「友達は1人しかいない」ベンゼマが、レアルやC・ロナウド、ジダンについて語る「兄のような存在」

2021.03.04 20:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが自身について赤裸々に語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。2009年7月に自身が育ったリヨンを離れ、マドリーへと加入したベンゼマ。マドリーでのキャリアが10年以上を迎え、公式戦541試合に出場し266ゴール140アシストを記録している。


これまでは、様々な評価が下され、かつて所属したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)との比較も絶えなかったが、退団後はチームの得点源としてより存在感を増している。

そのベンゼマが、スペイン『エル・パイス』で自身のプライベートな部分について語った。

アルジェリア人の両親の下、リヨンで生まれ育ったベンゼマ。子供の頃のことについて「僕は厳しい場所からやって来たんだ。身なりがよく、素敵な車を持っている年上の男の人を見ていて、僕は彼らのようになりたいと思っていたんだ」と子供の頃の憧れについて語った。

リヨンの下部組織でもプレーしたベンゼマだが、特別なアイドルはいなかったという。それでも「サッカーではブラジルのロナウド」とモデルはいたとのこと。さらに「僕は(マイク・)タイソンも尊敬している。なぜなら、2人とも底辺から来て徐々に這い上がっていったからだ。決して楽をしたわけでもなく、タダで何かを与えられたわけでもない」と、徐々に力をつけて名声を挙げた2人をモデルとしていたことを明かした。

そのベンゼマは、現在はマドリーのエースに君臨。かつてのことを振り返り「クリスティアーノ(・ロナウド)がチームを去ったことで、僕は別の役割を担うこととなった。彼は毎年50ゴールを決めていて、彼の試合に適応する必要があった。彼は世界で最高の1人だし、僕は彼のそばで幸せだった」とコメント。ガレス・ベイル(トッテナム)とともに“BBC”と呼ばれていたトリオ時代も幸せだったという。

一方で、同じアルジェリアにルーツを持つジネディーヌ・ジダン監督については「彼は僕にとって兄のような存在だ。いつもそばにいて、僕にアドバイスをくれる」とコメント。助けになっていることを明かした。

そのベンゼマだが、なかなか感情を表に出すことが少なく、冷酷な人間だと思われることも多い。

しかし、「僕には感情があるよ。でも、そうであっても自分の弱点を晒すことは決してない。僕は弱っている時、それを自分の中に留めるんだ」とコメント。冷たい人間ではなく、感情をあまり表に出さないタイプだと語った。

そのベンゼマは、現在多くの選手が被害にあっている人種差別主義者についてもコメント。「ムカつくし、恐ろしいし、汚らしい。僕たちは全て同じだ」とかたり、反感を露わにした。

また、「僕には友達が1人しかいない。だから、友情が僕にとってとても重要であることを示している」とコメント。「お金は物事をはるかに簡単にしてくれる。でも、幸せになるために何百万も必要とはしないよ」と語り、お金が全ての幸せをもたらす訳ではないとの見解を語った。
関連ニュース
thumb

バイエルン退団表明のアラバ、近くレアル・マドリーとサインか

オーストリア代表DFダビド・アラバ(28)のレアル・マドリー移籍決定が差し迫っているようだ。 バイエルンと続いた今季最終年の契約を巡る延長交渉が破談に終わり、今年2月の会見で今夏の退団を表明したアラバ。その意思を公にして以降もブンデスリーガ9連覇にまい進するチームの主力として活躍を続けるが、豊富な実績だけでなく、複数ポジションを高いレベルでこなせる実力者とだけあって、行き先に熱い視線が注がれている。 そんなアラバはスペイン行きを目指しているとされるなか、バルセロナのほかにチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)も行き先候補に挙がっている状況だが、以前に口頭合意も指摘されたレアル・マドリーが新たな活躍先になる模様。ドイツ『スカイ』によれば、近日中にもレアル・マドリーと2026年までの5年契約を結ぶという。 今夏のレアル・マドリーは今季契約切れのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去就不透明で、フランス代表DFラファエル・ヴァランも移籍の憶測が浮上中。ブラジル代表DFマルセロの去就も定かでなく、そうしたポジションをカバーできるアラバを打ってつけの存在として獲得を狙っているものとみられる。 2021.04.21 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ウッドワードCEOが辞任へ…ESL構想消滅危機でアニェッリ&ペレス両会長もドミノ式に?

マンチェスター・ユナイテッドで副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワード氏が辞任を申し入れたことが判明した。イギリス『Talksport』など複数メディアが報じている。 現時点でユナイテッドは各メディアからの問い合わせにノーコメントを貫いているが、18日の創設発表からわずか数日でプロジェクト消滅の危機を迎えているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に関連した事情による辞任となった模様だ。 一部ではESL参戦に関して選手間での緊急ミーティングを開いたキャプテンのDFハリー・マグワイアら主力選手との衝突も、辞任の一因となったと報じられている。 なお、ウッドワード氏は即時辞任ではなく2021年末までの任期を全うする予定だという。 ウッドワード氏は、2005年にアメリカの実業家グレイザー・ファミリーが歴史的なクラブ買収を行った際にアドバイザーを務めた関係でユナイテッドでのキャリアをスタート。2013年からはCEOに就任し、ここ数年では経営面に加えて、クラブの補強部門の実権も握っていた。 なお、欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる構想も伝えられていた。 しかし、UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)、各国のサッカー協会、各国リーグの反発に加え、世論や自クラブからの猛反発により、チェルシーやマンチェスター・シティ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなどのクラブが相次いで参戦撤回に翻意したと言われており、このままプロジェクト消滅が決定的となっている。 これを受けてウッドワード氏に続き、ESLの副会長を務めるユベントスのアンドレア・アニェッリ会長にもクラブ会長辞任の報道が出ており、今回のプロジェクトの首謀者の一人でもあるレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に関してもドミノ式に辞任に追い込まれる可能性が浮上している。 2021.04.21 04:51 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチがカディス戦欠場、ヴァランとカルバハルが招集メンバー入り

レアル・マドリーは20日、明日行われるラ・リーガ第31節カディス戦に向けた招集メンバーを発表した。 ケガ人が続出している中、前節ヘタフェ戦を引き分け、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が3となった2位レアル・マドリーは、カディス戦に向けてクロアチア代表MFルカ・モドリッチが背中の張りによりメンバー外となっている。 一方で新型コロナウイルスに感染していたフランス代表DFラファエル・ヴァラン、ハムストリングを痛めて2月から戦列を離れていたスペイン代表DFダニエル・カルバハルがメンバー入りしている。発表されたメンバーは以下の通り。 ◆レアル・マドリー招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK ティボー・クルトワ アンドリー・ルニン ディエゴ・アルトゥーベ DF ダニエル・カルバハル エデル・ミリトン ラファエル・ヴァラン ナチョ・フェルナンデス マルセロ アルバロ・オドリオソラ ビクトル・チュスト・ガルシア ミゲル・グティエレス MF カゼミロ イスコ セルヒオ・アリーバス アントニオ・ブランコ FW カリム・ベンゼマ マルコ・アセンシオ ヴィニシウス・ジュニオール マリアーノ・ディアス ロドリゴ・ゴエス</span> 2021.04.20 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

デンマークサッカー協会会長が苛烈意見「チェルシー、シティ、マドリーを即刻CLから追い出すべき」

UEFAの幹部で、デンマークサッカー協会(DBU)会長のイェスパー・メラー氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に合意したクラブを欧州の舞台から追放すべきとの見解を示している。 サッカー界に激震をもたらしているヨーロッパ・スーパーリーグ構想。これまでは噂程度に過ぎなかったが、18日にレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長を初代代表として、12クラブが一斉に参加を表明したことで、一気に現実味を帯びてきた。 しかし、今までのところ多くの反対意見が飛び交っており、各クラブの上層部がその私腹を肥やすためだけの、サッカーの発展を考慮していないだけでなく、現在のサッカー界を滅ぼしかねない愚策だとして、非難の声が高まっている。 その筆頭であるFIFAやUEFAも直ちに声明を発表。UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は「UEFAの資金の90%はエリートだけでなく、サッカーにも還元される。UEFAはお金のためだけに動くのではない。サッカーを発展させる」、 「スーパーリーグはそのようなものではない。それはビジネスだけだ。サッカーの価値観は異なる。我々はそれを許可するつもりはない」と強いコメントを残した。 そして、メラー氏もまた、ESL構想に反対する人物の一人。デンマーク放送協会の『DR』に出演し、反対意見を述べるとともに、立ち上げに合意した12クラブのうち、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4に進んでいるチェルシー、マンチェスター・シティ、レアル・マドリーを、即刻追い出すべきだと主張した。 「(合意を表明した)クラブは出て行くべきだ。金曜日(23日)に臨時執行委員会が開かれるが、そこで私の意見通りになることを期待している。今季のチャンピオンズリーグの終わらせ方を検討する予定だ」 なお、同じくベスト4のパリ・サンジェルマンはESL構想の創立メンバーに招待されていたものの、参加を表明しなかった。 2021.04.20 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「クオリティの低い試合がある」欧州スーパーリーグのペレス初代会長がサッカー界の現況を語る「若者がサッカーに興味を持たなくなっている」

サッカー界を揺るがしているヨーロッパ・スーパーリーグ構想。ヨーロッパの15のビッグクラブが中心となって設立が予定されている。 18日に12クラブが一斉に参加を表明したが、これには多くの反発が。さらに、欧州サッカー連盟(UEFA)が19日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の新フォーマットを発表する事態となった。 UEFAだけでなく、国際サッカー連盟(FIFA)もこの構想には反対しており、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長も、新フォーマットのCLにちて説明する際に比較対象として挙げていた。 そんな中、ヨーロッパ・スーパーリーグの初代会長に就任したレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、スペインのテレビ『エル・チリンギート』に出演。スペイン『マルカ』が、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想に至った経緯を語ったことを報じた。 「テレビ以外に収入がない場合、その解決策は世界中のファンが観戦できるような魅力的な試合を、全てのビッグクラブで行うことだと考えた。そこで、我々はチャンピオンズリーグをする代わりに、我々がスーパーリーグをやれば、失ったものを軽減できるのではないかと考えた」 「誰も何も設立してはいない。イングランド、イタリア、スペインの重要なクラブは、サッカーが直面している非常に悪い状況に解決策を与えなければいけなかった。我々は50億ユーロ(約6520億円)の損失を出した。とても残念だ」 「昨年は8億ユーロ(約1043億円)の予算があったが、結局7億ユーロ(約912億6000万円)になった。今年は9億ユーロ(約1173億3200万円)ではなく、6億ユーロ(約782億2300万円)になると、2シーズンで4億ユーロ(約521億4800万円)少なくなるのはレアル・マドリーだけ。我々は非常に悪い状況に置かれている」 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による収益の減少なども理由として挙げたペレス会長。一方で、時代の流れに合わせてサッカーやテレビの放送形態も変える必要があると主張。サッカー人気が衰えているとも語った。 「企業や人、メンタリティと同じように、サッカーも進化していかなければならない。ネットワークは我々の行動様式を変え、サッカーも我々が生きている時代に合わせて変化し、適応しなければならない」 「サッカーは興味を失っている。観客数が減り、権利が減少しているのは目に見えており、何かをしなければならなかった」 「我々はみな破滅している。サッカーは世界的なものであり、これらの12チームとさらにいくつかのチームには世界中にファンがいる」 「我々が適応できるように、テレビは変化しなければならない。若者がサッカーに興味を持たなくなっているのはなぜか?クオリティの低い試合が多く、興味を持って貰えないため、他のプラットフォームで気を紛らわせているからだ」 また、今回の発表により、数多くの反発を受けている状況だが、それが必要だと語った。 「何か変化があると、必ずそれに反対する人がいる。ベルナベウ(元会長)は変化を起こし、サッカーの歴史を変えた。どこが魅力なのか? ビッグチームの中でプレーすることで、競争力が高まり、より多くのリソースを生み出すことができる」 「お金持ちか? 私はマドリーのオーナーではない。我々はサッカークラブであり、危機的状況にあるサッカーを救うためにやっている。これは重要な瞬間だ」 さらに、現在のCLのクオリティについても言及。クオリティの低い試合は要らないとしている。 「クオリティの低い試合がある。チャンピオンズリーグで格下のチームと戦うマンチェスターを観るより、バルセロナvsマンチェスターの方が面白い」 「全世界が求めるもの? 世界中にファンがいる。それが金になるのであり、他の競技は金にならない。その金は、みんなのためにある。これがピラミッドだ。上の人が金を持っていれば…でも、金が生まれなければ、存在しない」 また、リーグの開始時期についても語り、UEFAやFIFAと話をして早く始めたいとのこと。またCLの新フォーマットについては「理解できない」と語り、批判した。 「なるべく早く開始したい。我々はUEFAとFIFAに話をするつもりだが、なぜ彼らが怒らなければならないのかがわからない」 「UEFAは別のフォーマットに取り組んでいたが、まず私には理解できなかったし、サッカーを救うために必要な収入を得られないだろう」 「私がフットボールを救うと言ったのは、みんなを救うという意味だ。ベルナベウから受け継いだ我々の願いは、少なくとも今後20年は安心して暮らせるように、サッカーを救うことだ。状況はとてもドラマチックだ」 2021.04.20 12:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly