久保が後半から出場で見せ場演出も10人のヘタフェは残留争うバジャドリーに敗戦《ラ・リーガ》

2021.03.06 23:56 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは6日、ラ・リーガ第26節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ヘタフェのMF久保建英は後半から出場している。前節バレンシアに勝利して連敗を4で止め、7試合ぶりの勝利を手にした13位ヘタフェ(勝ち点27)は、久保が引き続きベンチスタートとなった。


8試合勝利のない17位バジャドリー(勝ち点22)に対し、ヘタフェは14分に失点する。サイド攻撃を受けた流れから、最後はオスカル・プラノにダイビングヘッドで決められた。

さらに24分、オレジャナの突破から最後はヴァイスマンにヘッドで押し込まれ、ヘタフェはリードを広げられてしまう。

劣勢のヘタフェだったが、37分に1点を返す。ウナルのパスを受けたボックス左のマタがDFを外してシュートを流し込んだ。

迎えた後半、ダミアン・スアレスに代えて久保を右サイドハーフに投入したヘタフェは、61分に同点のチャンス。久保がボックス右でパスを受け、左足を強振。しかし、枠を捉えたシュートはGKロベルトの好守に阻まれた。

さらに68分、久保がチャンスメーク。DFを引き付け、ボックス中央からラストパス。アレーニャがシュートを放ったが、DFにブロックされて枠を捉えきれなかった。

しかし反撃はここまで。85分にはマタが報復行為によって一発退場となったヘタフェは1-2で敗戦。残留を争うバジャドリーに痛恨の黒星を喫している。
関連ニュース
thumb

久保欠場のヘタフェ、レアルとドローも指揮官はある質問に不快感「必ず何かを言われる」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、レアル・マドリーとの一戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ヘタフェは18日、ラ・リーガ第33節でマドリーをホームに迎えて戦った。 優勝を争うマドリーと、残留を争うヘタフェの一戦。互いに勝ち点が必要な試合はゴールレスドローで終了し、勝ち点1を分け合うことに。日本代表MF久保建英は古巣対決が注目されたが、ベンチに座ったまま出場機会はなかった。 試合後、ボルダラス監督はチームのパフォーマンスを評価。勝てた試合だったと振り返った。 「試合前も試合後も勝てたのではないかと思っている。チームは素晴らしい試合をしたし、15本のシュートを放ち、より多くのチャンスを作ったが、簡単なことではなかった」 「選手たちは全力を尽くしてくれたし、良いプレーができ、大胆なプレーもできた。彼らを祝福したい。我々は完璧な試合をした」 また、ヘタフェのホームで行われたことで、コリセウム・アルフォンソ・ペレスの芝が乾いており、ボールが動かなかったと指摘されたが、ボルダラス監督はこの質問に不快感を示し、ルール内で行なっていると主張した。 「コメントしない。どうでも良いことだろう。自分のチームが良い試合をすると、なぜだか必ず何かを言われる」 「ピッチは、ルールと合法性の範囲内で、チームが望む形になっている」 4月19日 11:30 <span class="paragraph-title">久保欠場もドロー、ヘタフェvsレアル・マドリー【ハイライト動画】</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1kob47meorg1q1h5sg976v2929" async></script> 2021.04.19 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のマドリー、ヘタフェ相手に劣勢のドロー…久保建英は4戦ぶりに出番なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、ヘタフェvsレアル・マドリーが18日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、バルセロナとのエル・クラシコを2-1で制した2位のマドリー(勝ち点66)は、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。そして、ラ・リーガ5連勝を狙う今節は15位のヘタフェ(勝ち点30)との自治州ダービーに臨んだ。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地アンフィールドで0-0のドローに持ち込み、リバプールを破ってベスト4進出を決めたジダン率いるチーム。だが、重要な3連戦を無敗で終えたチームは、その代償にルーカス・バスケス、メンディが相次いで負傷離脱。さらに、今節ではカゼミロとナチョをサスペンションで欠く上に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったバルベルデが起用不可に。 この緊急事態を受け、急造の最終ラインはオドリオソラ、ミリトン、チュスト・ガルシア、マルセロとなり、クロースとベンゼマのベンチスタートを受け、マリアーノとイスコが代役を担うことになった。 対して5戦未勝利と低迷が続くヘタフェは、保有元相手に2試合連続スタメン起用が期待された久保がベンチスタートとなり、2トップにはマタとウナルが並んだ。 飛車角抜きのマドリーに対して予想外に攻撃的な入りを見せたヘタフェが先にチャンスを作り出す。立ち上がりに続けてセットプレーを得た中で6分にゴール前のマタがファーストシュートを放つと、直後の7分にもマティアス・オリベラとニョムがゴール前に飛び込んで決定機に絡む。 一方、何とか序盤の劣勢を撥ね返したマドリーは8分にミリトンからの縦パスに抜け出したマリアーノがボックス内でGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。 以降は連動性と運動量、アグレッシブさで上回るヘタフェが急造布陣でしっくりいかない相手の隙を突いて押し込む形に。10分にアランバリが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放てば、23分にはマクシモビッチのクロスにゴール前で反応したマタが巧みなバックヘッドシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 対するマドリーも28分にはマルセロからの絶妙なクロスに反応したマリアーノにこの試合2度目の決定機が訪れるが、これはDFティモルの見事なゴールカバーに掻き出されて先制点とはならず。さらに、徐々に盛り返した前半終盤の39分にはオドリオソラからの好クロスをゴール前のヴィニシウスが頭で合わせるが、枠の左を捉えたシュートはGKソリアにキャッチされた。 0-0のイーブンで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、全体の動き出しの少なさ、距離感の問題を抱えてボール回しが停滞するマドリーに対して、ヘタフェの高い位置でのボール奪取が嵌りショートカウンターからフィニッシュの場面を創出。59分にはその形からマタとパス交換したウナルがペナルティアーク付近から決定的な右足のシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 後半も流れが悪いマドリーは65分、マリアーノに代えて切り札のベンゼマ、ロドリゴに代えてこれがトップデビューとなる20歳MFアントニオ・ブランコを投入。この交代によって[4-3-3]に並びを代えて、ピボーテにブランコ、ドブレピボーテのイスコとモドリッチがインテリオールにポジションを上げた。 前半からのハイペース、相手の3トップが主力に入れ替わったことを受けボルダラス監督は、マタに代えてすでに投入したアンヘルに続き76分にはアレーニャを下げてダミアン・スアレスを投入。本職サイドバックのウルグアイ代表DFを右サイドハーフに置き、引き分け良しの戦い方にシフト。それでも、78分にはククレジャのボール奪取からショートカウンターに転じると、マクシモビッチが放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かう。しかし、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。 その後も膠着状態が続く中、ヘタフェは試合終了間際にウナルを下げて前節トップデビューのホセテ・ミランダを最後のカードとして投入。これにより、久保の古巣対戦は実現せず。 そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、多数の主力を欠いたマドリーは格下相手に守勢を強いられながらも、守護神の活躍もあって最低限の勝ち点1を持ち帰ることになった。 なお、今節先に試合を行っていたアトレティコが勝利していたため、両者の勝ち点差は再び3ポイントに広がっている。 2021.04.19 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

先発復帰も51分で交代した久保建英、ヘタフェ監督が交代の理由を明かす

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、カディス戦についてコメント。日本代表MF久保建英の交代の理由も語った。スペイン『アス』が伝えた。 ヘタフェは10日、ラ・リーガ第30節でカディスと対戦。残留を争う中での大事な試合に、久保は2試合ぶりに先発に復帰した。 久保は右サイドで先発。立ち上がりから積極的にドリブルを仕掛けるなど攻撃的にプレー。ハイメ・マタの惜しいシーンを作り出すなどしていた。 しかし、前半はゴールレス。後半も同じメンバーで臨んだが、51分に久保が交代となった。 その後カディスに押し込まれることもあったヘタフェは、85分にオウンゴールで失点。そのまま0-1で敗れてしまった。 試合後、ボルダラス監督がチームとして得点が奪えていないことについてコメント。それもあり久保を先発させたと語った。 「それはゴールの決定力がないことが原因だ。チャンスがあれば、それを決めなければいけない」 「ゴールを決めている選手が少ないのは、ハンディキャップとなるだろう。点が入らなければ負けだ。だから久保はスタメンに戻った」 その一方で、久保が51分と早い時間に交代。その理由についても説明し、1トップのハイメ・マタをサポートする選手を置きたかったとし、久保のパフォーマンスは評価していた。 「トップの存在感が欠けていた。これは戦術的な交代だ。マタは孤立しており、味方が必要だった。我々はチャンスを作り、チャンスがあった」 「タケはとても良いパフォーマンスで、チームを助けようとしていた」 <span class="paragraph-title">【動画】2試合ぶり先発出場の久保建英がドリブルでDFを剥がしてクロスを試みる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=4fclkvgwbs1j1d31ecq4ev7v7" async></script> 2021.04.11 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、久保建英先発もOG献上で5試合未勝利《ラ・リーガ》

ヘタフェは10日、ラ・リーガ第30節でカディスと対戦し、0-1で敗れた。 現在リーグ戦4戦未勝利のヘタフェ。直近11試合でわずか1勝という成績で、降格圏内も迫ってきた。今節は久保が2試合ぶりの先発出場となった。 その久保は7分、右サイドでボールを受けると、緩急を使ったドリブルで相手を1人抜いてクロスへ。股の間を狙ったが、上手くいかずCKに。 そのCKでは久保のクロスから混戦が生まれ、ゴール前でハイメ・マタがシュート。しかし、立て続けに放った2度のシュートはどちらもブロックされた。 その直後、今度はカディスのカウンターを受けるが、懸命に戻ったジェネが阻止。見事なディフェンスを見せた。 15分にはカディスの左CKの流れから、サルビのクロスをヨンソンがシュート。カディスにとっては前半最大の決定機だったが、ここはポストに嫌われた。 互いに選手交代なしで後半に進んだが、ヘタフェは51分に久保を下げてアンヘルを投入。久保は大きな見せ場のないまま、お役御免となった。 その後もヘタフェがなかなかチャンスを作れない中、60分のCKではジェネのヘディングシュートがゴールを掠める。しかし、ネットを揺らしたのはアウェイのカディスだった。 64分、エスピノが左サイドから上げたクロスがヘタフェの選手に当たってイレギュラーなボールがゴール前に入ると、GKとの連携ミスからティモルがオウンゴール。 結局、その後もチャンスらしいチャンスが作れなかったヘタフェは0-1で敗れ、5試合未勝利となった。 2021.04.10 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘタフェ、決定機を生かせず低調オサスナとゴールレスドロー《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは3日、ラ・リーガ第29節でオサスナと対戦し、0-0の引き分けに終わった。久保は81分からプレーしたした。 3試合勝利のない14位ヘタフェ(勝ち点29)が、13位オサスナ(勝ち点30)のホームに乗り込んだ一戦。代表ウィークにU-24日本代表に招集されていた久保はベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の続く中、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、20分を過ぎてもシュートシーンはなく膠着状態が続く。そんな中ヘタフェは24分、ボックス右手前でパスを受けたアランバリがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKセルヒオ・エレーラのセーブに阻まれた。 前半は決定機がなくゴールレスで迎えた後半、ヘタフェは48分にロングボールに反応したアレーニャがククレジャとのパス交換でボックス内に侵入しダイレクトシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 その後、積極的に選手を入れ替えるオサスナに対してヘタフェは81分にティモルを下げて久保を投入。さらに85分にアレーニャとチャクラを下げてサビトとエチェイタをピッチに送り出した。 しかし、ヘタフェは試合終盤にピンチを迎える。90分、R・トーレスのパスをボックス右手前で受けたブディミルが反転トラップでボックス内まで持ち込みシュート。これはGKソリアが好セーブで弾き出し、難を逃れた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。ヘタフェは3試合連続ドローとなった。 2021.04.04 03:33 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly