バイエルンとの対戦決定にポチェ「大陸最強のチーム」マルキーニョスはリベンジに燃える

2021.03.20 14:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝の対戦相手がバイエルンに決定したことを受けてコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。

19日に行われた抽選会の結果、PSGは昨季の決勝で苦杯を嘗めたバイエルンとの対戦が決定した。今季もバイエルンは優勝最右翼との呼び声も高いが、ポチェッティーノ監督もヨーロッパ最強のチームと称賛しつつ、楽観していることを伝えている。

「まずはここまで来ることができて嬉しいよ。ヨーロッパのわずか8つのベストクラブがしのぎを削るのだ。その一部になれて光栄だ」

「チャンピオンズリーグは最高のクラブと戦わなければならず、勝利することが非常に難しい。さらに我々の相手はディフェンディングチャンピオンだ」

「この抽選結果は確かに困難なものとなったが、サプライズもあった。現時点で大陸最強のチームと対戦するが、我々は楽観的で、チームには競争力が生まれることだろう」

「我々はバルセロナをノックアウトし、今はバイエルンに目を向けている。しかし、その目的はただ一つ。準決勝に進出することだ」

また、ブラジル代表DFマルキーニョスは「素晴らしい試合になるだろう」とし、昨季の悔しさをぶつけると、意気込みを語った。

「この大会で上位を目指すには、どんな相手にも勝てるようにならなければならない。昨シーズンの決勝戦でも対戦したが、今度は僕たちが勝ち抜く力を見せる番だ」

「今シーズンはサポーターがいないのが残念だ。彼らの応援があれば、パルク・デ・プランスでいつもと違った雰囲気になるからね。これは特別な状況で、僕たちは自分たちが生きている状況に敬意を払わなければならないんだ」

「全ての要素を注ぎ込むつもりだよ。でもその前に、国内で良い試合をしないとね」

関連ニュース
thumb

チャルハノール後釜探すミラン、PSGのラフィーニャに関心?

ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元ブラジル代表MFラフィーニャ(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 今シーズンのセリエAを2位でフィニッシュし、来シーズンは7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)に参戦するミラン。 しかし、今夏の移籍市場においてはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに続きトルコ代表MFハカン・チャルハノールとの契約延長交渉が破談に終わり、昨季の躍進に貢献した司令塔はフリーで宿敵インテルに加入することが決定的となっている。 そういった中、クラブはトルコ人司令塔に代わる新たなチャンスメーカーとして安価な金額で獲得可能な数選手をリストアップしている。 現時点でミランはチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(28)をトップターゲットに定めているが、チェルシーは同選手の放出に関して完全移籍での売却を望んでおり、財政面が決して潤沢ではないクラブは買い取りオプション付きのレンタル移籍などの打診は可能と思われるが、高額なサラリーを含め難しいオペレーションと言える。 その一方で、より現実的なオプションはPSGの準主力であるラフィーニャの獲得だ。昨夏、バルセロナからPSGに移籍したラフィーニャは、加入1年目に公式戦34試合に出場も、そのほとんどが途中出場だった。 また、今夏の移籍市場でクラブはドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーとの契約延長に加え、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを獲得しており、新シーズンは更なる出場機会減が見込まれている。 さらに、過去には半年ほどの在籍だったものの、インテルでセリエA、ミラノの雰囲気を経験しており、そのユーティリティー性を含めて悪くない選択肢と言える。 2021.06.23 00:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロ3連続無失点のイタリア代表GKドンナルンマ、休日を利用しPSGのメディカルチェックへ

イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)がパリ・サンジェルマン(PSG)のメディカルチェックを受けたようだ。 現在イタリア代表としてユーロ2020に参加しているドンナルンマ。20日のグループA第3節のウェールズ代表戦でもクリーンシートを達成。ユーロのグループステージ3試合連続でクリーンシートを記録した。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ウェールズ戦から一夜明けた21日、イタリア代表は束の間のオフが与えられた中、ドンナルンマは朝9時にイタリア代表が滞在しているホテルを出発。ローマ市内のサントアンドレア・クリニックに向かったとのことだ。 ここではPSGのメディカルチェックを受けたとのこと。移籍決定が迫っていると報じられている。 ドンナルンマはミランの下部組織出身。2015年7月に16歳でファーストチームへと昇格。22歳ながら、すでにミランでは公式戦251試合に出場していた。 なお、ドンナルンマは今シーズン限りで満了を迎えるミランとの契約延長を拒否。PSGへは年俸1000万ユーロ(約13億円)、2026年夏までの5年契約で加入するとみられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ドンナルンマがイタリア代表のホテルを出発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/Donnarumma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Donnarumma</a> lascia l&#39;albergo dell&#39;<a href="https://twitter.com/hashtag/Italia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Italia</a>: oggi le visite mediche per il <a href="https://twitter.com/hashtag/Psg?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Psg</a> in una clinica romana<br> 2021.06.21 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGの来季アウェイユニが流出、ピンクと黒がアクセントに

パリ・サンジェルマン(PSG)の2021-22シーズンのアウェイユニフォームのデザインが流出した。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 2020年にクラブ創設から50周年を迎えたPSG。今シーズンのアウェイユニフォームは50周年を記念し、白基調のユニフォームに、元クラブ会長のダニエル・エシュテル氏が手掛けた太いストライプを中央に赤であしらったデザインが採用されていた。 来シーズンのデザインはそこにアレンジが加わり、ストライプの左右が非対称に。黒い細めのストライプを中心に、ピンク色のストライプが左上と右下に描かれている。 クラブのエンブレムやナイキ、スポンサーのロゴはすべて黒色だ。また、来シーズンのホームユニフォームには、ナイキの「ジョーダン ブランド」のアイコニックなモチーフ「ジャンプマン」を採用していたが、アウェイユニフォームには通常のナイキのロゴが入る。 そして、袖口は右袖がピンク、左袖が黒色で構成されるほか、今シーズンのアウェイユニフォームと違って襟はなく、丸首になっている。 『Footy Headlines』によると、ショーツもシャツと同様に白基調にピンクと黒色の配色になる。またこのキットは7月中旬に発表される予定とのことだ。 ※記事写真は今シーズンのアウェイユニフォーム <span class="paragraph-title">【写真】流出したPSGの2021-22シーズンアウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/bfcoN6qXfi">pic.twitter.com/bfcoN6qXfi</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1405622322023866372?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG行き決定的のドンナルンマ、メディカル完了は21日か

イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのパリ・サンジェルマン(PSG)行きが迫っている。 すでにミラン退団とPSG移籍が規定路線となっているドンナルンマ。ユベントスやバルセロナからの関心も伝えられた中、イタリア『スカイ』の情報によれば、年俸1200万ユーロ(約15億9000万円)とボーナスが付随した5年契約でフランスの巨塔が獲得レースを制した模様だ。 公式発表が秒読み段階となっているが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、21日にフィレンツェでメディカルチェックを完了させる見込みとなっているようだ。17日にも実施されたものの、最後まで終わらなかったという。 なお、PSGのGKに関してはコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが4月に契約を延長したばかりで、ドンナルンマにはレンタル移籍の噂も浮上している。 2021.06.18 19:02 Fri
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly