水戸が栃木退団の温井駿斗を獲得 「全身全霊をかけて闘いたい」

2021.02.20 15:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは20日、DF温井駿斗(24)の獲得を発表した。背番号は「23」を着用する。セレッソ大阪下部組織出身の温井は2015年にトップチーム昇格後、FC鈴鹿ランポーレにレンタル。2018年から栃木SCに加わったが、昨季は明治安田生命J2リーグで出場がなく、シーズン終了後に退団した。


水戸入りが決定した温井はクラブを通じて「本日より加入する事になりました温井駿斗です。水戸ホーリーホックの為に全身全霊をかけて闘いたいと思います!」と意気込みを語っている。
関連ニュース
thumb

鹿島が水戸とトレーニングマッチ!エヴェラウド&上田綺世がゴールで勝利

21日、鹿島アントラーズvs水戸ホーリーホックのトレーニングマッチが県立カシマサッカースタジアムで行われた。 新シーズンの開幕まで1週間を切った中、茨城県勢の対戦。非公開で45分を2本の試合を終え、3本目、4本目がメディアに公開。また、2021シーズンファンクラブ会員を対象に限定配信された。 2016年以来のリーグ制覇を目指す鹿島は、スターティングメンバーに主力を並べることに。GKに沖悠哉、DFラインは右から小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也が並び、中盤はダブルボランチに三竿健斗と永木亮太、右に松村優太、左に荒木遼太郎が入り、遠藤康が下がり気味のFW、トップにエヴェラウドが入った。 序盤からダイレクトパスを中心にビルドアップを仕掛ける鹿島は5分、小泉が右サイドを持ち上がると、右の松村に展開。ボックス右からのクロスを水戸がクリアミスするも、エヴェラウドはシュートを打てない。 それでも、鹿島は17分、永木がディフェンスラインにプレスをかけると、こぼれ球を奪ったエヴェラウドがボックス内から落ち着いて決め、鹿島が先制に成功する。 主導権を握った鹿島は飲水タイムが終わった27分に4名を交代。エヴェラウド、遠藤、松村、荒木が下がり、上田綺世、白崎凌兵、フアン・アラーノ、土居聖真を投入。上田がトップ、白崎が下がり気味のFWに入り、土居が左、フアン・アラーノが右に入った。 鹿島はサイドを中心にその後も攻め立てていくと、41分にチャンス。白崎のスルーパスから右サイドにポジションを移していた土居がクロス。しかし、これは中で合わせられない。 これで得た左CKから犬飼がヘッドで合わせるが、DFがブロック。そのまま鹿島リードで前半を終えた。 迎えた後半、鹿島はパスミスなどが散見され、徐々に水戸がペースを掴んでいく。互いになかなかゴールを奪えない中、71分に水戸が右サイドへ展開すると、ボックス内へ侵入してきた中でGK沖が飛び出すもクロス。これを無人のゴールへ決められ、1-1に追いつかれる。 追いつかれた鹿島だが、勝利のためにギアを上げることに。すると80分、三竿から左サイドへ展開すると、永戸のパスを受けた土居がボックス内左で倒されPKを獲得。これを上田がGKの逆を突いてゴール右に決めて、2-1と勝ち越す。 その後は水戸も反撃に出るが、鹿島は落ち着いて対応。追加点を許さずにタイムアップを迎え、2-1で鹿島が勝利を収めた。 2021.02.21 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋MF渡邉柊斗が水戸にレンタル 「水戸でしっかりと成長」

水戸ホーリーホックは16日、名古屋グランパスに所属するMF渡邉柊斗(23)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「28」を着用する。 渡邉は2019年に東海学園大学から名古屋入り。しかし、プロ2年目の昨季まで出番に恵まれていなかった。 ◆水戸ホーリーホック 「はじめまして、渡邉柊斗です。このような状況の中、声をかけていただいた水戸ホーリーホックにとても感謝しています。このチームがJ1に上がるための力になれるようにしっかり頑張りたいと思います。そして何よりサッカーを楽しみます。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。みなさんの前でプレーしている姿を見せることができず、悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。水戸でしっかりと成長して、渡邉柊斗がどんなプレーヤーなのか見せられるように頑張ってきます。今後とも応援よろしくお願いします」 2021.01.16 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

京都退団の金久保順、水戸入りが決定 「大先輩である本間幸司選手と共に…」

水戸ホーリーホックは15日、MF金久保順(33)の獲得を発表した。 金久保は大宮アルディージャ、アビスパ福岡、川崎フロンターレ、ベガルタ仙台を経て、2018年7月に京都入り。昨季も明治安田生命J2リーグ22試合1得点を記録したが、14日に契約満了による退団が決定した。 新シーズンから水戸に加わる金久保はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「はじめまして。この度水戸ホーリーホックに加入することになりました金久保順です。高校時代を過ごした水戸でまたプレーできることに大きな喜びと感謝の気持ちでいっぱいです!」 「大先輩である本間幸司選手と共に水戸の街全体を盛り上げられるように精一杯頑張りたいと思います」 「1人でも多くの方が僕のユニホームを着てスタジアムに足を運んでもらえると嬉しいです! 大きな目標に向かって共に進んでいきましょう!!」 2021.01.15 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

松本、鹿島からFW山口一真を完全移籍で獲得! 昨季は水戸で15ゴールとブレイク

松本山雅FCは13日、鹿島アントラーズからFW山口一真(24)の完全移籍加入を発表した。なお、背番号は「45」を着用する。 阪南大学から2018年に鹿島へ入団した山口は、在籍2年間で明治安田生命J1リーグ17試合で1ゴールと結果を残せず。しかし、昨季にレンタル移籍で加わった水戸ホーリーホックでは明治安田生命J2リーグ35試合で得点ランキング4位となる15ゴールを決めてブレイクを果たしていた。 左ヒザの負傷で昨年12月から欠場が続いていた山口は、3クラブ公式サイトを通じて感謝の言葉を残している。 ◆松本山雅FC 「はじめまして、山口一真です。まずは、左ひざの大怪我をしている自分に声を掛けてくれた松本山雅に心から感謝しています。このクラブの加入できて、本当にうれしいです。僕は父親、母親、親戚、すべて長野県出身で、僕自身も長野県の佐久市で生まれました。松本山雅という多くのサポーターが応援してくださるクラブで、たくさんのゴールを決め、皆さんに喜びを与えられるような選手になることが目標です。必ず勝利に貢献し、自分の目標を結果で証明してみせます」 ◆鹿島アントラーズ 「大学生の時、鹿島アントラーズというビッグクラブから声を掛けていただいた時の嬉しさと興奮、2018年のホーム名古屋戦でプロ初アシストをした時のスタジアムの大声援と鳥肌が立ったことは、一生忘れられません。アントラーズでたくさんのゴールを決め、このクラブで活躍する選手になることはできませんでしたが、2年間プレーできたことは一生の財産です。この先、アントラーズの対戦相手として、カシマスタジアムでゴールを決められるような選手に成長したいと思います」 ◆水戸ホーリーホック 「僕は鹿島アントラーズで2年間満足に試合に出ることができず、自分のサッカーキャリアにおいて自信をなくしていました。水戸はそんな僕に声をかけてくれ、信頼して使い続けてくれたおかげで、自分は結果を出し、勝利に貢献することができました。本当に感謝しています。シーズン終盤に左ひざの大怪我を負い、入院中、試合会場に掲げられた励ましの横弾幕を映像で見た時は、グっときました。唯一、心残りなことは、アツマーレの体育館でサポーターの方々とした『J1昇格』という約束を守れなかったことです。本当にすみません。この1年間で、水戸は自分にとって心から大切なクラブとなりました。どこへ行っても、温かく応援してほしいです」 2021.01.13 15:43 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪FW安藤瑞季が完全移籍で水戸へ! 2020年は町田で7ゴールの活躍

水戸ホーリーホックは9日、セレッソ大阪に所属するFW安藤瑞季(21)の完全移籍加入を発表した。 安藤は2018年に長崎総合科学大学附属高校からC大阪の門を叩いたが、トップチームで出番に恵まれず、2020年4月からFC町田ゼルビアに育成型期限付き移籍。明治安田生命J2リーグ33試合に出場して7ゴールの活躍を披露した。 C大阪に戻らず、新シーズンから完全移籍で水戸に活躍の場を求めることとなった安藤はクラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「この度セレッソ大阪から加入する事になりました安藤瑞季です。初めての地で、わからない事が多いですが非常に楽しみにしております。2020年に水戸ホーリーホックと試合をした時に、チーム・スタッフ・サポーターの皆様にとても良い印象を持ってます」 「そんな環境でサッカーをやれる事が楽しみです。誇りを胸に水戸ホーリーホックのユニフォームを着させて頂きます。目の前の試合の勝ちにこだわり闘っていきたいです。一緒に戦いましょう!!」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪在籍中にたくさんの応援と大きな声援を本当にありがとうございました。2020年は始動してすぐのキャンプ中に移籍の話をいただき決断に迷いもありました。ただ、2年間トップチームで試合になかなか出れない悔しさもありましたが、セレッソで活躍したいという気持ちで今までやってきてました」 「今回はセレッソ大阪を離れる事になりましたが、僕は新しい挑戦だと思っています。高校を卒業したばかりの生意気な僕を迎え入れていただき感謝しています!! 移籍をしてもセレッソ大阪の事は応援しています。3年間ありがとうございました!」 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアのファン・サポーターの皆さん、半年間でしたが、ありがとうございました。今季途中から合流してコロナ禍で大変な中、ゴール裏で熱く応援してくれている皆様の姿は、目に焼きついています」 「ゼルビアキッチンで、子供達が声をかけてくれた時は『次の試合も頑張らないと』と思いました! これからは対戦相手としてですが、野津田でFC町田ゼルビアの皆さんに会えるのを楽しみにしています! 本当にありがとうございました」 2021.01.09 12:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly