マルセイユ、サンパオリ氏招へいに向けて交渉順調! 3月上旬にも交渉成立か

2021.02.17 23:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユはホルヘ・サンパオリ氏(60)の新指揮官招へいに向けて交渉を順調に進めているようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。マルセイユでは今月初めにアンドレ・ビラス=ボアス監督(44)が辞任を表明。さらに、公式会見の場でクラブ幹部を公に批判したことが問題視され、職務停止を言い渡されている。そして、実質解任となっているポルトガル人指揮官に代わって、現在はナセル・ラルゲ氏が暫定指揮官としてチームを率いている状態だ。


そういった中、クラブは先日からブラジルのアトレチコ・ミネイロを率いているサンパオリ氏の新指揮官招へいに向けて動き始めている。

『RMC Sport』が伝えるところによれば、マルセイユ行きを望むサンパオリ氏とクラブの交渉は順調に進んでおり、幾つかの契約条件を詰める必要はあるものの、両者は契約成立を確信しているとのことだ。

なお、アトレチコ・ミネイロとの現行契約は2021年末までとなっているが、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAが終了する2月末を持って退団し、3月上旬のマルセイユ行きを目指しているようだ。

これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ氏は直近、ブラジル屈指の名門サントス、アトレチコ・ミネイロを率いている。今季はリーグ戦で首位のインテルナシオナウと7ポイント差の3位に位置している。
関連ニュース
thumb

ホルヘ・サンパオリ氏招へいのマルセイユ、ビラス=ボアス監督との契約解消を正式発表!

マルセイユは2日、アンドレ・ビラス=ボアス監督(43)との契約を双方合意の下で解除したことを正式に発表した。 2019年5月に退任したルディ・ガルシア前監督の後任としてマルセイユの監督に就任したビラス=ボアス監督。就任初年度となった昨季は財政面の問題で補強が制限された中、近年のリーグ・アン最高位の2位でフィニッシュを成し遂げ、待望のチャンピオンズリーグ(CL)復帰を果たした。 しかし、深刻な財政問題を抱えるクラブは昨夏に目立った補強を行うことができず、CLではグループステージ最下位で敗退する屈辱を味わった。また、リーグ・アンでも21試合を消化した時点でわずか9勝と低迷。CL出場圏内の3位リールとは暫定で13ポイント差を付けられていた。 すると、ビラス=ボアスは2月2日に行われた記者会見で辞任の意向を表明。さらに、その辞任理由を巡ってクラブ幹部を公に批判したことが問題視され、職務停止を言い渡されていた。 クラブは公式サイトで「マルセイユは、19カ月間におけるビラス=ボアスの貢献に感謝するとともに、彼の今後の活躍を祈っている」との声明を発表している。 なお、クラブは2月27日に後任監督としてアルゼンチン指揮官のホルヘ・サンパオリ氏(60)が就任することを発表してた。 2021.03.03 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今季から酒井&長友のチームメイトとなったミリクが捻じ込んだマルセイユ初ゴール/2020-21【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はマルセイユのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ミリクがボレーシュートで移籍後初ゴールをマーク<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFNENXY1FQMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミリクは、母国ポーランドでキャリアをスタートさせると、レバークーゼンやアウグスブルク、アヤックスでプレーした後、2016年8月からナポリでプレー。これまで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。 移籍問題のもつれもあり、2021年1月からマルセイユにレンタル移籍で加入しているミリクだが、2021年2月3日に行われたリーグ・アン第23節のRCランス戦では、記念すべき移籍後初ゴールを決めている。 1-0とマルセイユリードの前半追加タイム3分、相手陣内中央でマルセイユがFKを得ると、ボックス内にクロスを上げる。FWヴァレール・ジェルマンがヘディングでこのボールを落とすと、MFアルバロ・ゴンサレスがボレーシュート。やや当たり損ねたシュートにゴール前のミリクが滑り込みながら捻じ込み、追加点を奪った。 前半で2点のリードを奪ったマルセイユだったが、後半反撃に遭い、2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="868" data-sg-movie-title="【フランス初ゴール!】今季から酒井&長友のチームメイトとなったミリクが捻じ込んだマルセイユ初ゴール"></span> 2021.03.01 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まるで早送り!高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアルゼンチン人MFルーカス・セララジャンがティグレス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆まるで早送り!メキシコで生まれたスーパーFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3VkNFODdmeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンでプロデビューを果たしたセララジャンは、2016年からメキシコの強豪ティグレスに加入。主力としてプレーし、リーグ王者に3度輝くなど、功績を残している。 現在は活躍の場をアメリカに移しているセララジャンだが、2018年7月22日に行われたリーガMXアペルトゥーラ第1節のクラブ・レオン戦では、豪快なフリーキックを決めている。 0-0で迎えた37分、ボックスの外左でティグレスがFKを得ると、キッカーはセララジャン。右足で放たれたトップスピンのかかったドライブシュートは、物凄いスピードでゴール左へ向かうと、必死に手を伸ばすGKにセーブの隙を与えずにゴールインした。 先制し、主導権を握ったティグレスは、試合に2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="861" data-sg-movie-title="【まるで早送り!】高速ドライブでニアポストを破るロングフリーキック!"></span> 2021.02.28 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

高速クロスにピンポイントで合わせる!マルセイユ生え抜きFWの最初で最後のゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はルーマニアリーグのCFRクルージュに所属するフランス人FWビレル・オムラニがマルセイユで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆高速クロスにピンポイントで合わせる!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzZ3VZODFpVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 14歳からマルセイユの下部組織で育ったオムラニは、2011年にファーストチームに昇格。2016年夏からは、活躍の場をルーマニアに移してプレーしている。 マルセイユでは、ファーストチーム在籍5シーズンで公式戦出場わずか10試合に留まったものの、2015年1月9日に行われたリーグ・アン第20節のモンペリエ戦では、マルセイユにおいて最初で最後のゴールを決めている。 0-2とマルセイユビハインドの68分、DFブリス・ジャ・ジェジェがボックス右から鋭いクロスをボックス内に入れる。アウトスイングの高速クロスは、ファーサイドまで流れると、クロスに反応したオムラニがスライディングシュート。空中で上手くボールをミートさせると、低く抑えられたシュートがゴール中央に決まった。 1点を返したマルセイユだったが、試合にはそのまま1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="859" data-sg-movie-title="【高速クロスにピンポイントで合わせる!】マルセイユ生え抜きFWの最初で最後のゴール"></span> 2021.02.28 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

フランスでも持ち味を発揮!長友がピンポイントクロスでマルセイユ初アシストを記録!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユの日本代表DF長友佑都が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆長友のマルセイユ初アシスト!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVNUNhWGRFRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> FC東京でプロキャリアをスタートさせた長友は、2010年夏にチェゼーナに移籍し、渡欧。その後インテルやガラタサライでの活躍を経て2020年夏にマルセイユに加入している。 豊富な運動量に加え、ベテランの経験値が持ち味の長友だが、2021年2月20日に行われたリーグ・アン第26節のナント戦では、見事なクロスでマルセイユ初アシストを記録している。 0-1とリードされて迎えた69分、MFヴァランタン・ロニエからのパスに左サイド深くに抜け出した長友が、ダイレクトで折り返しのクロスを入れる。カーブのかかった鋭いクロスは、ゴール前の危険な位置に入ると、MFディミトリ・パイエが後方から走り込んでジャンピングボレーを合わせ、見事な同点弾を決めた。 長友の移籍後初アシストから同点に追いついたマルセイユだったが、試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="858" data-sg-movie-title="【長友のフランス初アシスト!】持ち味のピンポイントクロスでマルセイユ初のアシストを記録"></span> 2021.02.27 22:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly