板倉滉は来季もフローニンヘン? クラブは残留についてシティと交渉中

2021.03.31 15:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-24日本代表としても活躍したDF板倉滉(24)だが、フローニンヘンは来シーズンもチームに留まらせたい意向があるようだ。オランダ『Voetbal Primeur』が報じた。3月のインターナショナル・マッチウィークでは東京オリンピックを戦うU-24日本代表に合流した板倉。U-24アルゼンチン代表との2試合では、センターバックとボランチで2試合連続プレー。2試合目ではMF久保建英のCKから2ゴールをヘディングで奪う活躍を見せていた。


板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティへと完全移籍すると、そのままフローニンヘンへとレンタル移籍。今シーズンも継続してレンタル移籍を果たすと、センターバックとしてエールディビジでここまで全27試合に出場し1ゴールを記録している。

フローニンヘンにとって欠かせない存在に成長した板倉。そのフローニンヘンは、来シーズンも引き続き板倉をレンタル移籍でチームに留まらせたい意向があるようだ。

板倉はシティとの契約が2022年夏まで残っているものの、フローニンヘンは買い取りオプションがついていない状況。それでも、シティから板倉が他のクラブへ移籍した場合は、一定の金額を手にするようだ。

フローニンヘンのテクニカルディレクターを務めるマルク=ヤン・フレッデルス氏は、板倉についてコメント。もう1年チームに残すためにシティと話をしていると明かした。

「我々は彼をもう1年留まらせたいと思っており、これについてマンチェスター・シティと連絡を取り合っている」

「今シーズン後も彼を残すつもりだが、いくつかの同意が必要となる。マンチェスター・シティだけでなく、コウ本人と彼の代理人ともだ」

シティが板倉を戦力として認めた場合は残留することになるが、現在のシティの最終ラインはトップレベルの選手が集まり競争が激しい状態に。果たして来シーズンはどこでプレーすることになるだろうか。
関連ニュース
thumb

ヘッド2発のDF板倉滉「建英から凄く良いボールが入ってきた」、田中碧とのコンビは「邪魔するより一個前の位置に」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたMF板倉滉(フローニンヘン)は2ゴールについて「本当に建英から凄く良いボールが入ってきたのが1つと、あとは凄く相手のマークが激しく自分を掴みたがっていたので、僕と相手のマークの間に(古賀)太陽に入ってもらって、ブロックしてもらいました」と振り返り、「そのおかげで自分が走るコースを見つけることができましたし、建英から毎試合毎試合良いボールが入ってくるので、2つゴールに繋げられたのは良かったです」とコメント。2ゴールを喜んだ。 1戦目で負けた状態で臨んだこの試合については「前回の試合は負けてしまったんですけど、守備のところをどうやっていこうかという声掛けはできていましたし、今回はさらに試合中からみんなで声を掛けながら、行くところ行かないところ、球際の一対一もそうですし、そういったところは前の試合と比べて修正できたと思います」と語り、チームとして修正できていたと手応えを語った。 また、久々のボランチでの出場となり、川崎フロンターレの下部組織で共に育ったMF田中碧とのコンビだったが「碧が基本真ん中に入って、ボールをさばけていましたし、碧自身はボールが持てる選手で、周りもよく見えて、チームを回してくれる存在でした」と後輩のプレーぶりを評価。「僕はいつもあの位置に入りますが、今日は前目のポジションに立って、相手も嫌がっていましたし、なるべくボランチとディフェンスの間に立とうと意識していて、そうすることで碧がフリーになる時間もありました」と語り、田中を生かすためにポジションどりを変えていたとコメント。「碧があそこで結構ボールを持てていたので、自分はそこを邪魔するというよりは一個前の相手が嫌がるポジションを取ろうと意識していました」と語った。 また「碧自身のことは小学校から知っていますし、ユースの時も一緒にやっていますけど、碧は上手い選手ですし、周りが見えている、凄く気がきく選手なので、邪魔しないようにというか、碧自身があそこでプレーできるので、1つ前の相手が嫌なポジションを取ることだけを意識していました」と成長を大きく感じていたとし、「守備も試合前に碧と確認していましたし、そこを上手くボランチから中盤に伝えるとか、中盤からFWに伝えることができていたので、そこは良かったと思います」と、チームとしての意思疎通も問題なくできていたと語った。 前回の試合では失点シーンでクロスを上げさせてしまった板倉。この試合に向けては「前の試合で負けていますし、僕自身ずっと言っていますが、東京五輪では金メダル以外考えていないので、強豪相手にしっかり勝っていかないといけないというのがその気持ちの部分に出たと思います」とコメント。「今回こうやってコロナのある中でアルゼンチンという良い相手と2試合できたのは凄く良いですし、負けて終わりじゃなく、勝って追われたのも良かったと思います」と語り、目標に掲げている金メダルへ良い2試合だったと語った。 今日はボランチで出場したが、本来はCBでプレーしている板倉。「CBに入っても相手にやらせないようにしないといけないですし、自チームではCBをやっているのでそこに自信は持っていますし、今日は凄く久々のボランチだったので、多少心配はありましたけど、碧が真ん中に入って、ボールを受けて、チームのリズムを作ってくれていたので、自分はその1つ前のポジションに入ってチームを助ける動き、あとは守備のところで自分が潰せるようにと考えていました」と語り、CBとしての気概は高まったと語った。 チームへの意識付けについても「チーム全員が東京五輪で金メダルというのは絶対意識していると思いますし、自分自身練習からとにかくこういう相手に勝たないといけない、負けちゃいけないというのを見せてきたつもりですし、今日も本当に試合の入りから全面に出て、一対一の激しい競り合いだったりで勝てていたので、それが勝利に繋がったと思っています」と語り、プレーで意識付けができていると語った。 攻撃でうまくいっていた部分についても「初戦はなかなか縦パスが入らなかったり、2列目に凄く良い選手がいる中で、その選手たちに預けることができていなかったので、そこをちょっと意識はしていました」と1戦目からの修正をコメント。「自陣というより高い位置でボールを回せていたと思いますけど、繋ぐところとハッキリ相手の裏に出すことはできていたので、前の選手もハードワークして戦ってくれていたので、セカンドボールを中盤の自分たちが回収しながらと意識していました」と語り、「ボールを回しながらも縦パスで建英や(相馬)勇紀、(食野)亮太郎のところもそうですけど、そこを上手く使えていたところが前と違って良かったところだと思います」と1戦目よりも2列目の選手を有効に使えていたと語った。 チームで組織的に対抗したことについても「組織的に戦うところは日本の良さでもありますし、みんなで攻撃してみんなで守るというのは引き続きやらないといけないところです」と語り、「今日の試合では一対一の局面でも負けていないというところが凄く多かったし、そこでマイボールにできるシーンも多かったので、帰ったところで個々でレベルアップして集まれればと思います」と、個々の成長が必要だとした。 2021.03.30 02:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ミスキックがスタジアムの屋根を越え…板倉滉の同僚が見せた“宇宙開発”クロスに現地も注目

日本代表DF板倉滉も所属するフローニンヘンは21日、エールディビジ第27節でRKCヴァールヴァイクとアウェイで対戦。 板倉もフル出場したが、左サイドで出場したU-21スウェーデン代表MFガブリエル・グドムンドソンが、思わぬプレーを見せた。 2-1と1点ビハインドで迎えた53分、左サイドで相手をかわしたグドムンドソンは左足でゴール前へクロスを上げようとした。しかし、これがミスキックとなると、ボールは高々と上がり、そのままゴールラインを割るだけでなく、なんと観客席の屋根の上へ。まさかの“場外”クロスとなってしまった。 グドムンドソンは、RKCヴァールヴァイク戦がケガからの4試合ぶりの復帰戦であり、やや試合勘の欠如もあったかもしれない。まさかのミスもあったフローニンヘンは下位相手に3-1で敗れている。 『ESPN』オランダ版の公式ツイッターはこのシーンについて、「スカウトが今夜の試合を観ないこと願う」と紹介。サポーターからも「なんてクロスだ…」「初めてみた」など驚きの声が挙がっている。 <span class="paragraph-title">◆ミスキックがスタジアムの屋根を越える…</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Het is te hopen dat de scouts vanavond niet meekijken <br><br> ESPN2<br>#️⃣ <a href="https://twitter.com/hashtag/rkcgro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rkcgro</a> <a href="https://t.co/6vAnCYUewk">pic.twitter.com/6vAnCYUewk</a></p>&mdash; ESPN NL (@ESPNnl) <a href="https://twitter.com/ESPNnl/status/1373383448619053067?ref_src=twsrc%5Etfw">March 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.24 11:54 Wed
twitterfacebook
thumb

オランダでフルタイム出場のDF板倉滉、ワールドクラスのロッベンは「めちゃくちゃ上手い」、練習で体感し成長

U-24日本代表は23日、国際親善試合のU-24アルゼンチン代表戦に向けた合宿2日目を迎えた。 東京オリンピック世代として、本大会前に集まれる数少ない機会となったが、3月は南米予選で1位通過を果たしたアルゼンチンと対戦する。 合宿2日目、オランダのフローニンヘンでプレーするDF板倉滉がオンライン取材に応対。メディアの質問に応じた。 板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティへと完全移籍。そのままフローニンヘンへレンタル移籍すると、2シーズンにわたってプレーしている。 2年目の今シーズンはここまでエールディビジで全27試合にフルタイム出場。センターバックとして主力を務め、試合中にはキャプテンマークを巻くこともある。 2シーズンプレーするオランダについては「オランダに行ってから2年ちょっと経っていますが、それこそ色々な相手、フンテラールなど色々な特徴を持った選手と対峙してきているので、その経験を積めているのはすごくポジティブなことです」とコメント。「海外に行ったのもそういった選手とやりあって勝ちたいと思って行ったので、アルゼンチンもイタリアでやっているFWもいるので楽しみですし、個人としてはそういった相手を抑えないといけないですし、オランダでやっている成果を見せたいと思います」と語り、ヨーロッパの1部リーグでレギュラーとしてプレーしている経験をぶつけたいとした。 その板倉が所属するフローニンヘンには、1年間のブランクがありながらも元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが今シーズンから復帰した。 チームメイトとして世界でもトップクラスの選手と過ごす板倉だが「学んだことというよりもめちゃくちゃ上手いです」とコメント。「世界のトップの選手とトレーニングできていることは自分にとってプラスですし、間近でトップの選手を見れる事は大事です」とコメントした。 そのロッベンの凄いところについては「ボールを持ったときに何をしてくるかが予測つかないとか、取られないです。そこは凄いと思いました」と語り、ワールドクラスの選手と対峙することでも成長を実感できるという。 また、海外に行ったことで身体にも変化が。「行った時より体重で見ても増えていますし、意識したというよりは、行って自分に足りないと気付いたところです」と語り、体づくりにも力を入れているとのこと。「もっともっと伸ばせるところなので、成長できるところかなと思います」とまだまだ成長させるつもりがあるようだ。 さらに、レギュラーとしてプレーすることで自信もついていると言い、「もう一対一では戦えると自分では思っています」とコメント。しかし「ディフェンスの選手なので、9回守れていても1回の失敗でやられてしまってはそれで終わりなので、そこのできるところの基礎づくりはやっていますし、次のアルゼンチン戦、フローニンヘンでもどんな相手でも負けないつもりでやっています」と語り、どんな相手でも負けるつもりはないと意気込んだ。 今回のU-24日本代表では、MF三好康児(アントワープ)やMF三笘薫、MF田中碧(ともに川崎フロンターレ)と、川崎フロンターレの下部組織時代のチームメイトが揃うこととなった。 この点については「碧も薫も三好もそうですけど、小学校から一緒にやっています。久々に会って嬉しかったです」と再会を喜んだ。 また「Jリーグで活躍しているのを海外から見ていたので、負けられないという気持ちにさせられました」と刺激を受けていると言い、「今回は同じチームなので、薫の良さも碧の良さも全部知っているので、コミュニケーション含めてやりやすいかなと思います」と、ピッチ内でも問題ないことを強調した。 東京オリンピック世代としては、2019年11月に対戦したコロンビア代表戦で屈辱の敗戦を喫している。 板倉は当時の試合を振り返り「コロンビア戦であそこにいたみんなが、(東京オリンピック)優勝という目標を掲げている中での敗戦だったので、あそこで自分たちはまだまだだと気づけました」とコメント。「あれから1年ぐらい経っていますが、色々な選手が試合に出て活躍して、個人の力を伸ばしていると思うので、短い期間ですがコミュニケーションをとって、アルゼンチン戦で濃いものにして、前のコロンビア戦とは違うものが見せられると思います」と語り、しっかりと成長しているところを結果で見せたいと意気込んだ。 また、当時の反省点については「あの試合は試合の中で修正がきかなかったですし、試合がうまく進んでいない中で、各々こうした方が良い、ああした方が良いということが擦り合わせられていなかったかなと思います」とコミュニケーションがピッチ上で足りなかったとコメント。「あれを経験できたことはこのチームではポジティブだと思いますし、あの敗戦を踏まえてコミュニケーションをとってアルゼンチン戦に迎えればと思います」と、しっかりと反省を出したいとした。 今回はU-24日本代表の活動に参加している板倉。しかし、本人の目はその先のA代表に向いている。 「個人としてはA代表でスタメンを取ることを目標にしています」 「自分も24歳で若くないので、日本代表でもスタメンに割って入る存在になる必要があるという気持ちです」 それでも、「今回はオリンピックの方に来ているので、そっちにフォーカスしていますし、時間も少ない中で集まれているので、集中して良いチームを作れるように意識しています」と語った。 最後に、今回対戦するアルゼンチン代表は東京オリンピックで金メダルを獲る上では対戦する可能性がある相手だ。 板倉は「僕たちが目指しているのは金メダルです」と改めて語り、「アルゼンチンは良いチームで強いと思いますが、倒さなくてはいけないです」とコメント。「オリンピックで金メダルを取るためには、良い機会だと思っているので、この短い期間でチームメイトとコミュニケーションをとってアルゼンチンを倒せるようにしたいと思います」と試合への意気込みを語った。 2021.03.23 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「夏に素晴らしい移籍をする」今季フル出場の板倉滉のステップアップを指揮官が示唆「彼と長く一緒にやりたい」

フローニンヘンのダニー・バイス監督が、日本代表DF板倉滉を称賛している。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティ入りした板倉はその直後からレンタルでフローニンヘン入り。今シーズンはセンターバックとして公式戦全25試合にフルタイム出場。欠かせぬ戦力としてリーグ6位のチームを支えている。 約2年にわたって板倉を指導してきたバイス監督だが、ステップアップの時が近づいたと感じているようだ。 「我々はコウといられて幸せだ。彼は上手くプレーし、プロフェッショナルで、日々改善しようと努力している。彼の成長を見る限り、来シーズンも一緒にプレーすることは叶わないだろう。彼と長く一緒にやりたい。心は痛むが、私はコウがこの夏に素晴らしい移籍をすると思う」 また、アヤックスやPSVなどオランダ国内とトップレベルでもプレーできるかと問われると、「断言はできない。彼がすぐに適応できるかどうか。もしくは適応のために数カ月の時間が与えられるかどうかだ。ここでもその時間を必要としていた」と語った。 <div id="cws_ad">◆板倉がアクロバティックなクリアでチームのピンチを救う!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">IQONIQ Moment van de Week: Karate Ko!<br><br>Of Kung Fu Ko, nog meer suggesties? <a href="https://twitter.com/kougogo1270?ref_src=twsrc%5Etfw">@kougogo1270</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/trotsvanhetnoorden?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#trotsvanhetnoorden</a><a href="https://twitter.com/hashtag/momentvandeweek?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#momentvandeweek</a><a href="https://twitter.com/iqoniq?ref_src=twsrc%5Etfw">@iqoniq</a> <a href="https://t.co/lzWq1SOxQR">pic.twitter.com/lzWq1SOxQR</a></p>&mdash; FC Groningen (@fcgroningen) <a href="https://twitter.com/fcgroningen/status/1364107221857046531?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

板倉のアクロバティックなプレーをクラブも絶賛!「空手・滉!それかカンフー・滉だ」

フローニンヘンの公式ツイッターが、日本代表DF板倉滉のプレーを今週のハイライトとして取り上げている。 フローニンヘンは23日、エールディビジ第23節でヘーレンフェーンとアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。右センターバックで先発した板倉はフル出場を果たしている。 クラブがピックアップしたのは、フローニンヘンがヘーレンフェーンのカウンターを受けた場面。ディフェンスラインが整っていない状況で左サイドを攻められると、ボックス内には板倉しかDFがいない状況でクロスを上げられる。 カットできなければ相手FWがボックス内でGKとの1対1を迎えるという場面だったが、全力疾走で帰陣した板倉は、ジャンプしながら右足をかなり高く上げ、何とか難を逃れていた。 フローニンヘンの公式ツイッターは「今週のアイコニックモーメントは、空手・滉!もしくはカンフー・滉だ、それ以外に何か提案はありますか?」と板倉のアクロバティックなクリアを称賛している。 2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティ入りした板倉はその直後からレンタルでフローニンヘン入り。今シーズンはセンターバックとして公式戦全23試合にフルタイム出場。欠かせぬ戦力としてリーグ6位のチームを支えている。 <div id="cws_ad">◆板倉がアクロバティックなクリアでチームのピンチを救う!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">IQONIQ Moment van de Week: Karate Ko!<br><br>Of Kung Fu Ko, nog meer suggesties? <a href="https://twitter.com/kougogo1270?ref_src=twsrc%5Etfw">@kougogo1270</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/trotsvanhetnoorden?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#trotsvanhetnoorden</a><a href="https://twitter.com/hashtag/momentvandeweek?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#momentvandeweek</a><a href="https://twitter.com/iqoniq?ref_src=twsrc%5Etfw">@iqoniq</a> <a href="https://t.co/lzWq1SOxQR">pic.twitter.com/lzWq1SOxQR</a></p>&mdash; FC Groningen (@fcgroningen) <a href="https://twitter.com/fcgroningen/status/1364107221857046531?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.24 12:19 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly