PSVの逸材MFイハッターレンがクラブと関係悪化…ライオラは今夏の移籍示唆

2021.03.03 01:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVに所属するオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)がクラブとの関係悪化によって今夏の退団の可能性が浮上している。オランダ『Eindhovens Dagblad』が報じている。PSV生え抜きの攻撃的MFは卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材。今シーズンもここまで公式戦25試合に出場し、2ゴール1アシストの数字を残している。


オランダ『Algemeen Dagblad』によると、イハッターレンは先日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦でスタメンを外れた際、ロジャー・シュミット監督やチームメイトの前で悪態を付いていたという。

同試合では指揮官を中心にベスト16進出に向けてチームの結束を高めようとしていたこともあり、ドイツ人指揮官は同選手のこの行動に憤り、直近のアヤックスとのデ・クラシケルでは懲戒処分としてメンバーから外していた。

また、シュミット監督はイハッターレンへの処分がクラブ、その他の選手たちの全面的な支持を得た末のものであると説明していた。

「我々全員が、彼を助けたいと思っているし、サポートを申し出ている」

「しかし、それは一方通行ではダメだ。それでは人を変えることはできない」

「彼自身が変わろうという意思を持って取り組めば、彼にはチャンスがある。だが、そうでなければ、彼にはチャンスがない」

なお、シュミット監督によると、自身を含めてクラブは2019年に最愛の父を亡くすなどプライベートな問題を抱えるイハッターレンに対して、何度も手を差し伸べてきたという。

しかし、同選手は完全に自身の殻に閉じこもり、練習中に周囲との衝突を起こしたり、スポンサー関連のイベントを無断で欠席したり、ウエイトオーバーなど、プロフェッショナルとして相応しくない行動が目に付いていた。

一方、この主張に異を唱えるのが、イハッターレンの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏だ。同氏はクラブの主張が誤ったものであり、自身の顧客が不当な扱いを受けていると反論している。

「(PSVの前述の主張は)正しくないものだ。それはでっち上げられた嘘だ。その理由として他のプレーヤーたちはクラブの決定を支持していない。あくまでクラブが独断で決定したことだ。他のプレーヤーたちは意見さえも聞かれていなかった」

「こういったことが起これば、プレーヤーとクラブがこれ以上対立することなく、今後もうまくやっていくことは難しい」

なお、PSVとライオラ氏の主張のいずれが正しいかは現時点で不明だが、両者の関係悪化は明白だ。現行契約は2022年までとなっており、今夏にイハッターレンが新天地を求める可能性は高いかもしれない。
関連ニュース
thumb

34歳のMFアフェライが現役引退 オランダ代表として通算53試合に出場

元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ(34)が現役引退を発表した。オランダ『NOS』が伝えている。 PSVのアカデミーで育ったアフェライは、2004年2月にトップチームデビュー。頭角を現すと、2006-07シーズンにオランダ年間若手最優秀選手賞に当たるヨハン・クライフ賞を受賞した。 <div id="cws_ad">◆アフェライの華麗なゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHMVZLajF0UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> その後も活躍を続けると2011年12月にはバルセロナに完全移籍。加入1年目にチャンピオンズリーグ優勝を経験したが、その後はヒザのケガなどに苦しみ十分な出場機会を得ることができないでいると、シャルケ(2012-13)、オリンピアコス(2014-15)にレンタル移籍。その後、2015年7月にストーク・シティへと加入した。 加入1年目となった2015-16シーズンは、リーグ戦31試合に出場し2ゴール3アシストを記録したが、その後はヒザのケガに悩まされ、出場機会が激減。2017年12月30日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦を最後にプレーできずにいると、2019年1月にストークとの契約を解消していた。 2019年6月には古巣PSVに8年ぶりに復帰すると公式戦4試合に出場したものの、1シーズン限りで退団。以降は無所属となっており、トレーニングを続けていたものの、現役引退を決めた。 2007年3月にデビューを果たしたオランダ代表では、通算53試合に出場。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本代表戦にも出場していた。 アフェライはオランダ『NOS』でコメントしている。 「僕が望んでいたことは起きなかった。だけど今の僕は幸せだ。遅かれ早かれこの時が来ると分かっていた。それは美しいものだった」 2021.02.01 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーの“忘れ去られた男”マルコ・ファン・ヒンケルが983日ぶりに公式戦出場

13日に行われたエールディビジ第16節のPSVvsAZは元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルにとってメモリアルマッチとなった。 2013年7月、フィテッセの下部組織からチェルシーに青田買いされたマルコ・ファン・ヒンケルは、ここまでミランやストーク・シティ、PSVへのレンタルを繰り返すも、チェルシーでの出場機会がほとんどないまま、先月1日に28歳の誕生日を迎えた。 その間、元オランダ代表を苦しめたのはヒザのケガだった。2018年7月、前十字じん帯断裂の大ケガを負い、その後2シーズン以上も試合に出られない日々が続いた。 リハビリに励む中で、昨年10月にPSVがマルコ・ファン・ヒンケルをレンタルで獲得。PSVに移籍するのはこれが3度目のことで、過去2度のレンタル移籍で公式戦64試合に出場し31ゴール10アシストを記録していた。 同選手にとってはチェルシーよりも思い入れのあるとも言える母国クラブで、ついに待ちわびた瞬間が訪れる。 先日のAZ戦の87分、マルコ・ファン・ヒンケルは途中出場からピッチに立った。これは、最後に出場した2018年5月6日のフローニンヘン戦から実に983日ぶりのこと。チェルシーも公式SNSを通じて「おめでとう、そしておかえりなさい、マルコ!」と祝福のメッセージを送っている。 本人もまた、試合後の『ESPN』のインタビューで復帰の喜びを嚙み締めている。 「個人的には今日が(人生の)ハイライトだ。このためにハードワークを続けたんだ。長い時間がかかってしまったけどね」 「戻って来れたことは報酬みたいなものだ。アヤックス戦で僕は再びそこにいた。スタジアムの雰囲気を再確認し、何となく感触も掴めたよ」 「約1000日なんだって? 僕も聞いたばかりだよ。いつしか指折り数えることを止めていたよ。大した問題ではなかったから」 「ただただ回復に努めていた。再びフットボールができることを願いながらね。その可能性が限りなく小さかった時期もあって、幕引きも考えなくはなかったんだ」 「でも色んな感情的な物事を経て、僕はここに立つことができた。喜んでいいよね、うん」 「炎は決して燃え続けることをやめたりはしない。それが重要なんだ。さもなければ、僕は諦めていたかもしれない」 2021.01.15 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

PSV一筋のMFヘンドリクスがS・モスクワに完全移籍! 「僕は正真正銘PSVのプレーヤー」

PSVは12日、オランダ代表MFジョリット・ヘンドリクス(25)がスパルタク・モスクワに完全移籍することで合意に至ったことを発表した。 ヘンドリクスは14日にドバイでキャンプ中のスパルタク・モスクワのチームに合流し、メディカルチェックをパスした後、契約書にサインする予定だ。 ヘンドリクスは8歳でPSVのアカデミーに加入し、以来すべてのユースカテゴリー、ヨングPSVを経て2013年にトップチームデビューを飾った生え抜き中の生え抜きの選手。 守備的MFを主戦場にセンターバックでもプレー可能な左利きのMFは、ここまで公式戦239試合に出場し、8ゴール17アシストを記録。在籍期間に3度のエールディビジ制覇、2度のヨハン・クライフ・シールドのタイトル獲得に貢献してきた。 だが、16年以上を過ごした愛するクラブを離れる決断を下したヘンドリクスは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断について説明している。 「僕の大部分はPSVによって占められていた。そのことを誇りに思っているよ」 「ここには素晴らしい思い出がある。優勝を勝ち取ったことや友情を育んだこと。それにフィリップス・スタディオンでのオランダ代表デビュー…」 「僕は自分自身が正真正銘PSVのプレーヤーだと思っている。そして、このクラブ、そこで働く人たち、サポーターに対して常に温かい気持ちを抱き続ける。その考えを念頭に置いて、ここを去るよ」 「そして、激しい競争に身を置くトップクラブでの新たな冒険を心から楽しみにしているよ」 2021.01.13 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ニステルローイがPSVのU-21チーム監督に来夏就任!「適切なタイミング」

PSVは6日、ルート・ファン・ニステルローイ氏(44)が2021年7月から同クラブのU-21チームの監督に就任することを発表した。 オランダ代表で70キャップを数え、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなど第一線で活躍し輝かしい経歴を築いたファン・ニステルローイ氏。2012年5月に現役を引退し、その後は指導者キャリアをスタートさせた。 2018年6月にはPSVのU-19を率いていた同氏だが、オランダ代表のアシスタントコーチを務めるために辞任。そしてこの度、再びPSVの下部組織で監督業を再開するにあたり「今が私の監督としてのキャリアの次のステップを踏み出すのに適切な時期だと思う」と意気込みを語っている。 「私は自分のアイデアを優れた選手が揃うチームに植え付けることや、そんな彼らと毎日働くことに楽しみを覚えるのだ。徐々にこの新しい仕事に地に足つけることができてきて、監督という仕事が自分に合ってるとも思えてきた」 「私の監督業において、次のステップへ進むのに今が適したタイミングだった。目標を簡単に言うと、できるだけ多くの若手たちをファーストチームに送ることだ。楽しみにしているよ」 2021.01.07 22:02 Thu
twitterfacebook
thumb

PSVで再び輝きを放つゲッツェが現在の充実語る 「今は10点満点中9点という感じ」

PSVの元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが現在の充実ぶりを語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 17歳でブンデスリーガデビューを飾り、「天才」と称えられていたゲッツェだが、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍をピークに、その後はケガや病気の影響でクラブでの出場機会が減少。今夏にドルトムントを契約満了で退団し、フリーの状態になっていたが、10月にオランダのPSVに加入した。 ゲッツェにとっては初の海外挑戦となったが、ここまで公式戦13試合に出場して4ゴール3アシストをマークするなど、復活を印象づけている。 ゲッツェ本人も『シュポルト・ビルト』のインタビューに応じた際、「現在の状況を1~10点で評価するなら、10点に向かっているところだね」と語り、現状への満足感を示した。 「プレー時間を見れば一目瞭然さ。1月には2点程度だったけど、今では9点という感じだ。ほぼ全ての試合に出場できているのは大きいよ。それから、出場したすべての試合で非常に良い成績を収められてもいる。この2つの出来事の組み合わせは、とても気分が良いね」 また、ゲッツェはインタビューのなかで、今夏にバイエルンに復帰する可能性があったことを明かしつつ、将来的なブンデスリーガ復帰についても語っている。 「夏にバイエルンと僕の将来や、彼らの計画についてオープンに話し合ったよ。彼らは僕を人として、選手として評価してくれた。僕がまたバイエルンでプレーする姿を、想像できると言ってくれたんだ」 「ハンジ・フリックは、僕がPSVで経験しているのと同じようなタイトなスケジュールを、バイエルンで適切にこなしている。非常に優秀な監督だね。シーズン途中でチームを引き継ぎ、三冠に導くなんて本当にすごいよ」 「ブンデスリーガへの復帰を否定するつもりはない。どんな選択肢も、僕は検討する。とはいえ、今はアイントホーフェンにいるし、僕たちの持つ目標に完全に集中しているよ」 2020.12.25 13:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly