劇的ゴールで初勝利のスペイン、ルイス・エンリケ監督「今はまだベストな状態ではない」

2021.03.29 09:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ジョージアとの一戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。スペインは28日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第2節でジョージア代表とアウェイで対戦した。

25日のギリシャ代表との初戦を引き分けていたスペインにとっては、勝利を収めたい一戦。過密日程ということもあり7名を変更したスペインだったが、なかなか上手く試合を運べないと43分にMFクヴィチャ・クワラツヘリアにゴールを許し、リードを許して前半を終える。


しかし、後半に入り息を吹き返すと56分にFWフェラン・トーレスがネットを揺らして同点に。しかし、その後も決め切れずにいるとドローで終わるかと思われたアディショナルタイム2分にダニ・オルモが強烈なミドルシュートを叩き込み逆転に成功。1-2で今予選初勝利を収めた。

試合後ルイス・エンリケ監督が記者会見で試合についてコメント。ジョージアに苦しめられたと語った。

「昨日、とても難しい試合になるだろうといった。ジョージアは素晴らしい仕事をした。我々は大きな勇気を持ち、後半より大胆に、大きな決意を持って好転させた」

「前半は大胆さに欠けていた。後半は疲れが出たのか、より多くのチャンスを生み出し、最終的にはダニ・オルモのゴールが決まった。我々にとっては素晴らしいゴールだった」

「コソボとの対戦では、似たような試合が想像できる」

また、ギリシャ戦に続いて苦戦したことについてはターンオーバーをし過ぎたとも言われているが、その点について反論。次のコソボ代表戦にはより良いパフォーマンスができる選手を起用するとした。

「2つの試合は同じではなく、それぞれの試合にはそれぞれの事情がある。ボールが跳ね、不信感が生まれている。ただ、今はまだベストな状態ではない」

「コソボでの試合に向けて、より活躍できる選手を探したいと思う」

「後半になるとチームは少し重りが外れた。最後のゴールが自信につながるシュートだと願っている」
関連ニュース
thumb

コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。 選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。 そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。 3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。 「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」 また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。 このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。 「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」 「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」 また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。 「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」 「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」 「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」 「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」 <span class="paragraph-title">【動画】ウナイ・シモンが果敢な飛び出しを見せたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OH MY KOSOVO! <br><br>ONE OF THE WILDEST GOALS YOU&#39;LL SEE TODAY <a href="https://t.co/M9ugDMpLMr">pic.twitter.com/M9ugDMpLMr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377354347986751503?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「ただ泣くしかない」ドイツ代表撃破の北マケドニア、世紀の大金星に指揮官「幸せすぎて、言葉が出ない」

アウェイでドイツ代表を相手に大金星を挙げた北マケドニアのイゴール・アンジェロフスキ監督が、試合を振り返った。ボスニア・ヘルツェゴビナ『sportsport』が伝えた。 北マケドニアは、カタール・ワールドカップ欧州予選でグループJに入り、3月26日のルーマニア代表戦で3-2と敗戦。しかし、3月29日のリヒテンシュタイン代表戦で5-0と勝利し、ドイツ戦に臨んだ。 北マケドニアは、しっかりと守備を構築してドイツに対抗すると、前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフがゴールを決めて先制に成功。後半にイルカイ・ギュンドアンにPKを決められ追いつかれるが、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを決め、アウェイで1-2と大金星を挙げた。 この勝利にアンジェロフスキ監督は言葉を失うも、サポートしてくれた人々へ感謝を述べた。 「何を話せばいいのだろうか。幸せすぎて、言葉が出ない。我々は北マケドニアを誇りに思い、幸せにした。これはユーロで優勝するようなものだ」 「彼らが祝うことを約束し、私は彼らと一緒にここに来た。妻はCOVID-19の症状があり病院にいた。幸いにも彼女は今良くなっている。子供は私をサポートしてくれた」 「みんなに感謝したい。これ以上何を言えばいいのか…ただ泣くしかない」 また、この試合にキャプテンとして出場しゴールを決めたパンデフについても称賛した。 「パンデフは素晴らしい男であり、このチームのリーダーだ。自分たちの国の歴史を作るためにライオンのように戦ってくれた。彼らを誇りに思う」 <span class="paragraph-title">【動画】北マケドニアがドイツを下した瞬間の選手や監督の反応</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GERMANY LOSE TO NORTH MACEDONIA <br><br>Their 35-game unbeaten streak in WC qualifying games is snapped! <a href="https://t.co/Vq3xxBLW96">pic.twitter.com/Vq3xxBLW96</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377361296044269568?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ギュンドアンも敗戦に失望「起こってはいけないこと」、2失点も悔やむ

ドイツ代表のMFイルカイ・ギュンドアンが、北マケドニア代表戦の敗戦を振り返った。ドイツサッカー連盟が伝えた。 ドイツ代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループJ第3節で北マケドニア代表とのホーム戦に臨んだ。 3月25日に行われたアイスランド代表戦は3-0、同28日に行われたルーマニア代表戦でも1-0と勝利して2連勝スタートとしたドイツ。しかし、この試合では序盤からパフォーマンスが悪く、なかなかチャンスを作れない。 すると前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフに先制を許し、1点ビハインドで後半へ。63分にギュンドアンがPKを決めて同点とするも、その後もパフォーマンスが上がらないと、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを許す。 結局これが決勝点となり、1-2で敗戦。北マケドニアに金星を与えることとなった。 試合後ギュンドアンは敗戦を受けて「これは起こってはいけないことだ」とコメント。「北マケドニアは2つの門をゴール前に立てていたように感じた」と相手の堅い守備を語った。 「それからは簡単すぎた。チャンスを作ろうとしたが、1点しか取ることができなかった」 「2つのゴールを許したが、どちらも僕たちが良くなかった」 2021.04.01 09:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームでまさかの敗戦のドイツ、レーブ監督は失望感「今日は単純に疲れていた」

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、北マケドニア代表戦の敗戦を振り返った。ドイツサッカー連盟が伝えた。 ドイツ代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループJ第3節で北マケドニア代表とのホーム戦に臨んだ。 3月25日に行われたアイスランド代表戦は3-0、同28日に行われたルーマニア代表戦でも1-0と勝利して2連勝スタートとしたドイツ。しかし、この試合では序盤からパフォーマンスが悪く、なかなかチャンスを作れない。 すると前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフに先制を許し、1点ビハインドで後半へ。63分にイルカイ・ギュンドアンがPKを決めて同点とするも、その後もパフォーマンスが上がらないと、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを許す。 結局これが決勝点となり、1-2で敗戦。北マケドニアに金星を与えることとなった。 試合を振り返ったレーブ監督はチームのパフォーマンスが良くなかったと指摘し、敗戦に失望感を露わにした。 「試合後の我々の失望はとても大きい。今日は単純に疲れていた。動きにはフレッシュさがなく、試合ではミスが多すぎた」 「我々がスピーディにプレーするときはいつだって、我々は危険な存在だ」 「しかし、相手は深く守っており、崩す手段が見つからなかった。全体的に残念だった」 2021.04.01 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

トロイが代表デビューのイタリア、センシ弾でリトアニアを退けて3連勝《カタールW杯欧州予選》

イタリア代表は3月31日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループC第3節でリトアニア代表とのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 3日前に行われたブルガリア代表とのアウェイ戦を勝利したイタリアは2連勝スタートとした中、ブルガリア戦のスタメンからドンナルンマ以外の10選手を変更。ブラジル出身のトロイがイタリア代表デビューを飾った。 スイスに惜敗して黒星スタートとなったリトアニアに対し、[3-4-2-1]で臨んだイタリアは最前線にインモービレ、2シャドーにエル・シャーラウィとペッレグリーニ、中盤右にベルナルデスキ、左にエメルソンを配置。3バックの右にトロイが入った。 そのイタリアが試合を支配する流れとなると、10分にペッレグリーニのミドルシュートでゴールに迫る。その後もボールを握る展開で推移するも、リトアニアの守備ブロックを崩し切ることができず、前半を0-0で終えた。 ゴールレスで迎えた後半、エル・シャーラウィとペッレグリーニに代えてセンシとキエーザを投入したイタリアが開始2分に試合を動かす。決めたのは投入されたセンシ。ロカテッリのパスを受けたペナルティアーク左のセンシが左足を振り抜き、ゴール左にシュートを決めた。 先制以降はイタリアが試合をコントロール。危なげなく時間を進めると、終盤の追加タイム4分にバレッラがPKを獲得。このPKをインモービレが決めて2-0としたイタリアが3連勝スタートとしている。 ◆欧州予選グループC第3節結果 ▽3/31(水) リトアニア 0-2 イタリア 【イタリア】 センシ(後2) インモービレ(後49)【PK】 北アイルランド 0-0 ブルガリア 2021.04.01 06:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly