「良い対話ができている」 スールシャールがカバーニとの交渉を認める

2021.03.21 14:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督ががウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)と交渉中だと認めた。イギリス『メトロ』が報じている。昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)に別れを告げ、今季から赤い悪魔の仲間入りを果たしたカバーニ。ここまで公式戦25試合の出場で7得点と数字だけを見ると十分でないが、ポストワークや前線からのチェイシングといった献身的な働きで復権を期すチームを引っ張っている。

しかし、カバーニの契約は1年間の延長オプションを除くと、今季限り。スールシャール監督は先月下旬、契約延長に向けての会談予定を明らかにしたが、子供の頃からの夢だったというボカ・ジュニアーズに活躍の場を移す見方が強く、ユナイテッドでの将来が不透明な状況だ。


そんなカバーニを巡り、先日に父親のルイス・カバーニ氏からも「南米に戻る可能性は60%」とのコメントが発され、さらに去就の行く末が注目されるなか、スールシャール監督が前向きな交渉状況を明かした上で、結末がどうなろうと、実績のあるストライカーが必要だと主張した。

「エディとは話をしているところだ。エディンソンはトップストライカーであり、彼が下した決断が何であろうと、様子を見守る。彼とは良い対話ができている。我々は競争力のあるチームを求めており、我々のためにゴールを決めてくれる誰かが必要なのだ」
関連ニュース
thumb

ある条件で移籍できるサンチョ、将来濁すも「ドルトですごくハッピー」

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)が将来を濁しつつ、クラブ愛を強調した。イギリス『talkSPORT』が報じている。 2017年夏からドルトムントに加わり、そこでの活躍を受けて代表にまで上り詰めたサンチョ。マンチェスター・ユナイテッド行きが根強く取り沙汰された昨夏、最終的にドルトムントの高額要求がネックとなり、移籍が実現しなかった。 しかしながら、今季も主力として、ここまで公式戦35試合に出場して14得点18アシストの数字をマーク。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとともに、今夏の動向にも大きな注目が集まっている。 そうしたなか、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が先日、「ジェイドンとは昨年の段階で紳士協定を結び、ある一定の条件で移籍できることになっている」と紳士協定の存在を明らかにした。 ツォルクSDの発言で去就がさらに注目されるなか、8日に行われたブンデスリーガ第32節のRBライプツィヒ戦で2ゴールの活躍を披露して3-2の勝利に導き、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位浮上に貢献した試合後、将来に言及した。 ドルトムントを去る可能性を問われると、「自分の将来についてはわからないね」と肯定も否定もしなかったサンチョだが、クラブに対する愛情も口にした。 「僕は今、ドルトムントですごくハッピーだ。クラブも、ファンも、チームも大好きなんだ。彼らは僕にプロとしての第一歩をスタートさせる機会を与えてくれた」 なお、ドルトムントは昨夏に移籍金として1億800万ポンド(約163億8000万円)を要求。しかし、今夏は8000万ポンド(約121億3000万円)まで減額しているといわれる。 2021.05.09 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの来季ホームユニが流出、背中には“赤い悪魔”の姿が

マンチェスター・ユナイテッドの2021-22シーズンのホームユニフォームがリークされた。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 来シーズンからドイツのグローバルテクノロジー企業『TeamViewer』とメインシャツパートナーシップ契約を結ぶユナイテッドだが、織り糸から着想を得た独特の柄と質感を表現した今シーズンのホームユニフォームに対し、2021-22シーズンのデザインはシンプルなものになっている。 赤基調のシャツの前面には、アディダスのロゴ、クラブのエンブレム、『TeamViewer』のロゴ以外何もなく、袖口と襟元、肩の3本線が白色だ。そして、背面の襟下には、クラブの異名でもある“赤い悪魔”がデザインされている。 『Footy Headlines』によると、ショーツは白色、ソックスは黒になるようで、7月にリリースされるという。 なお、ユナイテッドは来季のアウェイユニフォームのデザインも流出しており、1990年代初頭のユナイテッドのアウェイユニフォームを彷彿とさせる青いグラフィックが特徴のデザインになっている。 <span class="paragraph-title">◆【写真】リークされたユナイテッドの2021-22シーズン ホームユニフォーム</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/COh9slRDaUb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/COh9slRDaUb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/COh9slRDaUb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">@jerseyreviewがシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.09 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルとの契約延長を希望するヤング「信じられないような時間を過ごしてきた」

インテルの元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが、自身の去就についてコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ヤングは2020年1月、それまでキャプテンも務め、公式戦261試合に出場していたマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍。加入当初からアントニオ・コンテ監督の信頼を掴むと、主軸としてプレーした。 今シーズンもここまで公式戦31試合に出場しており、3アシストをマーク。チームの11年ぶりのスクデット獲得に大きな貢献を果たしている。一方で、インテルとの契約は今季限りとなっているが、契約交渉は進んでいない。 『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたヤングは、自身の去就について焦りはないとコメント。インテルでのキャリアを続けたいと語ったうえで、プロキャリアをスタートさせたクラブであり、来シーズンのプレミアリーグ昇格が決まっているワトフォードへの復帰の可能性も否定しなかった。 「(インテルとの)話し合いは行われているよ。僕はこのクラブで信じられないような時間を過ごしてきたから、もし何かあるのならきっと取引が成立すると思う」 「ただ、誰もがパンデミックの影響に見舞われていて、財政状況がどうなっているかは分からない。だから今は待ちの状態さ。僕は冷静で穏やかにしていて、フットボールを楽しんでいる。リーグ戦で優勝したばかりだけど、残り4試合だけに集中している」 「決断には多くの要素が絡んでくるだろう。僕と僕の家族にとって、正しい決断かは確認していきたいね。ワトフォードに戻らないと言ったことはない。10歳のときから所属するクラブだ。でも、今は何もないよ。代理人もそのことについて僕に何も話していない。どうなるにせよ、難しい決断になるだろう」 また、ヤングはユナイテッドからインテルに移籍した当時の心境にも言及。オーレ・グンナー・スールシャール監督への感謝を語りつつ、正しい判断だったと語った。 「移籍は大きな決断だった。僕はユナイテッドのキャプテンであり、在籍10年目を迎えようとしていたからね。ただ、クラブは進化しようとしていた。オーレは本当によくやっていたと思う」 「僕はオーレと話した時、自分がプレーできる可能性について尋ねた。彼は正直であり、その話自体も理解できたよ。テーブルの上には契約書も置かれていた。でも、もう1年ベンチに座り、ちょっとした役割を果たすだけにはなりたくなかった。僕は20歳の頃のようにプレーできると知っていたからね」 「インテルのような世界最大級のチームから、毎週プレーできると言われた。だから、代理人に『契約を結ぼう』と言ったんだ。コンテがチェルシーにいたとき僕を欲しがっていたことも助けになったし、ロメル・ルカクからは『今すぐ来てくれ』と何度も電話がかかってきていたんだ。だから、決断は早かった」 2021.05.07 12:38 Fri
twitterfacebook
thumb

カバーニが若手FWを守る!相手選手との衝突シーンで見せた振る舞いに称賛「お父さんみたい」

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがサポーターを虜にしている。 ユナイテッドは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでローマと対戦。アウェイでの一戦は打ち合いとなり3-2で敗れるも、2戦合計8-5と1stレグのリードを生かして決勝へと駒を進めた。 先発出場したカバーニは2ゴールの活躍を見せたが、得点以外の面でもチームに好影響を与えている。 72分にFWメイソン・グリーンウッドが相手DFジャンルカ・マンチーニと軽く言い合いになると、近くにいたローマのDFリック・カルスドルプがグリーンウッドの死角から押した。 すると、そこにカバーニが駆けつけ、カルスドルプとグリーンウッドを引き離す。そしてローマの選手たちの矛先はカバーニへと向かっていた。 19歳の後輩FWを体を張って守った場面には、ユナイテッドのサポーターから「カバーニ愛してる」「素晴らしいパフォーマンスと素晴らしいメンタリティ」「お父さんみたい」といったコメントが寄せられている。 カバーニとユナイテッドの契約は今シーズン限りだが、1年間の延長オプションが付随。それを行使する可能性が高まっていると見られている。 <span class="paragraph-title">【写真】カバーニがグリーンウッドを守る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mason Greenwood was pushed by Rick Karsdorp...<br><br>Edinson Cavani wasn&#39;t having any of it <a href="https://t.co/b7m56iyK0Z">pic.twitter.com/b7m56iyK0Z</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1390406643867869184?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ退けEL決勝進出!喜ぶマグワイア「あとは優勝を勝ち取るだけ」

ンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアがローマ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは6日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでローマと対戦。アウェイでの一戦は打ち合いとなり3-2で敗れるも、2戦合計8-5と1stレグのリードを生かして決勝へと駒を進めた。 試合後の会見に臨んだマグワイアは「もちろん、どんな試合でも負けたくはなかったよ。今夜の試合も勝ちたいと思ってここに来た」とコメント。この試合での敗北を不本意としつつも、クラブとしては4シーズンぶりとなるEL決勝進出を喜んだ。 「だけど、1stレグで僕らがいい位置につけていたことはわかっていたから、自分たちを褒めてあげたいよ」 「もちろん、今夜の試合の結果を喜ぶつもりはないけど、準決勝を突破して決勝に進出できたことは喜ばしいことだ。あとは、決勝に臨み、優勝を勝ち取るだけだね」 また、1stレグと2ndレグで2戦連続2ゴールを記録し、チームの決勝進出に大きく貢献したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについても言及。得点シーンを振り返りつつ、パフォーマンスを絶賛した。 「エディンソンはいくつかのチャンスを掴み、2つの素晴らしいゴールを決めたね。彼のオフ・ザ・ボールの動きは、とても素晴らしいものだった。彼はいつも僕たちにそれを提供してくれるし、僕らがボールを持っているときの、彼の動きが素晴らしいことも知っている」 「僕たちがクロスを入れれば、彼は常にチャンスを得ることができるね。彼の2点目のゴールは、彼らしいというか、彼のキャリアの中でずっとやってきたことだと思う。彼が僕らの中のトッププレーヤーなんだ」 2021.05.07 12:12 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly