FA杯前回覇者下して16強入りのセインツ、指揮官ハッセンヒュッテル「良いチームパフォーマンス」

2021.01.24 12:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督がFAカップ5回戦進出に満足感を示した。

サウサンプトンは23日に行われた4回戦で、26日に予定するプレミアリーグでも相対するアーセナルと対戦。前回覇者との一戦だったが、24分のオウンゴールで先制すると、この得点が決勝点となり、1-0で勝ち切った。


ウォルバーハンプトンが待つ16強にチームを導いたハッセンヒュッテル監督は試合後、選手たちの頑張りを労った。

「前半の我々はよりパンチを利かせ、よりパワーを持ってプレーができたと思う。後半に入り、相手が巻き返そうとしてくるのは当たり前のことだ」

「そうしたなかで、我々は1つ、2つのチャンスを作り出しただけに、追加点を掴み取らないと。シェーン・ロングはPKのチャンスをもらうべきだったしね」

「早い段階でボールの主導権争いで優位に立ったが、最後の部分において必ずしもベストじゃなかった。ボールがないときの働きは総じて良かったがね」

「良いチームパフォーマンスだったよ」

関連ニュース
thumb

セインツ10戦ぶり白星も…主砲イングスが最低4週間アウトか

長きにわたる白星なしのトンネルから抜け出したサウサンプトンだが、イングランド代表FWダニー・イングスが負傷してしまった。 サウサンプトンは6日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ケガから復帰した日本代表MF南野拓実も先発した一戦を2-0の勝利で飾り、10試合ぶりの3ポイントを掴み取った。 しかし、昨年11月上旬の左足負傷や今年1月中旬の新型コロナウイルス感染で離脱したイングスが13分にピッチを後に。今季もここまでリーグ戦でチーム最多の8得点を挙げる主砲に再離脱の可能性が浮上している。 クラブ公式サイトによると、直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼から抜け出したラルフ・ハッセンヒュッテル監督は試合後、負傷交代のエースについて、離脱を示唆したという。 「筋肉系のトラブルだと思うが、正直に言って、良くない感じだ。いつ戻ってこられるのかわからない。筋肉系のケガになると、通常なら最低でも4週間ほどかかってくる。様子を見ることになるだろう」 「今季は非常に多くの問題を抱えており、ある選手が戻ってくると、すぐに他の選手がまたケガをしてしまう。オリ(オリオル・ロメウ)を失って、今度はイングスまでも離脱してしまった。ひどいことだ」 「我々にとって、彼らは非常に大事な選手だ。しかし、それ以上に大事なのはネイサン・テラのような選手が今日、素晴らしい仕事をしてくれたということ。彼は非常に強く、将来に希望を与えてくれる」 2021.03.07 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実スタメン復帰のセインツが最下位ブレイズ撃破で待望の10戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、シェフィールド・ユナイテッドvsサウサンプトンが6日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのセインツが0-2で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は88分までプレーした。   現在、14位のサウサンプトン(勝ち点30)は前節、エバートンに競り負けて直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼の状況が続く。最下位のブレイズ(勝ち点14)のホームに乗り込む10戦ぶりの勝利を目指した一戦では、エバートン戦を負傷で欠場した南野が左サイドハーフで先発に復帰した。   立ち上がりから主導権争いが続く中、セインツにいきなりアクシデントが発生する。10分過ぎに足を痛めたイングスがピッチに座り込むと、メディカルスタッフからプレー続行不可能との診断が下され、チェ・アダムスをスクランブル投入することになった。   エースの負傷交代によって暗雲漂うアウェイチームはライン間でボールをうまく引き出す南野を起点に攻撃を展開するが、中央を締める相手の守備をなかなか崩し切れない。24分にはロングボールで相手のバランスを崩し、GKがポジションを外したところをテラがミドルシュートで狙うが、これは枠を捉え切れない。さらに、30分にはセットプレーの二次攻撃からボックス手前の南野が左足を振っていくが、このシュートは大きく精度を欠いた。   それでも、セインツは直後の31分にディアロのクリアボールに反応したテラが快足を飛ばしてボックス内へ抜け出すと、遅れての対応となったDFアンパドゥに後方から足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのウォード=プラウズがきっちり枠の左隅に決め、この試合最初の枠内シュートを先制点に結びつけた。   その後はマクゴールドリックのパワフルなプレーに苦戦を強いられたものの、最終ラインを中心に粘り強く守ったセインツが1点リードで試合を折り返した。   迎えた後半、ブレイズが中盤のノーウッドを削ってターゲットマンのマクバーニーを投入する攻撃的な采配を見せるが、後半もセインツが先にゴールをこじ開ける。   49分、セインツが波状攻撃からランドストラムのクリアをバートランドがボックス手前で引っかけると、このボールをボックス内のアームストロングが胸でマイナスに落とす。すると、アダムスの豪快な右足のシュートがゴール左上隅に突き刺さった。   2点リードで余裕を持った試合運びが可能となったセインツは前がかる相手の攻撃をしっかりと受け止めながら、カウンターで3点目を目指す。66分にはテラのミドルシュートでGKラムズデールのファインセーブを強いると、70分には南野に絶好機。ボックス左に抜け出したバートランドからのグラウンダーの折り返しを左足で合わせた南野だったが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。   その後も幾度か3点目に迫る場面を創出しつつ、危なげなく時計を進めるセインツは88分、攻守に奮闘が光った南野がお役御免となり、ジェネポとの交代でベンチへ下がった。   そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったセインツが2-0の快勝で待望のリーグ10戦ぶりの白星を手にした。 2021.03.07 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

離脱中の南野拓実はトレーニングに復帰「見た感じは良さそう」、週末に復帰の可能性

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、ケガ人の状態について報告した。 現在プレミアリーグで9試合未勝利と苦しい時期が続いているサウサンプトン。シーズン序盤の好調ぶりがウソのような不調に陥っている。 今冬にはリバプールから日本代表FW南野拓実をレンタル移籍で獲得すると、その南野はすでに2ゴールを記録しているが、チームとしては結果が出ていない状況だ。 さらに、その南野を含めケガ人を多く抱えているサウサンプトン。6日にはプレミアリーグ第27節のシェフィールド・ユナイテッド戦を控えている中、ケガ人の状態について語った。 「ケガ人のニュースだが、これまでのところ数人の選手がトレーニングに復帰している。イブラ(イブラヒマ・ディアロ)、タキ(南野拓実)、カイル(・ウォーカー=ピータース)だ」 「彼らはトレーニングしている。試合で起用できるかどうかは確認する必要がある。ただ、見た感じは良さそうだ。週末には選択肢がいくつか増えるかもしれない」 南野を含めてトレーニングに復帰している選手がいる一方で、まだまだ復帰ができない選手についても言及している。 「ムサ(・ジェネポ)は、ここに来て以来ケガの時期が長い。週に3試合は難しい。負荷の管理は注意を払わなければならない」 「セオ(・ウォルコット)はすべての筋肉系のケガの中で最悪な状態だった。インターナショナルブレイクの後、彼が戻ってくることを願っている。今シーズンは良い影響を与えていた」 降格圏の18位フルアムとの勝ち点差は7という状況。そろそろ白星が欲しく、最下位相手の試合となるが南野の復帰はあるだろうか。 2021.03.05 12:41 Fri
twitterfacebook
thumb

9戦未勝利のサウサンプトン、負傷者続出のチームに指揮官も「自信があるとは言えない」と落胆

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、リーグ未勝利の状況を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンは、1日に行われたプレミアリーグ第26節でエバートンと対戦。リーグ戦直近8試合で7敗を喫するなど絶不調に苦しむチームは、この日も9分に先制点を献上。その後は反撃に出るも得点を奪えず、0-1で敗れた。 この結果、サウサンプトンは9試合未勝利となり、順位こそ14位をキープしているものの降格圏がじわじわと迫ってきている。 試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督は、チームが決定力不足に陥っているとコメント。同時に、南野を始め多くの選手が負傷離脱し、厳しいやり繰りに迫られている現状を嘆いた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1p80wyej1v2st10im580co4yj8" async></script></div> 「1ゴールが両者の違いになった。我々が再び負けてしまったのは、ゴールを奪う瞬間が不足しているからであり、これでは試合に勝つことは難しい」 「今の我々はスチュー(スチュアート・アームストロング)を6番で、(ウィングが本職の)ムサ(・ジェネポ)を右サイドバックで起用せざるを得ない、非常にタフな状況だ。今日はネイサン・テラを起用して色々と試したし、最終的には3人の若手を起用することになった」 「何と言っていいか分からないが、現状ではこれが我々の持つスカッドだ。これを最大限に活用する必要がある。この状態では、我々が自信に満ち溢れているとは言えない。だから、選手たちには期待をかけすぎないようにしたいと思う。シーズン当初のようにプレーできないことは理解している」 2021.03.02 10:19 Tue
twitterfacebook
thumb

南野負傷欠場のサウサンプトン、エバートンに敗れてここ9戦で8敗目《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、エバートンvsサウサンプトンが1日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は負傷欠場となっている。 前節リーズ戦では南野がベンチスタートとなった中、0-3と完敗した14位サウサンプトン(勝ち点30)。これでここ8戦7敗目を喫した不調のチームは、南野がハムストリングの負傷により欠場となった中、イングスとアダムスの2トップで臨んだ。 一方、前節リバプールとのマージーサイド・ダービーを2-0と勝利した7位エバートン(勝ち点40)は、キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンの2トップで臨んだ。 試合は9分、ポゼッションを譲る入りとしていたエバートンが先制する。シグルドソンのスルーパスに抜け出したボックス中央のリシャルリソンがシュートを決めきった。 続く25分にはFKの流れからキーンがヘッドでネットを揺らすも、わずかにオフサイドでVARの末、ノーゴールに覆った。 助かったサウサンプトンがハーフタイムにかけては前がかる展開の中、凌いだエバートンが1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半はエバートンが試合をコントロールし、時間を進めていく。 クローズな展開に持ち込み、サウサンプトンの反撃を許さないエバートンがリードを保つ中、終盤の85分のジェネポのシュートがわずかに枠を外れて助かると、90分のCKの流れからヴェステルゴーアの放った決定的なシュートはGKピックフォードが好守で凌いだエバートンが1-0のまま逃げ切り。6位リバプールに勝ち点で並んでいる。 一方、敗れたサウサンプトンはここ9戦で8敗目を喫している。 2021.03.02 07:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly