久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。


共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。

中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。

ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。

アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。

この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。

その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。

すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。

その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。

それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。
関連ニュース
thumb

先発復帰も51分で交代した久保建英、ヘタフェ監督が交代の理由を明かす

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、カディス戦についてコメント。日本代表MF久保建英の交代の理由も語った。スペイン『アス』が伝えた。 ヘタフェは10日、ラ・リーガ第30節でカディスと対戦。残留を争う中での大事な試合に、久保は2試合ぶりに先発に復帰した。 久保は右サイドで先発。立ち上がりから積極的にドリブルを仕掛けるなど攻撃的にプレー。ハイメ・マタの惜しいシーンを作り出すなどしていた。 しかし、前半はゴールレス。後半も同じメンバーで臨んだが、51分に久保が交代となった。 その後カディスに押し込まれることもあったヘタフェは、85分にオウンゴールで失点。そのまま0-1で敗れてしまった。 試合後、ボルダラス監督がチームとして得点が奪えていないことについてコメント。それもあり久保を先発させたと語った。 「それはゴールの決定力がないことが原因だ。チャンスがあれば、それを決めなければいけない」 「ゴールを決めている選手が少ないのは、ハンディキャップとなるだろう。点が入らなければ負けだ。だから久保はスタメンに戻った」 その一方で、久保が51分と早い時間に交代。その理由についても説明し、1トップのハイメ・マタをサポートする選手を置きたかったとし、久保のパフォーマンスは評価していた。 「トップの存在感が欠けていた。これは戦術的な交代だ。マタは孤立しており、味方が必要だった。我々はチャンスを作り、チャンスがあった」 「タケはとても良いパフォーマンスで、チームを助けようとしていた」 <span class="paragraph-title">【動画】2試合ぶり先発出場の久保建英がドリブルでDFを剥がしてクロスを試みる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=4fclkvgwbs1j1d31ecq4ev7v7" async></script> 2021.04.11 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、久保建英先発もOG献上で5試合未勝利《ラ・リーガ》

ヘタフェは10日、ラ・リーガ第30節でカディスと対戦し、0-1で敗れた。 現在リーグ戦4戦未勝利のヘタフェ。直近11試合でわずか1勝という成績で、降格圏内も迫ってきた。今節は久保が2試合ぶりの先発出場となった。 その久保は7分、右サイドでボールを受けると、緩急を使ったドリブルで相手を1人抜いてクロスへ。股の間を狙ったが、上手くいかずCKに。 そのCKでは久保のクロスから混戦が生まれ、ゴール前でハイメ・マタがシュート。しかし、立て続けに放った2度のシュートはどちらもブロックされた。 その直後、今度はカディスのカウンターを受けるが、懸命に戻ったジェネが阻止。見事なディフェンスを見せた。 15分にはカディスの左CKの流れから、サルビのクロスをヨンソンがシュート。カディスにとっては前半最大の決定機だったが、ここはポストに嫌われた。 互いに選手交代なしで後半に進んだが、ヘタフェは51分に久保を下げてアンヘルを投入。久保は大きな見せ場のないまま、お役御免となった。 その後もヘタフェがなかなかチャンスを作れない中、60分のCKではジェネのヘディングシュートがゴールを掠める。しかし、ネットを揺らしたのはアウェイのカディスだった。 64分、エスピノが左サイドから上げたクロスがヘタフェの選手に当たってイレギュラーなボールがゴール前に入ると、GKとの連携ミスからティモルがオウンゴール。 結局、その後もチャンスらしいチャンスが作れなかったヘタフェは0-1で敗れ、5試合未勝利となった。 2021.04.10 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘタフェ、決定機を生かせず低調オサスナとゴールレスドロー《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは3日、ラ・リーガ第29節でオサスナと対戦し、0-0の引き分けに終わった。久保は81分からプレーしたした。 3試合勝利のない14位ヘタフェ(勝ち点29)が、13位オサスナ(勝ち点30)のホームに乗り込んだ一戦。代表ウィークにU-24日本代表に招集されていた久保はベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の続く中、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、20分を過ぎてもシュートシーンはなく膠着状態が続く。そんな中ヘタフェは24分、ボックス右手前でパスを受けたアランバリがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKセルヒオ・エレーラのセーブに阻まれた。 前半は決定機がなくゴールレスで迎えた後半、ヘタフェは48分にロングボールに反応したアレーニャがククレジャとのパス交換でボックス内に侵入しダイレクトシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 その後、積極的に選手を入れ替えるオサスナに対してヘタフェは81分にティモルを下げて久保を投入。さらに85分にアレーニャとチャクラを下げてサビトとエチェイタをピッチに送り出した。 しかし、ヘタフェは試合終盤にピンチを迎える。90分、R・トーレスのパスをボックス右手前で受けたブディミルが反転トラップでボックス内まで持ち込みシュート。これはGKソリアが好セーブで弾き出し、難を逃れた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。ヘタフェは3試合連続ドローとなった。 2021.04.04 03:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ残り10試合、久保建英の巻き返しは期待できるのか

◆鮮烈のデビューから控えに。そして一筋の光明 久保建英は徐々にヘタフェCFの第一線から外れていった。それどころか、通りすがりの端役にまで追いやられた。入団直後、チーム練習すらせず、スタメンに抜擢された日本人選手は、先発出場を4度続けたものの、以降、ホセ・ボルダラス監督のチームでキックオフからピッチに立つことはなくなった。 タケはヘタフェに加入するやいなや、センセーションを巻き起こした。一緒に練習ができず、チームメートと知り合う間もなく出場したエルチェ戦では、スペイン首都南部にあるクラブのファン全てに期待に抱かせる好印象を残した。そのドリブル、シュート、テクニックに秀でたプレーにより、ヘタフェの勝利に貢献したが、その後の試合で同じ久保建英の姿を見ることはできなかった。やがてスタメンンの座はニヨンに取って代わられ、タケはベンチに。それからの試合では途中出場で僅かな時間をプレーしただけだ。 傑出した働きを示すまでには至らずとも、ボルダラス監督は数試合の間をあけて、再びエルチェ戦でクボをスタメンに戻す。その頃には、もう誰1人先発を予想する者はいなかった。だが、しばらくイレギュラーなプレーを見せていたにも関わらず、その日の彼は輝いて見せた。エネス・ウナルの同点弾をアシストをしただけでなく、シュートチャンスに繋がるラストパスも3回送った。敵のミスを誘発し、エリア内で倒されながら、PKを審判に認められなかった件については、ボルダラス監督はこう分析している。 「ちょっと前にも言ったのだが、割を喰ったと感じる者は文句を言う。先日もマクシモビッチへの明白なPKがあったし、バジャドリー戦でもそうだ。セビージャ戦など、明らかなペナルティが2回もありながら、まったく取ってもらえなかった。タケへのプレーもPKになって良かったはずだが、ジャッジをするのは主審だし、VARから違うと言われたのだろう。全てにおいて少々、矛盾があるようだが、ヘタフェは判定に恵まれていない」 <span class="paragraph-title">◆代表戦による日本往復で生じた疑念</span> 今週末、タケがスタメンリピートできるかどうかは、まだ予想が立たない。ボルダラス監督によると、土曜のオサスナ戦2日前の時点でも何人かの各国代表選手がまだ帰還しておらず、クボもその1人だという。金曜には練習に戻ったが、たった1回のセッションをしただけでチームとパンプローナに移動することになる。それが若き日本人アタッカーにとってハンディキャップとなるのは間違いないところだ。 「戻って来た選手とまだの選手がいる。エネス・ウナルはケガをしてきたし、マクシモビッチは今日戻る予定だったのに着かなかった。何がどうなっているのかわからず、土曜の試合に使えるのかも不明だが、彼を信じているよ」と、試合前記者会見で語るボルダラス監督の表情には悲愴感すら、漂っていた。 久保建英を取り巻く状況はいまだに五里霧中とはいえ、3週間前よりは大幅に改善している。スタメンへの復帰、残留の直接ライバルであるエルチェとの試合における特筆すべき活躍、そしてU-24日本代表戦でアルゼンチン相手に見せた2つのアシスト。彼がこれをキッカケに一皮剥けるのか、今季はずっとそうだったようにアップダウンを繰り返すのか、まさに今が問われる時と言っていいだろう。まずはリーガ再開1試合目としてオサスナ戦が迫っている。エルチェ戦に続き、ヘタフェと久保建英が2部降格回避の闘いにこれからも明け暮れるのか、とうとう安全圏に到達できるのか、他チームの結果にも左右されるが、残り10試合の行く末を占う重大な一戦だ。 <span class="paragraph-title">◆不確かな未来</span> エルチェ戦でのいい働きは評価されているものの、レアル・マドリーではこの日本人選手に尚一層のコンスタントな活躍を期待している。事実、シーズン前半にいたビジャレアルにおいても、ヘタフェにおいてもレアル・マドリー上層部の目的は、レンタル移籍によって、プレー時間を獲得することだった。クボにはチームのカギとなるような重要な選手になってもらいたい。そう願っているマドリーは、彼に改善の余地がまだ大幅にあると思っている。それだけに現在の不安定さがこれからも続くならば、来季も再びレンタル移籍で修練を積むというのが論理的な帰結となるだろう。好ましいのはラ・リーガ、ヘタフェで再チャレンジというのが、フロレンティーノ・ペレス会長のクラブにとって、最善の選択にならないとは誰にも言えない。 クボの未来はヘタフェとのそれともリンクしている。最終的にボルダラス監督が今季限りでチームを去る可能性もあるからだ。来季の新プロジェクトでも彼が続投となれば、クボにとっても、コリセウム・アルフォンソ・ペレスは更なる成長を遂げるのにもってこいの場所となるだろう。その逆の場合、赴任する新監督が、マドリーのフロントにクボの再レンタルを依頼するべきかどうか、決めることになる。 <hr>記者紹介 文:フアンカル・ナバセラダ 1992年生まれのマドリッドのヘタフェ市出身。20才から、スペイン紙『マルカ』で働き、ヘタフェを担当。並行してスペインで唯一、ヘタフェのチーム情報を発信するラジオ、“オラ・アスローナ"を立ち上げ、8年間、放送を続けている。 <div id="cws_ad">翻訳:原ゆみこ</div> <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がアルゼンチン戦でCKから2アシストを記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lwv3s8jn7u5o1fpvlruqvyo9g" async></script> 2021.04.02 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2アシストのMF久保建英「本当に文句ない勝利」、FW林大地とのコンビも「やりやすい」

U-24日本代は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦。3-0で快勝を収めた。 26日に東京スタジアムで行われた試合では0-1で敗れていたが、この日はスタメン9名を入れ替えてプレー。前半から出しの早い、インテンシティの高いプレーを見せると、45分にDF瀬古歩夢(セレッソ大阪)のフィードに抜け出たFW林大地(サガン鳥栖)が初ゴールを奪い先制する。 後半はアルゼンチンも選手を変えて強度を高めた中、68分と73分にMF久保建英(ヘタフェ)のCKからMF板倉滉(フローニンヘン)がヘディングで2ゴールを奪取。そのまま逃げ切って勝利を挙げた。 試合後のメディア取材に応じたMF久保建英(ヘタフェ)は2つのアシストを記録したが「結果という形でチームが少し苦しい時間帯に2点目、3点目とアシストできたのは良かったと思います」とコメント。「1本目は板倉選手を狙って、2本目は空いているスペースに蹴って、誰かが入ってきてくれればという感じで、2本ともしっかりと決めてくれて良かったと思います」と語り、しっかりとゴールに繋がるプレーができたことを喜んだ。 セットプレー以外でもポジションを流動的に変えて、日本の攻撃を活性化していたが「全然悪くなかったかなと思いますし、打撲とか色々あって、治るかどうかのところで無理はするなと言われていましたけど、結局試合に間に合って、トレーナーやドクターの方々がケアしてくれて、その結果試合に出れて、個人としてもチームとしてもリベンジすることができて本当に文句ない勝利だったと思います」と語り、危ぶまれたケガも特に問題はないと満足感を示した。 この試合では1トップに入ったFW林大地(サガン鳥栖)とのコンビも機能していたが、「正直初対面で、選手としてもニュースで見るぐらいで点を獲っているというぐらいの印象でしたけど、今日組んでみて大体分かりましたし、個人的にもやりやすいというか、しっかり選手として成熟しているというかやることがハッキリしていて、あそこまで意図が見えやすい選手はいないので、やりやすいです」と語り、手応えを感じたようだ。 1戦目で負けている相手に対し連敗は許されない中での2戦目。そのメンタリティとしては「同じ相手にホームで負けるのはありえないですし、本気で勝ちにいって1戦目負けているので、2戦目で借りを返して、自分は前半終わった時にあと1点は欲しいねと話していて、トータルで1-1でしたし、結果2戦合計でも勝っていますし、良かったと思います」と語り、2試合合計で上回れたことは良かったと語った。 また1戦目からの改善点については「チームとしても落ち着いてボールを支配することができたと思いますし、守備で相手のロングボールだったり、ビルドアップにしっかり対応できたことが自分たちの攻撃にも繋がります」と守備面がハマったことを語り、「守備は最大の攻撃という人もいますが、今日はそこが攻撃への一歩目というか、守備で相手に良いプレーをさせないことで、自分たちの攻撃にもスムーズに入れたかなと思います」と攻撃がうまくいった要因に守備を挙げた。 またこの北九州スタジアムでは初めて代表クラスの試合が開催されたが、スタジアムについては「スタンドの方にはコロナ禍なので上がってないですけど、印象として入り口から凄く綺麗で、新しいスタジアムという印象もありましたし、スタジアム自体もすごくコンパクトで、サッカーをするのに観客の声も間近で聞こえると思いますし、サッカーをやるためだけのスタジアムはやっていて気持ちがいいです」とコメント。「グラウンドもコンパクトで、無駄なスペースもなく、ピッチもすごく良かったですし、ギラヴァンツ北九州はすごく良いスタジアムを持っているなと思いました」と語り、好印象を持ったと語った。 2021.03.30 01:38 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly