ベッカムがオーナーのインテル・マイアミに調査、マテュイディの移籍がガイドライン違反か?

2021.03.06 15:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デイビッド・ベッカムがオーナーを務めるインテル・マイアミのフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)だが、昨夏の移籍が調査されるようだ。

マテュイディは2020年8月にユベントスからインテル・マイアミへと完全移籍。移籍金無しのフリートランスファーで加入した。

この移籍に関して、メジャーリーグ・サッカー(MLS)が5日に声明を発表。ガイドラインに準拠しているかを調査するようだ。

「メジャーリーグ・サッカーは、インテル・マイアミのMFブレーズ・マテュイディの契約に関して、正式なレビューを開始しました」

「具体的には、選手の契約がMLSの給与予算とスカッドのガイドラインに準拠しているかどうかを調査しています」

「調査が完了するまで、MLSはこれ以上のコメントをしません」

MLSは戦力の均衡かを図るためにサラリーキャップ制度を導入しており、各チームの予算が決められている。特別指定選手として例外となる選手も獲得できる中、マテュイディは通常の選手として獲得されていた。

給与は160万ドル(約1億7400万円)に制限されており、昨シーズンのMLSでは15試合に出場し1ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

ナポリFWメルテンスがアメリカへ? インテル・マイアミがオファー

デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが、ナポリのベルギー代表FWに関心を持っているようだ。 イタリア『Il Mattino』によると、インテル・マイアミが狙っているのはFWドリエス・メルテンス(34)とのこと。すでに代理人とコンタクトを取っており、オファーを提示したようだ。 メルテンスは、ヘントの下部組織出身で、その後はオランダのAGOVVアペルドールン、ユトレヒト、そしてPSVでプレー。2013年7月にナポリへと完全移籍で加入した。 これまでナポリでは360試合に出場し135ゴール87アシストを記録。セリエAでも265試合に出場し102ゴール63アシストと、攻撃面でチームに大きな貢献し、クラブ史上最多ゴール記録を保持している。 メルテンスとナポリの契約は2022年6月30日まで。1年間の延長オプションがついているが、ナポリがメルテンスを売却しないということではないようだ。 とはいえ、クラブに貢献してきたレジェンドの1人。簡単に手放すとは思えないが、インテル・マイアミは今シーズンのMLSで苦戦しており、補強を行いたいところ。果たして話は進むだろうか。 2021.07.24 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

ボカ退団のテベスはMLSで現役続行か?

先日にボカ・ジュニアーズを退団した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(37)は、アメリカでのキャリア続行を検討しているようだ。アルゼンチン『ESPN』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティでプレミアリーグ優勝を経験して、ユベントスでもセリエAを制したテベスは2015年夏に古巣ボカに復帰。2017年1月から一時中国に活躍の場を移したが、2018年1月に再び帰還を果たして、2度のリーグ優勝に貢献した。 しかし、先月初めに愛するボカを退団することを明かしていた。 退団発表時には今後の去就を濁したテベスだったが、現時点で現役引退の意思はないという。そして、新天地としてアメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)が浮上している。 『ESPN』が伝えるところによれば、現在テベスの元にはアトランタ・ユナイテッドとインテル・マイアミ、ミネソタ・ユナイテッドの3クラブからオファーが届いているという。ただ、ミネソタに関しては高額の給与の支払いが難しく、アトランタとマイアミの一騎打ちとなる模様だ。 2021.07.09 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

チチャリート躍動のLAギャラクシーがインテル・マイアミに逆転勝利、ネビル監督は初陣で黒星《MLS》

2021シーズンが開幕したメジャーリーグ・サッカー(MLS)だが、開幕戦からレベルの高い戦いが見られた。 デイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるインテル・マイアミは、ホームに古巣でもあるロサンゼルス・ギャラクシーを迎えての一戦。かつてヨーロッパで活躍した選手たちが躍動した。 インテル・マイアミは、イングランド女子代表の監督を務めていたフィル・ネビル監督の初陣に。互いに試合は堅い入りを見せ、なかなかゴールを奪うことができない。 それでもインテル・マイアミは32分、ボックス中央で横パスを受けたゴンサロ・イグアインが豪快に左足一閃。しかし、これはGKにセーブされてしまう。 それでも前半アディショナルタイムにはイグアインが浮き球のパスに反応し抜け出すと、そのままドリブルでボックス内に侵入しGKと一対一に。すると横パスを出し、ロビー・ロビンソンが落ち着いて流し込み、インテル・マイアミが先制する。 先制を許したLAギャラクシーだったが、後半もインテル・マイアミに押し込まれる展開に。それでも62分、左サイドで29がパスを受けると、ドリブルで持ち上がりグラウンダーのクロス。これをボックス中央受けた“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが相手をかわしてシュート。これが決まり、1-1の同点に追いつく。 追いつかれてしまったインテル・マイアミだが、66分にPKを獲得。ロドルフォ・ピサーロがボックス内で倒されて得たPKをイグアインが右隅にしっかり決め、2-1と勝ち越しに成功する。 勝ち越しに成功したインテル・マイアミだが、73分に失点。左サイドからのクロスをGKがファンブル。こぼれ球をチチャリートが詰めて再び同点に追いつく。 さらに81分には、右サイドを仕掛けるとグラウンダーのクロスがルーズボールに。最後はマイナスのパスをサーシャ・クリエスタンが蹴り込むとGKは全く反応できず、左ポストを叩いたシュートが決まり、LAギャラクシーがついに逆転。そのまま逃げ切り、2-3で開幕戦を制した。 インテル・マイアミ 2-3 ロサンゼルス・ギャラクシー 1-0 45+2分:ロビー・ロビンソン(インテル・マイアミ) 1-1 62分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-1 68分:ゴンサロ・イグアイン(インテル・マイアミ)【PK】 2-2 73分:ハビエル・エルナンデス(LAギャラクシー) 2-3 81分:サーシャ・クリエスタン(LAギャラクシー) <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なムーブで相手DFをいなすチチャリートの妙技!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">CHICHARITOOOO!<br><br>All tied up in <a href="https://twitter.com/hashtag/MIAvLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MIAvLA</a>! <a href="https://t.co/ll2hX764ZA">pic.twitter.com/ll2hX764ZA</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1383884725547257857?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベッカムオーナーのインテル・マイアミ、フェイエGKマルスマンを獲得

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは12日、フェイエノールトからオランダ人GKニック・マルスマン(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 マルスマンは今シーズン限りとなっているフェイエノールトとの契約終了後、MLSクラブと2023年までの1年半契約にサインする。 トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたマルスマンは、ユトレヒトを経て2019年にフェイエノールトに加入。ここまでエールディビジ通算130試合以上に出場し、今シーズンも正GKユスティン・バイロウの長期離脱を受けて公式戦25試合に出場するなど正GKとして活躍している。 デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミでは、今シーズン限りでWBAとの契約が終了する元イングランド代表DFキーラン・ギブス(31)をすでに確保している。 2021.04.14 00:46 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのスタリッジ争奪戦にMLS勢名乗り…“イングランド化”着々のインテル・マイアミも

元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(31)を巡り、インテル・マイアミとDCユナイテッドのメジャーリーグサッカー(MLS)勢が凌ぎを削り合っているようだ。 リバプールと契約切れの2019年夏、3年契約でトラブゾンスポルに移籍したスタリッジ。公式戦15試合で7ゴールの活躍を披露したが、スポーツ賭博の容疑でプレー禁止処分が科され、昨年3月に契約を解消すると、同年6月に処分が解けた。 そんなスタリッジは依然としてフリーの状況。イギリス『ミラー』によれば、母国のプレミアリーグ勢から関心があるなか、インテル・マイアミとDCユナイテッドも揃って選手の代理人に興味がある旨を伝えて獲得を狙っている模様だ。 デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミは新シーズンからフィル・ネビル氏がチームを指揮。DFライアン・ショークロスに続いて、先日にDFキーラン・ギブスの獲得も決め、“イングランド化”が進んでいる。 4月に開幕が迫るMLSに行くのか、それともイングランドでプレーするチャンスが巡ってくるのを待つのか。26キャップのイングランド代表歴を持つストライカーとして一定の実績を誇るスタリッジの決断に注目が集まる。 2021.03.30 17:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly