アルゼンチンとの再戦に横内昭展監督「明日の試合は楽しみ」、デュエルに関しても「2戦目はもっとやれる」

2021.03.28 13:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表を率いる横内昭展監督が28日、翌29日に北九州スタジアムで行われるSAISON CARD CUP 2021のU-24アルゼンチン代表戦に向けた前日記者会見に臨んだ。

26日に行われたU-24アルゼンチン代表戦では、前半にFWアドルフォ・ガイチがヘディングで合わせて先制。後半に日本が盛り返すシーンもあったが、アルゼンチンにうまく試合を運ばれ、0-1で敗戦を喫した。

中2日で移動を伴う連戦となり、東京オリンピックを想定したスケジュールで試合を行なっているU-24日本代表。横内監督は明日の試合に向けて「前回東京で試合をして残念ですが0-1で負けて、色々と課題も出ましたし、よかった局面もあったと思います。そういったものを引っくるめて明日の試合に準備したいと思います」とコメント。「明日の試合は勝利というものを皆さんにお届けできればと思います。良い準備をして戦いたいと思います」と2戦目の勝利を掲げた。

明日に向けての修正点については「選手には個人的な話をすることが多くて、ミーティングは今からしますが、選手たちがアルゼンチンというチームを体感したので、選手たちにアルゼンチンの情報が入っています」とコメント。「そういうチームに対して我々がどう戦っていくかを時間はないですが今からしっかり落とし込んでいきたいと思います」と語り、選手が感じたものを含めて、チームとして準備したいと語った。

また球際の部分については「予測はしていましたし、南米のチームと対戦するのはほとんどが初めてではないので、少しは予想できたいたと思いますし、上手くいった選手といかなかった選手がいると思います」とコメント。「チーム全体で見ても球際のデュエルのところはデータ的には勝率は五分五分でした。ですので選手は明日の試合、2戦目はもっとやれると思います」と語り、明日の試合では良い結果が出るだろうと語った。

その中で、昨日メディア対応した渡辺皓太(横浜F・マリノス)が「相手は自分が飛び込んだら逆にやられる感覚があって、なかなかボールを奪いに行けなかった」と語り、Jリーグの基準が全く違う感覚を受けていることを語っていた。

横内監督は「感覚的に皆さんがどう感じられたかは分かりませんが、かなり劣っているとは思っていません。そこに選手たちも挑んでいたなと思っています」とチャレンジしていたことを評価。「もちろん、それは選手によっては多少バラツキがありますが、チームとしては非常にそこは戦ってくれていたと思います」とし、「優っていたとは思いませんが、戦っていたと思います」とトライしたことを評価していた。

また練習前にした渡辺との会話については「少し話をして、彼はチームでは1つ前のポジションで少しボランチのところで出てもいますが、長い時間出ていたわけではないので、その感覚を取り戻す分、そういったコメントになったのかもしれないです」と語り、「彼には少し攻撃のところでもっとボールを受けて、もっとボールを前に運べるんじゃないかという話をしました」と、攻撃面での修正点について話し合ったという。

改めて今回アルゼンチンを迎えての活動は、東京オリンピック前の貴重な経験となっているが、今回の試合については「我々スタッフも含め、選手全員が活動できる喜びをすごく感じていて、選手にとっても代表活動は特別なものですし、非常に難しい環境下でチームは動いていますが、やれるところ、コミュニケーションは凄く工夫してやってくれていると思います」と、難しい環境下でもしっかり対応しているとコメント。「なんとかこのオリンピックに向けて良いチームができるようにという一体感が凄く感じられる活動になっていると思います」と、チームも1つになれていると語った。

アルゼンチン戦で狙っていたことについては「まず1点はアルゼンチン相手でも自分たちで主導権を握って、自分たちで意図してボールを動かしたいと思いました。ある程度攻撃的ではありますが、アルゼンチン相手に試してみたいというのがありました」とチャレンジしたかったとかたり、「なかなか上手くいかない部分はもちろんありましたが、選手はそれにトライしてくれたかなと思っています」と、ここでもチャレンジを評価した。

また「後半はボールを少し握れたということもありました。相手が少し引いたところでそれも少し想定内でしたが、アルゼンチンはああいった守りも凄く巧みで、簡単に上手くいくとは思っていませんでしたが、何度か潜り込んで行って、危ないシーンを作ってくれたと思っています」と巧く試合を運ばれながらもチャンスは作れていたと語り、「その回数が少ないといえば少ないですが、得点になってもおかしくないシーンもあったので、少ない中でも得点に持っていけるように精度を上げないといけないと思っています」とフィニッシュの精度を課題の1つに挙げた。

一方で、2019年11月のU-22コロンビア代表戦とは異なり、試合中に崩れることはなかった日本。その点については「この間のアルゼンチン戦は、先制されましたがそこから崩れることはなかったかなと思っています」と語り、「中で立て直して、コミュニケーションをとりながら、プレー中にも声を出しながら、ハーフタイムも選手たちでしっかり話して修正しながらはコロンビア戦よりもずいぶん成長してやってくれたと思っています。チームがバラバラになることはなかったと思います」と選手たちのメンタル面の成長、コミュニケーションの部分での成長を感じたという。

改めて明日のアルゼンチンとの再戦については「コロンビアも凄く良いチームでしたが、今回のアルゼンチンはさらにもう1ランク上のチームで、だからこそ南米予選を1位通過しています。第1戦で負けたことではまだ差があるのかもしれません」と力の差はあると認めたものの、「ただ、そこの差がひょっとしたら1戦しかやっていなくて、2戦目のチャンスがあるので、我々の色々な準備で埋められると思っていますので、そういった意味で明日の試合は楽しみです。さらに我々に見えるところがあるかなと思います」と語り、明日の試合で勝利を目指すとともに、また収穫を得たいと意気込んだ。

U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表の試合は29日の19時45分から北九州スタジアムで行われる。

関連ニュース
thumb

開催国ウズベキスタンを下したサウジアラビアが3度目の決勝で初優勝を飾る!《AFC U-23アジアカップ》

AFC U-23アジアカップ決勝戦のU-23ウズベキスタン代表vsU-23サウジアラビア代表が19日に行われ、0-2でサウジアラビアが勝利。この結果、サウジアラビアが初優勝を飾っている。 準決勝でU-21日本代表に完勝し2大会ぶりの決勝進出となった開催国のウズベキスタンと、U-23オーストラリア代表を下し2大会連続の決勝へ駒を進めたサウジアラビアによる決勝戦。 立ち上がりから激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、一進一退の展開で時間が推移。そんな中、サウジアラビアは24分に敵陣でボールを奪ったヤヒヤがボックス左から折り返しを供給。ゴール前で受けたアル=ブライカンが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 さらにサウジアラビアは39分、ヤヒヤのパスでボックス左に侵入したアル=ガームディーがダブロノフに倒されてPKを獲得。しかし、オンフィールドレビューの結果、その前のプレーでアル=ブライカンがオフサイドと判定され、PKは取り消された。 サウジアラビアは前半終了間際にも、中盤からのFKからロングパスを供給すると、ボックス左のアル=ブライカンがバックヘッド折り返したボールをヤヒヤが頭で合わせたが、これは好反応を見せた相手GKに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。49分、右サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだアル・ヤミの横パスを受けたアル・ガルディがペナルティーアーク左から左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左を射抜き、サウジアラビアが先制した。 1点ビハインドとなったウズベキスタンは、すぐに反撃を試みる。すると71分、ジャロリディノフのパスに抜け出したイヤノフがボックス右から侵入しゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 ピンチを凌いだサウジアラビアは74分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとアル=アンマールのパスを受けたアル=ブライカンがボックス左まで切り込みシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 試合終盤にはピッチに倒れこんだマフナシを20が無理やり外に出そうとしたことをキッカケに両軍入り乱れる小競り合いに発展した中、イヤノフを引き話した際に肘を入れたアル=ジョハニにイエローカードが提示された。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。開催国ウズベキスタンを下したサウジアラビアが3度目の決勝で初優勝を飾った。 2022.06.20 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オーストラリアに完勝した日本が3位で大会を終える!《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は18日、AFC U-23アジアカップの3位決定戦でU-23オーストラリア代表と対戦し、3-0で勝利した。 3日前に行われた準決勝で開催国のU-23ウズベキスタン代表に完敗した日本は、その試合から先発を7人変更。GK鈴木彩艶、馬場晴也、内野貴史、松岡大起の4人が準決勝に続き先発となった。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、木村誠二(山形)、内野貴史(デュッセルドルフ) MF:山本理仁(東京V)、松岡大起(清水)、松木玖生(FC東京) FW:三戸舜介(新潟)、中島大嘉(札幌)、佐藤恵允(明治大) 準決勝でU-23サウジアラビア代表に敗れたオーストラリアに対し、日本が立ち上がりから積極的なプレスでビルドアップを牽制していく。すると7分、左クロスのこぼれ球をボックス左で拾った佐藤が縦への仕掛けから左足一閃。強烈なシュートはクロスバーに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 その後はポゼッションを高めるオーストラリアの時間が続いたが、23分に日本が再び決定機を迎える。松木のパスをバイタルエリアで受けた三戸がカットインから左足を振り抜いたが、シュートはクロスバーを直撃した。 以降は膠着状態が続いたが、日本はセットプレーから追加点を奪う。39分、山本の右CKがカイ・トレウィンのクリアミスを誘いオウンゴールを誘発した。 迎えた後半は一進一退の展開となる中、日本は56分に中島を下げて藤尾翔太を投入。すると64分、ドリブルで持ち上がった半田のパスをボックス右で受けた松木の折り返しを中央の藤尾がワンタッチで流し込んだ。 その後は大会最終戦で意地を見せたいオーストラリアが反撃を試みるが、日本は集中した守りでこれを跳ね返すと、83分にはセットプレーの二次攻撃から藤尾がチャンスを迎えたが、シュートは相手GKの好守に阻まれた。 その後、日本は84分に佐藤と内野を下げて細谷と加藤をピッチに送り出し、5枚の交代カードを使い切る。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。3位で大会を終えた日本は、パリオリンピック予選ポット1入りを決めた。 U-21日本代表 3-0 U-23オーストラリア代表 【日本】 佐藤恵允(前7) オウンゴール(前39) 藤尾翔太(後19) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、木村誠二(山形)、内野貴史(デュッセルドルフ)[→加藤聖(長崎)] MF:山本理仁(東京V)[→藤田譲瑠チマ(横浜FM)]、松岡大起(清水)、松木玖生(FC東京)[→鈴木唯人(清水)] FW:三戸舜介(新潟)、中島大嘉(札幌)[→藤尾翔太(徳島)]、佐藤恵允(明治大)[→細谷真大(柏)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-23サウジアラビア代表 2022年6月19日(日)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.18 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

「この魔法をなんと名付ければいい?」U-23豪代表がアジア杯で衝撃弾、シュツットガルトの育成でも結果残す新星にAFCも注目

ウズベキスタンで行われているAFC U-23アジアカップで衝撃のゴールが誕生した。 U-21日本代表も参戦中の同大会。4日に行われたグループB第2節のU-23イラク代表vsU-23オーストラリア代表は1-1の引き分けに終わったが、前半終了間際にオーストラリアのFWアル・クオルが挙げた一撃が目を見張る。 17分という早い時間に退場者を出したU-23オーストラリア代表は前半のアディショナルタイムに右サイドからチャンスを作ると、ジョシュア・ローリンズのクロスに飛び込んだのはクオル。ボールは走り込んだ自身のやや後方への軌道となるも、前のめりの状態からでも体をそらし、右足の裏で合わせて先制点をもたらした。 アジアカップの公式インスタグラムも「バックヒール?バイシクル?それともスコーピオンキック?この魔法のようなゴールをなんて名付ければいいのか教えてください!」と、驚きをもって評している。 スーダン生まれの20歳は2021年7月にセントラル・コースト・マリナーズからシュツットガルトへと4年契約で加入した。U-21チームでプレーを続け、今冬にはブンデスリーガ2部のザントハウゼンへと今季終了までの期限付き移籍を果たしている。レンタルバック後はチェイス・アンリとプレーをする可能性もあるだろう。 ノックアウトステージでU-21日本と対戦する可能性もあるクオル。試合後のAFCへのインタビューでは快活な冗談も飛ばしている。 「走り込んだらボールが後ろへそれるのがわかったので、ほかに選択肢もないし、やってやろうと思った。当てたらはいっちゃった。神様に感謝しなくちゃ」 「個人的には10点満点中5点かな、普通のゴールだよ。同じボールがきたらまたやるよ!うそうそ(笑)本当はすごく嬉しいよ。引き分けはちょっと残念だったけれど」 <span class="paragraph-title">【動画】「バックヒール?スコーピオンキック?」オーストラリアの若手が衝撃ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CeY3tyiKAvM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CeY3tyiKAvM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CeY3tyiKAvM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">#AFCU23(@afcasiancup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.06 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

U23アジアカップの組み合わせ決定! 日本は前回王者サウジアラビア、UAE、タジキスタンと同居《AFC U23アジアカップ》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、今年ウズベキスタンで行われるU-23アジアカップの組み合わせ抽選を行った。 日本は、10月に国内で行われた予選を突破し5大会連続5度目の出場権を獲得。2020年に行われた前回大会の準優勝国であるサウジアラビア、UAE、そしてタジキスタンとグループDで同居した。 また、前回大会優勝の韓国は、グループCに入り、タイ、ベトナム、マレーシアと同居している。 前回大会ベスト4で開催国のウズベキスタンはグループAでイラン、カタール、トルクメニスタンと同居。前回大会3位のオーストラリアは、ヨルダン、イラク、クウェートとグループBで同居した。 今回が5度目の開催となるU-23アジアカップ。日本は、2016年に優勝。2度目の優勝を目指して戦う。 大会は、6月1日から19日にウズベキスタンで開催される。 ◆組み合わせ結果 【グループA】 ウズベキスタン(5大会連続5回目) イラン(2大会連続4回目) カタール(4大会連続4回目) トルクメニスタン(初出場) 【グループB】 オーストラリア(5大会連続5回目) ヨルダン(5大会連続5回目) イラク(5大会連続5回目) クウェート( 5大会ぶり2回目) 【グループC】 韓国(5大会連続5回目) タイ(3大会連続4回目) ベトナム(4大会連続4回目) マレーシア(2大会ぶり2回目) 【グループD】 サウジアラビア(5大会連続5回目) UAE(2大会連続4回目) 日本(5大会連続5回目) タジキスタン(初出場) 2022.02.17 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

指導者本田圭佑が本格始動、U-23カンボジアの中心に「カンボジア王国の希望になってください!」

本田圭佑がカンボジア入りし、育成世代の指導に当たっている。 自身のキャリア9カ国目となるリトアニアのスドゥーヴァでプレーしていた本田。デビュー戦でいきなりゴールを決め、9カ国全てでのゴールを記録するなど、未だに注目度は高い。 現役選手ながら指導者の道も模索する本田は、2018年8月にカンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)に就任。必要なライセンスを所有していないため肩書に"監督"とは付かないものの、実質的な指揮官とてチームを率いている。 昨シーズン終了までの契約となっていたリトアニアのスドゥーヴァでのプレーを終えたのち、12月はAFF選手権(スズキカップ)のためにカンボジア代表に帯同していた本田。1月には日本各地を巡っていたが9日に自身のSNSを更新し、現在はカンボジア入りしていることを報告した。 U-23カンボジア代表の指導に当たっているようで、インスタグラムには「#23」のハッシュタグとともに、選手の輪の中心に立つ姿などを投稿。クーラーボックスに腰掛ける姿などは雰囲気が漂っている。 ファンからも「頑張ってください!」などの温かいメッセージが届いている様子。さらに、現地のサポーターと思われる方からも「久しぶりのカンボジア来訪、嬉しいです」や「カンボジア王国の希望になってください!」など、歓迎の声が寄せられた。 U-23カンボジア代表は帝京高校などで指揮を執った廣瀬龍氏が監督を務めており、14日から自国で開催されるAFF・U-23選手権に臨む。初戦は同日のU-23ブルネイ代表戦となるが、本田指揮官の手腕は果たして。 <span class="paragraph-title">【写真】U-23カンボジア代表の指導をする本田</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZxnO2bhR6y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZxnO2bhR6y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZxnO2bhR6y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Keisuke Honda(@keisukehonda)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.02.10 21:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly