スカッとゴール! マハマドゥ・ディアッラの飛び出しとミドルシュート

2021.02.23 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2021年2月23日にご紹介するのは、今から16年前に元マリ代表MFマハマドゥ・ディアッラ氏が決めたゴールです。


◆マリの伝説的MFマハマドゥ・ディアッラがリヨン時代に決めた豪快ミドル!

◆ここがスカッと!
味方の落としに対し、後方から走り込んだ守備的MFがダイレクトでミドルシュートを決めるシーン。ゴール前を固める相手DFに阻まれることも多い場面ですが、このゴールではゴール左のサイドネットに突き刺します。

◆マリの英雄
アフリカの中でも育成大国として知られるマリのクラブでデビューした後、フィテッセで頭角を現し、その後加入したリヨンで4度のリーグ優勝に貢献するなど評価を上げ、2006年には2600万ユーロの移籍金でレアル・マドリーへと移籍したディアッラ氏。

その守備力で重宝されたディアッラ氏ですが、2005年2月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16、ブレーメンとの1stレグでは、パンチ力のあるシュートを見せています。

リヨンがブレーメンのホームに乗り込んだ1stレグでは、リヨンが開始早々に先制。そして1-0とリヨンリードのまま迎えた77分、ブレーメンDFのクリアボールをボックスの手前で拾ったMFジュニーニョ・ペルナンブカーノが中央のMFジェレミー・クレマンにパス。クレマンがこれを落とすと、後方から走り込んだディアッラが豪快なダイレクトシュート。低くコントロールされた強烈なシュートはゴール左に突き刺さり、貴重な追加点を奪いました。

マリ代表としても通算79試合に出場したディアッラ氏。その功績は計り知れません。
関連ニュース
thumb

パス一本で決定機!リヨンFWが鮮やかなカウンターから決めた初ゴール/2020-21【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はリヨンのジンバブエ代表FWティノ・カデウェレが決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかな速攻から決めたリヨン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxTEh6SWVFYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ジンバブエでプロデビューし、スウェーデンで欧州デビューを果たしたカデウェレは、リーグ・ドゥ(フランス2部)のル・アーブルでブレイク。2020年1月に強豪リヨンと契約し、同年夏から正式加入している。 爆発的なスピードと高い得点力が持ち味のカデウェレだが、2020年10月18日に行われたリーグ・アン第7節のストラスブール戦では、記念すべき移籍後初ゴールを決めている。 0-0で迎えた12分、自陣でボールを奪ったリヨンは、素早く前線にボールを回し、カウンターのスイッチを入れる。センターサークル付近でボールを持ったFWメンフィス・デパイが裏のスペースへロングパス。このパスに完璧なタイミングで抜け出したカデウェレがフリーで抜け出すと、そのままボックス内に侵入し、GKに当たりながらも低めに抑えられたシュートを捻じ込こんだ。 先手を取ったリヨンは前半だけで3得点を挙げると、反撃に遭いながらもそのまま逃げ切り、3-2で勝利している。 <span data-sg-movie-id="872" data-sg-movie-title="【パス一本で決定機!】リヨンFWが鮮やかなカウンターから決めた初ゴール"></span> 2021.03.02 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴール左上完璧なコース!リヨンのレジェンドが決めた美しいFK/1998-99【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、フランス人MFフィリップ・ヴィオロー氏がリヨン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆レジェンドが叩き込んだ美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNOHNXRWJveiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1997年から2003年にかけてリヨンに所属したヴィオロー氏は、黄金期を迎えつつあったチームで守備的MFとして活躍。3度のリーグ優勝に貢献した。 リヨンでは公式戦268試合に出場し11ゴールを記録しているが、1998年11月19日に行われたリーグ・アン第15節のマルセイユ戦では、見事なフリーキックを決めている。 1-0とリヨンリードの55分、ボックス手前左でリヨンがFKのチャンスを得ると、キッカーはヴィオロー。短い助走から直接シュートを放つと、スピードのあるシュートは素早く変化しながらゴール左へ。ゴールマウス左隅の完璧なコースにシュートが吸い込まれた。 試合はリードを広げたリヨンが2-1で逃げ切り、勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="870" data-sg-movie-title="【ゴール左上完璧なコース!】リヨンのレジェンドが決めた美しいFK"></span> 2021.03.02 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

低空ブレ球ロングシュート!若手CBが見せた意外性溢れる一発【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はフルアムに所属するデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンがリヨンで決めたリーグ・アン初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆大型CBが見せた強烈ロングシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5WVhaNU1OeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トゥベンテでプロデビューを果たしたアンデルセンは、サンプドリアでのプレーを経て2019年夏にフランスの強豪リヨンに加入。今シーズンからはプレミアリーグ昇格組のフルアムにレンタル移籍で加入している。 192cmの長身を活かした大型CBとしてプレーするアンデルセンだが、リヨン時代の2019年12月6日に行われたリーグ・アン第17節のニーム戦では、圧巻のゴールでリーグ戦初ゴールを決めている。 3-0とリヨン大量リードで迎えた79分、なおも攻勢に出るリヨンがニームを押し込む展開の中、ボックスの外でボールを受けたMFリュカ・トゥサールが後方から上がってきたアンデルセンに横パスを送る。ノーマークでパスを受けたアンデルセンは、狙いを定めると強烈なロングシュート。無回転気味の低空シュートは、GKの手前で鋭く下へ変化すると、GKのすぐ横を打ち抜くような形でゴール左下に決まった。 このゴールで完全に試合を決めたリヨンが4-0と余裕の勝利を収めた。 <span data-sg-movie-id="588" data-sg-movie-title=""></span> 2021.02.27 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

華麗な直角ターン!“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はディナモ・モスクワのカメルーン代表FWクリントン・エンジエがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆“NEXTエトー”の決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDMmllV3piSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カメルーンで生まれ、名門リヨンの下部組織に入団したエンジエは、同クラブでデビューを果たすと、トッテナムでのプレーを経て2016年夏にマルセイユに加入。現在はロシアに活躍の場を移している。 スピードを活かしたドリブル突破と高い得点力で“NEXTエトー”とも呼ばれたエンジエだが、2018年9月23日に行われたリーグ・アン第6節のマルセイユ戦では、見事なゴールを決めている。 1-4とマルセイユビハインドの82分、左サイドを攻めたマルセイユは、MFディミトリ・パイエがボックス内へパス。エンジエがこのパスに抜け出すと、ボックス内でマークに来た相手DFを鮮やかなキックフェイントで抜き去ると、すかさずシュート。狙いすましたシュートがゴール右ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 何とかリードを縮めたマルセイユだったが、反撃もここまで。2-4でリヨンに敗れている。 <span data-sg-movie-id="851" data-sg-movie-title="【華麗な直角ターン!】“NEXTエトー”が相手を鮮やかに抜き去って決めたピンポイントシュート"></span> 2021.02.27 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

まるで背中に目!?フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はリヨンのフランス代表MFフセム・アワールが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆期待の若手が見せたノールックアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJERjBWWGs4TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳で名門リヨンの下部組織に入団したアワールは、2016-17シーズンに若くしてファーストチームデビュー。今では中盤の主力として欠かせない存在になっている。 抜群のテクニックを持ち、フランス屈指の若手として活躍するアワールだが、2020年12月16日に行われたスタッド・ブレスト戦では、見事なアシストを記録している。 1-1と同点のまま迎えた81分、右サイドからリヨンがチャンスを作ると、MFラヤン・チェルキがボックス内のFWメンフィス・デパイにパス。このパスは大きくなり相手DFにカットされるも、素早く反応したチェルキが拾い、すぐさまゴール前のアワールにボールを送る。 アワールは、相手を引き付けた絶妙のタイミングで、後ろを確認することなく後方へヒールパス。このパスにMFマクスウェル・コルネがしっかりと合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。 阿吽の呼吸の連携から勝ち越しに成功したリヨンだったが、終了間際にまさかの失点。試合は2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="839" data-sg-movie-title="【まるで背中に目!?】フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト"></span> 2021.02.24 22:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly