アーセナルがオーストラリア代表正守護神のGKライアンをブライトンからレンタル

2021.01.22 20:17 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは22日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間はシーズン終了まで。背番号は「33」をつける。


ライアンはセントラルコースト・マリナーズから2013年7月にベルギーのクラブ・ブルージュへ完全移籍。その後、バレンシアやヘンクでプレーした。

2017年7月にブライトンへと完全移籍で加入。ブライトンでは公式戦123試合に出場していた。

プレミアリーグでも121試合に出場しているライアンは、今シーズンも11試合に出場。しかし、12月13日のレスター・シティ戦を最後にメンバーから外れて欠場していた。

また、オーストラリア代表としても58試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップと2大会で6試合に出場していた。

ミケル・アルテタ監督はライアンについて「最近のシーズンのブライトンでのパフォーマンスをよく知っている。彼はチームにさらにあるクオリティをもたらすだろう」とコメント。「プレミアリーグでの経験が非常に豊富で、リーグで100試合以上プレーしている。ピッチ内外で大きなメリットがある。マットをアーセナルに歓迎し、今シーズン彼と共に働くことを楽しみにしている」と歓迎した。
関連ニュース
thumb

ジェラードがアーセナルに感謝&称賛、スラビア・プラハ撃破に「パフォーマンスを見て、本当に誇りに思った」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、アーセナルに感謝の言葉を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アーセナルは、15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでスラビア・プラハとアウェイで対戦。0-4で快勝を収め、2戦合計1-5で準決勝進出を決めた。 高いパフォーマンスを見せたアーセナルだったが、思わぬところから感謝と称賛の言葉を受けることとなった。 ジェラード監督率いるレンジャーズも今季のELに出場。ラウンド16で、アーセナルが下したスラビア・プラハと対戦した。 しかし、その試合でレンジャーズのシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対し、スラビア・プラハのチェコ代表DFオンドレイ・クデラが人種差別発言をし、大きな騒動に。すると、欧州サッカー連盟(UEFA)は14日にクデラに対して、UEFA主催試合10試合の出場停止処分を下していた。 この件もあってか、スラビア・プラハの選手たちはキックオフ前に肩を組んで整列したが、アーセナルの選手たちはキャプテンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを先頭に、全員がひざまずき、人種差別への反対を示していた。 試合の快勝、そしてアーセナルの選手たちの行動を見たというジェラード監督は、記者会見でアーセナルに対して感謝と称賛の言葉を贈った。 「私は試合の全てが好きだった。アーセナルのパフォーマンス、そしてそのやり方が大好きだ。試合前、試合中、試合後に彼らが見せたアプローチを称賛したい。グレンも同じ気持ちだろう」 「昨夜のアーセナルのパフォーマンスを見て、本当に誇りに思った。試合の準備の方法、監督の話し方、選手の試合前、試合中、試合後の振る舞い、そしてそれを裏付けるあのレベルのパフォーマンス。私はそこに座って、そのパフォーマンスを心から楽しんだ。センセーショナルだと思った」 アーセナルの選手たちの行動は、クラブや監督が行わせた訳ではなく、選手たちから行いたいとアプローチがあったとミケル・アルテタ監督が明かしており、「彼らはそうしたいと思っていた。正当な理由があったので、クラブと私は非常に協力的だった」とコメントしていた。 スラビア・プラハのクデラに人種差別的な侮辱を受けたカマラだが、実はアーセナルのアカデミー出身で、2017年7月まで所属。その後、ダンディーFCへと移籍し、2019年1月からレンジャーズでプレーしていた。 ラカゼットはちょうど入れ替わりでリヨンからアーセナルにやって来たが、アカデミー出身選手も多いアーセナルの選手たちのカマラへの想いもあっての行動だったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】スラビア・プラハの選手たちの前で、反人種差別を示すアーセナルの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Lacazette <a href="https://t.co/aHlh1SYr00">pic.twitter.com/aHlh1SYr00</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382784230665650185?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.16 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルの選手たちが反人種差別の「ヒザつき」、相手には人種差別発言で10試合出場停止のDFが

アーセナルイレブンが、反人種差別を行動で示した。 アーセナルは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでスラビア・プラハと対戦した。 スラビア・プラハに所属するチェコ代表DFオンドレイ・クデラは、先月のレンジャーズ戦において人種差別発言を行ったことで、欧州サッカー連盟(UEFA) からUEFA主催試合における10試合の出場停止を科されたばかりだった。 クデラの件が調査中だった先週に行われた1stレグでは、キックオフ前にアーセナルの選手たちだけが、人種差別への抗議の意思を示す「ヒザつき」行為を実施していたが、スラビア・プラハのホームで行われた2ndレグでも同様となった。 2ndレグでは、スラビア・プラハのスターティングイレブンが「ヒザつき」行為の代わりに肩を組んで立つことを選んだが、キャプテンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットを先頭にアーセナルの選手たちはスラビア・プラハの選手たちの目の前でヒザをつき、前を見据え続けた。 この件について、アーセナルのミケル・アルテタ監督は、選手たちが自主的にやったことだと明かした。 「選手たちは私とクラブに尋ねてきた。彼らはそうしたいと思っていた。正当な理由があったので、クラブと私は非常に協力的だった」 「ありがたいことに、レフェリーとUEFAも協力してくれたので、良い行為だったと思う」 アーセナルは、ラカゼットの2ゴールもあり0-4で大勝。2戦合計1-5で準決勝進出を決めた。準決勝では、かつてチームを指揮したウナイ・エメリ監督率いるビジャレアルと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】肩を組む相手イレブンの前に陣取りヒザをつくラカゼット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Lacazette <a href="https://t.co/aHlh1SYr00">pic.twitter.com/aHlh1SYr00</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1382784230665650185?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.16 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マラリア感染のオーバメヤンについてアルテタ監督が言及「家にいて、元気だ」

ミケル・アルテタ監督が、マラリアに感染したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンについてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルのエースでありキャプテンを務めるオーバメヤン。しかし、週末のシェフィールド・ユナイテッド戦でメンバー外になると、15日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのスラビア・プラハ戦でもメンバー外となった。 トッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”で遅刻をする他、ピッチ上でもパフォーマンスが輝かないオーバメヤン。状況が不透明だったなか、本人がガボン代表の活動中にマラリアに感染したことを報告していた。 アルテタ監督は、この件についてコメント。オーバメヤンは既に回復しており、問題ないと語った。 「先ほど彼と話をした。彼は家にいて、元気だ。今の所、全く問題はない。適切な治療をするために2日間入院していたが、今は調子が良い」 「どのように回復するか見守りたい。回復には数日必要だろう。できるだけ早く復帰したいと私に言っていた」 「シェフィールド戦を欠場した時、2日前から調子が悪かったが、誰も予想してなかった。ドクターがさらに検査をしてくれて、それでわかった。ドクターは何をしなければいけないか直ぐに理解し、素晴らしい仕事をしてくれた。彼は安全だし、体調も良い」 また、今回の勝利を自宅で見守っていたオーバメヤン。この勝利に向けてもチームをサポートしていたと明かした。 「みんなが彼と連絡を取っている。彼は、メッセージや電話を通じて、全てのチームメイトをサポートしてくれた」 「コルニー(クラブハウス)にいる他の選手と同じように、試合を観ていた。ダビド(・ルイス)、マルティン(・ウーデゴール)、キーラン(・ティアニー)、そして試合に出られずにここに来られなかったみんなだ」 「しかし、こういったことは起こるもので、彼は国に戻って拾った。そして、このリスクは常に存在sる」 2021.04.16 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

1年半ぶりにホームで敗れたスラビア・プラハ、指揮官はアーセナルを称賛「全ての面で優れていた」

スラビア・プラハのインドリッチ・トルピショフスキー監督が、アーセナル戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 スラビア・プラハは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでアーセナルをホームに迎えた。1stレグを1-1で終え、アウェイゴールで上回っていた状況でホームゲームを迎えた。 ホームで最後に負けたのは2019年11月27日に行われたチャンピオンズリーググループステージのインテル戦が最後。実に1年半もの間、ホームで負けていない中でのアーセナル戦となった。 試合はこのままでは敗退するアーセナルペースで進むと14分にはエミール・スミス・ロウがネットを揺らし先制。しかし、VARが介入し、わずかにオフサイドとなり、こと無きを得る。 しかし、この判定に奮起したアーセナルがギアを上げると、18分にニコラ・ぺぺのゴールでアーセナルが先制。さらに、21分、24分と立て続けにゴールを奪われ6分間で3失点を喫し、試合の大勢が決してしまった。 後半に反撃に出たいスラビア・プラハだったが、アーセナルの優勢は変わらず。さらに1点を奪われ、0-4で終了。2戦合計1-5でベスト8で敗退となってしまった。 久々のホームゲームでの敗戦となったトルピショフスキー監督は、アーセナルのパフォーマンスを称賛。一矢報いようとしたものの、守備に力を注がなければいけなく、叶わなかったとした。 「アーセナルは試合の全ての面で優れており、2試合を通じてより良く、ダイナミックで速かった。だから資格を得るに値する」 「スタートは順調に進み、連携も良かったが、危険な場所でボールを失って失点した。(取り消されて)ゴールは決まらなかったが、ボックスからのボールをクリアできずに再び失点した」 「アーセナルはウイングでビルドアップを見せ、さらに2点を追加した。それは我々をノックダウンさせた」 「3-0で戻った後、ファンのために少なくとも1つのゴールを決めようと思った。ただ、アーセナルが素晴らしいクオリティを示した。我々は危険なカウンターを全てカバーしなければならず、ディフェンス面でも頑張らなければいけなかった」 2021.04.16 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アウェイで4発快勝のアーセナル、アルテタ監督はゴール取り消しからの反発を称賛「実に見事なプレーを見せた」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、スラビア・プラハ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでスラビア・プラハと対戦。ホームでの1stレグで終盤に先制しながらも、その後に追いつかれ1-1のドローに終わっていたアーセナル。アウェイゴール差で上回られている状況の中、アウェイゲームに臨んだ。 試合はアーセナルペースで進むと14分にはエミール・スミス・ロウがネットを揺らし先制。と思われたが、VARが介入。わずかなオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 微妙な判定に気落ちし、崩れる可能性もあったアーセナルだが、ここから奮起。18分にニコラ・ぺぺがしっかりと決めて先制すると、21分にはアレクサンドル・ラカゼットがPKを決めて2点目。さらに24分にはブカヨ・サカもネットを揺らし、6分間で3ゴールを決めて試合の大勢を決めた。 後半にもラカゼットが1点を奪い、終わってみれば0-4。2戦合計1-5でアーセナルがベスト4へと駒を進めた。 試合後、アルテタ監督は難しいチーム相手のアウェイゲームを振り返り、選手たちのパフォーマスを称賛した。 「本当に幸せだ。我々はタフな場所に来た。そして、このチームはほぼ2年間ホームで負けていない」 「今夜のようなことを成し遂げたことは、選手たちがどのように試合にアプローチしたか。そして、我々のアプローチにどれほど勇敢であったか。選手たちの功績だ」 「効率性を求めた時、今日はこのようなヨーロッパの大会でアウェイでの試合に勝つために必要な効率のレベルを示せたと思う」 また、6分間で3ゴールを奪い切ったことについても言及。ゴール取り消しからの3ゴールを奪った反応を褒め称えた。 「反応だと思う。エミール(・スミス・ロウ)がゴールを決めたが、それが認められなかった時、チームはすぐにリアクションし、より求めて行った」 「また、我々は勇敢で、困難な状況でも実に効率的で、相手に大きなプレッシャーを与え、ファイナルサードでボールを使って決断を下さなければいけなかったとき、実に見事なプレーを見せた」 ベスト4に進んだアーセナルは、準決勝でビジャレアルと対戦。かつて指揮したウナイ・エメリ監督率いるチームだが、しっかりと準備すると意気込んだ。 「大変な試合になるだろう。ビジャレアルはタフな面を持ち、ウナイ・エメリはこの大会で最も成功を収めた監督だ。我々は今夜を楽しむつもりだ。そして、我々は準備する時間があることを理解している」 「日曜日にフルアム戦に向けた準備をする時間はないが、これが今の状況だ」 2021.04.16 09:33 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly