「フェラーリみたい」爆速で堂安律へのロングパスをかっさらうバイエルンDFに驚愕「チートだ」

2021.02.16 21:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
その爆発的なスピードを武器に、一気に世界屈指のサイドバックへと成り上がったバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスだが、日本代表MF堂安律もその餌食となった。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。

11日に行われたFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020決勝でティグレス(メキシコ)に勝利し、史上2クラブ目のシーズン6冠達成を達成したバイエルンは、15日にブンデスリーガ第21節でアルミニア・ビーレフェルトと対戦。ビーレフェルトのMF堂安律は41分までプレー、MF奥川雅也はベンチ入りも出場機会はなかった。


堂安とマッチアップすることとなったデイビスだが、31分、驚愕のスピードを見せる。

前がかりになっていたバイエルンからビーレフェルトがボールを奪い、自陣からのロングボールが右サイドを抜け出した堂安へと送られる。攻撃参加していたデイビスはビーレフェルト陣内におり、堂安とは10mは離れていたが、一瞬でトップスピードに乗ると、やや大きくなったロングパスに堂安よりも先に余裕を持って追いつき、GKマヌエル・ノイアーへとバックパスしていた。

大雪の影響でライン際の除雪をするため二度の中断を余儀なくされるコンディションの中、『SPORTBIBLE』によると、この瞬間のデイビスは時速35.6kmを記録していたようで、そのあまりの早さに、サポーターからも「フェラーリみたい」「チートだ」「彼はカナダ人だから雪の上の走り方を知っている」とデイビスのスピードに驚愕する声が挙がっていた。

試合は、王者相手に善戦を見せたビーレフェルトが一時2-0とリードするも、後半にデイビスのゴールを含む3ゴールの反撃を見せたバイエルンが3-3の同点に追いついている。

◆堂安が一瞬で追い抜かれる…デイビスの時速35.6kmダッシュ


関連ニュース
thumb

コロナ感染のバイエルンDFパヴァールがトレーニングを再開

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァールがトレーニングに復帰した。 パヴァールは2月18日、新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応。自宅で隔離されており、無症状だとされていた。 クラブ・ワールドカップを戦った直後に感染が発覚したパヴァール。チームは直後に行われたフランクフルトとの一戦で敗れるなどしたが、その後はチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオ戦、ブンデスリーガ第23節のケルン戦で快勝を収めていた。 そのパヴァールは、2週間の隔離期間を終えて3日にトレーニングに復帰。最終検査でも陰性が確認され、個別のランニングをスタートさせたとのことだ。 パヴァールは今シーズンのブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグで4試合に出場するなどチームの主軸を担っていた。なお、バイエルンは6日にドルトムントとの一戦を控えている。 2021.03.04 18:22 Thu
twitterfacebook
thumb

“ノイアー二世”ニューベルが移籍を検討か…今季バイエルンに加入もノイアーの陰に埋もれる

バイエルンのドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルが移籍を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨シーズン限りでシャルケを契約満了で退団し、今シーズンからバイエルンへステップアップしたニューベル。5年過ごしたシャルケではドイツ屈指の若手GKとして名を挙げ、その経歴から、現在バイエルンやドイツ代表で正GKを務めるマヌエル・ノイアーの後継者とうたわれてきた。 しかしながら、そのノイアーが守護神に君臨するバイエルンでは全く出場機会を得られず、ここまでの出場はチャンピオンズリーグとDFBポカールの2試合のみ。移籍が内定した昨年1月には、クラブOBなどから「早すぎる移籍」だと懐疑的な目が向けられていたが、予想通りの結果となってしまっている。 契約が2025年までとなっているニューベルは、やはりこの状況に不満を抱いており、アドバイザーのステファン・バックス氏は「この状況は不十分だ。夏のローンについて考える必要がある」と移籍を示唆している。 『キッカー』によると、そんなニューベルの移籍先候補としてモナコが挙がっている模様。現在でリーグ・アンで4位につけており、来季のヨーロッパリーグ内氏はチャンピオンズリーグ出場に手をかけている状況だ。また、率いるのがかつてバイエルンやフランクフルトなどブンデスリーガでの指揮歴も持つニコ・コバチ監督で、ドイツ語も話せるため、ニューベルにとって可能性のある選択肢と言えるだろう。 2021.03.04 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドはチェルシー行きをすでに除外! 新天地候補は6クラブのみ?

今夏の移籍市場において去就に注目が集まるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の新天地候補は6クラブに限られているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 ドルトムント加入以降、公式戦45試合に出場し43ゴール11アシストと驚異的なスタッツを叩き出しているハーランド。ただ、所属チームは今シーズンのブンデスリーガにおいてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に甘んじており、来季以降のタイトル獲得の可能性などを考慮すれば、今夏に新天地を求める可能性が濃厚と思われている。 その怪物ストライカーの去就に関して代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は先日、プレミアリーグの4クラブを含むヨーロッパの10クラブのみが獲得可能であることを示唆していた。 さらに、今回『シュポルト・ビルト』はハーランドの新天地候補が6クラブに限られていると報じている。 その中で有力な新天地候補として挙がっていたチェルシーは、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がトーマス・トゥヘル監督に対して補強資金のバックアップを約束しており、ドイツ人指揮官が獲得を望む新エースストライカーとしてハーランドの動向を注視していた。 だが、“絶対的なトップクラブ”へのステップアップを望む20歳FWは、チェルシーを真のトップクラブとみなしておらず、すでに新天地候補から除外したという。 また、もう一つの候補クラブであるバイエルンに関しては、現時点で世界最高のセンターフォワードと評価されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが健在ということもあり、ポジション争いを嫌ってチェルシー同様に新天地候補から除外しているという。 そして、新天地候補となる6クラブは、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ3クラブと、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強、ユベントスだという。 その中で資金力やメインストライカー不在という部分でシティ、予てより移籍先候補に挙がるマドリー辺りが本命視されている。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“皇帝”リベリが吠える!バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール/2015-16【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 フランク・リベリ(当時26歳) 国籍:フランス 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:170cm 貧しい出自ながら、圧倒的なフットボールの才能でトップまでのし上がったリベリは、マルセイユでブレイクを果たすと、2007年にバイエルンへ加入。圧倒的な突破力と決定力を武器にバイエルン両ウィングの一角を長きに渡り担った。 【試合詳細】 日程:2016年4月2日 大会:ブンデスリーガ第28節 対戦相手:フランクフルト 時間:前半20分(0-0) <div id="cws_ad">◆皇帝の豪快バイシクル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bkI0QktZZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた20分、相手陣内中央で味方のボールを受けたMFマリオ・ゲッツェが、ドリブルに入ると一気に加速し、ボックス手前で相手DFが足を滑らせた隙にできたスペースからシュート。 低い弾道のシュートは、GKにブロックされるものの、高く跳ね上がったボールに反応したリベリが、ゴール正面のボックス際から豪快なバイシクルキック。完璧にミートした強烈なシュートは、GKの頭上を抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで先制したバイエルン。これが試合を通して唯一のゴールとなり、1-0でバイエルンが勝利している。 <span data-sg-movie-id="879" data-sg-movie-title="【“皇帝”リベリが吠える!】バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール"></span> 2021.03.03 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがオーストリアの若手MFを確保、世代別代表も経験の17歳MFメトゥと4年契約

バイエルンは2日、オーストリアのSKNザンクト・ペルテンからU-17オーストリア代表MFエミリアン・メトゥ(17)の獲得を発表した。 契約期間は2025年6月までとなり、2021-22シーズンから加入。当面はセカンドチームに所属することとなる。 メトゥは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2020年9月に昇格。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで2試合に出場していた。また、世代別のオーストリア代表も経験している。 191cmの長身で、懐の深さもあり、スケールの大きなプレーをするメトゥは、1月からバイエルンでトライアルを受けていたとのこと。この度その能力が認められ、正式に契約を結ぶこととなった。 メトゥは「僕にとって夢のような出来事だよ。家族全員が長年バイエルンのファンだった。僕はこの偉大なクラブの一員になりたい。ミュンヘンで自分を表現したいよ」と今回の契約にコメントしている。 2021.03.03 12:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly