「寒くない?」チェルシーで再会濃厚のプリシッチとトゥヘル、ドルトムント時代に見せた親子のようなやりとりが話題に

2021.01.26 19:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日に、フランク・ランパード監督が解任されたチェルシー。昨年末にPSGの監督を解任されたトーマス・トゥへル氏の就任が噂されている。

仮にトゥヘル氏が着任した場合には、ドルトムント時代の教え子であるアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチと再会を果たすことになるが、当時18歳だったプリシッチとトゥヘル氏の間に起きた微笑ましい出来事が話題になっている。

2016年12月3日に行われたブンデスリーガ第13節のボルシアMG戦で、4-1とドルトムント大量リードの78分、ベンチスタートだったプリシッチがトゥヘル監督に呼ばれ、MFマルコ・ロイスとの交代準備に入る。

12月のドイツは気温が氷点下になることもあるくらい寒いが、手先が冷えたのかタッチライン際で待つプリシッチは両手を擦り、温めていた。すると、それを見たトゥヘル監督が近寄り、「ここは温かいぞ」と言わんばかりにベンチコートのポケットを広げてみせた。

このやり取りに2人は笑みを浮かべ、実際に手を入れることはなかったものの、当時18歳の少年の緊張をほぐすには程よい出来事となったはずだ。

チェルシーにはドイツでプレーしたプリシッチ以外にも、FWティモ・ヴェルナー、MFカイ・ハヴェルツ、DFアントニオ・リュディガーといったドイツ人選手も在籍しているだけに、ドイツ人指揮官であるトゥヘル氏の就任がもたらす好影響も大きそうだ。

◆当時18歳のプリシッチとトゥヘルがタッチライン際で見せた微笑ましいやり取り


関連ニュース
thumb

「修羅場だった」ドリンクウォーター、チェルシーでのキャリアは予想外「期待していたものとは違う」

チャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングに所属する元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(31)が直近のキャリアを振り返った。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 ドリンクウォーターは2012から2017年までを過ごしたレスター・シティで主軸を張り、2015-16シーズンの優勝に貢献。その活躍からイングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 しかし、ケガに見舞われたうえ、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、歴代監督らの信頼を勝ち取れず、バーンリーやアストン・ビラ、カシムパシャにレンタル。今夏はプレシーズンマッチにも出場したが、結局トーマス・トゥヘル監督の構想外となり、レディングにレンタルで移籍すると、18日に行われた第8節のフルアム戦で今シーズン初出場を果たした。 フルアム戦後、ドリンクウォーターがチェルシー時代と現状について明かしている。 「この未来が描けたか?いや、それは修羅場だった」 「これはサッカーであり、決して単純なものではなく、シンプルなものでもない。僕は新しい挑戦に興奮している」 「僕は(キャリアを始め直す)必要がある。このことについて、数年前よりも、特に僕のキャリアがどう発展していくのかについてより興奮している」 「試合やサッカーの楽しさを取り戻し、そこから進んでいく。いくつかのものは掴み損ねた。僕はミスを犯したんだ。試合でプレーしていなかった」 「契約の最終年だから、サッカーだけでなく他のことも関係してくる」 「僕は試合に必死だ。自分の立場を知っていて、それがこの10年で期待していたものとは違うことも知っている」 「だから変化が必要で、正しいステップを踏んでいる」 「監督と連絡を取り合い、お互いを信頼し、チームを信頼しなければならない。上手くいけば、彼らも僕を信頼し、そこから関係を築いていける」 チェルシーでは、プレー以外の部分で注目を浴びることが多かったドリンクウォーター。まだ31歳なだけに、レディングで心機一転の活躍を見せたいところだ。 2021.09.22 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

久々のプレミア出場でクリーンシート達成のケパ 「チームを助けることができて本当に嬉しかった」

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガが勝利に貢献したことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ケパは2018年夏にアスレティック・ビルバオから加入。加入時には7100万ポンド(現レートで約106億円)もの移籍金が動いたこともあり、高い期待がかけられていたが、凡ミスも目立ち、現在は守護神の座をセネガル代表GKエドゥアール・メンディに奪われている。 それでも、ケパは8月に行われたUEFAスーパーカップのPK戦でチームにタイトルをもたらす活躍を見せるなど、随所に存在感を発揮。また、19日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦で負傷したメンディに代わってスタメン出場したケパは5月以来のリーグ戦出場にもかかわらず、安定感のあるプレーでチームの勝利とクリーンシート達成に貢献した。 クラブ公式サイトのインタビューに応じたケパはトッテナム戦を振り返り、久々のプレミアリーグ出場で勝利に貢献できた喜びを露わに。同時に、メンディとの良好な関係にも触れ、同選手が少しでも早く復帰することを願った。 「とても嬉しい。僕たちにとって非常に重要な勝ち点3になった。ロンドン・ダービーということで、非常に優秀なチームとのビッグゲームであることはわかっていたからこそ、勝利は素晴らしいよ。チームの皆が喜んでいる」 「チームを助けることができて本当に嬉しかった。プレミアリーグでプレーするのはかなり久しぶりだったから、チームを助ける機会を得られて嬉しかったね。ロンドン・ダービーのような大きな試合に参加してクリーンシートを達成し、勝ち点3を獲得できた。本当に完璧だよ」 「エドゥー(エドゥアール・メンディ)と僕はとても良い関係にある。毎日一緒に練習していて、誰がプレーしていてもお互いにサポートしているんだ。スーパーカップでも僕らの関係を見てもらえたと思う。PK戦の後で彼は最初に僕を祝福してくれた選手の一人であり、もちろん、その後にも一緒にお祝いしたよ。彼が早くケガから復帰できることを願っている」 2021.09.21 16:24 Tue
twitterfacebook
thumb

サウールがほろ苦デビューを振り返る 「辛かったが、あの試合後にトゥヘルが僕に声を…」

チェルシーのスペイン代表MFサウール・ニゲスがほろ苦いデビュー戦を振り返った。 今夏のマーケット最終日にアトレティコ・マドリーからのレンタル加入が決まったサウール。インターナショナルブレイクを挟み、11日に行われたプレミアリーグ第4節のアストン・ビラ戦でいきなりの先発でチェルシーデビューを果たした。 だが、最高峰といわれるイングランドトップリーグのスピードや強度に面食らって、パスミスなどらしくないプレーを連発。チームこそ3-0と快勝したが、サウール本人は出来が悪すぎて前半だけでベンチに退くなど、ほろ苦いものとなった。 そんなサウールはこのたび、移籍市場のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏のYouTubeチャンネルに出演。チェルシーでのデビュー戦がうまくいかなかったことを認めつつ、トーマス・トゥヘル監督との逸話も明かした。 「トゥヘルの英語はわかりやすい。僕は英語があまり達者じゃないが、少しぐらいは理解できる。でも、彼は英語が達者。彼とミーティングをしたときもよく理解し合うことができた」 「彼にも感謝しているんだ。僕は1日しかトレーニングをやっていないのに、最初の試合に先発で使ってくれたのだからね。その事実は彼の度胸と僕への信頼の表れだ」 「彼とはあの試合が終わってから話をして、『落ち着いて、適応していかないといけない。これは新たなことだ』と諭してくれた。『僕がとても良い練習ぶりだったから先発で使った』ともね」 「もちろん。1回しかトレーニングをしていなかったから、難しいことだったが、言語やスタジアムも含め、すべてが新たなこと。僕は見失い、自分がどこにいるのかもわからなくなってしまった」 「辛かったが、あの試合が終わってからトゥヘルが僕に声をかけてくれて、気持ちが楽になった。本当に感謝している」 なお、サウールはデビュー戦以降の公式戦2試合で出番なしが続くが、次戦は22日に行われるカラバオカップ3回戦のアストン・ビラ戦。カップ戦ということで、挽回の機会が巡ってくるかもしれない。 2021.09.21 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、守護神メンディのスパーズ戦欠場理由を明かす 「起用を試みたが…」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がセネガル代表GKエドゥアール・メンディの欠場に言及した。 昨夏のチェルシー入りから安定したショットストップを披露して、早々に守護神の座に定着したメンディ。今季も守備の要のひとりであることに変わりなく、ここまで公式戦6試合に先発して、そのうちの4試合で無失点を記録する活躍を見せているが、19日に敵地で行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦を欠場した。 メンディの欠場は驚きの出来事だったが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、トゥヘル監督は14日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のゼニト戦で訴えた違和感が理由だと説明。代わりに出場して、無失点の3発快勝に貢献したスペイン代表GKケパ・アリサバラガにも賛辞を送っている。 「我々はこの1週間、彼(メンディ)の起用を試みたが、土曜日(18日)にトレーニングでも“まあまあ”といった感じだった」 「CLのゼニト戦終盤でのキックが原因だ。非常に強い痛みがあり、ストレッチしたり、着地したりすると、100%の状態が感じられなかったみたいだ。セットプレーやコーナーのときも違和感があったのだ」 「だから、我々は100%の状態で挑むために、ケパを起用した。そして、エドゥもサポートしてくれ、良いエネルギーを注入してくれた」 「ケパは重要な役割を担い、クリーンシートを達成した。私も嬉しいよ。それは彼にふさわしい結果で、やってのけたのを嬉しく思う」 2021.09.21 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

先日引退のデンバ・バはSD職に関心! 恩師ラングニックによる英才教育もスタート?

先日に現役引退を発表した元セネガル代表FWデンバ・バ(36)は、セカンドキャリアとしてスポーツ・ディレクター職に関心を示しているようだ。 デンバ・バは、これまでチェルシーやニューカッスル、ホッフェンハイムやウェストハムなど、ヨーロッパの4大リーグのクラブでプレー。それ以外にもベシクタシュ(トルコ)やムスクロン(ベルギー)、上海申花(中国)を渡り歩き、今年8月にルガーノ(スイス)を退団した後に現役引退を発表した。 そんなセネガル代表としても通算22キャップを刻む経験豊富なストライカーは、セカンドキャリアとしてスポーツ・ディレクターの仕事に関心があることを、ロシア『Sport-Express』で明かした。 また、ホッフェンハイム時代に師事した“プロフェッサー”の愛称で知られるラルフ・ラングニック氏への弟子入りを希望するデンバ・バは、現在ロコモティフ・モスクワのスポーツおよび開発部門の責任者を務める同氏の下を訪れている。 「将来はスポーツ・ディレクターになりたいと思っているんだ。そして、ラルフ・ラングニックから多くのことを学びたいと考えている」 「彼はその分野において最高の人物で、自分が教えを乞う上で彼以上に優れた存在は想像できないよ」 「ホッフェンハイムを離れてからもずっと彼と連絡を取り合ってきたし、彼は僕のプレーヤーキャリアに大きな影響を与えた」 「そして現在、彼は僕の現役後のキャリアにも影響を与えるはずさ。僕らが共に生きている限り、僕はこれからも彼から学ぶつもりだ」 「トーマス・トゥヘルがラングニックから直接指導を受けたことは誰もが知っていることだし、ラルフのアイデアはユルゲン・クロップや他の多くの指導者に影響を与えた。彼は、ドイツのフットボールを変えたと言っても過言ではないと思うよ」 また、デンバ・バはラングニック氏から指導を受けた後、最も慣れ親しんだイングランドへの帰還を希望している。 「僕がプレーしたすべての国の中で、イングランドは自分にとって最も適した国だったよ」 これまで多くの国々でプレーしてきた豊富な経験と、その際に培ってきた人脈に加え、“プロフェッサー”の英才教育となれば、デンバ・バのスポーツ・ディレクターとしてのセカンドキャリアは、現役時代の活躍以上となるかもしれない。 2021.09.21 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly