高速シザースでDFを翻弄!“怪物”ルカクが決めた強烈ミドル【スーパーゴール図鑑/インテル編】

2021.02.20 12:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロメル・ルカク(当時26歳)
国籍:ベルギー
所属:インテル
ポジション:FW
身長:191cm母国の強豪アンデルレヒトで頭角を現したルカクは2011年夏にチェルシーに加入。WBAやエバートンでの活躍を経てマンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年夏からはインテルに活躍の場を移している。


【試合詳細】
日程:2019年12月21日
大会:セリエA第17節
対戦相手:ジェノア
時間:後半26分(3-0)

◆ルカクが見せた高速シザース

インテルが主導権を握り、3-0とリードして迎えた71分、敵陣中央までボールを運んだMFアントニオ・カンドレーバが前線のルカクにパス。ボックスの際でボールを受けたルカクだが、素早くプレスにきた相手DFにコースを切られた状態に。しかし、素早いシザースからの切り返しで一瞬のシュートチャンスを作ると、すかさずミドルシュート。左足から放たれた豪快なシュートはGKの届かないゴール左上に突き刺さった。

ダメ押しの4点目を決めたインテルがそのまま4-0と大差をつけて勝利している。
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 途中出場からの決勝点 ストライカー、サモラーノの一撃

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月28日にご紹介するのは、今から23年前に元チリ代表FWのイバン・サモラーノ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆チリの英雄的ストライカー、サモラーノが決めたエレガント過ぎるバックヒールゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtRjdNVHBTcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 0-0の状況でベンチから投入され、ワンタッチのシュートで決勝点を奪いきる。ストライカーの真骨頂のようなサモラーノ氏のバックヒールでのゴールです。 ◆背番号「9」へのこだわり ストライカーの代名詞とされる背番号「9」に特別なこだわりを持っていたサモラーノ氏。インテル在籍時の1998年に元ブラジル代表FWロナウド氏に背番号「9」を譲ることとなると、背番号18のユニフォームの1と8の間に小さな「+」を加えて「9」にしていたことでも知られます。 まだ背番号「9」を着けていた1998年2月28日に行われたセリエA第23節のナポリ戦では、ストライカーらしいゴールを決めています。 ホームにナポリを迎えたこの試合では、拮抗した展開となり0-0の状態が続きます。しかし、迎えた63分、途中出場のサモラーノが均衡を破ります。 サイド攻撃から相手を崩したインテルは、右サイドで裏を取ったMFフランチェスコ・モリエーロがボックス右から低めのクロスを上げます。 中央に入ってきたサモラーノは、これを走りながら華麗なバックヒールで合わせると、完璧なシュートはゴール左サイドのGKの届かないコースに飛んでいき、エレガントな先制ゴールとなりました。 他のFW陣がケガがちだった中、サモラーノ氏はその情熱溢れるプレーを武器に2001年にメキシコに移籍するまでインテルで活躍しました。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ラウタロがバルサとの交渉を明かす!「インテルと延長するつもりで断った」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、昨夏にバルセロナと交渉していたことを明かした。 2018年夏に母国ラシン・クラブから加入したラウタロ。当時から多くのビッグクラブが関心を寄せる存在で、2シーズン目から頭角を現すと、今季はセリエAでここまで23試合13ゴール6アシストを記録。早くも昨季の14ゴール5アシストに並ぶ活躍を披露している。 そんなラウタロだが、昨夏にはバルセロナ移籍の噂が度々報じられていた。ロナルド・クーマン監督が戦力外としたFWルイス・スアレスの後釜としてラブコールしていたようで、一説では個人間合意したとも言われていた。 しかしながらラウタロは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、交渉は事実としながらも、移籍するつもりは全くなかったとコメント。さらに、契約延長の発表が近いことも明らかにした。 「本当だよ。僕はバルセロナと交渉していた。でも(アントニオ・)コンテには『インテルのことしか頭にない。この交渉で僕が心変わりすることはないよ』とはっきり言っていたんだ。だけど全て過去のことだ。僕はインテルと契約延長するつもりさ」 「いつ正式な発表があるかはわからない。その間僕はプレーするだけさ。僕の未来はここにある。ミラノに長くいることを見据えているよ。この街の全てが好きなんだ。食べ物もファンもチームもね。ポジティブな感情しかないよ」 また、現在セリエAで首位に立つインテルに関して優勝候補かどうかと尋ねられると、「そういう言葉は好きではないんだ。でも、僕たちはこの順位にいるのは偶然ではないよ」と、慢心することなく自信を覗かせている。 2021.02.27 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

驚愕のジャンピングハイキックボレー!ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラウタロ・マルティネス(当時21歳) 国籍:アルゼンチン 所属:インテル ポジション:FW 身長:174cm 母国アルゼンチンでのデビューを経て、2018年夏にインテルに引き抜かれたラウタロ・マルティネス。徐々に頭角を現し、今ではチームの若きエースとして活躍している。 【試合詳細】 日程:2018年8月12日 大会:インターナショナル・チャンピオンズカップ 対戦相手:アトレティコ・マドリー 時間:前半31分(0-0) <div id="cws_ad">◆ラウタロが決めた見事なジャンピングボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1aldRWnJhYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた31分、自陣からドリブルで相手陣内中央左までボールを運んだMFクワドゥオ・アサモアが、ボックス内にクロスを上げる。このボールはやや流れたものの、ファーポストでラウタロ・マルティネスが合わせる。高い跳躍からの強烈なジャンピングボレーはGKのニアポストを抜き、見事なゴールが生まれた。 このゴールを守り切ったインテルが、1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="855" data-sg-movie-title="【驚愕のジャンピングハイキックボレー!】ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!"></span> 2021.02.27 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

強面MFの強烈ミドルシュートがゴールネットに突き刺さる【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラジャ・ナインゴラン(当時30歳) 国籍:ベルギー 所属:インテル ポジション:MF 身長:176cm カリアリで頭角を現したナインゴランは、ローマでの活躍を経て、2018年夏にインテルへ加入している。豊富な運動量を誇る中盤の汗かき役としてチームを支えながら、パンチのあるミドルシュートで攻守に存在感を発揮する。 【試合詳細】 日程:2018年10月3日 大会:チャンピオンズリーグ グループステージ 対戦相手:PSV 時間:前半44分(0-1) <div id="cws_ad">◆ナインゴランがCLで決めた強烈な一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRcDRmdjNFWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ホームのPSVに先制を許し、0-1とインテルがビハインドで迎えた44分、インテルに決定機が訪れる。右サイドからのクロスのこぼれ球を拾ったDFクワドゥオ・アサモアが中央からロングシュートを放つと、これは相手GKに弾かれるも、FWマウロ・イカルディがこぼれ球を拾い、ボックス内左からシュート。このシュートも相手DFのブロックにあうも、今度はペナルティーアーク付近からナインゴランがこぼれ球をシュート。ボックスの手前から放たれた豪快なシュートはゴールネットに突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 前半で追いつくことに成功したインテルは、後半に勝ち越しゴールを決め、見事2-1で逆転勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="854" data-sg-movie-title="【パワフルな一撃!】ナインゴランがCLで見せた豪快なミドルシュート"></span> 2021.02.27 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、マロッタCEOらクラブ首脳陣がコロナ陽性…

インテルは25日、最新の新型コロナウイルス検査の結果、クラブ首脳陣含むスタッフ5名に陽性判定が出たことを明らかにした。 今回の発表によると、感染が発覚したのは、スポーツ部門で最高経営者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏、コーポレート部門でCEOを務めるアレッサンドロ・アントネッロ氏、スポーツ・ディレクターのピエロ・アウジリオ氏、クラブの法律顧問のアンジェロ・カペッリーニ氏とテクニカルスタッフ1名の5名だという。 現時点で症状の有無は明かされていないが、すでに前述の5名は健康プロトコルを遵守し、隔離措置を取っている。 2021.02.25 22:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly