インテル・マイアミがWBAから元イングランド代表DFギブスを獲得!今季終了まではWBAでプレー

2021.03.24 06:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミは23日、WBAに所属する元イングランド代表DFキーラン・ギブス(31)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年7月1日から2023年12月31日までとなり、今シーズン終了まではWBAでプレーすることとなる。


アーセナルユース出身のギブスは、2007-08シーズンにトップチームデビュー。その後、2017年までの在籍期間に公式戦229試合に出場したベテラン左サイドバック。現在、在籍するWBAではここまで公式戦100試合に出場し、契約最終年となる今季はプレミアリーグ10試合に出場している。

なお、デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミはフィル・ネビル監督を始め、ストーク・シティの重鎮だったDFライアン・ショークロスとイングランド化が進んでいる。
関連ニュース
thumb

SNSで選手に人種差別メッセージを送った49歳男性が起訴、WBAのMFが被害に

選手に対してオンライン上で人種差別的な虐待を行ったとして、49歳の男性が起訴されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 事件は今年1月、WBAのセントクリストファー・ネービス代表MFロメイン・ソウヤーズに対してソーシャルメディアを使って不快なメッセージが送られて発生した。 1月26日、プレミアリーグ第20節のマンチェスター・シティ戦でWBAは0-5と大敗。その際にメッセージが送られたとのこと。人種差別的な内容のメッセージが送られていた。 ウェストミッドランズ警察は、49歳のサイモン・シルウッド氏を逮捕。29日にダドリー治安判事裁判所に出頭するように起訴されていた。 ソウヤーズはWBAの下部組織出身で、ポート・ベイルやシュルーズベリー・タウン、ウォルソールへのレンタル移籍を経験。2013年7月にウォルソールへと完全移籍すると、2016年7月にはブレントフォードへ完全移籍。2019年7月にWBAへ復帰していた。 今シーズンはプレミアリーグで19試合、FAカップ、EFLカップで1試合ずつに出場していた。 2021.04.13 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

カメラの位置でVARが機能せず…プレミアリーグでの判定に再び指摘「システムの問題を浮き彫りに」

プレミアリーグでVARによる判定が再び物議を醸している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 問題のシーンは12日に行われたプレミアリーグ第31節、サウサンプトンvs WBAの4分の場面だ。 試合開始早々にチャンスを作ったWBAは、ボックス左でパスを受けたMFマット・フィリップスがシュートを放つも、これはサウサンプトンのGKフレイザー・フォースターに弾かれる。 それでも、セカンドボールをMFマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のFWムバイエ・ディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARが入った末にオフサイドの判定となった。 だが、リプレイをみると、オフサイドポジションにいるのはディアニェではなく、DFカイル・バートリーであり、バートリーはプレーに関与していなかった。 『スカイ・スポーツ』によると、VARのマッチセンターからは、VAR後も判定が変わらなかったことについて、次の説明があったという。 「彼らは、(カメラアングルの問題で、手前の)バートリーが視界を遮り、ディアニェの体を隠していたと言っていた。そのため、明確なラインを引くことができず、OFR(オン・フィールド・レビュー)での決定に委ねる必要があった」 これには、『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏もVARシステムの問題だと指摘している。 「これはVARによって作られている状況だ。ディアニェはオンサイドだ。間違いない。難しい判定だと思うが、彼の足元を見ればそうだ」 「VARはディアニェの肩の位置を見ることができないが、彼がオフサイドであるという証拠よりも彼がオンサイドであるという証拠が多い。与えられるはずのゴールが観たかった。これは審判のアシスタントではなく、システムの問題を浮き彫りにしている」 また、不利な判定がありながらも、その後3ゴールを奪い3-0の快勝を収めたWBAのサム・アラダイス監督は試合後、VARは失敗かという問いに答えている。 「間違いなく大きな失敗だ。問題は、ディアニェが失望したことで、別のゴールも奪えないことだ。彼はストライカーであり、得点することで満たされ、自信が高まる。だが、彼らはそうならない。VARは彼らに影響を与える可能性がある」 <span class="paragraph-title">【画像】オンサイドに見えるが、2人の位置が被ったことでVARは機能せず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">West Brom&#39;s Mbaye Diagne had a goal disallowed against Southampton as VAR couldn&#39;t draw a &#39;definitive line&#39; to prove he was onside... <a href="https://twitter.com/hashtag/WBASOU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBASOU</a> <a href="https://t.co/m9EBRubTdi">https://t.co/m9EBRubTdi</a> <a href="https://t.co/WrAW0NUKte">pic.twitter.com/WrAW0NUKte</a></p>&mdash; i sport (@iPaperSport) <a href="https://twitter.com/iPaperSport/status/1381666510603698182?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

降格圏ながら2連勝のWBA、"ビッグ・サム”は諦めず「戦い続け、他のチームが負けることを祈る」

WBAのサム・アラダイス監督が、サウサンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 WBAは12日、プレミアリーグ第31節でサウサンプトンと対戦。残留に向けて勝利が必要なWBAは32分にマテウス・ペレイラの PKで先制すると、35分にはマット・フィリップスのゴールで追加点。69分にはカラム・ロビンソンがダメ押しの3点目を奪い、3-0で勝利を収めた。 この結果勝ち点を24まで伸ばし、残留へ望みを繋いだWBA。前節はチェルシー相手に5ゴールを奪って勝利しており、その勢いを継続して貴重な連勝となった。 アラダイス監督は試合を振り返り、「選手、スタッフ、ファンのためにも嬉しい」とコメントし、試合を振り返った。 「我々はクリーンシートで3つの素晴らしいゴールを奪って試合を終えた。もっと決めるべきだった。前半だけで4、5点取れたかもしれない。チェルシー戦のようにはいかなかったが、3-0で勝てたことは本当に素晴らしい」 「我々はみんな順位表を見つめているが、残念ながらそれでも大きな課題はまだある。我々が見せたパフォーマンスを考えれば、もっと差を縮められているはずだ」 「選手たちは勝っているからこそ、正当な評価を受けられる。選手たちは長い間このようなプレーをしてきたが、勝利を得られてこなかった」 「今は勝っており、選手たちは自分たちのサッカーを楽しんでいる。我々は勝ち続ける必要があるし、転ぶわけにはいかない。勝ち続けて、何が起こるかを見てみよう」 「選手たちはプレッシャーにうまく対処した。彼らへのプレッシャーは高まっているが、チェルシーとサウサンプトンを敗り、うまく処理した」 「このレベルのパフォーマンスでは、誰とでも戦える。マンチェスター・ユナイテッド戦(1-1のドロー)でもそれを見た。エバートン(0-1で敗戦)にも負けてはいなかった。そしてチェルシーに勝った」 「我々は今、ゴールを決め始めている。そして、守備力が大幅に向上している。戦い続け、他のチームが負けることを祈っている」 <span class="paragraph-title">【動画】南野は欠場、WBAがチェルシー戦に続き快勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6e0m42zgrmvc1lbmzqarddorc" async></script> 2021.04.13 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

南野欠場のセインツが19位WBAにまさかの完敗…《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するサウサンプトンは12日、プレミアリーグ第31節でWBAと対戦し0-3で敗戦した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節3試合ぶりの白星を飾った14位セインツ(勝ち点36)は、直近のバーンリー戦と同じ先発メンバーを採用。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。 降格圏の19位に沈むWBA(勝ち点21)に対し、セインツは開始早々にピンチを迎える。4分、ボックス左でパスを受けたM・フィリップスのシュートをGKフォースターの弾くと、セカンドボールをマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドの判定となった。 VARに救われたセインツは25分、ロングパスで相手DFの裏に抜け出したレドモンドがボックス右から折り返すと、DFにディフレクトしたボールをアームストロングがシュート。これがゴール左へ逸れると、ゴールエリア左に駆け上がったイングスがダイレクトで狙ったが、このシュートもゴール右に外れた。 先制のチャンスを逃したセインツは、30分にミスから失点する。ボックス右から侵入したメイトランド=ナイルズの折り返しに反応したマテウス・ペレイラを飛び出したGKフォースターが倒してPKを献上。このPKをマテウス・ペレイラがど真ん中に蹴り込んだ。 さらにセインツは35分にも、イングスのバックパスを奪われカウンターを受けると、ボックス左まで持ち上がったディアニェのグラウンダーのクロスをM・フィリップスが流し込まれ、立て続けに2ゴールを奪われた。 ハーフタイムにかけてもWBAの猛攻を受けたセインツだが、粘りの守りでこれを凌ぎ、0-2で前半を終えた。 2点のビハインドで後半に入ったセインツは58分、バイタルエリア左でイングスが倒れてFKを獲得。バートランドのクロスからイングスが頭で合わせたが、これは逆サイドに流れる。さらに61分には、アームストロングが強烈なミドルシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 後半は攻勢に出ていたセインツだったが、69分に再び失点を喫する。ヨクシュルのロングスルーパスでボックス内に侵入したカラム・ロビンソンがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、セインツは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したジェネポがC・タウンゼントに倒されPKを獲得。しかし、ウォード=プラウズのPKは、GKジョンストンの完璧なセーブに防がれた。 結局、試合はそのまま0-3でセインツが下位相手にまさかの完敗。快勝したWBAは今季初のリーグ戦連勝を飾った。 2021.04.13 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがトゥヘル体制15試合目にして初黒星!チアゴ・シウバ退場が響き、堅守崩壊の5失点でまさかの大敗《プレミアリーグ》

チェルシーは3日、プレミアリーグ第30節でWBAと対戦し、2-5で敗れた。 インターナショナルブレイクが明け、2週間ぶりの再開となるリーグ戦。中断前にFAカップを戦ったチェルシーにとっては半月ぶりのリーグ戦となる。この一戦ではカンテが代表で負傷して欠場となった一方、チアゴ・シウバが2カ月ぶりに復帰。リーグ戦では8試合ぶりの出場となった。 ファーストシュートはWBA。3分、ゴール前に入ったディアニェの落としをマテウス・ペレイラがシュート。マテウス・ペレイラはさらに、5分のFKでも直接ゴールを狙ったが、ここは壁にぶつかった。一方、チェルシーのシュートは12分、ジョルジーニョのロングフィードからマルコス・アロンソがボックス左に侵入。シュートを打ったが、GKに止められた。 WBAの積極的なプレスに、なかなか形が作れないチェルシー。何度かカウンターでチャンスになりかけるが、パスミスが連続してゴールまで運べない。それでも27分、ボックス手前でプリシッチが倒されてFKを獲得すると、マルコス・アロンソが直接狙ったシュートはGKが弾いて右ポストを弾いたところを、いち早く反応していたプリシッチが押し込んで先制に成功した。 幸先よく先制したチェルシーだったが、30分に予想外の事態に。自陣でジョルジーニョとコバチッチのパスミスでボールを奪われると、シュートブロックに入ったチアゴ・シウバの足に絡まれる形で相手が転倒。開始5分にイエローカードを受けていたチアゴ・シウバには、これで2枚目のイエローカードが提示され、復帰戦でまさかの退場を命じられてしまった。 これで数的有利となったWBAだが、こちらにもアクシデント。24分にダラ・オシェイの負傷で途中投入されていたイバノビッチが、37分に負傷し交代を余儀なくされることに。古巣戦はわずか13分で終わってしまった。 それでもこの流れを掴んだのはWBAだった。前半アディショナルタイムの47分、GKジョンストンが自陣からロングボールを供給すると、ディフェンスラインを上げかけていたチェルシーの裏を取ったマテウス・ペレイラが単独でゴール前に侵入。そのままループシュートを流し込み、同点に追いついた。 さらにその2分後には、自陣でボールを回すチェルシーに圧力をかけてパスミスを誘発。拾ったマテウス・ペレイラがボックス右へ侵入し、左足でゴール右にシュートを突き刺して逆転に成功した。 トゥヘル体制で初めて2失点を喫したチェルシーは、チアゴ・シウバの退場直後のツィエクとクリステンセンの交代に続いて、後半からプリシッチを下げてマウントを投入。それでも数的不利は隠せず、61分にはマテウス・ペレイラにあわやハットトリックを許すシーンも。 すると63分、初黒星が近づく3失点目を喫してしまう。WBAは自陣中央でボールを収めて右サイドへ展開。ファーロングがクロスを上げると、カバーしきれていないボックス中央に走り込んだカラム・ロビンソンが見事なボレーシュートを突き刺した。 さらにその5分後の68分、カウンターを発動させたWBAはシンプルな攻撃で左サイドから攻め込むと、ボックス左に侵入したタウンゼントのヒールパスをマテウス・ペレイラが折り返す。ここに2列目から走り込んだディアニェがダイレクトで流し込み、4点目を決めた。 敗戦濃厚となったチェルシーは71分、マルコス・アロンソのクロスを収めたヴェルナーのラストパスをマウントが押し込んで2点差に。 しかし、後半アディショナルタイムに再びカラム・ロビンソンにゴールを許し大量5失点。まさかの大敗で、7日に控えるチャンピオンズリーグのポルト戦に臨むことになった。 2021.04.03 22:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly