ウディネーゼ、デウロフェウの完全移籍移行を発表! 今季ワトフォードからレンタル加入

2021.01.31 12:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼが元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(26)の完全移籍移行を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。バルセロナ下部組織育ちのデウロフェウは2013年7月に1stチーム昇格後、エバートン、セビージャ、ミランでのプレーを経験。2017年夏に買い戻しオプションが行使される形でバルセロナに復帰したが、インパクトを残せず、2018年1月からワトフォードに貸し出され、同年夏に完全移籍を果たした。

そのワトフォードで公式戦通算70試合17得点11アシストと活躍したが、チームは2019-20シーズンのプレミアリーグで19位に終わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格。昨年10月からレンタルでウディネーゼに移り、今季はここまで公式戦12試合の出場で1得点1アシストを記録している。


そして、ウディネーゼは30日、デウロフェウの契約に付随する買い取りオプションの行使を決断。両クラブは買い取りオプションの行使額を公表していないが、1700万ユーロ(約21億5000万円)程度とみられる。
関連ニュース
thumb

冨安フル出場のボローニャ、ウディネーゼに追いつきドロー《セリエA》

ボローニャは8日、セリエA第35節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節フィオレンティーナ戦を3-3と打ち合って引き分けた12位ボローニャ(勝ち点39)は、前節負傷から復帰した冨安が前節に続き[3-4-2-1]の3バックの右で先発となった。 11位ウディネーゼ(勝ち点39)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、ボローニャは23分に失点する。デ・パウルにルーズボールを拾われると中央をドリブルで突破され、ボックス中央から右足アウトでシュートを決められた。 デ・パウルの個人技でリードを許したボローニャは、ハーフタイムにかけてなかなか攻め手を見いだせなかったが、前半追加タイム1分に同点のチャンス。ソリアーノがミドルシュートを狙うと、GKが弾いたルーズボールをパラシオが詰めるもGKムッソのセーブに阻まれた。 迎えた後半開始1分、冨安が際どいミドルシュートを放ったボローニャが前がかる展開となったが、その後はなかなかゴールに迫れない状況が続いた。 61分にはオルソリーニやサンソーネを投入するも、やはり攻撃の形を作れずにいたが、終盤の81分に相手のミスを突いて同点とする。 相手DFのバックパスが短くなったところをパラシオがカットし、ボックス内で飛び出してきたGKムッソに倒された。このPKをオルソリーニが決めて同点としたボローニャが引き分けに持ち込んでいる。 2021.05.09 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがオランダ人DFファン・ベークを狙う?

ウディネーゼが、フェイエノールトのオランダ人DFスベン・ファン・ベーク(26)の獲得を目指すようだ。 ファン・ベークは、今シーズンはフェイエノールトからヴィレムⅡへとレンタル移籍。エールディビジで11試合に出場していた。 シーズン終了後にはフェイエノールトへ戻ることになるが、そのフェイエノールトとの契約は今シーズン終了で満了を迎える。 オランダ『Voetbal International』によると、ウディネーゼが関心を示しているとのこと。実解すれば、初の海外挑戦となる。 ファン・ベークはフェイエノールトの下部組織育ちで、2013年7月にファーストチームへ所属。今年2月からレンタル移籍でヴィレムⅡに加入していた。 世代別のオランダ代表を経験しており、センターバックを主戦場に右サイドバックでもプレーが可能だ。 しかし、過去にはつま先のケガや足首のケガがあり、長い間プレーできなかったこともあった。 今シーズンのウディネーゼはセリエAで中位に終わっており、守備の立て直しに狙うとされている。 2021.05.06 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤にC・ロナウドがドッピエッタ、低調ユーベが勝利をもぎ取り3位浮上《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第34節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 前節フィオレンティーナに何とか引き分けたものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内ぎりぎりの4位に後退したユベントス(勝ち点66)は、C・ロナウドとディバラの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだ。 直前の試合でナポリが引き分けたため勝利すれば3位浮上となる中、11位ウディネーゼ(勝ち点39)に対し、守勢の入りとなったユベントスは11分に先制される。クイックリスタートでボックス右に侵入されたモリーナにシュートを蹴り込まれた。 まずい入りとなったユベントスは、その後も攻めあぐねる展開を強いられた中、34分にようやくディバラが右足のミドルでオンターゲットを記録したが、前半を1点ビハインドのまま終えた。 迎えた後半、前からプレスに行ったユベントスだったが、51分にアルスランに決定的なシュートを許してしまう。 前半同様に攻め手のないユベントスはベルナルデスキ、ディバラと下げ、クルゼフスキ、モラタを投入していった。 その後も低調なパフォーマンスが続いていたが、終盤の82分にPKを獲得する。C・ロナウドの直接FKが壁に入っていたデ・パウルのハンドを誘った。このPKをC・ロナウドが決めて同点としたユベントスは、89分に逆転する。 左サイドからのラビオのアーリークロスをファーサイドのC・ロナウドがヘッドでねじ込んだ。これが決勝点となってユベントスが勝利。低調な内容ながら勝利をもぎ取り、3位に浮上している。 2021.05.03 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

デウロフェウがヒザの手術を受けることを自身のSNSで発表…

ウディネーゼに所属する元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウが、ヒザの手術を受けることを自身のSNS(@gerardeulofeu)で明かした。 11日の夜にツイッターを更新したデウロフェウは、今回のケガの経緯と今後について自身のSNSで語った。 「僕は2月17日のトレーニング中にヒザの内側半月板を断裂してしまった。僕たちは手術をせずにピッチに戻るために今日まであらゆることを試してきました。薬を使わずに安静にしたり、ここ数試合はプレーするために注射をしたり…きっとうまくいくと思っていましたが、そうはいかなかった」 「体調も良く、手術前の気持ちも素晴らしかっただけに、残念な気持ちだよ。だけど、残念ながら改善策はありませんので、もう一度前を向いて、できるだけ早く(今シーズン中に復帰する可能性も排除せずに)、これまで以上に強い気持ちで復帰し、前向きに新たな障害を乗り越えていきたいと思っているよ」 昨年10月にワトフォードからのレンタルでウディネーゼに加入したデウロフェウは、これまで公式戦15試合に出場し2ゴール2アシストを記録。クラブは1月に買い取りオプションを行使し、2024年までの契約を結んでいた。 2021.04.12 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが2トップ揃い踏みでウディネーゼに逃げ切り勝利、CL圏死守《セリエA》

アタランタは3日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、3-2で競り勝った。 前節ヴェローナに快勝してチャンピオンズリーグ出場圏内の4位を死守した4位アタランタ(勝ち点55)は、D・サパタとムリエルの2トップで臨み、中盤右にマリノフスキーが入った。 12位ウディネーゼ(勝ち点33)に対し、立ち上がりから押し込み続けたアタランタが19分に先制する。ボックス左に侵入したペッシーナのマイナスクロスをムリエルがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 その後も主導権を握り続けたアタランタは、前半終盤の43分にリードを広げる。マリノフスキーのスルーパスでボックス中央に侵入したムリエルが冷静にGKとの一対一を制した。 しかし45分、R・ペレイラにゴールを許し、アタランタは2-1で前半を終えた。 それでも迎えた後半、61分にアタランタが突き放す。マリノフスキーのパスを受けたサパタがボックス右からシュートを流し込んだ。 71分にストリガー・ラーセンのゴールを許して1点差に迫られたアタランタだったが、3-2のまま逃げ切り。CL圏を死守している。 2021.04.04 00:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly