こんな動き見たことない…!稀代のファンタジスタ、ロナウジーニョが決めた天才的発想とテクニック【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

2021.02.28 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロナウジーニョ(当時23歳)
国籍:ブラジル
所属:バルセロナ
ポジション:FW
身長:181cm母国クラブを経て、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入し、一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍すると、“銀河系軍団”の異名を取ったレアル・マドリーの陰に隠れ、低迷していたバルセロナを再び欧州の頂点まで導く活躍を見せた。

【試合詳細】
日程:2004年2月8日
大会:ラ・リーガ第23節
対戦相手:オサスナ
時間:後半32分(1-1)


◆ロナウジーニョが決めた圧巻のテクニカルボレー

1-1と同点で迎えた77分、バルセロナがコーナーキックを得ると、こぼれ球を詰めた味方のシュートミスがゴール前にいたロナウジーニョに入る。ゴールに背を向け、DF2人に挟まれた状態でボールを持ったロナウジーニョだが、ファーストタッチでボールを浮かせると反転しながら空中に浮いたボールをボレーシュート。GKやDFに反応する隙を与える事無くシュートをゴール左に決めてしまった。

圧巻の勝ち越しゴールを決めたロナウジーニョ。試合は2-1としたバルセロナがこのまま勝利している。
関連ニュース
thumb

バルサ移籍噂のデパイが今夏へ 「大事な決断を下すとき…行き先は僕自らが決める」

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)が将来に注目を集めるなか、今夏のスタンスを示した。 マンチェスター・ユナイテッドでの挑戦が鳴かず飛ばずに終わったデパイだが、2017年から活躍の場に移したリヨンで見事に復活。公式戦177試合76得点53アシストの数字を収め、今やキャプテンマークも託される。 だが、リヨンとの契約は今季最終年。昨夏からオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の意向を受け、バルセロナ行きの可能性が取り沙汰され続けており、今夏の動向も大いに注目されているところだ。 そうしたなか、デパイは自身のツイッターで今後の将来を決める上で、自ら交渉に携わり、進路を決めていくと述べた。 「自分のキャリアをコントロールするときが来た」 「将来について大事な決断を下さなければならない時期が来たから、これからの契約について法のエキスパートたちに支えられ、信頼できる腹心のチームと一緒に交渉していくと決心した」 「行き先については僕自らが決める。君たちが最初に知る人になるだろう」 なお、渦中のデパイを巡っては先日、クーマン監督の来季続投が条件だが、バルセロナと来季加入で合意に達したと報じられている。 2021.05.18 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサGKテア・シュテーゲンが膝蓋腱の治療で一足先にシーズン終了&ユーロ不参加が決定

バルセロナは17日、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、テア・シュテーゲンは右ヒザの膝蓋腱を治療する必要があるとのこと。20日にスウェーデンのマルメで処置を受けるとのことだ。 なおクラブのメディカルチームも立ち会っての治療となる。 また、バイエルンGKマヌエル・ノイアーに次ぐ第2GKとしてプレーしていたテア・シュテーゲンだが、この治療によりユーロ2020に臨むドイツ代表にも参加しないこととなった。 テア・シュテーゲンは自身のインスタグラムで今回の決断の心境をつづっている。 「昨日の敗戦と、ラ・リーガで優勝できなくなったことに失望している。複雑なスタートを切った後、僕たちは19試合連続で無敗という素晴らしいキャラクターを示したけど、その調子を維持することができなかった」 「クラブのメディカルチームと一緒に、ヒザの保存療法を行うことに決めた。今年の夏に開催されるユーロ2020を欠場することとなり、とても残念だ」 「久しぶりにホームで母国を応援するファンになるけど、優勝して欲しいと思っている」 「休みが終わり、ピッチに戻ったら、またファンと一緒にプレーできることを願っている。とても懐かしいものだ」 「難しいシーズンを通して、応援してくれてありがとう」 <span class="paragraph-title">【SNS】テア・シュテーゲンがシーズン終了を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CO-SpqmgAkZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CO-SpqmgAkZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CO-SpqmgAkZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Marc ter Stegen(@mterstegen1)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.05.17 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナが女子CLで初優勝! 男女同時優勝目指したチェルシーを前半の4発で退ける《女子チャンピオンズリーグ》

16日、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)決勝のチェルシーvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利。見事に初優勝を果たした。 男女で同時にチャンピオンズリーグ優勝を目指し初の決勝進出となったチェルチーと、2018-19シーズンのファイナリストであるバルセロナの一戦。互いに初優勝を目指した試合はバルセロナが圧倒した。 開始1分、バルセロナのリーケ・マルテンスがボックス手前からシュート。これがクロスバーに当たり高くボールが跳ね上がる。これがルーズボールとなると、最後はチェルシーのフラン・カービーがクリア。しかし、これがメラニー・ロイポルツに当たると、チェルシーゴールへ吸い込まれ、バルセロナがオウンゴールで先制する。 さらに、12分にはヘンニ・エルモソがボックス内で倒されバルセロナがPKを獲得。アレシア・プテジャスが左にしっかりと決めて、リードを2点とする。 0-2とした20分には、アイタナ・ボンマティがボックス内に侵入し縦パスを受けると、そのまま冷静に流し込み、3点目を奪い切ってしまう。 圧倒するバルセロナは36分にマルテンスがドリブルで左サイドを突破。ボックス内に侵入し深さを取るとグラウンダーのクロス。これをキャロライン・グラハム・ハンセンが合わせて4点目。後半はスコアが動かなかったが、そのままバルセロナが逃げ切り0-4で勝利。初勝利を収めた。 チェルシーは男子チームも決勝に進んでいた中で、アベック優勝を目指したが敗戦。初優勝を逃していた。 なお、バルセロナは史上8クラブ目の優勝クラブに。フランクフルト(ドイツ)、ウメオIK(スウェーデン)、ポツダム(ドイツ)、アーセナル(イングランド)、デュイスブルク(ドイツ)、リヨン(フランス)、ヴォルフスブルク(ドイツ)がこれまで優勝していた。 <span class="paragraph-title">【動画】バルセロナ女子がCL初制覇! 歓喜のトロフィーリフト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4QmxQbHRMMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.17 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼なしではプレーできない」終戦のバルセロナ、クーマン監督は30ゴールのメッシについて言及

バルセロナのロナルド・クーマン監督がセルタ戦の敗戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは16日、ラ・リーガ第37節でセルタと対戦。優勝にわずかな望みを持った中での一戦となった。 前半から攻め立てるバルセロナは、28分にリオネル・メッシの今シーズン30ゴール目で先制。その後も試合を支配するが、38分にサンティ・ミナのシュートが決まり同点とされる。 内容で圧倒したバルセロナだったが、1つのチャンスを活かされてしまうと、後半も攻勢に出る。しかし、ゴールが遠いと83分にはクレマン・ラングレが退場。すると、チャンスがほとんどなかったセルタが89分にサンティ・ミナが再びゴールを奪い1-2で逆転。1-2で敗れてしまった。 首位のアトレティコ・マドリーと2位のレアル・マドリーも勝利したため、買っていても優勝の可能性が潰えていたバルセロナ。クーマン監督は、運がなかったことを嘆いた。 「前半について話せば、複数の試合で我々に起こったことを反映している。良いプレーをしてチャンスを作り、それをものにしたが、相手は1度だけだった。1-1でドレッシングルームに戻るのは精神的に難しくなる」 「後半はあまり良くなかったが、1人少ないながらも2-1にできた。最終的には1-2となり、運がないときはいつだってこうなってしまう」 また、この試合で30ゴール目を奪いながらも、リーグタイトルを逃したメッシ。昨夏同様に去就が騒がしくなるが、この試合が最後の試合になるかどうかについて言及。チームに残ってもらいたいと語った。 「彼は今でも世界最高の選手であり、彼なしではプレーできないことを今日は示したのだから、そうならないことを願う」 「彼はすでに30ゴールを決め、多くの勝ち点をもたらせた。これはレオにとっての質問だ」 「私にとってもチームメイトにとっても、レオがいないのであれば、誰がこれだけゴールを決められるのかは疑問だ。クラブが我々と共にいることを願う」 2021.05.17 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが今季30ゴールもセルタに逆転負けのバルセロナが終戦…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第37節、バルセロナvsセルタが16日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのセルタが1-2で逆転勝利した。 前節、一時2点差を付けるもレバンテ相手に2度のリードを守り切れず、痛恨の3-3のドローとなった3位のバルセロナ(勝ち点76)は、わずかな可能性に懸けて8位のセルタ(勝ち点50)とのホームゲームに臨んだ。レバンテ戦からの変更はサスペンションのフレンキー・デ・ヨングに代えてイライクスを起用する1点のみとなった。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたバルセロナは開始10分に決定機。メッシのスルーパスに抜け出したグリーズマンがボックス左でGKと一対一となるが、ここはGKにコースを消されて開始早々の先制点とはならず。 それでも、後方から安定したビルドアップで中盤から前線の選手に良い形でボールが入るホームチームは以降もセルタに何もさせない圧倒的な試合運びを見せる。 そして、28分にはボックス手前左でブスケッツが入れた絶妙なクロスに反応したメッシがゴール前に飛び出して頭で合せると、このシュートがゴール左隅に決まった。 メッシの今季ラ・リーガ30点目で幸先よく先制に成功したバルセロナは前節の反省を生かして積極的に2点目を狙っていく。だが、38分には一瞬の隙を突かれてカウンターを浴びると、左サイドからアスパスが折り返したボールをペナルティアーク付近で受けたサンティ・ミナに意表を突くタイミングで右足を振り抜かれると、DFピケがブラインドになったか、GKテア・シュテーゲンが全く反応できず。このミドルシュートがゴール左に決まった。 試合内容を反映しない1-1のイーブンで後半に臨むことになったバルセロナは、うまく気持ちを切り替えられなかったのか、後半は一転して流れを掴み切れない。61分にはアラウホにセットプレーの場面でチャンスが訪れるも、決め切ることができない。 流れを変えたいクーマン監督はは64分にピケを下げてデストを投入。後ろを1枚削ってより攻撃的な布陣にシフト。さらに、やや疲れが見えたグリーズマンとデンベレを諦め、70分にトリンコンとブラースヴァイトを同時投入。77分にはボックス内で仕掛けたメッシがゴール左角度のないところからシュート性の折り返しを入れるが、これに味方は合わせ切れず。 すると、2点目が遠い我慢の展開の中で83分にはラングレがケビンへのアフターチャージで2枚目のカードをもらってしまい痛恨の退場に。1人少ない中で勝ち越しゴールを目指すことになったホームチームは87分、ボックス左に侵攻したジョルディ・アルバから絶妙なクロスが供給されるが、これをゴール前のブラースヴァイトが押し込むことができない。 この千載一遇のチャンスを逃した直後の89分には、ソラーリの右からのクロスが左ポストに当たってゴール前にこぼれたところをサンティ・ミナに押し込まれてドブレーテを許した。 その後、一人気を吐いたメッシが後半アディショナルタイムに個人技でゴールに迫るも、左足のシュートはわずかに枠の右に外れて試合はこのままタイムアップ。 今季を象徴する勝負強さを欠く内容で逆転負けのバルセロナは、2シーズン連続でラ・リーガ優勝を逃すことになった。 2021.05.17 04:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly