倒れた頭部に相手がボールを蹴る…一瞬怒りも冷静さ失わなかったマネに称賛集まる「名誉ある行動」

2021.03.05 20:58 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネの立ち居振る舞いに称賛が集まっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。マネは、4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。28分にはモハメド・サラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出し、GKとの一対一のビッグチャンスを迎えるも、ファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めないなど、沈黙した。


さらにチェルシーの1点リードで迎えた試合終了間際の88分、右サイドでボールを持ったマネがチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに倒されファウルを獲得すると、マーティン・アトキンソン主審の笛が鳴った後に、転がっていたボールを近くにいたチェルシーMFマテオ・コバチッチが蹴り、そのボールがマネの頭を直撃した。

故意かは分からないものの、コバチッチの不必要なプレーにマネは怒り、一触即発となった。コバチッチは謝罪をしながらも笑みを浮かべるなど、悪態をついていたが、ビハインドのチーム状況を思い出したのか、マネは冷静さを取り戻しそれ以上の騒動に発展することはなかった。

結局、どちらにもカードが提示されることはなかったが、『GIVE ME SPORT』はマネの行動を「名誉ある行動」として称賛。サポーターからも「素晴らしい自制心」「マネは本当に素晴らしい」といった声が上がっている。

◆マネが一瞬怒りを見せるもこの後すぐに冷静さを取り戻す
関連ニュース
thumb

アレクサンダー=アーノルドが劇的逆転弾! リバプールが鬼門アンフィールドで9戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、リバプールvsアストン・ビラが10日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-1で逆転勝利した。   現在、トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するリバプール(勝ち点49)はウォルバーハンプトン、アーセナル相手に連勝中。ただ、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地でレアル・マドリーに1-3の完敗。パフォーマンス自体も振るわず、ベスト4進出に暗雲が漂っている。   そのマドリー戦を14日に控える中、今節はリーグ戦の前回対戦で2-7の屈辱の大敗を喫した9位のアストン・ビラ(勝ち点44)と対戦。プレミアでホーム6連敗中のアンフィールドでの一戦に向け、クロップ監督はマドリー戦から先発2人を変更。ナビ・ケイタとマネに代えてミルナー、フィルミノを起用した。   アンフィールドでの久々の勝利に向けて勢いを持って試合に入ったリバプールは猛攻を仕掛けていく。サラー、ジョタとキックオフ直後から積極的に足を振っていくと、13分にはDFミングスのトラップミスに反応したサラーがボックス内でGKと一対一の絶好機が訪れるが、このシュートは枠の右に外れる。   以降も押し込んでの遅攻に加えて、前線からの積極的なプレスで相手のミスを誘発し、ショートカウンターから再三の決定機を作り出すが、最後の場面で相手の粘り、シュートミスが重なり、なかなかゴールをこじ開けることができない。   すると、ゴールレスでハーフタイム突入かに思われた前半終了間際には相手のワンチャンスでリードまで奪われる。43分、自陣中央でドウグラス・ルイスにクリアボールを拾われると、マッギンを経由したボールがペナルティアーク付近のワトキンスの足元に。そして、前回対戦でハットトリックを献上したイングランド代表FWに左足を振り抜かれると、GKアリソンの脇を抜けたシュートがゴールネットに吸い込まれた。   その後、前半アディショナルタイムにはアレクサンダー=アーノルドの絶妙なロングフィードに抜け出したジョタがボックス左で折り返したボールをサラーが短く繋ぎ、ロバートソンが決定的なシュートを放つ。これはGKマルティネスにはじき出されるも、こぼれ球をフィルミノが冷静に流し込んだ。これで1-1のイーブンで試合折り返しかに思われたリバプールだったが、かなり微妙な判定ながらもVARのレビューの結果、ジョタの抜け出しの場面でオフサイドを取られてしまい、ゴールは取り消しとなった。   これがアンフィールドの呪いか、相手を圧倒しながらもビハインドで試合を折り返したリバプールは後半も前がかって相手を攻めたてるが、サラーのシュートのディフレクトが枠のわずか右に外れるなど、ツキに見放される。   それでも、57分には自陣右サイドから左サイドへ良い形でボールが展開され、ジョタのワンタッチパスに抜け出したロバートソンがボックス左から強烈なシュート。GKマルティネスが何とか弾くも、こぼれ球をサラーが頭で押し込んだ。   サラーの得点ランキングトップタイの今季19点目で試合を振り出しに戻したリバプールだったが、直後の62分には相手のロングカウンターからボックス中央のトレゼゲに右ポスト直撃の際どいシュートを打たれるなど、一気に流れを引き寄せるまでには至らない。   その後もビラの粘りに遭い、2点目が遠い苦しい時間帯が続く中、ワイナルドゥム、フィルミノ、オザン・カバクをベンチに下げてチアゴや切り札のマネ、シャキリと攻撃的な交代カードを切っていく。   すると、猛攻を仕掛けた試合最終盤の91分に劇的なゴールが生まれる。ボックス右でクリアボールを拾ったシャキリの鋭いクロスに反応したチアゴのダイレクトボレーはGKマルティネスの好守に遭うが、ボックス左でこぼれ球に反応したアレクサンダー=アーノルドがゴール前の密集を抜く狙いすました右足のシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺した。   その後、後半ラストプレーで完璧に背後を取ったマネの絶好機は相手GKに防がれてダメ押しとはならずも、マドリー戦で戦犯と批判された生え抜きの右サイドバックの劇的なゴールによってビラにリベンジ達成のリバプールがアンフィールドでの連敗をストップ。ホーム9試合ぶりの勝利で暫定4位に浮上すると共に、マドリーとの2ndレグに向けて弾みを付けた。 2021.04.11 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実、現時点で完全移籍交渉なし…セインツ指揮官が注目発言!

サウサンプトンの指揮官が日本代表MF南野拓実(26)の去就を語った。イギリス『BT Sport』が報じた。 在籍2年目のリバプールで序列を高められず、今冬に出場機会を求めてシーズンローンでサウサンプトンに活躍の場を移した南野。最近はベンチを温める試合が増えつつあるが、ここまでプレミアリーグ6試合の出場で2ゴールをマークしている。 サウサンプトンを率いるラルフ・ハッセンヒュッテル監督は南野の働きぶりに対して、一定の満足感を示した。 「彼にとって、最も大事なのはプレーチャンスを得ること。我々はケガ人やその他の問題を抱えている状況だったから、彼が多くの試合に出られるのは明らかだった」 「今はそれが少し難しくなっているが、我々は彼のクオリティを気に入っている。これまでいくつか良いゴールを決めてくれたしね。そんな彼をベンチに置けて嬉しいよ」 そう南野のクオリティを評価したオーストリア人指揮官だが、買い取りに向けた動きは現時点でないという。 「今のところ、そうした交渉をしていない。リバプールが今夏に彼をどうしたいのかもわからないからね」 「そもそも、契約はシンプルにシーズン後半戦の出場機会を彼に与えるというものだったのだ」 「それこそが我々のやったことであり、うまくいけば、彼はプレーする機会がより増えていくだろう」 2021.04.10 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「アカウント削除を真剣に検討したけど…」リバプールのキャプテンがネットいじめに立ち上がる

リバプールのキャプテンであるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、蔓延るネット上での虐待について立ち上がった。 一向にしてなくならない人種差別の問題。特に最近では、SNSを使って選手たちを虐待するケースが急増。多くの選手たちが被害に遭っている。 イングランドでは特にその傾向が強く、日々新たな被害者が生まれている状況。リバプールでもイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ギニア代表MFナビ・ケイタが最近被害に遭ったばかりだ。 警察や政府も動いている中、一向に減少しないネットでの誹謗中傷や人種差別により、多くの選手がアカウントを削除するなどしているが、ヘンダーソンが今回改めて立ち上がることを決意した。 ヘンダーソンは自身のツイッターで新たな取り組みについて語り、一時はアカウントを全て削除しようと考えたものの、撲滅に向けて逆に積極活用することを決めたと語った。 「オンラインでの虐待はやめなければならない。最近、僕は個人として、何ができるかを考えている」 「僕は、友人、チームメイト、サッカーの世界やより広い社会の他の人々が、今や制御不能になっている恐ろしいオンライン上の虐待を受けるのを見てきた」 「プラットフォーム側はより多くのことをしているはずだけど、社会として僕たちはお互いを思いやる必要がある。それが始まりと終わりだ」 「過去数週間、ソーシャルメディアのアカウントを削除することを真剣に検討した。でも、代わりにプラットフォームを利用して、前向きな変化を推進したいと考えている」 「悪用を避けるため、プラットフォームをボイコットしたり、アカウントを無効にする必要はない。だから、僕は全てのソーシャルメディアアカウントをCybersmile Foundationに引き渡そうと思う」 「ネットいじめやオンラインでの虐待が人々に与える影響についての認識を高めるために、僕が提携した人々だ」 「彼らは被害を受けた人の体験談や教育のリソースも紹介する。また、教育や報道、そしてみんなの知り合いの誰かが悩んでいる場合に助けを求める方法も紹介する。物事は変わらなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】ヘンダーソンがネットいじめ撲滅にメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Online abuse has got to stop. Recently I’ve been thinking about what I can do, as an individual, to try and make a difference. I&#39;ve seen friends, team-mates, other players within football and in wider society be on the receiving end of horrendous online abuse which... 1/4 <a href="https://t.co/TLnrYXAzWF">pic.twitter.com/TLnrYXAzWF</a></p>&mdash; Jordan Henderson (@JHenderson) <a href="https://twitter.com/JHenderson/status/1380158987560230915?ref_src=twsrc%5Etfw">April 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.09 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンがリバプールを煽る?CL敗戦のタイミングで“ある選手”との2ショットを投稿

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがリバプールサポーターの神経を逆なでした。 リバプールは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでレアル・マドリーと対戦。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに2ゴールを決められ、3-1で敗れた。 そんな中、リシャルリソンは自身のインスタグラムに、かつて撮影したヴィニシウスとの2ショット写真を投稿。メッセージはなかったものの、たくさんの目の絵文字をつけ、明らかに敗れたリバプールサポーターを煽っているようなものだった。 エバートンとリバプールはともにリバプール市に本拠地を置く宿敵であるが、中でもリシャルリソンは昨年10月に行われたダービーでリバプールのスペイン代表チアゴ・アルカンタラにアフターチャージを見舞い一発退場。チアゴは、その後2カ月の離脱を余儀なくされた。 リシャルリソンは3月、この件についてSNSを通じてチアゴに謝罪したものの、相手側からの返答はなく、「彼はピジョン(リシャルリソンの愛称、鳩の意)を無視したのさ」と語っていた。 ただでさえ良く見られていなかったリシャルリソンだが、この一件でライバルチームのサポーターとの確執はさらに大きなものとなっただろう。 <span class="paragraph-title">【画像】確信犯?リシャルリソンがインスタグラムに投稿した2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cracking shithousery from Richarlison <a href="https://t.co/TSn6VG3wZO">pic.twitter.com/TSn6VG3wZO</a></p>&mdash; ODDSbible (@ODDSbible) <a href="https://twitter.com/ODDSbible/status/1379706867677560832?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.08 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

1stレグ惨敗のリバプールをOBも酷評「試合で何も作らず、緊張感やアイデアも皆無だった」

リバプールのレジェンドであるマーク・ローレンソン氏が、チャンピオンズリーグ(CL)で見せたチームのパフォーマンスを酷評している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。 リバプールは6日に行われたCL準々決勝1stレグでレアル・マドリーと対戦。2017-18シーズンのCL決勝以来の再戦と言うこともあり大きな注目を集めていたが、試合は不甲斐ないパフォーマンスに終始したリバプールがマドリーに圧倒され、1-3のスコアで敗れた。 ユルゲン・クロップ監督も「勝利に値しなかった」とコメントせざるを得なかったこの試合後には、チームに多くの批判が寄せられている。ローレンソン氏もイギリス『BBC』で、特に前半のパフォーマンスを酷評した。 「火曜日はリバプールにとって最悪の夜だった。まず、前半は基本的に混乱していたと思う。リバプールは試合で何も作らず、自分たちがボールを持ったときの緊張感やアイデアも皆無だった」 「マドリーを止めたいのであれば、チームの心臓部である中盤の選手たちにプレッシャーをかけてプレーを妨害する必要がある。リバプールはそれすらできず、その代償を支払うことになったね」 「ミスを原因として、ハーフタイムに入る前にマドリーには2つのゴールが生まれた。リバプールはプレッシャーを受けるたび、常に失点する危険性があったと思う。守備陣は常にペースを乱されていた」 また、ローレンソン氏は数字の上ではまだリバプールにもベスト4進出の可能性があるとしつつ、1stレグのパフォーマンスを見る限りでは期待できないと語っている。 「リバプールにはまだ2ndレグでの挽回のチャンスがある。しかし、それを可能にするだけの説得力は、この試合からは見られなかったね」 2021.04.08 17:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly