「これこそ彼が史上最高たる所以」キャリア通算760ゴール達成のC・ロナウド、17歳で決めたキレキレのプロ初ゴールに再脚光

2021.01.23 16:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界記録を更新したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)だが、その中の1ゴールに再び脚光が集まっている。

20日に行われたスーペル・コッパのナポリ戦でゴールを決め、キャリア通算760ゴールを達成したC・ロナウドは、スラビア・プラハなどで活躍したオーストリア人FWヨーゼフ・ビカン氏の759得点を抜き、世界記録を更新したと報じられている。


公式戦ゴールというなんとも曖昧な記録は、現在と過去で基準が異なり、ビカン氏は800ゴール以上を決めているという記録もある。また、先日は1つのクラブでの最多ゴール記録を更新したバルセロナのアルゼンチンFWリオネル・メッシに対し、記録を抜かれたペレ氏が所属したサントスが公式戦と親善試合を分けることに異論を投げかけていた。

そんな中、脚光を浴びているのがC・ロナウドの1ゴール目。プロキャリア初ゴールだ。

C・ロナウドは、スポルティング・リスボン時代の2002年10月7日に行われたプリメイラ・リーガ第6節のモレイレンセ戦で初ゴールを記録。まだ17歳の頃のことだ。

当時のC・ロナウドは、一つ下のカテゴリーであるBチームでもたった2試合しかプレーしていなかったが、当時の監督であるラースロー・ベレニ氏の抜擢を受けると、モレイレンセ戦で初先発を飾る。

そして34分、カウンターのチャンスからC・ロナウドがボールを持つと、得意のシザースで対峙したDFをかわして中央突破。ボックス内に侵入し、GKとの1対1を制した。

この試合のC・ロナウドは試合終了間際にも追加点を奪い、2ゴールを記録。それから18年以上が経った今もトップレベルでの活躍を続け、積み上げたゴールの数は760にもなった。

『B/R Football』は「クリスティアーノ・ロナウドが決めた760ゴールの最初のもの」としてこのゴールを再び取り上げており、ファンからも「これこそ彼が史上最高たる所以」「ベストプレイヤーだ」とC・ロナウドを称賛する声が相次いでいる。

史上最多得点記録には、前述の通りメディアやデータでバラつきがあり、一部では論争も起きているが、C・ロナウドが積み上げた760ゴールという記録は、偉大としか言いようがない。

◆ドリブラー時代の17歳C・ロナウドが見せたキレッキレのシザース&初ゴール


関連ニュース
thumb

スペツィア戦控えるユーベ指揮官ピルロ、首位と勝ち点差10もスクデット諦めず「目標は変わっていない」

スペツィア戦を控えるユベントスのアンドレア・ピルロ監督は、リーグタイトルをまだ諦めていないようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 ユベントスは2日、セリエA第25節でスペツィアと対戦する。首位インテルとの勝ち点差が「10」と大きく開いているユベントスにとって、14位スペツィアとの対戦は決して落とせないだろう。 試合を前に、ピルロ監督は対戦相手スペツィアを警戒。先月27日に行われ、1-1と引き分けた前節ヴェローナ戦を振り返りつつ、とても難しい試合になるだろうと予想した。 「スペツィアはセリエAでの挑戦が可能であることを証明した。素晴らしいシーズンを送っており、ミランのような偉大なチームに勝利するなど、結果を残している」 「土曜日のヴェローナ戦で失った2ポイントを取り返し、スクデットを目指して戦い続けなければならない。難しい試合になるだろうし、我々にとっても重要な試合だ」 「我々はインテンシティを持ってプレーし、最初の1分から自分たちのリズムで支配しなければならない。ヴェローナ戦では、相手に危険な兆候が見られない時間帯にゴールを決められてしまった。自分たちが犯したミスはすでに分析したので、それを繰り返さないようにしたい」 また、ピルロ監督は「我々の目標は変わっていない」ともコメント。リーグタイトルを諦めていないことを強調した。 「一試合一試合を大切にしているし、選手たちはタイトルを信じている。良いトレーニングをしており、タイトルを勝ち取りたいという気持ちを持っているよ」 「チームの士気は高く、下を向きたくはない。道のりはまだまだ長い。これから多くの試合がある」 2021.03.02 18:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカムがメッシとC・ロナウド獲得の仰天プランを明かす「最高の選手を引き入れたい」

インテル・マイアミの共同オーナーを務めるデイビッド・ベッカム氏が、壮大なプランを語った。 新シーズンの開幕を控えているメジャーリーグ・サッカー(MLS)。インテル・マイアミは、新シーズンのユニフォームを発表したが、それ以上の衝撃発言がベッカム氏からなされた。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ベッカム氏は2月27日に行われた新ユニフォームのプレゼンテーションの場で、将来の壮大なプランを明かし、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを迎え入れたいと語った。 「マイアミでは、ファンがビッグスターを見たいと思っていることを理解している。ゴンサロ・イグアインやブレーズ・マテュイディのような、すでに輝きと魅力をもたらしてくれる選手がいるが、将来的には有名な選手を呼び込むチャンスが欲しいと思っている」 「レオ(リオネル・メッシ)とクリスティアーノ(・ロナウド)が言及されている。彼らは彼らのレベルのトップであり、過去15年間で最高だった。私は最高の選手を引き入れたい」 「マイアミはどこよりも大きな魅力があり、これらは我々が連れてきたい選手だ」 メッシは、昨夏にバルセロナからの退団を希望。マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンなどとともに、インテル・マイアミも獲得に動いていた。今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーで獲得することが可能となる。 また、クリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスとの契約が2022年6月までとなっており、残り1年半。契約を延長しなければ、アメリカでまさかの2大スターの共演が見られるかもしれない。 2021.03.01 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官ピルロ、追いつかれてのドローに「残念だ」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位のインテルを8ポイント差で追う3位のユベントスは27日に敵地で行われた第24節で9位のヴェローナと対戦。後半開始早々にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの今季19得点目となる一発で先制したが、77分に追いつかれ、引き分けた。 主力に故障者が相次いで苦しい台所事情での一戦だったといえど、スクデット争いに向けて手痛いドローに終わってしまったユベントス。ピルロ監督は試合後、悔しさを滲ませた。 「タフになるとわかっての試合だったが、良い戦いができ、何とかリードできてもいたから残念だ。追いつかれてからはアグレッシブさが足りなかった。相手を封じ込めておくべきだったね。そうした細かな部分が違いを生む」 「後半はテンポが悪くなり、少しペースも落ちたところで相手にサイドのスペースを突かれた。4バックを用いるための選手がおらず、(フェデリコ・)キエーザと(メリフ・)デミラルのサイドでアグレッシブさを少し失ってから相手に何度かクロスの形まで持っていかれてしまった」 「多くの選手が欠けており、ロナウドとアレックス・サンドロのような経験豊富な選手たちに意見を伝えていくよう頼んだ。ヴェローナのようにプレッシャーをかけてくるチームとの試合は簡単じゃない」 「ボールを受ける前に何をすべきかを理解しておく必要がある。ピッチが良くなかったのもさらに難しくなってしまった」 2021.02.28 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のユベントス、ヴェローナに低調ドロー《セリエA》

ユベントスは27日、セリエA第24節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。 前節クロトーネ戦をC・ロナウドの2発で勝利し公式戦連敗を止めた3位ユベントス(勝ち点45/1試合未消化)は、主力に多数欠場者を抱える中、C・ロナウドとクルゼフスキの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 9位ヴェローナ(勝ち点34)に対し、前からプレスをかける入りとしたユベントスは、7分にピンチ。ファラオーニのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシュチェスニーが好守で凌いだ。 その後、14分にキエーザがボックス右から際どい枠内シュートを浴びせたものの、これ以降は膠着状態に持ち込まれてしまう。 結局、ヴェローナのタイトな守備の前に思うように攻撃の形を作れなかったユベントスはゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半開始4分、ユベントスが先制する。ラムジーの縦パスをボックス左で受けたキエーザが中に折り返し、最後はC・ロナウドが蹴り込んだ。 均衡が破れた後はヴェローナがより前がかったことからオープンな展開となった中、77分に同点とされる。ボックス左のザッカーニのクロスをバラクにヘッドで決められた。 さらに85分にはラゾビッチに決定的なシュートを許した中、1-1のままタイムアップ。ユベントスは低調ドローに終わり、スクデット戦線からさらに後退する結果となっている。 2021.02.28 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰できないディバラ、バルセロナでヒザの専門医に会うも「手術の必要なし」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの状況を語った。 ディバラは1月10日のサッスオーロ戦で左ヒザ内側側副じん帯を負傷。公式戦ここ11試合はメンバー外となっていた。 しかし、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・1stレグのポルト戦でメンバー入り。試合には出場していなかったが合流していた。 そのディバラだが、なかなかヒザのケガが治らないことから、バルセロナのヒザの専門医であるラモン・クガート医師と会ったとのこと。しかし、手術の必要はないとのことだ。 「パウロにとって、できるだけ早くプレーできるようにするために最善の解決策を探している」 「ディバラは手術の必要はない。彼は相談を受け、今、最良の治療方法が何であるかを見つけている」 「残念ながらディバラが復帰するまでの時間は延長されており、彼らを復帰させることはできなかった」 今シーズンのディバラは、ここまで公式戦16試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 2021.02.27 17:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly