021.09.23 21:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly