オギュスタンの苦境続く…今季加入のナントでシーズン終了までリザーブ降格

2021.02.24 23:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントに所属するフランス人FWジャン=ケビン・オギュスタン(23)の苦境が続いている。オギュスタンはRBライプツィヒと、リーズ・ユナイテッドの間で現在も係争中の買い取りオプションの行使の有無を巡る問題に巻き込まれた中、昨年10月にナントにフリートランスファーで加入。


母国で心機一転を図ったものの、今シーズンはクラブが残留争いに身を置く中でリーグ・アン3試合の途中出場に留まっていた。

さらに、フランス『Ouest-France』など地元メディアが伝えるところによると、今月に新指揮官に就任したアントワーヌ・コンブアレ監督はチームが今後の残留争いを戦っていく中、よりチームとしての一体感を持つことを重要視し、不満分子になりかねないオギュスタンを含む構想外の数選手を今シーズン終了までフランス4部に在籍するリザーブチームに降格させる決定を下したという。

これにより、かつてはフランス国内で将来を嘱望されていた23歳は4部リーグでのプレーを強いられることになったようだ。

パリ・サンジェルマンの下部組織育ちのオギュスタンは、アンダー年代のフランス代表での活躍により、10代後半から将来を嘱望されたスピードとテクニックに長けた左利きのストライカー。

2017年夏に加入したライプツィヒでは加入初年度にブンデスリーガ25試合9ゴールを挙げる活躍により、更なる飛躍を予感させた。だが、以降は戦術理解の乏しさなど粗さが目立ち、ユリアン・ナーゲルスマン監督が新指揮官に就任した昨シーズンは前半戦をモナコ、後半戦をリーズ・ユナイテッドとレンタル先で過ごしていた。
関連ニュース
thumb

ナントが見せた効果的なビルドアップからエミリアーノ・サラが頭で押し込む!/2016-17【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラがナントで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなビルドアップからサラが決める<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0bFFkdzAxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国でのデビューを経て若くして名門ボルドーに渡ったサラは、レンタル移籍でフランスを渡り歩いた後の2015年夏にナントに加入。ブレイクを果たしたものの、2019年1月にカーディフと契約した直後、飛行機墜落事故により命を落としていた。 ナントでは公式戦133試合48ゴールとエース級の活躍を見せていたサラだが、2017年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のロリアン戦では、見事な連携からゴールを決めている。 拮抗した展開が続いた試合は、スコアレスのまま推移。このまま引き分けに終わるかと思われた89分、ナントが最終ラインでボールを持つと、ビルドアップを開始。効果的な縦パスで相手のプレスをかいくぐり、右サイドから攻撃を展開すると、ボックス右まで侵入したDFレオ・デュボワがクロスを入れる。ゴール前でサラがこのボールに高いジャンプからヘディングを合わせると、ゴール右にシュートが決まり、土壇場でリードを奪った。 試合はそのまま1-0でナントが勝利している。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“神童”の致命的ミス!ムバッペの痛恨パスミスをかっさらって決める/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、ナントのフランス人FWランダル・コロ・ムアニが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの致命的なエラー…!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4TXRnRG5ScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ナントの下部組織で育ったコロ・ムアニは、若くしてファーストチームに昇格すると、レンタル移籍を経て、主力に定着。期待の若手としてプレーしている。 今シーズンはここまで公式戦29試合で4ゴール6アシストを挙げているコロ・ムアニだが、2021年3月14日に行われたリーグ・アン第29節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦では、見事なゴールを決めている。 0-1とナントビハインドで迎えた59分、最終ラインでボールを繋ぐPSGに対し、ナントの攻撃陣が前線から積極的なプレスをかける。前線から降りてきたFWキリアン・ムバッペが自陣中央でボールを受けるも、ナントの果敢なプレスに判断を誤ったか、ボックス手前でフリーになっていたコロ・ムアニにパスしてしまう。絶好の位置で相手からボールを奪ったコロ・ムアニはそのままゴール前に進み、ゴール中央に豪快なゴールを決めてみせた。 ムバッペの致命的なミスから同点に追いついたナント。このゴールで流れが変わったか、ナントがその後逆転に成功し、2-1でPSGに勝利し、金星を挙げている。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.03.19 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鮮やかな連携攻撃!ナントが王者PSGをサイドから攻略/2017-18【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はブルキナファソ代表FWプレジュス・ナクルマがナントで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ナントが王者PSGを鮮やかに攻略!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4Ymx1NXdRNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国ブルキナファソでキャリアをスタートさせたナクルマは、ポーランドやトルコでのプレーを経て2017年1月にナントに加入。主力としてプレーした。 ナントに在籍した1シーズンでは、公式戦29試合で9ゴールという数字を残したが、2017年11月18日に行われたリーグ・アン第13節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦では、見事な連携からゴールを決めている。 0-2とナントビハインドの60分、相手GKのクリアをナントの選手がセンターサークル付近で拾うと、右サイドへ展開。MFジュール・イロキが相手からのプレスをすり抜けるパス交換で右サイド裏のスペースに抜け出し、そのままボックス右へ侵入する。そこから鋭いクロスを入れると、ファーポストでDFレオ・デュボワがダイレクトで折り返したところを、ゴール前でナクルマが押し込んだ。 このゴールで1点差に追い上げたナントだったが、その後立て続けに失点。1-4で敗れている。 <span data-sg-movie-id="955" data-sg-movie-title="【鮮やかなサイドアタック】ナントが王者PSGをサイドから攻略"></span> 2021.03.16 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

18位ナントがドメネク監督を解任…後任はかつて昌子源所属のトゥールーズを率いたコンブアレ氏

ナントは10日、レイモン・ドメネク監督(68)を解任し、アントワーヌ・コンブアレ(57)氏が新監督に着任したことを発表した。 ナントは今シーズン、リーグ・アン第16節消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは昨年12月8日に、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任し、かつてフランス代表を率いていたドメネク監督を招へいした。 しかし、今シーズン終了までの契約で古豪立て直しを託された同監督だが、ここまで指揮した7試合で3敗4分けと一度も勝利を挙げられず、チームの順位も自動降格圏手前の18位に。フランス『レキップ』など国内の有力紙などが公式発表の前に解任を報じていたが、既報通りとなった。 後任のコンブアレ氏は、これまでにパリ・サンジェルマンやランス、ギャンガンやディジョンなどフランスのクラブを歴任。直近では2019年10月に、当時日本代表DF昌子源が所属していたトゥールーズの監督に就任したが、2020年1月はじめに成績不振で解任されていた。 2021.02.11 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ナント、電撃就任のドメネク監督を解任へ…就任7戦未勝利

ナントがレイモン・ドメネク監督(68)を解任することが決定的となった。フランス『レキップ』など複数メディアが数日中の解任の可能性を報じている。 ナントは今シーズン、リーグ・アン第16節消化時点で3勝7敗6分けの15位に低迷。この成績不振を受けてクラブは昨年12月8日に、2019年8月からチームを率いていたクリスティアン・グルキュフ前監督を解任していた。 そして、後任としてかつてフランス代表を率いていたドメネク監督を招へいした。 しかし、今シーズン終了までの契約で古豪立て直しを託された同監督だが、ここまで指揮した7試合で3敗4分けと一度も勝利を挙げられず、チームの順位も自動降格圏手前の18位に落としていた。 現役時代にフランス代表DFとして活躍したドメネク監督は、1990年代半ばから2000年代前半にかけてU-21フランス代表を指揮し、2004年から2010年まではフランス代表も指揮。 2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)では準優勝に導いた一方、2010年南アフリカW杯ではニコラ・アネルカの代表追放をキッカケに選手たちがボイコット問題を起こす醜態を世界中に晒したことで、大きな批判を浴びた。 南アフリカW杯後に同国代表監督を退任以降はその強烈なキャラクターを武器に解説者などを務め現場から離れていたが、今回のナント指揮官就任によって1993年のリヨン時代以来となるクラブチームを率いることになる。 2021.02.10 22:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly