中国激震!かつて“爆買い”で話題をさらった中国王者の江蘇が活動停止、ACLでは名古屋と同居

2021.03.01 13:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつては“爆買い”によりサッカー界でも大きな注目を集めた中国スーパーリーグの江蘇(元江蘇蘇寧)が、活動停止を発表した。元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇蘇寧。中国の大手家電グループである蘇寧電器が親会社となっていた。


蘇寧電器はセリエAのインテルのオーナーも務めている有力企業だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た。

そんな中、中国スーパーリーグの開幕を目前に控えた2月28日に江蘇がWeibo(中国版ツイッター)の公式アカウントで声明を発表。活動停止の理由を説明した。

「2015年12月以来、江蘇足球倶楽部はプロサッカー部門で積極的に投資し、中国サッカーの発展を強力にサポートして来ました」

「国際基準を備えたプロのサッカートレーニング施設を迅速に構築し、世界の高度なサッカークラブの管理システムを立ち上げました」

「ワールドクラスのコーチングチームとプロ選手のグループを作り、クラブのマネジメントクオリティと競争力を大幅に向上。同時に、ヨーロッパサッカーのユーストレーニング指導者の紹介や、国内のクオリティの高い文化的、教育的リソーの移植、サッカースキル、健康面やメンタリティなどのユーストレーニングシステムを構築しました」

「過去5年間、クラブのすべての監督、選手、スタッフのプロフェッショナルかつ献身的な努力とファンの熱心なサポートにより、江蘇足球倶楽部は目覚しい成果をあげました」

江蘇は爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。2020シーズンの中国スーパーリーグでは初優勝を遂げ、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定。名古屋グランパスと同じグループに入っていた。

しかし、財政面での大きな問題があり、今後の活動が保証できないため、シーズン前のこの段階で活動停止を発表したという。

「制御できないさまざまな要素が重なっているため、江蘇足球倶楽部はスーパーリーグとAFC(アジアサッカー連盟)での継続的な戦いを効果的に保証することはできません。過去6カ月間、クラブは後継者を求めて全力を尽くし、クラブの株式を誠意を持って譲渡し、江蘇足球倶楽部の相続のチャンスをあきらめませんでした」

「2021年シーズンを戦う上で、クラブの最高の栄誉を勝ち取った選手やクラブをクラブと共有するファンをあきらめることには消極的ですが、残念な発表をしなればなりません。今後、江蘇足球倶楽部は停止します」

現在のチームにはアトレティコ・マドリーやインテルでプレーした元ブラジル代表DFミランダやサンプドリアやインテルでプレーした元イタリア代表FWエデルらが在籍していた。
関連ニュース
thumb

活動停止の江蘇FCが中国スーパーリーグから追放…昨季初優勝も負債引き受ける救世主現れず…

中国サッカー協会(CFA)は29日、財政難で活動停止を発表していた江蘇FC(元江蘇蘇寧)を中国スーパーリーグの出場クラブリストから除外した。 江蘇は2020シーズンの中国スーパーリーグで待望の初優勝を遂げ、今シーズンはディフェンディングチャンピオンとして連覇を目指す予定だった。 しかし、セリエAのインテルのオーナーも務めている親会社の蘇寧電器が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて業績が悪化。インテルも身売りしようと画策していることが何度も報じられて来た中、先月末に財政難を理由に江蘇への資金投下を打ち切り、クラブの活動停止が発表された。 その後、江蘇にはクラブの負債を引き受ける新たなオーナーへの売却によって生き残る道が残されていたが、CFAが定めた期日までに救世主は現れず。今回のタイミングで中国スーパーリーグからの追放が決定した。 なお、同クラブは今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する予定だったが、すでに大会参加を辞退していた。 また、江蘇の追放を受け、昨シーズンに降格となった石家荘永昌(現在は沧州雄狮に名称変更)が新シーズンも中国スーパーリーグでプレーすることになった。 元チェルシーのMFラミレスや元シャフタール・ドネツクのMFアレックス・テイシェイラ、元名古屋グランパスのFWジョーを始め、一時はヨーロッパのトップクラブでプレーした選手たちを高額な移籍金で獲得する“爆買い”で大きな話題を呼んだ江蘇。 爆買いをスタートさせた2015年に国内カップで優勝。昨季には中国スーパーリーグで初優勝を遂げたが、その輝かしい歴史は脆くも崩れ去ることになった。 2021.03.29 22:59 Mon
twitterfacebook
thumb

今治のFW陳祥煜が中国スーパーリーグの深センに完全移籍

FC今治は10日、中国人FW陳祥煜(チェン・シャンユ/19)が中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部へ完全移籍することを発表した。 陳祥煜は中国江蘇省出身。江蘇省江陰体育学校附属高校から2020年に今治に加入。そのままJFLの高知ユナイテッドSCへと期限付き移籍していた。 深センは昨シーズンの中国スーパーリーグで15位。今シーズンも中国スーパーリーグで戦う。 2021.03.10 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

中国でプレーするオスカルが緊急手術、虫垂炎と妻が明かす

上海海港(元・上海上港)に所属する元ブラジル代表MFオスカルが、緊急手術を受けていたようだ。 かつてはチェルシーでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたオスカル。若くしての中国行きには驚きの声も挙がっていた。 キャリアのピークで中国へと渡っていたオスカルは、イギリス『talkSPORT』の独占インタビューに応じ、中国行きは悪くない決断だったとコメントしていた。 そのオスカルだが、実は虫垂炎にかかり、緊急手術を行っていたことがわかった。 オスカルの妻であるルドミラ・エンボアバさんが自身のインスタグラムを6日に更新。オスカルの緊急手術を報告していた。 「昨日、オスカルは虫垂炎を発症させたので、緊急手術を行わなければなりませんでした」 「彼は元気です。明日、私たちは家に戻ります」 エンボアバさんは、ストーリーズでベットに横たわるオスカルや、病室でパジャマ姿でうろつくオスカルの動画をアップしていた。 2021.03.06 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

中国クラブ退団が報じられたハムシク、母国ではなくスウェーデンに電撃移籍へ

かつてナポリでプレーしていたスロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)がクラブを退団したようだ。 ハムシクは、2019年2月に長年所属したナポリを離れ、中国スーパーリーグの大連人職業へと完全移籍していた。 ナポリでは公式戦通算520試合に出場し121ゴール100アシストを記録していたハムシクは、大連人職業では公式戦45試合で5ゴール4アシストを記録していた。 そのハムシクだが、スウェーデン『エクスプレッセン』によると、大連人職業を退団し現在はフリーとなっているとのこと。さらに、スウェーデンのヨーテボリへと移籍することで口頭合意したと報じられている。 ユーロ2020の出場を目指しているハムシクは、一部報道で母国スロバキアのスロバン・リベレツへ移籍すると報じられていたが、移籍に障害が生じたとのこと。その後、ヨーテボリに連絡があったようだ。なお、正式契約は今後数日で行われるとのことだ。 2021.03.06 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯の日本戦でゴールの元コロンビア代表MFキンテーロが中国の深センへ完全移籍

中国スーパーリーグの深センは1日、リーベル・プレートの元コロンビア代表MFフアン・キンテーロ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キンテーロは母国のエンビガードでキャリアをスタート。その後は、アトレティコ・ナシオナルへと移籍すると、2012年7月にペスカーラへとレンタル移籍。2013年7月に完全移籍を果たしていた。 その後、2015年8月にポルトへと完全移籍。ポルト加入後もレンタル移籍を繰り返し、スタッド・レンヌやインデペンディエンテ・メデリン、リーベル・プレートでプレー。2019年1月にリーベル・プレートへと完全移籍していた。 リーベル・プレートでは公式戦60試合に出場し10ゴール7アシストを記録していた。 優れたボールテクニックとドリブル、精度の高いキックやパスのアイデアが特徴のキンテーロはトップ下を中心に、中盤の様々なポジションでプレーが可能な攻撃的な選手だ。 また、コロンビア代表としても22試合に出場し3ゴールを記録。2014年、2018年とワールドカップに2度出場し、ロシア・ワールドカップでは日本代表戦で壁の下を抜く絶妙なFKからゴールを記録していた。 2021.03.02 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly