先手を取られたアトレティコ、シメオネ監督は切り替え促す「一度終わった試合は変えられない」

2021.02.24 12:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チェルシー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。アトレティコは23日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでチェルシーと対戦。試合は前半からこう着状態が続き、68分にチェルシーに先制点を許すと、アトレティコはその後も試合を通して得点を奪えず、0-1で敗戦した。

中立地開催ながらホーム扱いでの試合で敗れたシメオネ監督は、試合後、多くの面でイーブンな展開だったと振り返った。


「試合は両チームともに非常にハードワークしており、得点のチャンスはどちらもほとんどなかった。彼らは点を取ったけどそれ以外はほとんど互角だったね。守備はしっかりしていたし、トランジションも良く、チャンスも何度かあった」

「後半は特にイーブンだった。GKがシュートをセーブするという場面も、ほとんどなかったと思う」

また、3月17日にアウェイで行われる2ndレグについては「3週間先のことを考えるのは早すぎる」とコメント。目の前の試合に集中するべきだと強調し、チームの改善点を挙げた。

「それまでにはまだ多くの試合がある。我々はスピードのある相手と対戦してきたが、ジルーのようなストライカーや、強力な選手を擁する相手チームを止めることができた」

「我々ができていなかったのは攻撃面でのポジショニングを良くして、ボールをより多く保持することだ。その点については努力していくし、次は重要なビジャレアル戦が控えている。ハードワークを続けていきたい」

最後にシメオネ監督は「一度終わった試合は変えることができない。だからこそサッカーは愛されている」と語り、チームにこの敗戦からの切り替えと改善を促した。
関連ニュース
thumb

頂上決戦で負傷交代のブスケッツ、顔面挫傷と上顎亀裂…復帰時期は経過次第

バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの今後は経過観察を待ってからになるという。 8日に行われたラ・リーガ第35節で2ポイント差の首位アトレティコ・マドリーを本拠地カンプ・ノウに迎え撃った2位バルセロナ。勝てば首位奪取の一戦だったが、均衡破れず、0-0のドローに終わった。 この試合にアンカーの位置で先発したブスケッツだが、27分にDFステファン・サビッチとの空中戦で顔面を強打して治療に。鼻血を止血した後にピッチに戻ったが、その数分後に交代を強いられた。 そんなブスケッツはドレッシングルームで診察を受けた後、病院に向かったともいわれ、状態が心配されるなか、バルセロナが試合後に診断結果を発表。顔面の挫傷と上顎の亀裂が確認されたという。 ただ、経過は良好であり、今後の回復次第で復帰時期が決まるようだ。今年7月に33歳の誕生日を迎えるブスケッツだが、今季も中盤の要として依然健在。ここまで公式戦47試合に出場している。 2021.05.09 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 0-0 アトレティコ・マドリー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが8日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210509_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 鋭い反射神経と読みを利かせた見事なゴールキーピングでアトレティコの再三の決定機を阻止   DF 28 ミンゲサ 5.0 周囲のサポートを受けて何とか無失点で凌いだが、カラスコとのマッチアップで完敗…   (→アラウホ 6.5) 前半かなり手を焼いたカラスコを完封。セットプレーの競り合いでも存在感   3 ピケ 6.0 前半はミンゲサをサポートしつつ元同僚スアレスにきっちり応対。ブスケッツ交代後はビルドアップの局面でより存在感を示したかった   15 ラングレ 6.0 コレアの決定機を好カバーで阻止。それ以外は攻守に窮屈なプレーを強いられたが、及第点の出来   MF 2 デスト 5.5 攻撃面で縦への推進力が期待されたが、うまく相手に蓋をされて局面を打開できず。守備でもルーズさが散見   (→デンベレ 5.5) 幾度か局面を打開したが、85分の決定機は何とか枠に飛ばしたかった   21 F・デ・ヨング 5.5 ブスケッツの負傷交代を受けてアンカーでプレー。無難にボールを捌くも真骨頂のダイナミズムを見せられず   5 ブスケッツ 5.5 前半調子を上げ始めたタイミングで無念の負傷交代。病院直行との報道もあり、状態が気がかり…   (→イライクス 5.5) 最低限の仕事はこなしたが、このレベルの相手に直近数試合の躍動感を見せられなかった   16 ペドリ 5.5 攻守に一定の貢献を見せた。だが、本来のポテンシャルを考えれば、プレー精度やアイデア不足が顕著だった   (→セルジ・ロベルト 5.5) すんなり試合に入ったが、無難なプレーに終始   18 ジョルディ・アルバ 6.0 前半は相手の攻撃を警戒してか攻撃参加を自重も、後半は高い位置を取って決定機に関与   FW 10 メッシ 6.5 周囲が完全に手詰まりの中で唯一局面を打開するプレーを見せた。ブスケッツ不在もあって、作りに手をかけ過ぎた部分が惜しかった   7 グリーズマン 5.5 またしても古巣対戦でゴールならず。幾度か惜しい場面に顔を出したが、相手に脅威を与えるまでには至らず   監督 クーマン 5.5 ベンチ入り禁止に伴い、スロイデルにベンチでの指揮を任せてスタンドからインカムを使ってのリモートでの指揮。アラウホ投入は会心の采配だったが、ブスケッツ不在の影響で勝ち切れず…   ▽アトレティコ・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210509_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 オブラク 6.5 メッシやピケの決定機を阻むなど、テア・シュテーゲンと共に世界最高クラスの守護神としての輝きを放った   DF 15 サビッチ 6.0 持ち味のハードな守備でグリーズマンらに仕事をさせず。冷静な判断も光った   18 フェリペ 6.0 ホセ・ヒメネスの代役として90分間を通して安定したプレーを披露。ボックス内での的確な判断で無失点に貢献   22 エルモソ 6.0 前半には決定機に絡むなど攻守両面で及第点以上の出来。カラスコの守備負担を軽減させていた   MF 23 トリッピアー 6.0 攻撃面では良さを出し切れなかったが、守備では対面のジョルディ・アルバに粘り強く対応   14 M・ジョレンテ 6.0 守備面でハードワークをこなす。ただ、その影響もあって攻撃面では普段ほど決定機に絡めなかった   6 コケ 6.5 攻守両面で気の利いたプレーを披露。後半はかなり守備面の負担が大きかったが、気迫でカバーし、チームを大いに助けた   11 レマル - 前半10分過ぎにハムストリングを痛めて無念の負傷交代…   (→サウール 5.0) 味方のアクシデントによって前半序盤に緊急出場。ウイングバックでプレーも守備面で後手を踏む場面が多く屈辱の途中交代…   (→フェリックス 5.5) ボールをうまく引き出しながら潤滑油にはなったが、怖さを出せず   21 カラスコ 6.5 ウイングバックとインテリオール、シャドーの3役で奮闘。試合終盤はさすがにバテたが、試合を通してバルセロナの脅威に   FW 10 コレア 5.5 後半はチームと共にトーンダウンも攻守両面できっちり貢献。ライン間でボールを受け、局面を打開する場面も作った   (→コンドグビア 5.5) 中盤の守備強度を上げた   9 スアレス 5.5 古巣対戦で気迫を見せ、多くのシュートシーンに関与。ただ、守備ではやや強度が足りない部分も…   監督 シメオネ 5.5 試合終盤は引き分けを意識した采配に。自分たちの流れだった前半の内にゴールを奪い切りたかった   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カラスコ(アトレティコ・マドリー) 両守護神の活躍も光ったが、試合を通して最もインパクトを残したカラスコをMOMに選出。決勝点を決めた前回対戦のようにヒーローにはなれなかったが、再三の鋭い仕掛けで幾度も局面を打開。守備でもスプリント能力と運動量を生かしてチームを助けた。   バルセロナ 0-0 アトレティコ・マドリー 2021.05.09 01:48 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナとアトレティコの首位攻防戦は痛み分けのドロー…2位レアル・マドリーに首位浮上のチャンス《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが8日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。   2シーズンぶりのラ・リーガ制覇を狙うバルセロナ(勝ち点74)は、第33節延期分のグラナダ戦での痛恨の逆転負けで首位浮上の絶好機を逸するが、直近のバレンシア戦を3-2で競り勝ち、2ポイント差の3位でホーム開催の首位攻防戦を迎えた。グラナダ戦での執拗な抗議によって2試合のベンチ入り禁止処分となったクーマン監督は、スタンド観戦となったこの重要な一戦に向けアラウホに代えてミンゲサを起用した以外、同じメンバーを起用した。   一方、2013-14シーズン以来の優勝を目指す首位のアトレティコ(勝ち点76)。前節のエルチェ戦では1点リードの試合終了間際にPKを与える大ピンチを招いたが、相手キッカーのシュートミスによってウノセロの辛勝。何とか首位で今回の大一番を迎えた。翌日にセビージャ戦を控える2位のレアル・マドリー(勝ち点74)の存在によって首位キープに勝ち点3が必須となる一戦ではエルチェ戦から先発2人を変更。ホセ・ヒメネスとコンドグビアに代えてコケ、レマルを起用した。   共に[3-5-2]の布陣を採用したことでマッチアップがハッキリした中、立ち上がりは球際の強度で勝るアトレティコが勢いを持った入りを見せる。開始3分にボックス手前のレマルが最初の枠内シュートを放つと、10分にはボックス手前左の好位置で得たFKを古巣初対戦のスアレスが直接狙うが、これはGKテア・シュテーゲンが難なくキャッチした。   アウェイながらアグレッシブな入りを見せたアトレティコだったが、13分には左ハムストリングを痛めたレマルがプレー続行不可能となり、サウールを緊急投入。これにより、サウールが左のウイングバックに入り、カラスコがレマルの務めていたインテリオールとシャドーの中間の役目を担うことになった。それでも、19分にはエルモソの意表を突いた攻撃参加からの際どい折り返しに飛び込んだコレアがゴールに迫るなど、簡単にホームチームへ主導権を与えない。   一方、バルセロナは守備の局面で高い集中力を見せつつ、両ウイングバックの攻撃参加、インテリオールの飛び出しでチャンスの匂いをさせるものの、最後の局面でアトレティコの堅守に手を焼く。29分にはジョルディ・アルバのフィードに反応したグリーズマンがボックス左からようやく最初の枠内シュートを放つが、この直後には相手との接触プレーで顔面を強く打っていたブスケッツが脳震盪か、鼻の負傷の影響か、プレー続行不可能となり、イライクスを緊急投入。この交代でデ・ヨングがアンカーに一列下がった。   互いに負傷者を1人ずつ出す予想外の展開となった中、前半終盤にかけてはアトレティコが優位に試合を進める。持ち味のポジティブトランジションからカラスコ、マルコス・ジョレンテが相手ウイングバックの背後やアンカー脇のスペースを効果的に突くと、カラスコやジョレンテ、スアレスが続けてGKテア・シュテーゲンを脅かすシュートを放つ。   対して劣勢のバルセロナも41分には相手陣内右サイドから仕掛けたメッシが複数の相手DFを次々にかわしてペナルティアーク付近から会心の左足シュートをゴール右隅に飛ばす。だが、スーペルゴラッソかに思われたこのシュートはGKオブラクが指先で触ってコースを変える圧巻のパラドンで防いだ。   アトレティコ優勢も首位攻防戦に相応しい白熱の攻防が繰り広げられた前半を経て、試合は0-0のまま後半に突入。   その中で先に動いたのはバルセロナ。カラスコとのマッチアップで劣勢を強いられたミンゲサに代えてアラウホを投入した。ハーフタイムに修正を施したホームチームは開始直後にメッシのFKからラングレが際どいヘディングを放つなど、まずまずの入りを見せる。   後半も時間の経過と共に前半同様の膠着状態に陥る。流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めないバルセロナだったが、63分にセットプレーの二次攻撃からピケが惜しいヘディングシュートを放つと、66分にはメッシの直接FK、70分にはジョルディ・アルバのクロスからアラウホがゴールネットを揺らすが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。   後半に入ってなかなか攻め手を見いだせないアトレティコは途中投入も精彩を欠いたサウールを諦めて切り札のフェリックス、73分にはコレアに代えてコンドグビアを投入。対するバルセロナも75分にデストとペドリを下げてセルジ・ロベルト、ウスマーヌ・デンベレを同時投入した。   試合終盤にかけてはよりオープンな攻防が続く中、デンベレの投入でやや優位に試合を運ぶバルセロナは85分、人数をかけた攻撃からボックス左ライン際でジョルディ・アルバから絶妙な折り返しが上がるも、ゴール前にフリーで飛び込んだデンベレのヘディングシュートはうまく抑えが利かず、枠の上に外れてしまう。   さらに、試合終了間際の90分にはバルセロナがボックス手前中央の好位置でFKを獲得。ここで名手メッシが左足で直接ゴール左上隅を狙うが、このシュートはわずかに枠の左へ外れた。そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、注目の首位攻防戦は痛み分けのドローに終わった。   この結果、暫定首位をキープしたアトレティコだが、翌日の試合でレアル・マドリーが勝利した場合、首位から陥落することになった。 2021.05.09 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ注目プレビュー】バルサの逆転か、アトレティコの首位堅持か…激戦必至の首位攻防戦

ラ・リーガ第35節、バルセロナvsアトレティコ・マドリーが、日本時間8日23:15にカンプ・ノウでキックオフされる。逆転首位浮上を狙うブラウグラナと、首位堅持を狙うロヒブランコによる激戦必至の首位攻防戦だ。 2シーズンぶりのラ・リーガ制覇を狙うバルセロナ(勝ち点74)は2021年に入って2度の大型連勝を飾るなど、最も多くの勝ち点を積み上げてマドリードの2強を猛追。先月29日に行われた第33節延期分のグラナダ戦での痛恨の逆転負けで首位浮上の絶好機を逸するが、直近のバレンシア戦ではFWメッシのドブレーテの活躍などによって3-2で競り勝ち、2ポイント差の3位でホーム開催の首位攻防戦を迎えることになった。 一方、開幕から攻守両面で圧倒的な戦いぶりを見せ、一時は2位以下に10ポイント以上の差を付ける独走態勢に入っていたアトレティコ(勝ち点76)。だが、今年2月以降は度重なる負傷者や対戦相手の対策による得点力不足もあって急失速。前々節のアスレティック・ビルバオ戦での敗戦により、首位陥落の危機を迎えたが、前述のグラナダのアシストによりその危機を回避。さらに、前節のエルチェ戦では1点リードの試合終了間際にPKを与える大ピンチを招いたが、相手キッカーのシュートミスによって辛くも首位キープに成功した。 なお、今回の大一番ではアトレティコが勝利した場合、首位キープが確実となる。しかし、引き分けやバルセロナの勝利に終わった場合、バルセロナと同勝ち点で並ぶ2位のレアル・マドリー(勝ち点74)が翌日にセビージャに勝利した場合、両チームとの当該成績で優位に立つ昨季王者が首位に浮上する複雑な状況だ。 そのため、アトレティコは敵地で勝ち点3を狙いに行く必要があり、バルセロナとしても残り3試合でのシビアな戦いにおいてアトレティコとの当該成績が重要となるため、今回の一戦では勝利且つ2点差での勝利が求められるところだ。 昨年11月の前回対戦では攻守両面で圧倒したアトレティコがMFカラスコの決勝点によって1-0のスコア以上の完勝。2011年の就任以降、リーグ戦18試合目にして対バルセロナ初勝利を収めたが、今季2度目の結末はいかに…。 ◆バルセロナ◆ 【3-5-2】 ▽バルセロナ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:テア・シュテーゲン DF:ミンゲサ、ピケ、ラングレ MF:デスト、デ・ヨング、ブスケッツ、ペドリ、ジョルディ・アルバ FW:メッシ、グリーズマン 負傷者:MFコウチーニョ、FWアンス・ファティ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しても今季絶望のコウチーニョ、アンス・ファティを除き全選手が起用可能な状態だ。 システムに関しては[3-5-2]の継続を予想するが、ウスマーヌ・デンベレをスタートから起用する[4-3-3]の可能性も十分にある。スタメンに関してはデンベレのスタートの可否に加え、右サイドの人選にも注目。前回対戦で苦戦したカラスコへの対策としてミンゲサ、デストのコンビを予想したが、アラウホ、セルジ・ロベルトの起用もありそうだ。 ◆アトレティコ・マドリー◆ 【3-5-2】 ▽アトレティコ・マドリー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:オブラク DF:サビッチ、ホセ・ヒメネス、エルモソ MF:トリッピアー、マルコス・ジョレンテ、コケ、レマル、カラスコ FW:スアレス、コレア 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者、負傷者ともにおらず、フルスカッドで大一番に臨める。 シーズン後半戦では可変式の複数布陣を採用しており、各自の立ち位置も試合ごとに変更されているが、[3-5-2]の布陣で臨むとみる。スタメンに関してはロージやエレーラ、サウールにも起用の可能性がある。 ★注目選手 ◆バルセロナ:FWアントワーヌ・グリーズマン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バルセロナの注目プレーヤーは古巣相手にリーグ戦初ゴールを狙う元エースストライカー。失意の加入1年目を経て捲土重来の2年目に臨んだフランス代表FWは、今季ここまで公式戦47試合19ゴール12アシストと頼れるエースに次ぐ数字を残し、前線の主役の一人としてチームを牽引。とりわけ、[3-5-2]の布陣をベースにし始めたシーズン終盤戦ではレ・ブルーで見せるような自由度の高いプレーで周囲と良い絡みを見せながら、フィニッシュの局面で存在感を放っている。 逆転でのラ・リーガ制覇に向けて勝ち点3奪取必須の首位攻防戦では、絶好調のエースへの徹底監視が想定されており、ペドリとデ・ヨングのインテリオール2枚と共にグリーズマンがいかに決定的な仕事に絡めるかが、勝利のカギを握る。バルセロナ加入以降の3試合を含め、対アトレティコのラ・リーガ11試合では未だに無得点が続いてるが、今季公式戦20点目となる古巣への初恩返し弾を期待したい。 ◆アトレティコ・マドリー:FWルイス・スアレス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アトレティコの注目プレーヤーはカンプ・ノウ初凱旋の元エースストライカーだ。クラブ首脳陣とクーマン監督との確執によって昨夏バルセロナを追われてマドリードに新天地を求めた34歳FWは、ここまでラ・リーガ28試合の出場で19ゴールを挙げる見事な活躍を披露。2シーズンぶりのリーグ制覇を狙う古巣の前に大きく立ちはだかっている。 ホームで行われた前回対戦では新型コロナウイルス感染によって古巣初対戦はならずも、今回の首位攻防戦での出場は決定的だ。直近の出場3試合では筋肉系のケガの影響もあり、全体的にキレを欠いているが、チャンスを嗅ぎ分ける嗅覚、最後の局面で仕留め切る決定力は健在。因縁のオランダ人指揮官のベンチ入りは微妙なところだが、その眼前で首位攻防戦勝利をもたらす今季リーグ20点目を決めたい。 2021.05.08 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

首位浮上のチャンスを前にクーマン「残り全ての試合に勝てれば優勝できる」

バルセロナのロナルド・クーマン監督は7日、翌日に行われるラ・リーガ第35節アトレティコ・マドリー戦を前に会見に臨んだ。 首位アトレティコと2ポイント差の3位バルセロナは、勝利すれば2位レアル・マドリーの結果次第で首位浮上のチャンスを迎えている。 前々節の退席処分により指揮を執れないクーマン監督だが、優勝の行方を左右する大一番であると認識している。 「この試合の結果が決定的なものになるかはわからないが、重要なものになるだろう。数カ月前には今の状況を想像することはできなかった。優勝するには全ての試合に勝つ必要がある。残り全ての試合に勝てれば優勝できると確信しているよ」 2021.05.08 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly