今季ルーマニア1部で13ゴールのFWハミド・ケイタにFC東京や横浜FMなどJ1クラブが興味と現地報道

2021.03.12 11:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ルーマニアのボトシャニに所属するフランス人FWハミドゥ・ケイタ(26)がJリーグからのオファーを受けているようだ。ルーマニア『ガゼタ・スポルトゥリロル』が報じた。報道によると、興味を示しているJリーグクラブはFC東京と横浜F・マリノスを含む複数のJ1クラブとのこと。50万ユーロ(約6500万円)の移籍金を用意しているクラブがあると報じられている。

ケイタは、セネガルにルーツを持つフランス人ウインガー。オセールやル・アブールのBチームでプレーしたのち、トレリサックでキャリアをスタート。その後、サンテチェンヌのBチームへと移籍。フランスのシャンブリでもプレーした。


その後ルーマニアへと渡り、ドゥナレア・カララシ、ヴィトルル・コンスタンツァでプレー。2019年9月からボトシャニでプレーしている。

これまでのキャリアでは、フランスのリーグ・アンで4試合に出場。ボトシャニでは公式戦50試合に出場し16ゴール7アシストを記録。今シーズンはルーマニア1部で22試合に出場し13ゴール3アシストと結果を残している。

今年1月にはトルコのデニズリスポルへと強引に移籍しようとした過去があり、30万ユーロ(約3900万円)のオファーが出されたもののクラブは拒否していた。

なお、ケイタはクラブに留まるつもりはなく、移籍を目指してプレーを続けているとのこと。果たしてJリーグにやってくることはあるだろうか。

ボトシャニは、かつてキュラソー代表FWマルティノス(現ベガルタ仙台)が所属しており、2016年に横浜FMへと移籍した実績がある。また、大宮アルディージャを退団した北マケドニア代表MFダヴィッド・バブンスキーが2020年3月に加入していた。
(写真はトレリサック時代)
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:鹿島vsFC東京】ボールを動かし主導権を握るのは?先制点がカギ

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2021年5月9日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(15pt/10位) vs FC東京(15pt/11位) [県立カシマサッカースタジアム] 前節はアウェイで快勝した鹿島と、ホームで完敗を喫したFC東京の一戦。 勝ち点で並ぶ両者だが、上位に浮上するには負けられない一戦となる。 ◆上位との対決を前に勢いを【鹿島アントラーズ】 前節は横浜FCとアウェイで対戦し、0-3で快勝。前半で2ゴールを奪うと、終盤にも加点し、危なげなく勝利を収めた。 相馬直樹新監督を迎えてからのリーグ戦3試合は2勝1分け。監督交代の結果が出ていると言って良いだろう。あとは継続あるのみだ。 ボールを握って繋いでいくスタイルを継続しているが、同じタイプの相手は得意ではない。そのため、このFC東京戦は1つのターニングポイントになる可能性がある。 さらに、この先の相手がハードスケジュールに。名古屋グランパス、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、セレッソ大阪、川崎フロンターレと、上位陣との連戦が。この上位陣との試合が今シーズンの行方を大きく左右することになるだけに、まずはFC東京をしっかりと叩いておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:染野唯月 監督:相馬直樹 ◆苦しい4連敗、脱出への道は守備【FC東京】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えての一戦となったが、結果は0-3で完敗。力の差を見せつけられてしまう形となった。 気が付けば4連敗。順位も11位とボトムハーフに転落。優勝を掲げて臨んだシーズンとしては、全くもって想定外の結果と言えるだろう。 今シーズンの大きな課題は守備の不安定さ。失点数が多いこともあるが、ピッチ上で見られるミスが多く、良い守備からリズムを作ることがほとんどできていない。 攻撃陣も元気が無く、決定的な仕事ができていない状況。チーム全体としてのリズムが好調時とは違い、そのためにも守備をしっかりと立て直していきたいところだ。 勝ち点で並ぶ鹿島との一戦。似たスタイルを掲げているだけに、守備がしっかりとハマれば結果は自ずとついてくるはず。一方で、ハマらなければ無残に敗れる可能性もあるだけに、しっかりと守備から入っていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:波多野豪 DF:岡崎慎、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:東慶悟、安部柊斗、森重真人、アダイウト FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラン 監督:長谷川健太 2021.05.09 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

昨季までFC東京でプレーしたDF丹羽大輝がスペイン4部に移籍! 35歳で初の海外挑戦

FC東京は6日、昨シーズン限りでDF丹羽大輝(35)がスペインのセスタオ・リベルに完全移籍することを発表した。 丹羽はガンバ大阪の下部組織出身で、2004年にトップチーム昇格。その後、徳島ヴォルティスや大宮アルディージャ、アビスパ福岡への期限付き移籍をへて、2012年にG大阪へ復帰した。 2017年7月にはサンフレッチェ広島へと移籍すると、2018年7月にFC東京へと完全移籍していた。 G大阪時代には2度のJ1優勝を経験。また、J2で1度、、リーグカップで1度、天皇杯で2度の優勝も経験した。 また、FC東京でもリーグカップの優勝を経験している。 通算ではJ1で159試合2得点、J2で149試合6得点、J3で18試合に出場。リーグカップでも23試合2得点、天皇杯で28試合2得点、AFCチャンピオンズリーグでも19試合に出場した。 丹羽はクラブを通じてコメントしている。 「皆さんご無沙汰しています。今スペインに行きたい。スペインでサッカーしたい。という思いからスペインに行く事に決めました」 「18年間、日本【Jリーグ】で学んだ事を自分がどこまでやれるかぶつけて挑戦して来ます!」 「将来、コロナの時期も経験したから今の自分があるね!と言えるように、ともに今の時代を生き切って乗り越えていきましょう。そしてまた笑顔で再会しましょう!!やれるうち、ヤルダケ!やるしかナーイ!」 「Vamos Tokyo!! Vamos Japon!! Vamos España!! Vamos todo el mundo!!」 丹羽が加入するセスタオ・リベルは、スペイン4部に該当するアマチュアリーグのテルセーラ・ディビシオンに所属。今シーズンは現在グループで3位に位置。来シーズンは4部相当となるプリメーラ・ディビシオンRFEFが設立されるため、昇格を果たせなければ5部に当たるリーグとなる。 2021.05.06 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京がSNSの“なりすまし”行為に注意喚起…実在のファン・サポーターになりすまし攻撃的な投稿

FC東京は4日、SNSにおける“なりすまし”行為についての注意喚起を行った。 クラブの発表によると、実在するファン・サポーターになりすまし、他クラブや他クラブの所属選手に対し、攻撃的な発言、差別的な表現や偏見・誹謗中傷を伴う看過できない投稿が、SNS上に散見されているとのことだ。 FC東京は「なりすましの被害を受けた方、その投稿を見た他クラブの選手、関係者、ファン・サポーターのみなさまが受けた心の傷は計り知れず、実在するファン・サポーターの方が発言したように見せかける卑劣な行為は、断じて許されるものではありません」とし、糾弾している。 選手になりすます行為は他クラブでもみられたが、ファン・サポーターを偽る行為もここ数年散見。誹謗中傷や人種差別行為などを行っているものが見られていた。 FC東京は「Jリーグ統一禁止事項にある「人種、肌の色、性別、言語、宗教、政治または出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為をすること」を踏まえ、当クラブとしましては、2014年9月に『FAIR SUPPORT FOR ALL BY ALL』のメッセージを発信し、差別や挑発・迷惑行為の根絶に取り組んでおります」とし、「どのような発言や行為が侮辱にあたり差別的であるかということに関しては、さまざまな受け止め方がありますが、大切なことは、受け手がどのように感じたかということが重要であり、今回のなりすまし行為にかかわらず、FC東京は攻撃的、侮辱的、差別的(と受け止められる)発言や行為を絶対に認めません」と今回の件について声明を発表している。 2021.05.04 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMがエウベル躍動、オナイウ3発で3連勝! FC東京は4連敗【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が1日に味の素スタジアムで催され、アウェイの横浜F・マリノスが3-0でFC東京を下した。 10位のFC東京は3連敗の悪い流れを断ち切ろうと、内田と田川をスタートから起用。一方、公式戦12試合負けなしでリーグ戦2連勝中の4位横浜FMは前節から1選手を入れ替えるにとどめ、松原が先発に復帰した。 好調な相手を倒して復調に転じたいFC東京だが、右サイドバックに入る内田が開始1分に負傷交代。早々のアクシデントにめげず、敵陣に攻め入る姿勢を打ち出すが、ここ最近の好調さを示す横浜FMが先取する。 8分、敵陣右サイドのエウベルが味方とのパス交換で深くのスペースを突くと、カバーに入ったジョアン・オマリもスピードで突破。相手GKの前を通過したパスをゴール前のオナイウ阿道が押し込んでいった。 追いかけるFC東京は横浜FMに追加点を許さず、攻めに転じてフィニッシュワークも活性化。32分にはディエゴ・オリヴェイラがゴール中央の上隅を突くヘディングシュートを放つが、GK波多野が処理される。 前半終盤に喜田の執拗なチェックに森重が苛立ちの様子をうかがわせるなど、チームとしてうまくいっていないFC東京を尻目にリードして試合を折り返した横浜FMは後半も攻守のバランスよく主導権を握る。 その横浜FMは48分のエウベルに巡った決定機こそGK波多野の好守に遭うが、52分に追加点。エウベルがスピードを生かしてボックス右に抜けると、ラストパスをゴール前のオナイウ阿道が確実に押し込んだ。 エウベル→オナイウ阿道のラインにまたしてもやられてしまったFC東京は55分に巻き返そうと、アダイウトン、三田、青木の3枚替えに動くが、横浜FMがしっかりと対応してみせ、攻撃面の鋭さでも上回る。 すると、横浜FMは61分に決定的な3点目。マルコス・ジュニオールからパスを受けたエウベルがボックス左からフィニッシュに持ち込むと、GK波多野が弾いたボールをゴール前のオナイウ阿道が左足で叩き込んだ。 立て続けの失点でより劣勢のFC東京は75分にレアンドロもピッチに送り込み、リスク承知で前がかるが、横浜FMが安定した守りも披露。そのなかで、4点目のチャンスを作り出すなど、反撃の余地を許さない。 結局、交代カードを駆使しながら試合を終わらせた横浜FMはエウベルが全得点に絡み、3戦連発のオナイウ阿道もハットトリックを記録して、今季2度目の3連勝で10戦負けなし。FC東京は4連敗という結果に終わった。 FC東京 0-3 横浜F・マリノス 【横浜FM】 オナイウ阿道(前8、後7、後16) 2021.05.01 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:FC東京vs横浜FM】連敗ストップか連勝継続か、2年前の優勝を争った両雄が激突

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 14:00キックオフ FC東京(15pt/10位) vs 横浜F・マリノス(21pt/4位) [味の素スタジアム] リーグ戦3連敗のFC東京と、2連勝中で9戦無敗の横浜FMが激突。 2019シーズンは最後まで優勝を争った両チームが、連敗ストップ、連勝継続をそれぞれ懸けて激突する。 ◆優勝に向けてもう負けられない【FC東京】 前節はホームにサガン鳥栖を迎えた一戦。前半に2点を奪われる展開となると、鳥栖のGK朴一圭の好セーブもあり、森重真人の1ゴールに終わり、1-2で敗戦。リーグ戦3連敗となった。 優勝を目標に掲げてシーズンに臨んだFC東京だったが、負けの少ない上位陣に対してこの3連敗は大きく、順位も10位まで転落してしまった。 首位の川崎フロンターレとは勝ち点差20。目標に掲げたリーグ優勝は既にかなり難しい状況になっているが、ここで諦めるわけにはいかない。 ルヴァンカップでは勝利こそ収められなかったが、アウェイでドロー。新戦力であるブルーノ・ウヴィニがゴールも決めるなど、チームとしてのプラス材料はある。 リーグ4連敗となってしまっては、上位陣の状態を見れば優勝はもうないと言えるだろう。それでもしっかりと意地を見せて勝利できるか。2年前に優勝を争った相手との大事な一戦に注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:岡崎慎、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、東慶悟 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン 監督:長谷川健太 ◆3連勝で優勝争いの火を消さない【横浜F・マリノス】 前節はホームに横浜FCを迎えての“横浜ダービー”。今季未勝利の相手に力の差を完璧に見せつけ、5-0で快勝を収めて2連勝とした。 これで第2節からの無敗を「9」に伸ばした横浜FM。しっかりとこのまま連勝を伸ばしていきたいところだろう。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでもしっかりと攻撃陣が機能。リーグ戦で無得点に終わったベガルタ仙台相手に5ゴールを奪い、2-5で快勝を収めた。 その試合から中2日。勢いをそのままに連勝を伸ばしたい理由はもう1つある。現在の首位は川崎Fで勝ち点「35」。2位の名古屋グランパスが敗れたことでその差は開き、4日の試合でも敗れることとなれば、2位との勝ち点差が「9」になる。 横浜FMも既に勝ち点差が「14」付いている状況だが、実は消化試合が3試合も違う状況。全てに勝てば勝ち点差は「5」となり、直接対決も残しているため、まだまだ優勝争いは終わっていない。 今シーズンのJ1の火を消さないためにも横浜FMは開幕戦で唯一敗れた川崎Fにリベンジしたいはず。そのためにも、連勝を伸ばしに来るだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー 2021.05.01 10:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly