ボローニャが冨安健洋のFW起用を明言!?監督が「運動能力と巧みなシュート技術」を評価

2021.04.01 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋がポジションをFWへと変更するようだ。クラブの日本語版公式ツイッターが伝えている。冨安は2月に左ふくらはぎの負傷で離脱するまで、セリエA全試合に出場。本職のセンターバックに加え、チーム事情により両サイドバックをこなすなど獅子奮迅の活躍を見せていた。


右サイドバックで起用されたアタランタ戦ではストライカー顔負けの冷静沈着なチップシュートも決めていた冨安だが、クラブによると、シニシャ・ミハイロビッチ監督が「その高い運動能力と巧みなシュート技術を評価し、FW起用を宣言」したとのことだ。

もちろん、これはすべてエイプリルフールによるボローニャの企画なのだが、日本のサポーターからは、「マジで出来そう」「1試合でいいから本当にやってほしい」「見てみたい」など冨安のFW起用を実際に望む声もかなり多かった。

日本代表でセンターバックとして安定した活躍を見せた冨安。ボローニャは3日に行われるセリエA第29節でリーグ首位のインテルと対戦するが、FWばりの活躍を見せるだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

ボローニャ冨安健洋にミランが再び?

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)に対して、再びミランの関心が浮上した。 これを報じたのはイタリア『カルチョメルカート』。ミランは来季に向けて、ボローニャでプレーする3選手を注視しており、MFマティアス・スベンベリ、FWリッカルド・オルソリーニとともに、冨安にも興味を示しているというのだ。 冨安は2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンに移籍後、2019年夏からボローニャでプレー。移籍2年目の今季もセンターバックだけでなく、サイドバックもこなしてみせ、シニシャ・ミハイロビッチ監督からの信頼も厚い。 そんな冨安を巡っては昨夏にもミランの関心が…。昨年9月にスポーツディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がアプローチを試み、うまくいかなかったとされるミランだが、今夏に再びアタックする可能性があるという。 マルディーニSDはボローニャのリッカルド・ビゴンSD、幹部のマルコ・ディ・ヴァイオ氏と数週間のうちに会談できるよう調整を図っている模様。冨安とスベンベリの獲得にそれぞれ少なくとも移籍金2000万ユーロ(約26億円)が必要とされる。 ミランにとっても決して安くない買い物になるため、MFイェンス・ペッター・ハウゲら若手をボローニャに貸し出すという案が浮上しているようだ。 なお、ミランは現在、セリエA2位につけており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も視野に。冨安にとっても、ミラン行きとなれば、キャリアのステップアップになるが、果たして。 2021.04.16 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマが冨安負傷欠場のボローニャにウノゼロ辛勝でCL出場権争いに踏み止まる《セリエA》

セリエA第30節、ローマvsボローニャが11日に行われ、1-0でローマが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 ローマ(勝ち点51)は前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、3試合勝利がなく7位に後退。チャンピオンズリーグ出場権争いに踏み止まるためには勝利が必須の中、3日前に行われたヨーロッパリーグでは劣勢ながらアヤックス相手に敵地で先勝とし、ベスト4入りに近づいた。そのアヤックス戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやジェコ、GKパウ・ロペスらがベンチスタートとなり、レイノルズが初スタメンとなった。 対する11位ボローニャ(勝ち点34)は前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安は欠場となった。 マジョラル、ペドロ、カルレス・ペレスが前線に構える[3-4-3]で臨んだローマに対し、ボローニャが圧力をかける入りとすると、9分に決定機。スコフ・オルセンの右クロスからパラシオがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の左に外れた。 さらに20分、左CKからファーサイドのソリアーノがボレーで狙うも、GKミランテの好守に阻止される。直後にもCKの流れからダニーロが決定的なシュートを浴びせたボローニャが流れを引き寄せていく。 前半半ば以降も劣勢が続いていたローマだったが、ハーフタイム前の44分に先制する。ロングボールに抜け出したマジョラルが飛び出してきたGKスコルプスキをかわして無人のゴールに流し込んだ。 迎えた後半はローマがペースを握りながら時間が経過していく。55分にはディアワラがドリブルシュートでオンターゲットを記録。ボローニャの反撃を許さず試合を進める中、68分にはムヒタリアンとヴェレトゥを投入した。 74分にはブルーノ・ペレスが枠内シュートを放った中、終盤にかけても危なげなく試合を運んだローマがウノゼロで逃げ切り。CL出場権争いに踏み止まっている。 2021.04.12 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、依然として冨安健洋に関心か エバートンやレバークーゼンも

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(22)に対する関心は続いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2019年夏にシント=トロイデンからボローニャにステップアップした冨安は、今シーズンも負傷欠場した試合を除けば全ての公式戦にフル出場しており、チームに欠かせない選手となっている。 すでにボローニャでの1年目から評価を高めていた日本代表DFには、昨夏の時点でミランからの関心が伝えられていた。しかし、イタリア『カルチョメルカート』によれば、1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーをボローニャは拒否。2000万ユーロ(約26億円)を要求したと言われている。 その後、一度は手を引いたと思われていたミランだが、どうやら冨安への熱は冷めていないようだ。しかし、そんなミランの障害となるのは移籍金だけではない。 伝えられるところによると、エバートンとレバークーゼンも関心を持ってるようで、今夏の争奪戦が予想されている。中でもエバートンは放映権料が高騰しているプレミアリーグにおける豊富な資金力で、ミランの大きなライバルなると言われている。 だが、ボローニャとしても2024年夏まで契約を残す冨安を易々と手放すつもりはなく、2000万ユーロはあくまで最低希望価格。今季も市場価値を伸ばし続ける冨安の獲得にはさらなるオファーを提示しなければならなそうだ。 2021.04.08 21:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャGKスコルプスキがコロナ陰性に、次節ローマ戦出場可能に

ボローニャ所属のポーランド代表GKウカシュ・スコルプスキが新型コロナウイルスの検査で陰性となったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 スコルプスキはポーランド代表に合流中の3月25日に発熱の症状が見られ、その後の検査でコロナ陽性と判定されていた。そして前節インテル戦を欠場していた。 しかし、7日に行われた検査で陰性判定を受け、既にイタリアに入国できたとのことだ。 ボローニャは11日、セリエA第30節でローマと対戦するが、守護神のスコルプスキがゴールマウスを守ることができそうだ。 2021.04.07 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「プレーする必要性は?」冨安健洋が負傷、ミハイロビッチ監督が日本代表の起用法に怒り心頭「割りを食うのは我々」

ボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が怒り心頭だ。イタリア『スカイ』が伝えた。 ボローニャは3日、セリエA第29節でインテルをホームに迎えた。この試合は31分にロメル・ルカクにゴールを許し、0-1で敗れていた。 しかし、ミハイロビッチ監督が怒っているのは敗戦ではなく、日本代表に向けてだった。 この試合、DF冨安健洋は先発出場。しかし、34分に負傷交代するハメになっていた。 今シーズンのボローニャではセンターバックだけでなく、チーム事情により左右のサイドバックでもプレーしていた冨安。ここまで26試合に出場し2ゴールを記録し、チームの守備を支えていた。 試合後、ミハイロビッチ監督は冨安が負傷した件で、日本代表の起用法について不満をあらわにした。 「14-0で勝った試合、冨安をプレーさせたが何の意味があるのか?私は代表チームの監督になりたいとは思わないが、彼らがプレーする必要性があるのだろうか?」 「私はモンゴルとも試合ができるし、良い印象を与えられるだろう。敗れた選手にも敬意を払う必要がある」 「ただ、結局、割りを食うのは我々クラブチームの監督なんだ」 「冨安はケガをしてしまった。我々の重要な選手だ」 2021.04.04 11:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly