ELでトッテナム撃破の立役者、オルシッチ代理人がイタリアからのオファー認める「連絡を取り合っている」

2021.03.20 21:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ディナモ・ザグレブのクロアチア代表FWミスラフ・オルシッチ(28)に対して、イタリアのクラブが興味を持っているようだ。オルシッチは、かつてスペツィア(当時はセリエB)でプレーした経験があり、その後は、母国クロアチアのリエカや韓国の全南ドラゴンズや蔚山現代、中国の長春亜泰とアジアでプレーしていた。

2018年7月にディナモ・ザグレブに加入すると、今シーズンはここまでリーグ戦で21試合14ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合5ゴール2アシストの活躍を見せている。

特に話題を集めたのは、18日に行われたELラウンド16・2ndレグのトッテナム戦だ。

1stレグで2-0と敗れていたディナモ・ザグレブだが、オルシッチがハットトリックの活躍を見せて逆転勝利。チームのベスト8進出に大きく貢献していた。

そのオルシッチの代理人であるブランコ・フチカ氏がイタリア『カルチョ・メルカート』でコメント。ELでの活躍を語るとともに、イタリアへの復帰についても語った。

「彼はストライカーではなくウインガーだが、今は3シーズンにわたって全ての大会でチームのトップスコアラーだ」

「ハットトリックは信じられないほどのセンセーションだったし、彼はとても幸せそうだった。真実は、彼はここ数年とても良いプレーをしているということだ。昨シーズンのチャンピオンズリーグでのデビュー戦(アタランタ戦)でハットトリックをしているのを忘れてもらっては困る」

「彼はスペツィアでもっとプレーするに値していた。でも、イタリアの経験は助けになった。まだ若く、言語も知らず、試合の戦術的な側面を学ばなければならなかった。それは彼が言われた言い訳だった」

「いくつかのイタリアのクラブと連絡を取り合っている。彼は28歳になるが、イタリアへ戻ることを断ることはできない」

関連ニュース
thumb

PKの途中で“止まった”選手が警告貰い退場…選手は常習犯

15日に行われたプルヴァHNL(クロアチア1部)のイストラvsディナモ・ザグレブの一戦で珍しい退場劇があった。 試合は10分にアウェイのディナモ・ザグレブが先制。その後両チームにカードが多く出される荒れた展開になると、81分にディナモ・ザグレブのDFケビン・テオフィル=カテリンが2枚目のイエローカードで退場となる。 しかし、89分にはイストラのGKイバン・ルチッチが一発退場。ディナモ・ザグレブはこのプレーでPKを獲得する。 キッカーは途中出場のFWブルーノ・ペトコビッチ。相手GKのタイミングを外す完璧なPKをゴール左に沈めたと思われたが、その直後に主審が笛を吹くと、ペトコビッチに向かってイエローカードを提示。これが2枚目の警告となり、ペトコビッチもまた退場となってしまった。 主審は、ペトコビッチがPKのキックモーションに入ってから静止したと判断。イストラに間接FKが与えられ、プレーは再開となった。 助かったイストラは、同点を目指すべく後半アディショナルタイムのCKでGKも前線に上げるが、ディナモ・ザグレブにクリアされると、そのまま無人のゴールを揺らされ、試合は0-2でディナモ・ザグレブが勝利を収めている。 なお、オランダ『VI』によると、ペトコビッチは相手GKのタイミングをずらすPKを以前から使っているという。 <span class="paragraph-title">【動画】動作が止まってる?ファウルと判断されたペトコビッチのPK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Strangest sending off ever?! <br><br>Bruno Petkovic got a red for taking a penalty for Dinamo vs Istra! <a href="https://t.co/laVIbgmU24">pic.twitter.com/laVIbgmU24</a></p>&mdash; Soccer AM (@SoccerAM) <a href="https://twitter.com/SoccerAM/status/1471450034805821444?ref_src=twsrc%5Etfw">December 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.18 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

最終節は黒星も、モイーズ監督はELでの成績に満足「ヨーロッパでの自分たちの活躍に感激している」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)での戦いに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 9日に行われたELグループH最終節で、ディナモ・ザグレブと対戦したウェストハム。すでにグループ首位通過を決めているため、多くの若手を起用するなどターンオーバーを決行したが、開始早々に奪われた失点が重く響き、0-1で敗れている。 モイーズ監督は、敗戦を嘆きつつも若手にとって良い経験になったことを強調。この経験を今後に役立ててくれるはずだと期待を寄せた。 「勝てなかったのは残念であり、より良いプレーができなかったのも残念だ。ただ、全体的に見ればこの試合で多くの若手を起用する必要があったと思う」 「若い選手たちはうまくやった。今夜、最も良い評価を得たのは彼らだろう。長年にわたりウェストハムは常に選手を輩出してきており、アカデミーにとっては素晴らしいことだ」 「今、選手たちがすべきことは今夜をステップとして、次のレベルに進めるかどうかを見極めることだ。つまり、トップチームの選手を押しのけるためチャレンジすることになる。チャンスがあれば、そこで活躍する必要があるだろう」 「失点後にチームが立ち直り、その後は落ち着いてプレーできて本当に良かった。相手がクロアチアのチャンピオンであることを、忘れてはいけないと思うね」 また、モイーズ監督はELでの戦いを振り返り、素晴らしい結果が残せたと喜びを露わに。決勝トーナメントでの戦いが待ちきれないと、充実感を口にしている。 「私はヨーロッパでの自分たちの活躍に感激している。どうなるかわからなかったからこそ、本当に嬉しい。今はまだ始まったばかりであり、できることなら来シーズンもヨーロッパの大会に参加したいね」 「ヨーロッパではエキサイティングなチャレンジが待ち受けているが、そこに到達するまでには非常に多くの試合をこなす必要がある。それでもエキサイティングであり、サポーターの皆も3月にはまたこの舞台に来て、できれば良い相手と戦いたいと思っているだろう。我々がすべきことは、ELで準々決勝に進むことだ」 2021.12.10 15:29 Fri
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが首位通過!打ち合いに敗れたセルティックは3位でECLへ…《EL》

古橋亨梧の所属するセルティックは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第5節でレバークーゼンと対戦し2-3で敗戦した。古橋は76分までプレーしている。 古橋の活躍でEL連勝を飾った3位セルティック(勝ち点6)が、首位レバークーゼン(勝ち点10)のホーム乗り込んだ一戦。前節1ゴール1アシストを記録した古橋は、[4-3-3]の最前線で先発に名を連ねた。 一方、今節の結果次第で決勝トーナメント進出の決まるレバークーゼンは、直近のボーフム戦から先発を4人変更。デミルバイやアミリらに替えてパウリーニョやパラシオスらが先発で起用された。 立ち上がりから劣勢の時間が続くセルティックは、16分に失点する。ヴィルツの右CKをニアに走り込んだアンドリッヒがヘディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 先制を許したセルティックは38分、ジョタが供給した左クロスがターにクリアされるも、後方で走り込んでいた古橋が飛び出したGKと接触。VARの結果、GKフラデツキーのファウルが認められセルティックがPKを獲得。これをユラノビッチが決め、前半を1-1で終えた。 同点で後半を迎えたセルティックは、立ち上がりの53分にピンチ。スルーパスに反応したディアビにボックス左からシュートを許すと、GKハートが弾いたボールにアドリに詰められたが、ボールは素早く体勢を立て直したハートがキャッチした。 守護神のファインプレーに応えたいセルティックは56分、ボックス左手前から供給したビトンのパスがフリンポンにカットされるも、こぼれ球を素早く奪った古橋がラストパス。これをボックス左で受けたジョタがゴール右隅にシュートを突き刺した。 その後、レバークーゼンの猛攻を受けるセルティックは82分、ヴィルツの右クロスをファーサイドのアミリが落とすと、走り込んだアンドリッヒのダイレクトシュートがGKハートの股下を抜け、ゴールネットを揺らされた。 さらに87分には、ボックス左でパスを受けたヴィルツがマイナスへ浮き球のクロスを供給すると、ディアビのボレーシュートがゴールネットに突き刺さり、レバークーゼンが勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり2-3でセルティックは敗戦。勝利したレバークーゼンがグループ首位通過を決め、セルティックは3位でヨーロッパ・カファレンスリーグに回ることとなった。 また、伊東純也の所属するヘンクは、グループH第5節でディナモ・ザグレブとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。伊東は67分まで出場している。 プレーオフ進出へ負けられないヘンクは8分、右サイドでボールを受けた伊東が狙いすました右足のアーリークロスを供給するが、走り込んだボンゴンダのシュートは枠を捉え切れなかった。 その後は一進一退が続く中、ヘントはディナモ・ザグレブに先制を許す。35分、自陣最終ラインのテオフィル=カテリーヌがロングフィードを送ると、DFの裏に抜け出したメナロがゴール前まで持ち上がり冷静にシュートを流し込んだ。 このまま前半終了かと思われたが、ヘンクは45分に追いつく。右CKのセカンドボールをゴールエリア右でウグボが拾うと、反転から右足で放ったシュートはクロスバーに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 後半は膠着状態が続く中、ヘンクは67分に伊東とエイティングを下げてペイントシルとトールストヴェットを投入。しかし、互いに最後までゴールネットを揺らすことはできず。試合は1-1で終了した。 なお、同グループに所属する北川航也のラピド・ウィーンは、ウェストハムとホームで対戦し0-2で敗戦。この結果、ウェストハムの決勝トーナメント進出が決定、また当該成績で上回ったディナモ・ザグレブが2位で決勝トーナメントプレーオフ進出を決めている。 2021.11.26 04:56 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、ディナモ・ザグレブの二冠に貢献したヤキッチを獲得!

フランクフルトは30日、ディナモ・ザグレブからクロアチア人MFクリスティアン・ヤキッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。期間は2022年6月までとなる。 これまでロコモティヴァ・ザグレブやイストラなど母国のクラブを渡り歩いてきたヤキッチは2020年夏にディナモ・ザグレブに加入。身長181cmの守備的MFで、高度なインテンシティとインテリジェンスを併せ持つ。 D・ザグレブでは加入初年度からレギュラーの地位を築くと、昨季は公式戦46試合に出場し、リーグ戦とカップ戦の二冠に貢献。今季もチャンピオンズリーグ予選で7試合、リーグ戦で5試合に出場し、2ゴール1アシストを記録していた。 なお、フランクフルトは同日にザンクトパウリからU-18ドイツ代表FWイゴール・マタノビッチ(18)を獲得しており、今後2シーズンはザンクトパウリに残留し、武者修行を続けることが発表されている。 2021.08.31 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ディナモ・ザグレブがリーグ4連覇で22度目の優勝、来季のCL予選へ《プルヴァHNL》

クロアチアのディナモ・ザグレブが、22度目のリーグ優勝を達成した。 ディナモ・ザグレブは9日、プルヴァHNL(クロアチア1部リーグ)の第33節でリエカと対戦した。 リーグ4位につけるリエカとのアウェイゲームとなったが、開始1分でリエカが先制する。 キックオフの流れからリエカがボールを奪うとカウンター。最後はボックス左からのスティエパン・ロンチャールのグラウンダーのクロスに、ルカ・メナロが滑り込んで合わせて、21秒でゴールを奪う。 衝撃のスタートとなったディナモ・ザグレブだが、15分に味方がつなぎ、最後はヨシュコ・バルディオルが豪快に蹴り込むが、これはオフサイドを取られてノーゴールとなる。 それでも42分、左サイドのスルーパスに反応したミスラフ・オルシッチがボックス内左から折り返すと、これがサガン鳥栖にも在籍したDFニノ・ガロビッチにあたってオウンゴールとなり、ディナモ・ザグレブが同点に追いつく。 1-1で迎えた後半はディナモ・ザグレブペースに。48分にはボックス付近で攻め立てると、左サイドからカットインしたヨシプ・ミシッチが右足一閃。これがゴール右に突き刺さり、ディナモ・ザグレブが逆転に成功する。 さらに50分にはディナモ・ザグレブがカウンターを仕掛けると、右サイドからのグラウンダーのクロスをクリアしようとしたルカ・カパンがオウンゴールを記録。リードを2点に広げられてしまう。 64分にはオルシッチがネットを揺らすと、88分にもカウンターから攻め立てると、最後はアンドリヤ・ヴクチェビッチがオウンゴール。3点目のオウンゴールで1-5としたディナモ・ザグレブが勝利を収めた。 第33節では2位のオシエクが3位のHNKゴリツァに1-0で敗れており、残り3節で勝ち点差が「10」に広がり、ディナモ・ザグレブが4連覇を達成し、22度目のリーグ優勝を達成した。 リエカ 1-5 ディナモ・ザグレブ 1-0 01分:ルカ・メナロ(リエカ) 1-2 42分:オウンゴール(ディナモ・ザグレブ) 1-2 48分:ヨシプ・ミシッチ(ディナモ・ザグレブ) 1-3 50分:オウンゴール(ディナモ・ザグレブ) 1-4 64分:ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) 1-5 88分:オウンゴール(ディナモ・ザグレブ) <span class="paragraph-title">【動画】22度目のリーグ制覇に歓喜の選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtMTJsY3dveiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.10 18:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly