「現役は引退しますが甲府は引退しません」甲府生え抜きのDF橋爪勇樹が現役引退、アカデミーコーチ就任

2021.01.25 12:44 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴァンフォーレ甲府は25日、DF橋爪勇樹(30)の現役引退を発表した。なお、アカデミーコーチに就任する。長野県出身の橋爪は、創造学園高校、山梨学院大学を経て、2013年に甲府へと入団。1年目から出場機会を得る。


1年目でJ1デビューを果たし3試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場。2年目もJ1で2試合、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場すると、3年目の2015年にはJ1で17試合に出場しプロ初ゴールを記録した。

その後も出場機会を重ねる一方で、ケガな度も経験。徐々に出場機会を減らすと、2020シーズンは左ヒザ外側半月板損傷、左ヒザガングリオンの手術を受けるなどし、明治安田J2で4試合の出場に終わっていた。

J1通算70試合1得点、J2通算26試合出場。シーズン終了後に契約満了が発表されていた橋爪は、改めて引退を発表。コメントを残している。

「プロサッカー選手を引退することになりました、橋爪です。プロサッカー選手として過ごすことができた8年間で、サッカー選手としてはもちろん、人間としてもとても成長することが出来たと思います。近くで応援してくれる人達がいて支えてくれる人達がいる甲府だからこそ成長できたんだな、と改めて思いました」

「甲府一筋で出来た事、本当に幸せに思います。なのでまだ甲府一筋でいさせてください。現役は引退しますが甲府は引退しません」

「僕がプロで学んだこと、成長したことを今度は子供たちに伝えて、バトンを繋げていけたらいいなと思います。今度は違う角度から更に甲府を盛り上げられるように尽力し、セカンドキャリアでも日々成長できるように頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

甲府MF泉澤仁が左外側広筋筋挫傷で全治4週間

ヴァンフォーレ甲府は1日、MF泉澤仁の負傷を発表した。 クラブの発表によると、泉澤は2月20日のトレーニングマッチで負傷したとのこと。左外側広筋筋挫傷と診断され、全治は約4週間とのことだ。 泉澤は横浜F・マリノスから2020シーズンに期限付き移籍で加入。明治安田J2で28試合に出場し3得点を記録していた。 今シーズンからは完全移籍に切り替わっていたが、シーズン開幕前に離脱していた。 2021.03.01 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府が後半ATのPK失敗でプロデビューのブワニカ啓太ゴールの千葉とドロー 磐田は開始1分被弾で琉球に敗戦【明治安田J2第1節】

2021シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕節の9試合が28日に各地で行われた。 昨季4位のヴァンフォーレ甲府は14位のジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦。立ち上がりは両チームともロングボールで糸口を探る中、13分に甲府が決定機を迎える。千葉がGKへバックパスしたところを有田が猛然と追いかけボールを奪取。しかし、肝心のシュートはGKに触られてしまい、ゴールとはならなかった。 続く17分にも金井のシュートでゴールに迫った甲府は前半アディショナルタイムにこじ開ける。有田の左サイドへの大きな展開から荒木にボールが渡ると、早いタイミングでクロスを供給。これをボックス内で上手く収めた中村が2タッチでDF2人を躱して右足一閃。鋭いシュートがネットに突き刺さった。 千葉は後半から福満と船山を下げて末吉とブワニカ啓太を投入すると、これが見事に的中する。57分、左サイドの安田からクロスがあがると、これに合わせたのがブワニカ啓太。打点の高いヘディングシュートで流し込み、プロ初出場にして初ゴールを挙げた。 その後は膠着状態に陥る中、試合終了間際にドラマが起こる。甲府のCKのシーンで、こぼれ球を狙った小柳のシュートが岡野の手に当たりPKを獲得。勝ち越しへの千載一遇のチャンスだったが、野津田のシュートはGK鈴木に完璧に止められ試合終了。甲府にとっては悔しい痛み分けとなった。 昨季6位のジュビロ磐田は16位のFC琉球とのアウェイ戦に臨んだが、開始56秒で右サイドの田中が上げたクロスを池田に合わせられ失点。ビハインドを背負って試合をスタートさせることになった。 磐田は一刻も早く試合を振り出しに戻そうと、5分に小川航基、6分、11分と大森がシュートを狙っていくが、いずれも枠を捉えることができない。17分にはボックス右から小川航基がシュートも、ここはGK田口に止められる。 さらに前半終了間際には遠藤のシュートがクロスバーを直撃するなど、終始攻勢もネットを揺らすことができなかった。 後半も引き続き磐田ペース。48分にカウンターから松本がシュートを放てば、62分には遠藤がFKを枠に飛ばすもGK田口が立ちはだかる。遠藤は69分にもボックス手前左の絶好の位置からFKを試みるが、今度は右ポストに嫌われてしまった。 一方、水際で守る琉球は88分にピッチ中央で遠藤からボールを奪い、清水が一気にドリブルで前進。そのままDFも躱してGKと一対一になるが、ここはGK八田に軍配。試合を決めることはできなかった。 それでも最後まで守備の集中を切らさなかった琉球が開始1分のゴールを守り切り、磐田から勝ち点3を奪った。 その他、東京ヴェルディは小池の2ゴールなどで愛媛FCに3発快勝。昨季8位の京都サンガS.C.は、J2初挑戦のSC相模原を終盤の2ゴールで下し白星スタートを切った。相模原同様、J2初昇格のブラウブリッツ秋田はザスパクサツ群馬に2-1で敗れた。 ◆明治安田生命J2リーグ開幕節 ▽2月28日(日) SC相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 2</span>-1 ブラウブリッツ秋田 ジェフユナイテッド千葉 1-1 ヴァンフォーレ甲府 FC町田ゼルビア 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 ジュビロ磐田 レノファ山口FC 0-0 松本山雅FC ▽2月27日(土) ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ツエーゲン金沢 2021.02.28 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府がジュニオール・バホスとの契約満了を発表

ヴァンフォーレ甲府は26日、ブラジル人FWジュニオール・バホス(27)の契約満了を発表した。 ジュニオール・バホスは母国ブラジルクラブを渡り歩いた後、2017年6月の甲府入りを機に来日。2018年には明治安田生命J2リーグ19試合の出場で11得点を記録した。 2019年7月からはFC岐阜にレンタル移籍。昨季から甲府に復帰を果たして、J2リーグ10試合の出場で4得点をマークした。 2021.02.26 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府退団の後藤京介、ラインメール青森が新天地に

ヴァンフォーレ甲府は8日、MF後藤京介(28)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森FCに加わると発表した。 後藤は専修大学を卒業後、モンテネグロのクラブでプレーすると、2017年にY.S.C.C.横浜入り。2019年の甲府加入を経て、同年8月からザスパクサツ群馬に期限付き移籍した。そして、今年2月から再びのレンタルでいわてグルージャ盛岡へ。明治安田生命J3リーグ24試合に出場したが、保有元の甲府とともにシーズン終了後の退団が決定した。 後藤はクラブを通じて「この度、ラインメール青森に加入することになりました、後藤京介です。J3昇格の為、チームの力になれるよう、自分の力を最大限発揮していきたいと思っています。応援よろしくお願い致します」と意気込みを語っている。 2021.02.08 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府退団のFWラファエルが母国のボタフォゴFCに加入、背番号は「9」

かつて大宮アルディージャでもプレーし、2020シーズンはヴァンフォーレ甲府でプレーしたFWラファエル・マルケス(37)が、ボタフォゴFCへ完全移籍で加入した。 ラファエルはポンチ・プレッタやパウメイラスなどでプレー。その後、トルコのサムスンスポル、マニサスポルでプレーすると、2009年8月に大宮へ加入した。 2012年7月にボタフォゴへ移籍すると、その後は中国スーパーリーグの河南建業、パウメイラス、クルゼイロ、スポルチ・レシフェ、サン・カエタノ、フィゲイレンセでプレー。2020年1月に甲府へ加入し、8年ぶりにJリーグへ復帰していた。 2020シーズンは明治安田J2で23試合に出場し2得点を記録。しかし、シーズン終了後に退団していた。 ラファエルが加入するボタフォゴは、本田圭佑が所属していたリオ・デ・ジャネイロを本拠地とするボタフォゴFRとは異なり、サンパウロを本拠地としているクラブ。2020シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属していた。 マルケスは「ボタフォゴのユニフォームを着るチャンスを得られて満足し、やる気に満ち溢れています」とコメント。「セリエBに戻ることに集中したい」と語った。 なお、契約期間はシーズン終了まで。背番号は「9」をつけることとなる。 2021.02.07 21:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly