日本北部のJ1クラブに? ブラジル2部でプレーするMFフォギーニョが移籍のため退団会見

2021.03.06 20:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のアヴァイに所属するMFフォギーニョ(28)がJリーグのクラブへ移籍するようだ。クラブが発表した。フォギーニョは、今シーズンはセリエCのクリシューマでプレー。2020年12月にアヴァイへと完全移籍で加入した。


クリシューマではキャプテンを務め、リーグ戦で15試合に出場し1ゴールを記録。しかし、アヴァイ移籍後は1試合の出場に終わり、その他の試合はメンバー外となっていた。

そのフォギーニョは、クラブを通じて記者会見を5日に実施。チームからの退団を発表していた。

クラブ幹部のマルコ・アウレリオ氏は「フォギーニョの退団を発表します。威厳のあるやり方で、彼は我々をよく表現してくれた」とコメント。「彼には海外から、日本からオファーを受け、彼との契約では、海外からのオファーがあれば、契約を解除できる条項があった。彼はその権利を行使した」と語っている。

フォギーニョはアヴァイと2022年末まで契約を結んでいたが、契約条項により解除が実現。現時点で日本のクラブの名前は明かされていないが、北部の1部のクラブと公式サイトで明かしているが、ほとんど絞られているようなものだ。

フォギーニョはボランチを主戦場としており、これまでセリエBで42試合4ゴール1アシスト、セリエCで15試合1ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

4選手陽性の柏、濃厚接触者なしの判定を報告…17日大分戦開催へ

柏レイソルは16日、新型コロナウイルス陽性判定に関する続報と今週末の試合開催を報告した。 柏は13日にトップチーム選手4名の陽性判定を公表。その件について、保健所から調査結果として、濃厚接触者なしの判定を受けたという。トップチームの活動に関しても継続可能と判断されたため、17日に敵地で行われる明治安田生命J1リーグ第10節の大分トリニータ戦も開催される見通しになった。 また、15日に当該選手4名を除く選手スタッフ55名を対象にJリーグ公式PCR検査を受検。その結果、54名に陰性判定が下ったようだ。ただ、選手1名に関しては15日の公式検査、16日の再検査でも判定が確定せず、隔離を続けており、改めて検査を受ける見込みだ。 なお、その柏は大分戦に関しては陽性判定者、再検査予定者を除いたメンバーで臨むことになる。 2021.04.17 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌25周年の記念試合、ポステコグルー采配大的中! 横浜FMが3分間で逆転し無敗を「8」に伸ばす【明治安田J1第10節】

16日、明治安田生命J1リーグ第10節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノスが札幌ドームで行われ、1-3で横浜FMが逆転勝利を収めた。 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えて2点差を追いついて引き分けた札幌と、アウェイのベガルタ仙台戦で攻め込みながらもゴールが奪えず、ゴールレスドローとなった横浜FMの対戦。札幌は鹿島戦からスタメンを1名変更。深井一希に代えて、キム・ミンテを起用し、通常の[3-4-2-1]で臨む。 対する横浜FMは4名を変更。高野遼、岩田智輝、天野純、仲川輝人が外れ、小池龍太、喜田拓也、マルコス・ジュニオール、オナイウ阿道を起用する。[4-3-3]の3トップでは右にエウベル、左に前田大然、中央にオナイウ阿道が入った。 昨年の同カードでは札幌がマンツーマンディフェンスを披露し、横浜FMを封じ込めて3-1で勝利。再現を果たしたい札幌と、リベンジを果たしたい横浜FMの対決となった。 札幌にとって、クラブ創設25周年のメモリアルマッチとなった一戦。試合は立ち上がりからエンジン全開で両チームが前に出て行く。まずは1分、カウンターからチャナティップが持ち込むと、ボックス手前からシュート。これはGK高丘の正面を突く。 5分には横浜FM。右サイドをエウベルがドリブルで仕掛けると、中にクロスを上げられないと見るやマイナスのパス。これをバイタルエリアで受けた小池がミドルシュート。これがDFに当たりこぼれ球になると、ボックス内で前田が拾いシュート。しかし、これもDFにブロックされる。 8分には、横浜FMがビッグチャンス。小池の浮き球のパスに反応したエウベルが裏を取ると、ボックス内右からクロス。これに飛び込んだマルコス・ジュニオールがダイビングヘッドで合わせるとシュートは枠を捉えるが、GK菅野が頭でセーブ。クロスバーに当り跳ね返ったボールをオナイウ阿道がヘディングで合わせるが、枠を捉えられない。 一方で9分には札幌が決定機。宮澤の浮き球のパスにチャナティップが反応。ボックス内でフリーで受けるが、コントロールを誤りシュートは打てず。その流れからカウンターを仕掛けた横浜FMはマルコス・ジュニオールが前線へパス。これを田中がクリアしようとするが後方に流れ、前田が拾い決定機になりかけたが、主審は高嶺のマルコス・ジュニオールへのファウルを取ることに。この判定に横浜FMの選手たちが抗議し、アンジェ・ポステコグルー監督は頭をかかえる反応を見せた。 序盤からテンションの高い試合になり、両チームの攻防がヒートアップ。目まぐるしく攻守が入れ替わり、ひと時も目を離せない展開となる。 20分ごろからは徐々に落ち着いた展開に。それでも、互いが持ち味を出し、インテンシティの高い展開が続いて行く。 飲水タイムを挟み、横浜FMは前線のサイドをチェンジ、右に前田、左にエウベルを配置し状況打開を目指して行く。 札幌は35分、横浜FM陣内のゴールからやや離れた位置でFKを獲得。これを名手・福森が得意の左足で直接狙うが、これはGK高丘が正面でキャッチする。 37分には横浜FMが決定機。ボックス付近でパスを回すと、最後はボックス右角から松原がシュート。これがキム・ミンテに当りディフレクトするとボールはゴールへ。しかし、クロスバーを直撃し、得点とはならない。 シュートチャンスまでは作れていない札幌だったが41分、ハイラインの裏を取った菅が持ち出して低いクロス。これに駒井が走り込むが、わずかに届かない。 さらに札幌は43分にビッグチャンス。自陣でのこぼれ球を田中がダイレクトで前線へ。これをチャナティップが裏に抜けてトラップし、チアゴ・マルチンスを振り切るとGK高丘と一対一に。ここで右への横パスを選択すると、走り込んだアンデルソン・ロペスが無人のゴールへ流し込むだけだったが、足が合わずに枠を外して大チャンスを逸する。 前半アディショナルタイム3分には札幌が決定機。チャナティップが持ち出しボックス手前からスルーパス。これに反応した菅がボックス内で裏を取ると、シュートではなくクロスを選択。これは松原がブロックし、得点を許さずゴールレスで前半を終えた。 ハーフタイムでの交代はなし。すると立ち上がりに得たCKから札幌がスコアを動かす。左CKから福森がクロスを送ると、ニアサイドで宮澤がフリック。これがファーサイドに流れるとキム・ミンテが折り返すと、最後はアンデルソン・ロペスがダイビングヘッド。これが決まり、札幌が先制。アンデルソン・ロペスは1998年にバルデスが記録したクラブ最長記録に並ぶ5試合連続ゴールとなった。 先制を許した横浜FMは49分に決定機。右サイドでパスを受けたエウベルがカットインでボックス内に侵入。そのまま左足でシュートを放つが、GK菅野がセーブする。52分にも横浜FMは左CKからのクロスをボックス中央でオナイウ阿道がドンピシャヘッド。しかし、これはまたしてもGK菅野がセーブ。こぼれ球を畠中が触るがシュートは打てない。 61分にも横浜FMはビッグチャンス。左から喜田がドリブルで持ち込みスルーパス。小池がボックス内左からクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだマルコス・ジュニオールがシュート。これに前田が合わせに行くが、わずかに合わずにゴールとはならない。 札幌は64分にアクシデント。高嶺が右太もも裏を痛めたのか、ピッチに座り込み自ら交代を要求。代わりに昨年11月に重傷を負った荒野拓馬が復活となり、スタンドからは大きな拍手が送られた。 すると67分には札幌がチャンス。裏へのボールにチャナティップが抜けると、マイナスのボールをボックス手前から福森がダイレクトで左足シュート。これは枠を捉えるが、GK高丘がセーブし得点を許さない。 横浜FMは、飲水タイム明けの71分にマルコス・ジュニオールと扇原を下げ、天野純と水沼宏太を投入。システムは[4-1-3-2]のような形に変更。エウベルと前田が2トップのような形になり、2列目に左に天野、中央にオナイウ阿道、右に水沼が入り、喜田がアンカーとなった。 開幕戦以来の黒星を避けたい横浜FMはGK以外の10人が敵陣に入るなど、圧力をかけていきゴールを目指す。すると80分、右サイドでパスを受けた天野がフェイントで潰しに来た荒野をかわすと、少し持ち出しボックス手前から左足アウトで低いクロス。これに飛び込んだオナイウ阿道が軽く触れてゴールを奪い、横浜FMが同点に追いつく。 その横浜FMはリスタート前に喜田と松原を下げて、渡辺皓太とティーラトンを投入。チャナティップ、ティーラトンとタイを代表する選手が同じピッチに立つ。するとその直後、ボックス右でパスを受けた水沼がクロスを上げると、前田がボックス中央でダイビングヘッド。一気に試合をひっくり返した。 あっという間に逆転を許した札幌は88分。左CKから再び福森が高精度のクロス。これに途中出場のジェイがヘディングで合わせるが、わずかに枠を越えていく。その後も札幌は連続してCKを獲得。福森の精度の高いクロスがジェイの頭を目掛けて蹴られると、ジェイはヘディングでしっかり合わせるがゴールを奪えない。 終盤にかけては横浜FMが相手陣内で時間を使って行き、そのまま試合終了かと思われたがアディショナルタイム5分に左サイドを仕掛けると、抜け出したティーラトンがボックス内左からクロス。これを走り込んだエウベルがヘディングで叩き込んだ。しかし、VARが介入すると主審によるOFR(オン・フィールド・レビュー)が行われ、ティーラトンが突破した際にハンドがあったとし、ノーゴールとなった。 それでも最後まで諦めない札幌だったが、後半アディショナルタイム9分に横浜FMがカウンター。ボックス手前でパスを受けたエウベルが、岡村を一対一で振り切りシュート。今度は文句なしのゴールとなりタイムアップ。横浜FMが逆転勝利を収め、無敗を「8」に伸ばした。 北海道コンサドーレ札幌 1-3 横浜F・マリノス 【札幌】 アンデルソン・ロペス(後2) 【横浜FM】 オナイウ阿道(後35) 前田大然(後37) エウベル(後54) 2021.04.16 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCに来季加入内定の法政大MF田部井涼が特別指定選手に、背番号は「25」

横浜FCは16日、来シーズンからの加入が内定している法政大学のMF田部井涼(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。なお、背番号は「25」となる。 田部は法政大学でキャプテンを務めるボランチ。前橋育英高校時代に全国高校サッカー選手権大会制覇を経験したほか、今年3月のデンソーカップチャレンジ2021で関東A選抜の選手として優勝に貢献していた。 大学屈指のボランチとして評される田部井は、来シーズンから加入が内定。開幕から苦しむチームの中で、今季中にピッチに立つか注目だ。 2021.04.16 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

清水、来季加入内定の筑波大DF山原怜音が特別指定選手に

清水エスパルスは16日、来シーズンから加入が内定している筑波大学のDF山原怜音(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。 山原は京都府京都市出身で、JFAアカデミー福島でプレー。その後、筑波大学へと進学した。 U-16日本代表や全日本大学選抜などを経験。2019年のユニバーシアードでは優勝を経験し、2021年のデンソーカップでは優勝とMVPを受賞していた。 2021.04.16 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグジャッジリプレイで原副チェアマンはレッドに理解を示す/六川亨の日本サッカー見聞録

今週の「Jリーグジャッジリプレイ#6」で最初に取り上げられたプレーが、4月7日に開催されたJ1リーグ第8節のFC東京対札幌戦の後半10分のプレーだった。スコアは0-0。しかしFC東京は前半29分にFW小柏の独走を体当たりで阻止したCB渡辺剛が1発レッドで退場となっていた。 FC東京はCB岡崎がカバーに入れたかもしれないが、渡辺剛のアプローチはボールではなく明らかに体をぶつけに行っただけに、VARを採用するまでもなく主審は退場処分とした。 当の渡辺剛は15日のズーム会見で、「失点につながるプレーだったので、自分としては食い止めたい、ピンチになるのを止めたかったので体をぶつけに行った」と先週のプレーを冷静に振り返りつつ、「もったいないことをしたが、恥じてはいません。結果として(札幌に)勝てたが、次の試合(川崎F)が出場停止でチームに迷惑をかけてしまった」と揺れ動く心境を素直に話した。 問題のプレーは後半10分、自陣バイタルエリア付近でルーズボールを拾ったディエゴ・オリベイラがドリブル突破を試み、札幌のペナルティエリアに迫ろうとしたところでCBキム・ミンテに倒された。 主審は最初、キム・ミンテにイエローカードを出したが、VARが採用され、オンフィールドレビューの結果、レッドカードに変更。守備の要を失った札幌は、このFKからディエゴ・オリベイラに先制点を許した。 このイエローからレッドに変わったカードについて、「Jリーグジャッジリプレイ」でJリーグウォッチャーの平畠啓史氏は、VARの介入条件である「明白な」シーンだったかどうかに疑問を呈しつつ、「僕の印象ではイエローでいいのかなという気がする」と主審の最初の判断を支持した。 面白かったのはJリーグ副チェアマンの原博実氏の見解だった。 原氏は「難しいけど、この試合のシチュエーション(前半にFC東京の渡辺剛が退場していた)で言うと、やはりドグソ(決定的な得点機会の阻止)になってしまうんだろうなという気がした」とコメント。これは、選手・監督経験者ならではの発想である。 VARを始めとする様々なテクノロジーが導入される以前は、主審のジャッジが最終判断だった。そこで、Aというチームに退場者が出たら、試合の公平性を保つために主審は数的優位にあるBチームから退場者を出すケースが往々にしてあった。 これはルールブックに明記されているわけではないし、試合後の主審もコメントを出すことはない。いわば万国共通の「暗黙のルール」のようなものだった。 だから数的優位にあるBチームの選手は、経験や肌感覚から主審が退場者を出すのではないかと察し、「余計なファウルはするな!」とお互いに声がけして気をつけ合ったものである。それは記者席から見ていても「それをやったらダメでしょ。イエロー2枚で退場だよ」というシーンを何度か目撃した。 だからこそ原氏も「この試合のシチュエーションで言うと、やはり」と、自身の経験からレッドになっても仕方がないと思ったのではないだろうか。 最終的な結論としては、深野悦子審判インストラクターの、メインスタンドからのカメラではイエローカードと思ったものの、ゴール裏に近いカメラからの映像を見てレッドカードと思ったということに落ち着いた。 深野インストラクターいわく「ポイントとなるのがペナルティエリアの角です。割と幅に近いところ、いわゆる45度ぐらいでした。そうすると、シュートに持っていけると思える。最初の印象では、もうちょっとタッチラインに寄っているので、角度がないのではないかと思ったんですけど、十分にいい角度だった。そういう意味では違う映像を見てドグソに変わりました」と、VARの介入と主審の判断を妥当だったと認めた。 このシーンについては、主審もオンフィールドレビューを3分近く繰り返し見ていた。それだけジャッジが難しいプレーだったということだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】2選手が退場となったFC東京vs札幌ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bptf6kfoayk21f13nas15x2bb" async></script> 2021.04.15 22:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly