大連辞任のベニテスがプレミア復帰? 古巣ナポリからのコンタクトの噂も

2021.01.27 17:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在はフリーになっているラファエル・ベニテス氏(60)の新天地に注目が集まっている。

ベニテス氏はレアル・マドリーBで監督としてのキャリアをスタートすると、2部クラブなどでの下積みを経て、2001年夏にバレンシアの監督に就任。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝などの功績が認められ、2004年夏にリバプールに引き抜かれると、就任1年目でチャンピオンリーグ(CL)制覇を果たした。

名将の名をほしいままにしたベニテス氏は、その後インテルやチェルシー、レアル・マドリーといったビッグクラブを渡り歩き、2019年夏に中国の大連一方足球倶楽部の監督に就任。しかし、23日に自身の公式SNSを通じての監督を辞任することを発表していた。
イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ベニテス氏は家族のいるイングランドを中心に新天地を探していく模様。また、友人にプレミアリーグのクラブに就任するつもりだと明かしたようだ。

一方で、2013年夏から2シーズン率いたナポリからコンタクトを受けているという情報や、ニール・レノン監督のもと低迷しているセルティックに就任するという噂も。ベニテス氏の動向に注目が集まる。

関連ニュース
thumb

「三笘半端ないて!」「エグっ!」三笘薫がリバプール撃破のスーパーゴール!後半ATの美技にスタジアムが揺れる「これはやばい」「叫んでしまった」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が大仕事をやってのけた。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。三笘はこの試合も先発出場した。 クラブのマッチデー・プログラムで表紙に起用された三笘。期待の大きさが見える中、試合は30分にハーヴェイ・エリオットのゴールでリバプールが先制する。 先手を奪われたブライトンだったが、39分にルイス・ダンクのゴールで同点に追いつくことに成功。そのまま後半へ突入する。 後半は互いに攻め込む中、三笘も前半から何度もチャンスメイクに加わることに。それでもゴールが生まれず、延長戦に突入するかと思われた後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 ブライトンは、ボックス手前右でFKをもらうと、キッカーのパスカル・グロスが浮き球のボールを送る。これをボックス左で浮いたペルビス・エストゥピニャンが受けると浮き球で丁寧に折り返す。 ファーサイドで待っていた三笘は、巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわすと、ボールが浮いた状態ですかさず右足アウトを使ったシュート。これがゴールネットに突き刺さり、ブライトンが勝ち越しに成功。その後試合終了のホイッスル。三笘のスーパーゴールが決まり、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 圧巻のゴールを決めた三笘には「エグっ!」、「これはやばい」、「叫んでしまった」、「めちゃめちゃ大声でた」、「三笘半端ないて!」と称賛の嵐。前回王者リバプールを下す劇的ゴールにはチームメイトもスタンドも大興奮となった。 <span class="paragraph-title">【動画】完璧なタッチとフェイントのスーパーゴール!三笘薫が衝撃のリバプール撃破弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 05:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの10番アンソニー・ゴードンを獲得! 「ニューカッスルは自分に適したクラブ」

ニューカッスルは29日、エバートンからU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)をエバートンに支払うことになるという。 降格圏に沈むトフィーズを脱出してタインウェアに新天地を求めたゴードンは、クラブ公式サイトのインタビューで意気込みを語った。 「ニューカッスルからの関心を耳にしたときから、ニューカッスルは自分に適したクラブだと確信していたんだ」 「ファン層や街並みが自分という人間に合っていると思うし、今の監督の下でのチームのプレーも僕にマッチしている。それにクラブは正しい方向に向かっているように見えるんだ」 「本当に大きな一歩だと感じているよ。まだ多くの人は僕の真の実力を見ていない。監督やクラブの方針の下、ここで活躍できると思っているよ」 一方、トップ4フィニッシュに向け前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、多くの伸びしろを持つ国内産の逸材確保に成功したエディ・ハウ監督は、ゴードンへの大きな期待を口にしている。 「アンソニーと契約できたことを嬉しく思う。彼は本当に最高の才能だ。一緒に仕事をして、彼を成長に導くことができることに興奮しているし、彼がニューカッスルのユニフォームを着て何ができるかを見るのを楽しみにしているよ」 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.30 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘薫が圧巻フィニッシュで劇的後半AT弾! 前回王者リバプール撃破で5回戦進出《FAカップ》

FAカップ4回戦のブライトンvsリバプールが29日にアメックス・スタジアムで行われ、2-1で勝利したブライトンが5回戦進出を決めた。なお、ブライトンのMF三笘薫はフル出場した。 3回戦で2部のミドルズブラを一蹴して初戦を突破したブライトンは、リーグ前回対戦で3-0の快勝を飾った強豪相手に5回戦進出を目指した。2-2のドローに終わったリーグ前節のレスター戦でスーパーゴールを決めた三笘が引き続き左ウイングでスタメンを飾った一方、今冬のステップアップを求めるカイセドが今週に入って練習を欠席しており、招集外となった。 対するリバプールは再試合となったウォルバーハンプトンとのプレミアリーグ勢対決を制し、4回戦に進出。ただ、苦戦が続くリーグ戦では直近のチェルシー戦のゴールレスドローで3戦未勝利。惨敗したブライトン相手のリベンジを巻き返しのキッカケとしたいクロップ監督は、リーグ戦から先発1人を変更。ミルナーに代えてアレクサンダー=アーノルドを右サイドバックに入れた以外同じメンバーを継続した。 今季プレミアリーグの2度の対戦で多くのゴールが生まれたこのカードは、FAカップにコンペティションを移してもオープンな展開となる。前回対戦のリベンジに向けて意気込むリバプールは、開始4分にボックス内に侵入したサラーに連続でシュートチャンスも、ここは相手DFの身体を張ったゴールカバーに阻まれる。 一方、立ち上がりのピンチを凌いだブライトンは、絶好調の三笘がアレクサンダー=アーノルドとのマッチアップで積極果敢な仕掛けを見せ、序盤からリバプール守備陣の脅威となる。そして、ホームチームは15分にボックス付近での細かな繋ぎからボックス中央でグロスのパスを受けたファーガソンに決定機が訪れるが、枠の左隅を捉えたシュートはアレクサンダー=アーノルドの見事なゴールカバーに遭う。さらに、21分にはファーガソンとのパス交換で中央突破を見せた三笘が左足に持ち替えてシュートを放つが、これはGKアリソンの正面を突く。 その後も一進一退の攻防が続く。25分にはハイラインの背後へ飛び出したサラーに絶好機が訪れるが、これは得意の左足のシュートを枠の右に外してしまう。だが、序盤から積極的に相手の背後を狙い続けたアウェイチームの仕掛けが結実する。 30分、ハーフウェイライン手前でルーズボールを回収したケイタがすかさず右サイドでスペースを狙うサラーに縦パスを通す。そのままボックス付近までドリブルで運んだサラーが冷静にボックス内へ走り込むエリオットへラストパスを繋ぐと、エリオットの右足シュートはGKスティールに右手で触られたものの、そのままゴール左隅に決まった。 今季3度目の対戦で初めてビハインドを背負ったブライトンだが、慌てることなく失点前同様のアプローチで反撃を試みる。すると39分、左CKの二次攻撃からアレクサンダー=アーノルドのヘディングクリアに反応したランプティがエリア外から右足を強振。この鋭いグラウンダーのシュートをゴール前の密集にいたダンクがかわし切れずに足で触ると、GKアリソンの反応の逆を突く形でゴールネットを揺らした。 ダンクの意表を突くゴールによって試合は1-1のイーブンで後半に突入。ブライトンはウェブスターを下げてハーフタイム明けにフェルトマンを投入した。後半はブライトンが引き続き三笘を起点に良い形で攻撃を仕掛けていく。54分には左サイド深くでDF2枚と対峙した三笘が深い切り返しからの急加速でアレクサンダー=アーノルドを振り切ってボックス内に侵入。ゴールライン際からマイナスに折り返すと、マーチの胸での落としからグロスにシュートチャンスもこれは枠を外れる。 一方、後半は今一つ流れを掴めないリバプールは60分手前に3枚替えを敢行。三笘に苦戦のアレクサンダー=アーノルドとナビ・ケイタ、エリオットを下げてミルナー、ヘンダーソン、ヌニェスを投入した。 この交代によってリバプールが盛り返して試合は膠着状態に陥るが、三笘に後半2度目の見せ場。71分、左サイドのスペースでフィードを受けた三笘はボックス付近まで運んで右足アウトにかけた完璧なクロスを供給。これにマーチが飛び込むがGKアリソンの好守に阻まれる。 後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く。その中で両ベンチは積極的に交代カードを切り、試合を決める勝ち越しゴールを目指す。互いに決定機まであと一歩という場面が目立ち、引き分け再試合も頭をよぎり始めた中で日本代表MFが試合を決める決定的な仕事を果たした。 5分のアディショナルタイムが加えられた92分、マク・アリスターの身体を張ったプレーで得たボックス手前右のFKの場面でキッカーのグロスが浮き球のボールをボックス左で浮いたエストゥピニャンに通すと、エストゥピニャンが浮き球で丁寧に折り返す。これをボックス右で受けた三笘は、巧みなアウトサイドでのファーストタッチからわざと浮かせてDFジョー・ゴメスをかわすと、ボールが浮いた状態ですかさず右足アウトを使ったシュートをゴールネットに突き刺した。 そして、三笘の劇的な公式戦2試合連続ゴールで勝ち越しに成功したホームチームは冷静にリバプールのパワープレーを凌ぎ切って2-1の勝利。リーグ前回対戦に続いてリバプールを退けて5回戦進出を達成した。一方、敗れたリバプールはEFLカップに続きFAカップ連覇を逃すことになった。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃!三笘薫、リバプール撃破の後半アディショナルタイム弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 00:34 Mon
twitterfacebook
thumb

「すっかり看板選手に」「バリかっこえぇやん」三笘薫がリバプール戦で主役に? クラブが激推しでMDPの表紙に採用「今日の主役扱い」

ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び注目を集めている。 ブライトンは29日、FAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えて戦う。 14日に対戦したプレミアリーグ第20節では、同じホームで3-0と快勝。三笘も先発出場し、アシスト未遂の活躍を見せていた。 圧倒的な存在感をここまで見せている三笘。2週間ぶりの再戦となった中、この試合のマッチデー・プログラムの表紙を飾ることとなった。 クラブのSNSがマッチデー・プログラムを投稿。その隣には三笘のスパイク、そして後ろには三笘のユニフォームと三笘づくしとなっている。 ファンは「今日の主役扱い」、「凄い勢いで駆け上がってる」、「バリかっこえぇやん」、「すっかり看板選手に」、「クラブとサポのスターになってる」、「最高です」とコメントが寄せられている。 リーグ戦では圧倒した相手だが、今夜は果たして。前節のレスター・シティ戦ではスーパーゴールを決めただけに、三笘が再び輝くのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンが三笘づくしの写真を公開!マッチデーの表紙に採用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today&#39;s cover star. <a href="https://t.co/Yk8a81D34E">pic.twitter.com/Yk8a81D34E</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1619677693649522690?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターがシャフタールFWテテをレンタルで獲得…今季はリヨンでプレーしリーグ戦17試合6ゴール

レスター・シティは29日、シャフタール・ドネツクのU-23ブラジル代表FWテテ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までとなる。背番号は「37」に決まった。 テテはグレミオの下部組織出身で、2018年1月にファーストチームに昇格。2019年2月にシャフタールへ完全移籍した。 2022年3月からはリヨンへとレンタル移籍。レスターで新たな挑戦をスタートする。 シャフタールでは公式戦108試合で31ゴール15アシストを記録。リヨンでは公式戦30試合で8ゴール10アシスト。今シーズンのリーグ・アンでは17試合で6ゴール3アシストを記録していた。 右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー可能。世代別のブラジル代表を経験しており、U-23ブラジル代表でもプレーした。 テテはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来られて本当に幸せだ。ピッチとスタジアムを見て、それは美しく、多くのファンがどのような感じかを想像できる」 「たくさんのゴールとアシストを記録したい。みんなが僕のプレーを見て喜んでくれることを願っている。フォックスでよかった」 <span class="paragraph-title">【動画】レスターがテテ獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Welcome to Leicêster, Tetê! <a href="https://t.co/aZVJK7wlun">pic.twitter.com/aZVJK7wlun</a></p>&mdash; Leicêster City (@LCFC) <a href="https://twitter.com/LCFC/status/1619651577630818304?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 21:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly