新たに清水を率いるロティーナ監督、チーム作りは「非常に順調」、変化があると語る

2021.02.25 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。


昨シーズンまではセレッソ大阪で指揮を執り、今シーズンからは清水エスパルスの監督に就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が合同記者会見に出席した。

開幕戦の相手は昨シーズン5位の鹿島アントラーズ。印象については「鹿島の印象に関しては強いチームという印象がある。昨年の当初こそ変化があって少し苦しんだと思うが、そのあとはさすがアントラーズというところで、しっかりと巻き返して強いチームに復活していったと思う」と昨シーズンの復調ぶりについてコメント。「今年もそれは同じように強さは続くだろうし、タイトルを狙えるだけの力のあるチームで、アジアを代表するチームになっていくと思う」と、鹿島を高く評価した。

今オフに大型補強を敢行した清水。ここまでの手応えについては「我々は、ここまで非常に順調に積み上げができていると思っている。キャンプでも大きなケガはなく、積み上げることができた」と語り、新チームながらも自信を見せた。

一方で、「去年から体調の問題を抱えているヘナト・アウグストエウシーニョはしっかりと合流できていないが、シーズンスタートしてからチーム全体としては良い積み上げができていると思う」と全ての選手が揃ってはいないとコメント。また、大量にいる新戦力については「新しい選手も入ってきて、そして私、我々としては1年目となる。チームの中には変化もある」と新たな側面を出すと語った。
関連ニュース
thumb

G大阪、清水と0-0ドローで連勝ならず…宇佐美&井手口のシュートはいずれも枠【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が18日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vs清水エスパルスは0-0のドローに終わった。 今季5試合目にして、ついに初ゴールが生まれ、初白星を手にした暫定17位のG大阪。さらに勢いづきたい今節はプロ初出場&初先発の大卒ルーキー佐藤が右サイドバックに抜擢され、前節欠場のチュ・セジョンがボランチの一角で復帰した。 一方、清水はここ3試合白星なしの13位。ミッドウィークに試合をこなしたG大阪と比べて日程的に余裕があり、体力面で優位に立っての今節は前節から2選手のメンバー変更が施され、原、中村に代わり、立田、西澤がスタートから出場した。 下位からの脱出を狙う両雄の一戦。序盤こそ清水のプレッシングに手を焼き、なかなか後ろからのビルドアップを効果的な崩しに繋げられずにいたG大阪だが、相手のミスも突きつつ、個のスキルも織り交ぜた攻撃でやや押し気味に試合を進めていく。 そのG大阪は開始4分にチアゴ・アウベスのワンタッチパスからフィニッシュに持っていった宇佐美が20分にもバイタルエリア中央で相手DFのクリアを回収して右足コントロールショット。GK権田も反応できずの場面だったが、ゴール右上角に嫌われる。 肝を冷やした清水だが、その直後に敵陣中央で三浦のボールロストを見逃さなかったチアゴ・サンタナがそのまま推進力を生かして最終ラインの背後を取る絶好の先制機。しかし、ミートし切れなかったシュートはGK東口を脅かすにいたらない。 飲水タイム明けの流れを握ったG大阪だが、41分に井手口が放った右足ミドルは左ポストを直撃。再び枠に救われた清水も45分に敵陣左サイドの佐藤からボールをかっさらったチアゴ・サンタナに改めて決定機が巡ってくるが、このチャンスも生かせない。 後半に入り、体力面で優位な清水が攻め入る時間を増やしたが、ややペースダウンのG大阪も踏ん張りの効いた守りで対抗。清水がボールポゼッションでも盛り返した流れを引き戻そうと、倉田、福田、山本の交代カードを切りながら勝機を探っていく。 巻き返す清水はディサロ燦シルヴァーノ、福森、後藤を立て続けに送り出して打開を図るが、G大阪も押し返す時間を作り出して反抗。87分に一美も投入して、後半アディショナルタイムに井手口、山本がフィニッシュに持ち込むが、いずれも枠に飛ばせない。 結局、スコアに動きのないままタイムアップとなり、ホーム2戦目も勝利で飾れなかったG大阪は連勝で勢いに乗れずの勝ち点1。清水は2戦連続ドローの4試合白星なしに終わっている。 ガンバ大阪 0-0 清水エスパルス <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史の右足を振り抜いた強烈なシュートはクロスバーに弾かれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=g8csiwd4odhc1eqpifmy2lesk" async></script> 2021.04.18 19:12 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、来季加入内定の筑波大DF山原怜音が特別指定選手に

清水エスパルスは16日、来シーズンから加入が内定している筑波大学のDF山原怜音(21)が特別指定選手に承認されたことを発表した。 山原は京都府京都市出身で、JFAアカデミー福島でプレー。その後、筑波大学へと進学した。 U-16日本代表や全日本大学選抜などを経験。2019年のユニバーシアードでは優勝を経験し、2021年のデンソーカップでは優勝とMVPを受賞していた。 2021.04.16 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

清水MFヘナト・アウグストが一時帰国、左ヒザ関節軟骨損傷と診断され母国で治療

清水エスパルスは14日、ブラジル人MFヘナト・アウグストが一時帰国することを発表した。 クラブの発表によると、ヘナト・アウグストは左ヒザ関節軟骨損傷と診断。全治は未定となっている。 左ヒザに関してはこれまで治療を行ってきたが、ブラジルに帰国して治療することとなったようだ。なお、全治や再来日については確定次第発表するとのことだ。 2019シーズンにパイサンドゥ加入したヘナト・アウグストは、2シーズンで明治安田生命J1リーグで47試合に出場し5得点。今シーズンはケガで開幕を出遅れたが、3試合に出場していた。 2021.04.14 13:33 Wed
twitterfacebook
thumb

岩尾憲がJ1初得点! 清水に3発快勝の徳島、クラブ初のJ1連勝!【明治安田J1第7節】

明治安田生命J1リーグ第7節、清水エスパルスvs徳島ヴォルティスが4日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-3で徳島が勝利した。 代表マッチウィークが明けて、2週間ぶりの再開となるJ1。前節柏レイソルを下して開幕節以来の勝利を挙げた清水は、その後のルヴァンカップでもベガルタ仙台を破り、公式戦2連勝中。対する徳島は、前節の横浜FC戦で7シーズンぶりのJ1白星。今節はJ1初連勝を目指す。 良い立ち上がりを見せたのはホームの清水。6分にエウシーニョのパスで後藤がチャンスに。14分には中央から左へドリブルで展開したチアゴ・サンタナが、左サイドの西澤とのパス交換でボックス左に侵入。シュートはGK上福元に止められた。 だが、徐々にポゼッションを高めていく徳島も20分に鈴木がシュートを放つと、迎えた28分、自陣でボールを奪った宮代がドリブルで前進。ボックス手前で放ったシュートはGKの正面に飛んでしまったものの、権田がキャッチしきれず前にこぼしたところを、宮代自ら押し込んで先制点を奪った。 1点ビハインドで後半を迎える清水は、ハーフタイムに一挙に3選手交代。金子、福森、後藤を下げて、中山、原、カルリーニョス・ジュニオを投入する。しかし49分、徳島の垣田が右サイドから上げたクロスが鈴木の腕に当たってしまい、PKを献上。これを岩尾が決めた徳島が勝利を手繰り寄せる2点目を挙げた。岩尾はこれがJ1初得点となった。 勢いに乗った徳島は、その後次々と清水のゴール前に侵入しシュートを打っていく。対する清水はポゼッションを上げて攻撃を組み立てるが、アタッキングサードでの精度が上がらず、ゴールを脅かすまでには至らない。72分に巧みなトラップでチェックを外したカルリーニョス・ジュニオがボックス手前からミドルシュートを放ったが、枠を捉えられず。 幾度かセットプレーのチャンスもあった清水だが、守りに徹する徳島が淡々と跳ね返す。すると後半アディショナルタイム、岸本の守備からカウンターを発動した徳島は、持ち上がった岸本が右サイドからクロスを上げると、絶妙なタイミングでゴール前に走り込んだ垣田が頭で合わせてトドメの3点目。 勝利をモノにした徳島は、これでJ1初の連勝。一方の清水は公式戦連勝が2でストップした。 清水エスパルス 0-3 徳島ヴォルティス 【徳島】 宮代大聖(前28) 岩尾憲(後9) 垣田裕暉(後47) 2021.04.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「この時をずっと待っていた」清水のDFウィリアム・マテウスが来日、左SBが主戦場

清水エスパルスは4日、DFウィリアム・マテウスの来日を発表した。 ウィリアム・マテウスは3日に来日。新型コロナウイルス感染防止のための追加的防疫措置として、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経てチームへ合流する予定だ。 ウィリアム・マテウスは、フィゲイレンセやバイーア、ヴァスコ・ダ・ガマ、パウメイラスなどでプレー。また、リーグ・アンのトゥールーズでプレーした経験もある。 リーグ・アンでは24試合に出場し2アシストを記録。その後はブラジルに戻り、コリチーバやグアラニでプレーした。 左サイドバックが主戦場のウィリアム・マテウスは、2020シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで24試合に出場し1ゴール1アシストを記録。キャプテンも務めており、左サイドハーフとしてもプレー可能だ。 通算では、セリエAで149試合に出場し3ゴール10アシスト、セリエBでも45試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 1月に加入内定が発表されていたものの、外国人の新規入国が制限されていたため3カ月遅れでの入国となったウィリアム・マテウスが来日を喜んだ。 「日本に来るこの時をずっと待っていたので、非常に嬉しいです。これまで一人で練習していたので、コンディションはまだまだですが、これから2週間で100%に近づけていきたいと思います」 「これまでサポーターの皆さんにはSNSでメッセージをいただき、感謝しています。早く皆さんに会えるときを楽しみにしています!」 <span class="paragraph-title">【写真】来日した空港でのウィリアム・マテウス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今シーズンより加入が内定しているウィリアム マテウス選手が、4月3日に日本に入国しましたので、お知らせいたします。<br><br>メッセージはこちら<a href="https://t.co/VWkkxxFHpy">https://t.co/VWkkxxFHpy</a><a href="https://twitter.com/hashtag/spulse?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#spulse</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WilliamMatheus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WilliamMatheus</a> <a href="https://t.co/I5U037zSzj">pic.twitter.com/I5U037zSzj</a></p>&mdash; 清水エスパルス公式 (@spulse_official) <a href="https://twitter.com/spulse_official/status/1378549189957677056?ref_src=twsrc%5Etfw">April 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.04 12:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly