衝撃のハット! トッテナム沈めたオルシッチが歓喜「何かを言うのは難しい」

2021.03.19 12:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ディナモ・ザグレブのFWミスラフ・オルシッチが、ヨーロッパリーグでの大逆転劇を振り返った。ディナモ・ザグレブは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグでトッテナムと対戦した。


1stレグはトッテナムのホームで2-0と敗れていたディナモ・ザグレブ。この試合では3点差以上の勝利が必要となる状況だった。

さらに、試合直前にゾラン・マミッチ監督が横領の罪で懲役刑が確定したために突如辞任。アシスタントコーチのクルズナル氏が監督に就任していた。

そのディナモ・ザグレブだが、前半はトッテナムの前にチャンスを作れず。苦しい形が続く中、ミスラフ・オルシッチが躍動する。

まずは62分にボックス手前左からミドルシュートを決めて1点目を奪うと、82分には味方のクロスを豪快に蹴り込み同点に追いつく。

そして延長に入ると、106分に左サイドからカットインしたオルシッチが強烈なミドルシュートを叩き込みハットトリック達成。2戦合計3-2でベスト8進出を決めた。

試合後、見事な逆転突破を決めたオルシッチは興奮冷めやらぬ中でコメントした。

「このようなことの後に、何かを言うのは難しいね。夢のような話だし、歴史的な結果だよ。クラブ史上最大の勝利の1つだね」

「全員が一丸となってプレーしたし、忘れられない試合になった」

「トッテナムのような最高レベルのチームと戦えることを証明できたよ。でも、一歩一歩、前進していかなければならないね」
関連ニュース
thumb

ディナモ・ザグレブに連勝のビジャレアルが4強進出! 準決勝では指揮官の古巣アーセナルと激突《EL》

ビジャレアルは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでディナモ・ザグレブとホームで対戦し、2-1で勝利。この結果、2戦合計スコア3-1でビジャレアルが準決勝進出を決めた。 8日に敵地で行われた1stレグを1-0で先勝したビジャレアルは、主力を温存して臨んだ直近のオサスナ戦から先発を7人変更。ジェレミ・ピノやモイ・ゴメス、フネス・モリ、GKアセンホらに代えてジェラール・モレノやチュクウェゼ、パウ・トーレス、GKルジらを先発で起用した。 前回対戦と同じ[4-3-3]の布陣を採用したビジャレアルは、3トップにチュクウェゼ、ジェラール・モレノ、アルカセルと並べ、中盤はアンカーにキャプー、インサイドハーフにトリゲロスとパレホが入った。 立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げる両チームは、共に決定機まで持ち込めない時間が続く。そんな中、ビジャレアルは25分にコーナーキックの流れからチュクウェゼにチャンスが生まれたがシュートは左ポストを直撃した。 ビジャレアルは36分にも、中盤のパスカットからショートカウンターを仕掛けると、ジェラール・モレノのスルーパスでボックス右深くまで抜け出したチュクウェゼの折り返しをアルカセルが流し込んだ。当初、アルカセルのオフサイドと判定されたが、VARのレビューの結果、判定が覆りゴールが認められた。 先制したビジャレアルは43分、チュクウェゼとのパス交換でボックス右深くまでオーバーラップしたアルビオルが折り返しを供給。これは相手DFに当たりGKリヴァコビッチに弾かれたが、こぼれ球に反応したジェラール・モレノがゴール左へシュートを流し込んだ。 2点をリードするビジャレアルは、59分に後半最初の決定機を迎える。トリゲロスのスルーパスにゴール前に抜け出したチュクウェゼがシュートを放ったが、これはカバーに戻った相手DFのブロックに阻まれた。 さらにビジャレアルは66分、左サイドを突破したペドラサの折り返しから中央に走り込んだジェラール・モレノがダイレクトシュートでゴールに迫ったが、これはGKリヴァコビッチが右手一本でファインセーブ。 その後、74分にオルシッチのゴールで1点を返されたビジャレアルだが、すぐに反撃に転じると76分には、ボックス右からカットインしたチュクウェゼが右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 結局、ビジャレアルはディナモ・ザグレブの反撃を1点に抑え、2-1で勝利。2戦合計スコア3-1でベスト4進出を決めた。なお、準決勝でビジャレアルはスラビア・プラハを下したアーセナルと対戦する。 2021.04.16 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラール・モレノのPK弾で逃げ切ったビジャレアルが敵地で先勝!《EL》

ビジャレアルは8日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでディナモ・ザグレブとアウェイで対戦し、1-0で先勝した。 ラウンド16でディナモ・キエフを2戦合計4-0で下したビジャレアルは、直近のグラナダ戦からスタメンを3人変更。ガスパールやペーニャ、GKアセンホに代えてチュクウェゼやフォイス、GKルジが先発で起用された。 ラウンド16で強豪トッテナムから大逆転突破を決めたディナモ・ザグレブに対し、3トップにチュクウェゼ、ジェラール・モレノ、バッカを並べた[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは10分にピンチ。イバンシイッツの横パスをボックス手前で受けたマイェルが左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたボールがゴール右隅を捉えたが、これはGKルジが好セーブで弾き出した。 一進一退の展開が続く中、ビジャレアルは21分にチャンス。ボックス右深くまで侵入したフォイスの折り返しをニアに走り込んだジェラール・モレノが合わせたが、このシュートは枠の右に外れた。 チャンスを逃したビジャレアルは、26分にカウンターからピンチ。ヤキッチのパスを中盤で受けたオルシッチがワンタッチで前線に繋ぐと、これを受けたアティエムウェンがオルシッチとのパス交換でボックス右手前まで攻めあがると、クロスをゴールエリア左に駆け上がったオルシッチがヘディングシュートで流し込んだ。 このゴールでディナモ・ザグレブの先制かと思われたが、VAR検証でアティエムウェンが最初にパスを受けた時点でオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 ハーフタイムにかけても膠着状態が続いたが、ビジャレアルは41分にボックス左深くまで侵入したジェラール・モレノのクロスがテオフィル=カテリーヌのハンドを誘いPKを獲得。このPKをジェラール・モレノが確実決め、ビジャレアルが先制した。 迎えた後半、リードするビジャレアルはバッカを下げてアルカセルを投入。しかし、先にチャンスを迎えたのはディナモ・ザグレブ。54分、オーバーラップしたリストフスキがボックス右横でパスを受けると、そのままボックス内に切り込みシュート。しかし、これはGKルジが正面でキャッチした。 対するビジャレアルは64分、ジェラール・モレノのパスでボックス内に侵入したアルカセルがシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。さらに70分には、トリゲロスのミドルシュートが枠を捉えたが、これは相手GKが弾き出した。 その後も互いに選手交代を行っていく中で一進一退の展開が続いたが、最後までゴールは生まれず。ジェラール・モレノのPK弾で逃げ切ったビジャレアルが敵地で先勝した。なお、ビジャレアルのホームでの2ndレグは15日に行われる予定だ。 2021.04.09 06:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ELでトッテナム撃破の立役者、オルシッチ代理人がイタリアからのオファー認める「連絡を取り合っている」

ディナモ・ザグレブのクロアチア代表FWミスラフ・オルシッチ(28)に対して、イタリアのクラブが興味を持っているようだ。 オルシッチは、かつてスペツィア(当時はセリエB)でプレーした経験があり、その後は、母国クロアチアのリエカや韓国の全南ドラゴンズや蔚山現代、中国の長春亜泰とアジアでプレーしていた。 2018年7月にディナモ・ザグレブに加入すると、今シーズンはここまでリーグ戦で21試合14ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合5ゴール2アシストの活躍を見せている。 特に話題を集めたのは、18日に行われたELラウンド16・2ndレグのトッテナム戦だ。 1stレグで2-0と敗れていたディナモ・ザグレブだが、オルシッチがハットトリックの活躍を見せて逆転勝利。チームのベスト8進出に大きく貢献していた。 そのオルシッチの代理人であるブランコ・フチカ氏がイタリア『カルチョ・メルカート』でコメント。ELでの活躍を語るとともに、イタリアへの復帰についても語った。 「彼はストライカーではなくウインガーだが、今は3シーズンにわたって全ての大会でチームのトップスコアラーだ」 「ハットトリックは信じられないほどのセンセーションだったし、彼はとても幸せそうだった。真実は、彼はここ数年とても良いプレーをしているということだ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのデビュー戦(アタランタ戦)でハットトリックをしているのを忘れてもらっては困る」 「彼はスペツィアでもっとプレーするに値していた。でも、イタリアの経験は助けになった。まだ若く、言語も知らず、試合の戦術的な側面を学ばなければならなかった。それは彼が言われた言い訳だった」 「いくつかのイタリアのクラブと連絡を取り合っている。彼は28歳になるが、イタリアへ戻ることを断ることはできない」 2021.03.20 21:57 Sat
twitterfacebook
thumb

屈辱の大逆転負けを喫したモウリーニョが試合後真っ先にした行為とは?名将の誇り高い行動が話題に

名将ジョゼ・モウリーニョ監督の誇り高い行動が注目を浴びている。 トッテナムは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の2ndレグでディナモ・ザグレブと対戦。0-3と大敗を喫し、1stレグでの2-0のアドバンテージをひっくり返され、合計スコア2-3で敗退が決定した。 自身が指揮するチームの不甲斐ないパフォーマンスに怒り心頭だったはずのモウリーニョ監督だが、試合後に真っ先にとった行動は、対戦相手のディナモ・ザグレブのロッカールームに行き、相手チームを称賛することだった。 試合後のインタビューに応えると「今ディナモのロッカールームに行って、相手選手たちを褒めてきた。私のチームではない方のチームが、試合に対する気持ちや譲歩によって、試合に勝利したことをすまないと思う」とコメント。「悲しいという言葉だけでは足りない。私の今の気持ちは、『悲しみ』という言葉よりもっとずっと深いものだ」と続けた。 試合後、モウリーニョ監督のディナモ・ザグレブのロッカールームでの様子がSNSで拡散されると「スペシャル・ワンらしい素早い行為だ」など称賛の声が挙がった。 一方で一部のファンからは「数日後クビになる前に、新しい就職先候補に挨拶に行っただけだろ」「敗戦後はいつもドラマを作る」「この行為だけでも解任するに値する」など、シニカルで辛辣なコメントも多く寄せられている。 リーグ戦でも難しい状況が続く今シーズンのトッテナム。モウリーニョ監督のとった行為自体は称賛されるべきかも知れないが、チーム事情の面では、黄色信号が灯っているかもしれない。 <span class="paragraph-title">◆モウリーニョ、敗戦直後ながら対戦相手のロッカーに祝福に訪れる</span><span data-other-div="movie"></span> <br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jose Mourinho walked into Dinamo Zagreb’s dressing room to congratulate them <br><br>(via <a href="https://twitter.com/PeytonCity?ref_src=twsrc%5Etfw">@PeytonCity</a>)<a href="https://t.co/YyKzwm8uJr">pic.twitter.com/YyKzwm8uJr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1372669533492760585?ref_src=twsrc%5Etfw">March 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.19 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「みんなヒーローだ」突然の監督辞任も大逆転でベスト8進出のディナモ・ザグレブ、新監督がチームを称賛

ディナモ・ザグレブのダミル・クルズナル監督が、ヨーロッパリーグでの大逆転劇を振り返った。クロアチア『Sportske』が伝えた。 ディナモ・ザグレブは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグでトッテナムと対戦した。 1stレグはトッテナムのホームで2-0と敗れていたディナモ・ザグレブ。この試合では3点差以上の勝利が必要となる状況だった。 さらに、試合直前にしてゾラン・マミッチ監督が横領の罪で懲役刑が確定したために突如辞任。アシスタントコーチのクルズナル氏が監督に就任していた。 スクランブルな状況でこの一戦に臨んだディナモ・ザグレブだが、トッテナムが押し気味に試合を進める。それでもゴールレスのまま後半に入ると、62分にミスラフ・オルシッチがネットを揺らして1点を返す。 その後はエンジンをかけたトッテナムにゴールに迫られるも得点を許さず。すると82分にオルシッチが再びゴールを奪い同点に。延長戦に突入すると、106分にオルシッチがハットトリックを達成。2戦合計でも逆転すると、そのまま守りきり3-2で大逆転勝利を収めた。 試合後、クルズナル監督は壮絶な一戦を振り返り、チーム全体を称賛した。 「彼らはみんなヒーローだ。試合は最初の1分から素晴らしかった。我々はみんなが一体となって戦った。間違いなく記憶に残る試合だ」 「ロンドンでの試合の後、我々はもっと何かをできたと感じていたので、幾らかの後悔が残っていた。そして、ザグレブでは全てが我々のためにうまくいった」 「試合は夢で見たようだった。そしてそれは起きた」 これで準々決勝へと勝ち進んだディナモ・ザグレブ。その対戦相手は19日に決定するが、どこと当たるにしても謙虚に戦うと語った。 「我々はハイレベルのチームと戦えることを証明した。仕事を続け、謙虚にならなければならない。そうすれば、ヨーロッパリーグで新しい素晴らしいことを期待できる」 「これらは歴史的な結果であり、我々はこの瞬間を楽しむ必要がある」 「美しい試合、夢の試合、みんなが夢見る試合だが、あえて夢を見ないでほしい。みんなおめでとう。みんなが一丸となって呼吸し、チームメイト善人とクラブ全体がこの結果を祝っている」 2021.03.19 11:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly