ハーランドはチェルシー行きをすでに除外! 新天地候補は6クラブのみ?

2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場において去就に注目が集まるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の新天地候補は6クラブに限られているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。ドルトムント加入以降、公式戦45試合に出場し43ゴール11アシストと驚異的なスタッツを叩き出しているハーランド。ただ、所属チームは今シーズンのブンデスリーガにおいてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に甘んじており、来季以降のタイトル獲得の可能性などを考慮すれば、今夏に新天地を求める可能性が濃厚と思われている。


その怪物ストライカーの去就に関して代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は先日、プレミアリーグの4クラブを含むヨーロッパの10クラブのみが獲得可能であることを示唆していた。

さらに、今回『シュポルト・ビルト』はハーランドの新天地候補が6クラブに限られていると報じている。

その中で有力な新天地候補として挙がっていたチェルシーは、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がトーマス・トゥヘル監督に対して補強資金のバックアップを約束しており、ドイツ人指揮官が獲得を望む新エースストライカーとしてハーランドの動向を注視していた。

だが、“絶対的なトップクラブ”へのステップアップを望む20歳FWは、チェルシーを真のトップクラブとみなしておらず、すでに新天地候補から除外したという。

また、もう一つの候補クラブであるバイエルンに関しては、現時点で世界最高のセンターフォワードと評価されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが健在ということもあり、ポジション争いを嫌ってチェルシー同様に新天地候補から除外しているという。

そして、新天地候補となる6クラブは、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ3クラブと、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強、ユベントスだという。

その中で資金力やメインストライカー不在という部分でシティ、予てより移籍先候補に挙がるマドリー辺りが本命視されている。
関連ニュース
thumb

ドルトムントの90年代風デザインユニフォームが大人気で完売!追加販売が決定

ドルトムントは18日、クラブが初めてブンデスリーガのトロフィーを掲げてから25周年を祝うスペシャルユニフォームを発表した。 ドルトムントはマティアス・ザマーやシュテファン・ロイターなどを擁した1994-95シーズンにブンデスリーガ初優勝を飾ると、翌シーズンも連覇を達成。さらに、1996-97シーズンにチャンピオンズリーグ優勝を果たすなど、黄金期を迎えていた。 今回のユニフォームは90年代のユニフォームデザインを現代風に落とし込むことで、当時に敬意を払うものとなっており、袖の部分のイエローが、当時のユニフォームで使用されていた蛍光イエローになっている。 18日に行われたブンデスリーガ第29節のブレーメン戦で早速選手たちが着用したユニフォームは、同日にクラブの公式オンラインストアで販売開始されたものの、その人気ぶりは凄まじく、一瞬で完売してしまった。 ドルトムントは同時接続15万人以上を記録したことを明かすとともに、追加でユニフォームを作ることを決定している。 「親愛なるファンの皆様、私たちの#NULLN90Nジャージは、膨大な量のアクセスを引き起こしました」 「同時に15万人以上がお店にいました。 ジャージは完売いたしました。 技術的な問題とその結果として待たせてしまったことをお許しください」 「前回のスペシャルユニフォームと比較して、5倍の量が生産されました。このジャージは限定版ではないため、プーマ フットボールとキットの製造に同意しました。 私たちはすべての情報を最新に更新していきます」 <span class="paragraph-title">【画像】ドルトムントが発表した実際のユニフォーム画像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 本日着用の特別ユニフォームご購入はこちらから <a href="https://t.co/n4UzqlK6lB">https://t.co/n4UzqlK6lB</a><a href="https://twitter.com/hashtag/NULLNE90N?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NULLNE90N</a> <a href="https://t.co/B1xIw8ApeB">pic.twitter.com/B1xIw8ApeB</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVBjpn) <a href="https://twitter.com/BVBjpn/status/1383775485428076553?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.21 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが欧州スーパーリーグ不参加を表明

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長が19日、欧州スーパーリーグ構想に反対する立場であることを明らかにした。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画される欧州スーパーリーグ。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任チームに加わった上で、前季成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め"必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 そんな中、残りの3クラブの中に含まれると噂されるドルトムントのヴァツケ会長は、UEFAを支持する立場であることを公式サイトで発表した。 「欧州クラブ協会(ECA)の理事会メンバーは、日曜日の夕方にバーチャルミーティングを開き、そこで先週金曜日の理事会決定が依然として有効であることを再確認した」 「この決定は各クラブが、チャンピオンズリーグの改革を望んでいることを示すものであり、スーパーリーグの創設案を却下するものだ。我々はバイエルンとともにECA理事会の構成員としてその方針を支持する」 2021.04.19 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝のドルトムント、3試合ぶり2ゴールのハーランドに監督「自分にご褒美を与えていた」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、ブレーメン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは18日、ブンデスリーガ第29節でブレーメンと対戦。日本代表FW大迫勇也が先発した試合は、ブレーメンが先制する展開となる。 しかし、ドルトムントは前半のうちにジョバンニ・レイナのゴールで追いつくと、アーリング・ハーランドが2ゴールを決めて逆転に成功。終盤にはマッツ・フンメルスもゴールを奪い、4-1で勝利を収めた。 試合後テルジッチ監督は相手に苦しめられたとしながらも、勝利に値したと語った。 「我々にとって良い試合だった。しかし、全てのフェーズで綺麗に終えることができず、反撃を多く受けすぎた。そして、対戦相手に得点チャンスが多すぎた」 「もちろん、それは避けたいとは思うが、それでも我々のサイドはとても支配しており、多くの得点チャンスがあった。最終的にはそれに値するものだった」 「勝利したことは、目標に3ポイント近づかせてくれた」 また、中2日で第30節のウニオン・ベルリン戦を迎えることになるが、「水曜日までしっかりと仕事をし、道が続いていることを示す必要がある」と語り、トップ4フィニッシュに向けた上位対決の前にしっかりと勝利を収めて可能性を残したいと語った。 この試合では、ブンデスリーガで2試合ノーゴールだったハーランドが2ゴールを記録したが、テルジッチ監督はハーランドのゴールにも満足感を示した。 「ハーランドは今日、2つのゴールで自分にご褒美を与えていた。これは彼にとって良いことであり、我々はとても満足している」 2021.04.19 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが大迫15試合ぶり先発のブレーメンに4発逆転勝利、4位フランクフルトと4ポイント差に《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、ドルトムントvsブレーメンが18日に行われ、4-1でドルトムントが逆転勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は59分までプレーしている。 前節シュツットガルトに3-2と打ち勝った5位ドルトムント(勝ち点46)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのマンチェスター・シティ戦では1stレグに続き1-2と惜敗し敗退が決まった。前日の試合で4位フランクフルトが敗れたため勝利すれば4ポイント差に縮めることができる中、シティ戦のスタメンから2選手を変更。クナウフとジャンに代えてブラントとレイナを起用した。 一方、前節ライプツィヒ戦を完敗した13位ブレーメン(勝ち点30)は、大迫が[3-5-2]の2トップの一角でリーグ戦15試合ぶりに先発となった。 立ち上がりからボールを握って攻勢に出たのはドルトムントだったが、先制したのはブレーメン。14分、M・エッゲシュタインのスルーパスに抜け出したラシツァがボックス右からシュートを決めた。 それでも29分、ドルトムントが個人技で追いつく。モレイの横パスを受けたレイナがペナルティアーク右からゴール右上へ強烈なミドルシュートを叩き込んだ。 さらに32分、ドルトムントがPKを獲得する。ロイスがボックス内でモフワルドに倒された。このPKをハーランドが決めて逆転したドルトムントは38分、3点目挙げる。ボックス右でレイナが仕掛けてクロスボールを送ると、ファーサイドに流れたルーズボールをハーランドが押し込んだ。 3-1として迎えた後半、攻め手のなかったブレーメンは59分に大迫らに代えてサージェントとゼルケを投入。 すると63分にはM・エッゲシュタインのミドルシュートが左ポストに直撃した。その後もサージェントに決定機があったが、GKヒッツが好守を見せて凌ぐと、終盤の87分にCKからフンメルスがヘッドで決めてドルトムントが4-1で勝利。フランクフルトとの勝ち点差を4に縮めている。 2021.04.19 00:34 Mon
twitterfacebook
thumb

PK成功でCLベスト4へ導いたマフレズ「PKの練習はかなり取り組んでいた」準決勝PSG戦は「特別」

マンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦を振り返った。UEFAがコメントを伝えている。 14日にCL準々決勝のドルトムント戦2ndレグに臨んだシティ。ホームでの1stレグを2-1で制し、突破に向けて優位に立っていたが、15分に失点し、一転して不利な状況に置かれてしまう。 だが、後半へ折り返した55分に相手のハンドでPKを獲得。これをマフレズが決めて再び優位性を取り戻すと、75分にはMFフィル・フォーデンが決定的な2点目を奪い決着。合計スコア4-2で準決勝進出を決めた。 突破へ導くPKを成功させたマフレズは試合後、勝利を喜ぶとともに、そのPKを回想。シティは比較的PK成功率の低さが以前から指摘されていたが、重要な場面で決めきった同選手は、その難しさを語った。 「序盤はあまり良くなかったけど、その後は非常に上手くゲームをコントロールし、より多くのゴールを決めて勝つことができた。PKは常にプレッシャーとの戦いだけど、チャンピオンズリーグの準々決勝では、その重圧はもっと大きい」 「経験を積めば積むほど、最後のPKで犯したミスが見えてくる。僕はキャリアの中で何度か失敗してきたけど、PKの練習はかなり取り組んでいるんだ。片側に強く蹴ったらGKは止めることができなかった。このゴールは僕たちにとって非常に重要なものだった」 「PKは誰かが蹴らなければならず、今日はそれが僕だったというだけさ」 そして、準決勝の相手は王者バイエルンを下したパリ・サンジェルマンとなったが、パリ育ちのマフレズにとっては特別な思いがあるようだ。 「僕はパリで生まれて育ったからとても特別なことだよ。彼らと対戦できることを嬉しく思うよ」 2021.04.15 15:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly