シティの“問題児”、世界で900台しかない6000万超えランボルギーニが押収

2021.02.25 18:44 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車を押収されてしまった。イギリス『サン』が伝えている。メンディはフランスで高級車ランボルギーニを購入。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。


イギリスでも高級車を乗り回していたメンディだったが、2020年11月、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明していた。

必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっていたが、保管期限を過ぎてもメンディは提出せず、この度正式に押収されたようだ。

チェシャー警察は「プレストベリー出身の26歳の男性が、保険なしでの運転と無免許での運転を行い、オンラインで有罪判決が出た」と発表。「男性は罰金880ポンド(約12万2000円)を科され、88ポンド(約1万2200円)の被害者課徴金と90ポンド(約1万3500円)の追加金の支払いのほか、6ポイントの減点が科せられた」としていた。

自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、4台に1台が正式に押収されているそうだ。

メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。

◆6600万円のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
関連ニュース
thumb

デ・ブライネもESL構想に反対 「何より重要なのが"競争"」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが欧州スーパーリーグ(ESL)の立ち上げに反対した。 欧州サッカー連盟(UEFA)主催のチャンピオンズリーグ(CL)に匹敵、それを上回る新たな大会として、新設の動きが判明した欧州スーパーリーグだが、一部メガクラブのオーナーによる私利私欲的なプロジェクトに各方面から批判が集中。19日、参戦合意済みだったプレミアリーグの“ビッグ6”が相次いで脱退を表明した。 数々の有力プレーヤーも次々といち現役の立場から反対の意思を示すなか、プレミア勢の先陣を切り、脱退意向を表明したシティで司令塔として活躍するデ・ブライネも20日にSNSを通じて、その流れに続いた。 「僕は可能な限り高いステージでプレーする夢を抱いて、ベルギーの小さな町から出てきた男だ」 「そんな僕はこれまでベルギー、ドイツ、イングランドのリーグ、そして母国の代表として、究極の勝利を勝ち取ろうとするみんなと働き、競争してきた」 「でも、そのなかで何より重要なのが"競争"という言葉だ。この数日間、色々な出来事があるが、全員が一丸となり、解決に動く良い機会かもしれない」 「僕らはこれが大きなビジネスだと認識して、僕もその一部であるのを重々承知している。でも、僕はフットボールをするのが大好きな少年に過ぎない」 「だから、特定の団体だけじゃなく、全世界のフットボールに関わる問題なんだ。次世代のフットボーラーに刺激を与え続け、ファンに夢を与え続けよう」 2021.04.21 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ESL参戦発表から僅か2日後、シティが撤退表明

マンチェスター・シティは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)参戦撤回を表明した。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだったが、批判が相次いでいる。 そんな中、参戦発表から2日後にシティが「正式に脱退するための手続きを行った」と声明を出し、参戦撤回を表明する形となった。 シティ以外にもチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ラ・リーガのバルセロナとアトレティコ・マドリーも参戦撤回の動きを見せているとのことで、ESL構想は早くも頓挫する様相となっている。 2021.04.21 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

想定外の猛反発受け、ESLプロジェクトは消滅か…現時点で半分の6クラブが撤退決断か

18日の創設発表からわずか数日でヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)創設の動きに暗雲が漂い始めている。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されるESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め”必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 各国のサッカー協会、各国リーグの反発までは想定していたESL参加クラブだったが、世論や自クラブからの猛反発までは想定外だったようで、チェルシーとマンチェスター・シティのプレミアリーグの2クラブと、バルセロナとアトレティコ・マドリーのラ・リーガ2クラブが早くも参戦撤回の動きを見せているようだ。 『タイムズ』や『スカイ・スポーツ』などのイギリスの主要スポーツメディアは、チェルシーとシティはすでにクラブ内で参戦撤回を決定したという。 また、スペイン『TV3 Catalunya』によると、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はソシオ総会で承認されるまでESLへの参加を認めないと断言。さらに、アトレティコに関しても即時撤退とはいかないものの、ESL参戦を再考する準備を進めているようだ。 さらに、イギリスメディアの続報によると、レアル・マドリーと共にESL創設を主導してきたと言われるマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルも撤退の動きを見せ始めており、その他のクラブもこの動きに追従する可能性が高まっているようだ。 2021.04.21 04:10 Wed
twitterfacebook
thumb

グアルディオラが自クラブも参戦同意のESLに言及 「努力と成功の関係が存在しないものはスポーツではない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、自クラブも参戦に同意しているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)創設に関して私見を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、シティとマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムのビッグ6が参戦に同意しているESLでは、その創設12クラブに関して成績に関係なく常任が認められるレギュレーションとなっており、スポーツ面に関しても不健全なリーグとの指摘が相次いでいる。 現時点で公式声明を除きESLに関する詳細を把握できていないグアルディオラ監督は、明確な言及を避けるも同リーグのレギュレーションに不満を抱いている。スペイン人指揮官が21日に行われるプレミアリーグ第32節、アストン・ビラ戦の公式会見の場で語っている。 「何が起こるのか、何が作られるのか、誰もそれ以上の詳細を教えてくれなかった」 「正直なところ、我々(監督たち)はそれについて尋ねるのに適した人間ではない。なぜなら、この委員会の会長たちだけが、フットボールの未来のためのアイデアについて、より明確に話すことができるからだ」 「だからこそ、我々にとって少し居心地が悪い。我々はすべての情報を持っていない。すべての情報が手に入れば、私は自分の意見を述べることができる」 「今日時点で知っていることについては意見を述べることができるが、それ以上のことはわからない。それが現実だ」 「ただ、努力と成功の関係が存在しないものはスポーツではない。成功がすでに保証されているものはスポーツではなく、負けても問題ないものもスポーツではない」 「しかし、現時点では単なる声明であり、それ以上のものではない。この委員会の会長には、なぜこのような決定を下したのかを全世界に向けて説明してもらいたい。なぜ、このような特定のチームが選ばれ、この大会に出場するのか、私にはわからないよ」 「私は何度も言っているが、個人的には可能な限り最高で最強の大会、とりわけプレミアリーグを望んでいる。そして、1つのチームがトップに立つために戦った後、いくつかのクラブの成功が保証されているため、資格を得ることができない場合は公平とは言えない」 「(ESLは)まだ息をしていない胚のようなものだ。それが現実だ」 「我々としては来週のチャンピオンズリーグで決勝に進出し、来シーズンはヨーロッパの大会に出場する。なぜなら、我々にはその資格があり、ピッチ上でそれを勝ち取ったからだ」 2021.04.20 23:41 Tue
twitterfacebook
thumb

アグエロがバルセロナ行き決断か? 盟友との共演に向け減俸受け入れへ

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)が、バルセロナ移籍を決断したようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が報じている。 先月末に今シーズン限りでのシティ退団が決定したアグエロは、チェルシーやアーセナルといったイングランドのクラブに加え、バルセロナやユベントス、パリ・サンジェルマン行きの可能性が取り沙汰されてる。 そういった中、以前から有力な新天地候補に挙がっていたバルセロナ行きの可能性が高まっているようだ。 盟友である同胞FWリオネル・メッシとの共演を望むアグエロに対して、ジョアン・ラポルタ新会長率いるバルセロナの幹部はすでに接触を図っており、2年契約のオファーを掲示したという。 バルセロナ行きに関しては、現行契約で年俸1300万ユーロ(約17億円)と言われる高額なサラリーを諦めて減俸を受け入れる必要性があるが、アグエロは盟友とのクラブ初共演を優先する可能性が高いという。 2021.04.20 22:33 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly