今季終了後に引退のL・ベンダーがヒザの手術、復帰は3月末に

2021.02.24 01:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンは23日、元ドイツ代表MFラース・ベンダー(31)が右ヒザ半月板の手術を受け、復帰が3月末になることを発表した。今季終了後に双子の弟であるスベンと共に現役を引退することを発表しているL・ベンダー。1月23日のヴォルフスブルク戦に先発して以降欠場が続いていたが、右ヒザの半月板を痛めていたようだ。


レバークーゼンは現在、ブンデスリーガで5位、ヨーロッパリーグではラウンド32を戦っているが、しばらく主将のL・ベンダーを欠く状態が続くことになる。

近年、ケガに悩まされているL・ベンダーは今季、公式戦19試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

解任したボスへの不満語るレバークーゼンSD「チームはいつも同じことを繰り返していた」

レバークーゼンでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルディ・フェラー氏が、解任したピーター・ボス前監督に苦言を呈した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ボス監督は2018年12月にレバークーゼンの指揮官に就任。低迷していたチームを立て直すと、昨季はリーグ5位、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト8を達成するなど結果を残した。 今季も序盤こそスタートダッシュに成功してリーグ首位に立ったが、年明けから失速。現在はリーグ6位に落ち込むほか、DFBポカールとELではいずれも格下と見られた相手にまさかの敗退となるなど、苦境に立たされていた。 こうした成績を受け、クラブは23日にボス前監督の解任を発表。後任には、ハンネス・ヴォルフ氏を任命した。 ヴォルフ氏の就任会見に同席したフェラーSDは、ボス前監督について「長い間、我々クラブにとってのトップソリューションだった」と語りつつ、采配への不満も口にしている。 「チームは試合内容を改善して、いつも同じパターンに陥らないようにすることは可能なはずだった。しかし、結局のところいつも同じことを繰り返していたと思う。ポゼッション、ポゼッション、ポゼッション、その後に相手の最初のシュートでリードされ、全てを難しくした」 「我々には、もうチームを改善させるアイデアがあまりなかったと思う。ピーター(・ボス)はいろいろ試行錯誤をしてはいたと思うが、上手く改善されることはなかった」 「改善のためには選手たちが信念を持ち、物事に取り組むことも重要だ。信念と相性が合致しているかどうかが、大切になる。現状を判断すると、我々はこれから上手くいくという感覚がつかめなかった」 また、フェラーSDは会見の中で、ボス前監督がメンバーを固定していたことにも苦言。よりさまざまな戦い方を模索するべきだったと語っている。 「ここ数週間、頻繁に出番のあった11人の選手に変化を与えるかどうかは、監督スタッフの責任だ。どんな選手も適度な競争はする必要があり、監督もそれに合わせて組織を作っていかなければならなかっただろう」 2021.03.24 11:53 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがボス監督を解任!暫定指揮官には39歳のハンネス・ヴォルフ氏

レバークーゼンは23日、ピーター・ボス監督(57)を解任したことを発表した。 これまでフィテッセやアヤックス、ドルトムントを歴任してきたボス監督は2018年12月、前任のハイコ・ヘルリッヒ監督の後任としてレバークーゼンの指揮官に就任。当時ブンデスリーガ9位と低迷していたチームを4位に押し上げ、チャンピオンズリーグ出場権獲得を果たしていた。 昨季は3シーズンぶりのチャンピオンズリーグと二足の草鞋ながら、リーグ戦5位フィニッシュ。CL敗退の末に参戦したヨーロッパリーグでもベスト8まで進む成果を残した。 今季も序盤戦はリーグ戦第12節まで8勝4分の会心のスタートダッシュを切り、一時首位にも立っていたレバークーゼンだったが、以降は14試合で8敗と黒星が先行。第26節が終了した時点で4位のフランクフルトと7ポイント差の6位に位置しており、ヨーロッパリーグでもラウンド32での敗退が決定している。 こうした状況を受け、クラブはボス監督の解任を決定。今季終了までの暫定指揮官として、39歳のハンネス・ヴォルフ氏が任命されている。同氏はこれまでにシュツットガルトやハンブルガーSV、ヘンクを指揮し、昨年10月以降はU-18ドイツ代表を率いていた。 また、アシスタントコーチには、かつて暫定ながらレバークーゼンを2度指揮した経歴を持ち、同クラブやバイエルンで同職を務めたペーター・ヘルマン氏(69)が就任している。 2021.03.23 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

10代の2人を招集したドイツ代表レーブ監督は慎重な姿勢「一歩一歩彼らを最高レベルに引き上げる責任がある」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督が、初招集となった2人の若手に言及した。 ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、カタール・ワールドカップ欧州予選に向けたドイツ代表メンバー26名を発表した。 今回のメンバーには、バイエルンでプレーする18歳のMFジャマル・ミュージアラ、そしてレバークーゼンでプレーするMFフロリアン・ヴィルツが初招集。10代の2名の選出は話題となった。 その招集についてレーブ監督がコメント。両選手を招集できたことを喜びながらも、慎重に見守っていくべきとの見解を語った。 「ジャマル・ミュージアラとフロリアン・ヴィルツをさらに良く知ることができて興奮している。彼らは最近の良いパフォーマンスで招集された」 「しかし、特に彼らのように若い選手にとっては、慎重に、そして一歩一歩彼らを最高レベルに引き上げる責任がある」 「2人とも大きな可能性を秘めており、今後数年を素晴らしく過ごせると思うが、今は急がないことが大事だ。安心し、静かに成長できるはずだ。これからくる日は、ジャマルとフロリアンにとって、良い経験になるだろう」 2021.03.20 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

不振続くレバークーゼン、クラブSDは指揮官に注文 「彼は変わらず我々の監督だが…」

レバークーゼンでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルディ・フェラー氏が現在のチームの成績に満足していないと語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 レバークーゼンは今シーズン、前半戦こそ首位に立ち、バイエルンとのタイトル争いを繰り広げたが、年明けから徐々に失速。現在のブンデスリーガでは6位まで落ち込むほか、DFBポカールとヨーロッパリーグ(EL)ではいずれも格下と見られた相手に不覚をとって敗退しており、不振に苦しんでいる。 なかなか浮上のきっかけを掴めないチームは14日に行われたブンデスリーガ第25節でも降格圏に沈むアルミニア・ビーレフェルト相手に敗戦。直近5試合でわずか1勝しか挙げられていない。 こうした状況を受け、『キッカー』のインタビューに応じたフェラーSDはビーレフェルト戦でチームが同じ過ちを繰り返したことを嘆きつつ、ピーター・ボス監督には一刻も早い改善を要求した。 「(ビーレフェルト戦は)いつもと同じパターンだ。最初に訪れた2、3回のチャンスで得点できず、相手の最初の攻撃で失点を喫し、後手に回ってしまった。2週間前にも言ったことを今回もそのまま言うしかないね。失点する前に犯したようなミスはあってはならない」 「我々の試合運び自体は前半戦の途中からそれほど変わっていないと思う。プレースタイルについても同じようなものだ。あの時期も深い位置で守ってくるチームに対しては問題を抱えていたからね」 「1週間前のボルシアMG戦では戦術的に非常に優れた監督によって勝利を掴めた。そしてもちろん、ビーレフェルト戦では連勝を期待していたよ」 「ボス監督は以前と変わらず我々の監督だ。しかし、彼は我々からの感謝とサポートを受けつつも、同時に我々が異なる基準を持っていることについても知っているだろう。クラブ内やメディアからのプレッシャーや批判に対処して欲しいね。彼ならできるはずだ」 また、フェラーSDはまだチームが巻き返せると強調。21日に行われるブンデスリーガ第26節のヘルタ・ベルリン戦で白星を掴むことを望んでいる。 「選手たちは挑戦しており、うつむいている暇はない。我々はベルリンで良い試合ができる状態にあるんだ。ここ数週間は、シーズン前半のような接戦が続いていた。甘い考えを言いたくはないが、今のチームに足りない部分はあまりないと思う」 2021.03.16 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

奥川がブンデス初弾、堂安が先制弾のビーレフェルトが強豪レバークーゼンを撃破で残留圏浮上《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは14日、ブンデスリーガ第25節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は88分まで、MF奥川雅也は81分までプレーしている。 前節ブレーメン戦を0-2で敗れた16位ビーレフェルト(勝ち点19)は堂安と奥川が初めて揃って先発となった。 ケガ人続出の5位レバークーゼン(勝ち点40)に対し、ビーレフェルトはフラットな[4-4-2]で臨み、堂安が前節に続き2トップの一角で、奥川は左MFでスタートとなった。 立ち上がりから押し込まれる入りとなったビーレフェルトだったが、17分に先制する。決めたのは堂安。ゲバウアーがボックス右でスルーパスを受けてクロスを送ると、堂安がスライディングシュートで押し込んだ。 堂安の今季4ゴール目でビーレフェルトが先制したものの守勢の展開が続く中、37分には奥川が右クロスに頭で合わせてシュートをマーク。 直後にグレイに決定的なボレーシュートを許したが、守護神のオルテガがビッグセーブで凌ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。 迎えた後半開始5分、堂安がFKのルーズボールをボレーで狙いGKを強襲したビーレフェルトは57分にリードを広げる。決めたのはブンデス初ゴールとなる奥川。 相手CKを跳ね返した流れからロングカウンターに転じると、ルコキが粘って折り返したボールをボックス中央で拾った奥川がGKと一対一に。これを確実に制した。 堂安と奥川の揃い踏み弾で2-0としたビーレフェルトはその後もレバークーゼンの攻撃を受け止めていくと、71分には堂安がカットインシュートでGKを強襲。 81分には奥川がお役御免となった中、ビーレフェルトは85分に失点したものの、2-1で逃げ切り。堂安と奥川の活躍で強豪レバークーゼンを撃破し、8試合ぶりの白星として残留圏内の15位に浮上している。 2021.03.14 23:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly